メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

C.C.ベーレンス

Brother's Keeper / Fair Warning (2006)

0322Brother's Keeper









解散状態だったFair Warningの復活第一作。残念ながらアンディ・マレツェク(Gt)は再結成に加わっていませんが、トミー・ハート(Vo)、ヘルゲ・エンゲルケ(Gt)、ウレ・リトゲン(Ba)、C.C.ベーレンス(Ds)とオリジナル・メンバー4人が顔を揃えました。

久しぶりのFair Warningの新作ということで、期待は大きく膨らんでいましたが、#1"Don't Keep Me Waiting"を聴いた途端、その期待が裏切られなかったことを確信して嬉しかったです。今まで通りの分厚いサウンド、ドラマチックなメロディ、そして天空から降りそそぐギターの音色、全てにうっとりしてしまいます。これは文句なく名曲ですね。残りの楽曲も概ね出来が良く、アルバムを通してFair Warningらしさを十分に堪能できます。しかしながら、「あれ?なんか前に聴いたことがあるような」と感じる場面が少なからずあり、その点はちょっと失望を禁じえません。このバンドはメロディやフレーズの使い回しが以前からありました。本作ではそれがさらに増えています。過去作からか、DreamtideかはたまたZenoからか、一々確認はしていませんがあまり印象は良くありません。マンネリという声も聞かれますが、マンネリとはちょっと違うような気がします。作風や路線を大きく変えないという意味では、マンネリが必ずしも悪いとは言えないけれど、過去の楽曲のパーツのつぎはぎで曲を仕立てるのはミュージシャン・シップのレベルが低いことの表れだと思うのです。うーむ、この作品で初めてFair Warningを聴いたのなら間違いなく名盤と認定しただろうなぁ。。。なんとも複雑な感想を抱いてしまいました。

なお、本作の国内盤CDは、2006年オリジナル盤(13曲収録)が2種(ドキュメンタリー映像を収録したDVD付き初回限定盤とCDのみの通常盤)、2009年紙ジャケSHM-CD仕様(15曲収録で曲順も異なる)、2016年リマスター盤(12曲収録)が流通しています。毎度のことながら、あー、めんどくさ。。。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Don't Keep Me Waiting (Ule W. Ritgen)
02. Tell Me Lies (Helge Engelke)
03. In the Dark (Ule W. Ritgen)
04. Wasted Time (Ule W. Ritgen)
05. No Limit (Ule W. Ritgen)
06. Generation Jedi (Helge Engelke)
07. The Way (Ule W. Ritgen)
08. All of My Love (Ule W. Ritgen)
09. Once Bitten Twice Shy (Ule W. Ritgen)
10. The Cry (Ule W. Ritgen)
11. All I Wanna Do (Ule W. Ritgen)
12. Rainbow Eyes (Ule W. Ritgen)
13. Push Me On (Ule W. Ritgen)

■Personnel
Tommy Heart – vocals
Helge Engelke – guitars
Ule W. Ritgen – bass
C. C. Behrens – drums

Producer – Fair Warning

Live in Japan / Fair Warning (1993)

0268Live In Japan









なんか忘れていると思ったら、Fair Warning(フェア・ウォーニング)の1993年初来日ライブ盤がまだでした。リリース順のレビューという形は崩れますが、取り上げておきたいと思います。

彼らの初来日は93年4月で、14日名古屋、16日大阪、17、18日川崎と4回の公演が行なわれており、アルバムには最終日18日クラブチッタ川崎でのライブが収録されています。また映像収録も行なわれ、VHSビデオ(後にDVD化)が発売されました。1stアルバムをリリースしたばかりで初来日公演、そしてライブ盤収録となったわけで、当初からこのバンドがいかに日本のファンに支持されていたかがよく分かります。あらためてこのライブ盤を聴いてみると、まだ若々しく溌剌としたFair Warningのライブ・パフォーマンスと、心からライブを楽しんでいる日本の観客の反応が感じ取れます。ライブDVDは更にこちらに訴えかけるものがあって、ちょっと感動的ですらあります。もう四半世紀も前のライブなんですが、良いものは何年経っても良いですね。

収録曲は当然1stアルバムからのものが大半ですが、前身バンドとも言えるZenoのレパートリーから#5"Eastern Sun"、#16"A Little More Love"、更にプレスリーの#11"In the Ghetto"、坂本九の#12"Sukiyaki"(上を向いて歩こう)、スモーキー・ロビンソンとミラクルズの#17"Mickey's Monkey"なんていうのまで演っていて楽しませてくれます。全17曲(DVDは19曲)というボリュームで、デビュー間もないFair Warningの圧巻のパフォーマンスを再体験できる貴重なライブ盤だと思います。特にまだ元気なアンディ・マレツェクの情感溢れるプレイはファンにとって涙モノです。

 評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Sunset (Intro) (U. W. Ritgen) 
02. Out on the Run (U. W. Ritgen) 
03. Longing for Love (U. W. Ritgen) 
04. When Love Fails (H. Engelke)
05. Eastern Sun (Z. Roth)
06. Take Me Up (U. W. Ritgen) 
07. Long Gone (U. W. Ritgen) 
08. The Heat of Emotion (Z. Roth)
09. Take a Look at the Future (U. W. Ritgen) 
10. The Call of the Heart (U. W. Ritgen) 
11. In fhe Ghetto (M. Davis)
12. Sukiyaki (H. Nakamura/R. Ei)
13. Hang On (U. W. Ritgen) 
14. The Eyes of Rock (U. W. Ritgen) 
15. One Step Closer (H. Engelke)
16. A Little More Love (U. W. Ritgen) 
17. Mickey's Monkey (E. Holland/L. Dozier/B. Holland)

■Personnel
Tommy Heart – Lead Vocals
Helge Engelke – Guitars, Backing Vocals
Andy Malecek – Guitars
Ule W. Ritgen – Bass, Backing Vocals
C. C. Behrens – Drums

Torsten Lüderwald - Keyboards

Producer – Fair Warning

4 / Fair Warning (2000)

0221Four









ドイツのメロハー・バンド、フェア・ウォーニングの4thアルバム。世間一般的に評価の高い前作Go! は筆者にとってはモヤモヤの残る作品でしたが、本作に関しては1stに並ぶ傑作だと思っています。どんだけトラック重ねて録ったんだって言いたくなるほど緻密でブ厚いボトム、そこから立ち昇り空を駆け巡るかのようなヘルゲ・エンゲルケのギター(正確にはスカイ・ギターじゃないらしい)、そのハイ・ポジションから繰り出される音色は、もう鈴虫か小鳥の鳴き声か、はたまたオカリナかと錯覚するくらいですが、とにかく心に響きます。そして、どこまでも高く、天に届かんばかりのトミー・ハートのボーカル。やはりこのバンドのサウンドとメロディがもたらす高揚感は半端じゃないです。中でも筆者のお気に入りは#1"Heart on the Run"、#2"Through the Fire"、#4"Forever"、#7"I Fight"、#10"Find My Way"、#12"Wait"。テンション上がりまくりますね。ただ、このアルバムにも瑕疵がないわけではなく、まずスネアがポコポコ軽いのが気になります。それから、またもやウレ・リトゲンが#11"Night Falls"で2ndRainmaker 収録曲"Rain Song"のメロディを使い回しています。本作の楽曲も平均点ではヘルゲ・エンゲルケのほうが上回っていると感じるし、無理してウレ・リトゲンの曲を入れなくてもいいんじゃないかなぁ。

原因不明の全身麻痺という病で、次第に存在感希薄となったアンディ・マレツェクは、本作をもってバンドを脱退、アンディと仲の良かったトミー・ハートもバンドを離れることになります。残ったウレ・リトゲンとヘルゲ・エンゲルケはバンドの活動休止を決断、実質的にここでフェア・ウォーニングは解散状態となるわけで、本作は第一期フェア・ウォーニングの最期を飾るアルバムとなってしまいます。なお、C.C.ベーレンスは既に脱退しているため、#7を除いてドラムはサポート・メンバーだったフィリップ・カンダスが叩いています。また、バック・ボーカルのアンドリュー・マクデルモット、この人はSargant FuryやThresholdのボーカリストで、1stでもクレジットされていましたが、2011年に亡くなっています。

本作の国内盤CDは、2000年オリジナル盤の他、2009年に紙ジャケSHM-CD仕様でリリースされた再発盤が存在します。こちらは2枚組みとなっており、Disc.2には、EPHeart on the RunStill I Believe に収録されていた10曲のうち、"Still I Believe"を除く9曲が収められています。その9曲中7曲はアルバム収録曲のバージョン違いで、"For the Lonely"、"Close Your Eyes"の2曲は未収録曲と、相変わらずの面倒臭さです。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Heart on the Run (Helge Engelke)
02. Through the Fire (Ule W. Ritgen)
03. Break Free (Ule W. Ritgen)
04. Forever (Helge Engelke)
05. Tell Me I'm Wrong (Ule W. Ritgen)
06. Dream (Ule W. Ritgen)
07. I Fight (Ule W. Ritgen)
08. Time Will Tell (Ule W. Ritgen)
09. Eyes of Love (Ule W. Ritgen)
10. Find My Way (Helge Engelke)
11. Night Falls (Ule W. Ritgen)
12. Wait (Ule W. Ritgen)
13. Still I Believe [bonus track] (Helge Engelke)
14. For the Young [bonus track] (Helge Engelke)

■Personnel
Tommy Heart – vocals
Helge Engelke – guitars
Andy Malecek – guitars
Ule W. Ritgen – bass
Philip Candas – drums, percussion
C. C. Behrens – drums (Track 7)

Andrew McDermott - additional backing vocals
Anke Hansen - additional backing vocals
Jürgen Wulfes -  - additional backing vocals

Producer – Fair Warning



Zenology II / Zeno (2005)

0182Zenology II









ドイツのメロディアス・ハードロック・グループ、Zenoの4枚目のアルバム。タイトルを見ても分かるようにZenology の続編で、やはり過去のマテリアルに手を加えて収録した未発表曲集です。録音時期は1983~89年、ボーカルはマイケル・フレクシグ9曲、トミー・ハート2曲となっています。元V2のトミー・ハートはZenoに参加したことでウレ・リトゲンやC.C.ベーレンスと知り合い、Fair Warning結成につながったわけですが、この当時は声がまだ若くて初々しいですね。キーボードのライナー・プシュヴァーラ、バック・ボーカルのリズ・ヴァンダルは、ウレ・リトゲンらと同じくジーノ・ロートの兄ウリ・ジョン・ロートと活動してきたミュージシャン。Fair WarningやDreamtideを含めて、この辺の人たちはファミリーのように関係が深い。と思ってたら、リズ・ヴァンダルとウリの間には娘さんまでいるんですね。ほんとのファミリーだったのかと。。

さて、音のほうですが、やっぱりマイケル・フレクシグの声がトレブリーで苦手。ギターもキーボードも高い音が多い上にボーカルまでキンキンして聴き疲れします。Zenology が少し聴きやすかったのに残念です。ジーノ・ロートのギターは素晴らしいし、本作収録曲も好みなんですが、どうにも歯がゆいです。この未発表曲集のリリースに関してマイケル・フレクシグとの間でトラブルがあったらしく、ちょっと先走りますが新作Runway to the Gods のボーカルはマイケル・ボーマンにチェンジしています。多くのZenoファンとは逆に筆者は思わずニンマリした次第です。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Call of the Heart
02. Tonight
03. Hard Beat
04. Dreaming the Night Away
05. Good Game Bad Game
06. Victoria
07. On My Way
08. Keep Your Love
09. Troubled Love
10. Time
11. Free Again (Eagle of Love)
All songs written by Zeno Roth

■Personnel
Zeno Roth - guitars, keyboards
Michael Flexig - vocals, backing vocals
Tommy Heart – vocals (3, 4), backing vocals
Ule Winsomie Ritgen - bass
C. C. Behrens – drums
Rainer Przywara – keyboards, backing vocals
Karl Heinz Boesel - backing vocals
Liz Vandall - backing vocals

Producer - Zeno 

Dream and Deliver / Dreamtide (2008)

140Dream and Deliver









フェア・ウォーニングのギタリスト、ヘルゲ・エンゲルケ率いるドリームタイドの3rdアルバム。過去二作と同様、ドラマチックな歌メロ展開とヘルゲの緩急自在なギターが楽しめる好盤となっています。勇壮な曲からエスノ風味をまぶした曲までバラエティ豊富なのもこれまで通り。フェア・ウォーニングもそうですが、アレンジが緻密で飽きさせないんですよね。本作の特徴としては、ヘルゲのギターにこれまで以上にジミヘンの影響をストレートに感じさせる場面が多くなっていること。ジェフ・ベックへのオマージュとも取れるフレーズが出てくるのも面白い。また、オラフ・ゼンクバイルの節回しも、このバンドに無くてはならない味と感じられるまでになりました。ただし、これまでのギラつくような迫力がやや後退し、よく言えば落ち着いた、悪く言うとパワー・ダウンした印象を受けてしまいました。2005年のフェア・ウォーニング復活でモチベーションが落ちたとか?いや、復活後のフェア・ウォーニングよりドリームタイドの方が曲の出来は良いし、そんなことはないと思うのですが。いずれにしても、2014年時点でこの3rd以降もう6年もアルバムが出ていないのが寂しいところです。

このアルバムの参加メンバーは、ヘルゲ・エンゲルケ(gt)、オラフ・ゼンクバイル(vo)、C.C.ベーレンス(ds)、トーステン・リューダーヴァルト(key)とここまでは前作と同じです。ベースはオーレ・ヘンペルマンがレコーディングに参加できなかったため、フランシス・ブッフホルツ(ex-Scorpions)が代役を務めています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作 
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. A Fools Crusade
02. I Don't Wanna Wait
03. Same Star
04. Your Beat
05. Dancing When the Night Falls
06. King of Scum
07. Download a Dream
08. Tell me How it Feels
09. Stronger
10. To Everybody
11. Keep From Falling
12. The Vow
13. Help Me
14. Download a Dream (Reprise)
All songs written by Helge Engelke except track 13 by Olaf Senkbeil

■Personnel
Olaf Senkbeil – vocals
C.C. Behrens – drums
Francis Buchholz - bass
Torsten Lüderwaldt – keyboards
Helge Engelke – guitar

Oscar Lücke - additional backing vocals

producer – Dreamtide 

 
 
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ