メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

梶山章

Under Cover 2 / Joe Lynn Turner (1999)

0243Undercover 2










ジョー・リン・ターナーの5枚目のソロ作品。第3作Under Cover の続編となるカバー・アルバムです。Under Cover がR&B寄りの選曲が目立ったのと比較して、今回はハードロックど真ん中。スタンダード曲ばかりなので新鮮味は無いものの、ハードロック・ファンとしては嬉しい内容です。しかも、曲ごとに異なるゲスト・ギタリストがソロを弾くという、タマらん企画となってます。ゲスト以外のバンドはトニー・ブルーノ・レイ(Gt)、グレッグ・スミス(B)、ケニー・クラム(Dr)、ポール・モリス(Key)と、前作Hurry Up and Wait のメンツと同じです。

#1"Lady Double Dealer"、パープルのStormbringer (1974)から。JLTの歌唱はデヴィッド・カヴァーデイルと遜色なく、自分の持ち歌のように歌いこなしています。ギター・ソロは梶山章。「虹伝説 - 虹を継ぐ覇者」でJLTをゲストに迎えて共演した翌年に、今度はJLTから呼ばれたということになります。オープニングのこの曲を含め3曲でソロを任されるという大抜擢に応え、リッチーばりの軽やかでアグレッシブなプレイを披露しています。

#2"Wishing Well"、フリーのラスト・アルバムHeartbreaker (1973)から。ブラックフット、ゲイリー・ムーア、日本だとロックン・ロール・スタンダード・クラブ(松本孝弘)など数多くのバンドにカバーされた名曲。ギター・ソロは、ビリー・スクワイアやロッド・スチュワートのバンドでもプレイしていたジェフ・ゴルブで、これがまた粘っこくて結構カッコいいんです。

#3"Helter Skelter"、ビートルズのThe Beatles (1968 通称「ホワイト・アルバム」)から。ビートルズとしては異色のハードな曲でHR/HM系のバンド中心に数え切れないほどカバーされてきました。ギター・ソロはリヴィング・カラーのヴァーノン・リード。

#4"Rock Bottom"、UFOのPhenomenon (1974)から。マイケル・シェンカーが加入して最初のアルバムですね。当時のギター・キッズはマイケル・シェンカーのソロにびっくり仰天したもんです。この曲、リフとギター・ソロがキモで歌メロは大したことないのに、JLTが本作に入れたのが意外。テンポを落としてグッとヘヴィになってます。そしてソロは原曲ほど長くなく、シェンカーとは全く異なるアプローチでバンド・メンバーのトニー・ブルーノが弾いています。

#5"Waiting For A Girl Like You"、フォリナーの4 (1981)からシングルカットされて大ヒットした曲。ルー・グラムとはニュアンスは違うものの、切々とした歌唱にJLTの上手さを感じざるを得ません。

#6"Movin' On"、バッド・カンパニーのBad Company (1974)から。本作2曲目のポール・ロジャースのレパートリー。JLTの得意分野ですな。各パートとも原曲に忠実で、カバーというよりコピーといった感じ。ソロはジョン・エントウィッスル・バンドのゴッドフリー・タウンゼント、ミック・ラルフスの完コピやってます。憎いね!

#7"Rock And Roll, Hoochie Koo"、これも人気のある曲でカバーは数知れず。リック・デリンジャー作ですが、彼自身のアルバムAll American Boy (1973)に収録される以前に、ジョニー・ウィンターのJohnny Winter and (1970)、エドガー・ウィンターのライブ盤Roadwork (1972) でのジョニー・ウィンターの演奏ですでに有名曲になっていました。リック・デリンジャーはどちらにもウィンター・ファミリーの一員として参加していて、All American Boy のバージョンはいわばセルフ・カバーということになります。本作でのJLTの歌唱はジョニー・ウィンター風ですね。そしてギターはなんとご本人リック・デリンジャー!「三連の神様」らしいカッコいいソロを披露しています。

#8"The Boys Are Back In Town"、シン・リジィのJailbreak (1976)からのシングル・ヒット。シン・リジィの曲はフィル・ライノットのクセの強い歌唱が特徴ですが、JLTはその雰囲気を壊さずに自分流に歌いこなしているのがさすが。ギターはトニー・ブルーノ。

#9"Born To Be Wild"、ステッペンウルフのデビュー盤Steppenwolf (1968)から。映画「イージー・ライダー」でテーマソング的に使われ世界中で大ヒット、邦題「ワイルドでいこう」で日本でもよく知られています。古今東西カバーも数知れず、永遠のロック・アンセムともいうべき曲を、本作ではオリジナルに近いアンサンブルで聴かせてくれます。ちょっと現代風で流麗なギター・ソロはトニー・ブルーノ。

#10"The Race Is On"、自身の1stソロ作Rescue You (1985)からのセルフ・カバーです。原曲はきらびやかなキーボードが耳につき、ドラムも風呂場で叩いているような音で、いかにも80年代臭かったのが、ギター中心のすっきりしたアレンジで生まれ変わりました。こちらのほうが全ての音が生々しくてロックらしい勢いがあります。改めて聴き比べると、JLTの声がドスのきいたものに変化し、歌唱もより腰が据わっています。ギターは梶山章、緩急のある実に良いソロです。

#11"Fool For Your Loving"、言わずと知れたホワイトスネイクの代表曲で、初出はReady an' Willing (1980)。Slip of the Tongue でのホワイトスネイクのセルフ・カバーを初めとして、これまた多くのバンドに取り上げられてきたスタンダード・ナンバー。オリジナルは渋めのハード・ロック、Slip of the Tongue バージョンはよりメタリックですが、本作ではそのニコイチ的なアレンジでやってます。ギター・ソロは梶山章で、オリジナルのバニー・マースデンのフレーズをリッチーが弾いてるみたいな感じ。カッコいいです。全然関係ないけど、オリジナルのニール・マーレイのベースが良すぎるので、誰のバージョン聴いてもイマイチ感がつきまとうんですよね、筆者としては。

#12"Mississippi Queen"、マウンテンのClimbing! (1970)から。シングル・ヒットもしました。カバーはブラック・ストーン・チェリーとかWASPとか、他にもあるかも。この曲ではまたまたサプライズでご本人登場!レズリー・ウェストが、独特な歌うようなギター・ソロを弾いています。筆者の好きなギタリストのベスト・テンに入る人なので嬉しいです。JLTのボーカルもレズリー・ウェストとはまた違う迫力があっていいなぁ。

#13"Lost In Hollywood"、レインボーのDown to Earth (1979) から。オリジナルはグラハム・ボネットですが、JLTも負けじと青筋立てて熱唱しております。ガナるときはガナるぞと。JLT時代のレインボーがやっても違和感なさそうですね、この曲。ギター・ソロは何故か梶山氏でなくてアル・ピトレリ。

どれもこれも、プロからアマチュアまで色々なバンドのレパートリーとなることも多く、筆者もバンドでカバーした曲がいくつもあります。耳に馴染んだ曲ばかりで大好物なアルバムですが、正直皆が皆同じように楽しめるのかは分からない。。。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Lady Double Dealer (R. Blackmore/D. Coverdale)
02. Wishing Well (P. Rodgers/S. Kirke/T. Yamauchi/J. Bundrick/P. Kossoff)
03. Helter Skelter (J. Lennon/P. McCartney)
04. Rock Bottom (M. Schenker/P. Mogg)
05. Waiting For A Girl Like You (M. Jones/L. Gramm)
06. Movin' On (M. Ralphs)
07. Rock And Roll, Hoochie Koo (R. Derringer)
08. The Boys Are Back In Town (P. Lynott)
09. Born To Be Wild (M. Bonfire)
10. The Race Is On (J. Lynn Turner/A. Greenwood)
11. Fool For Your Loving (D. Coverdale/B. Marsden/M. Moody)
12. Mississippi Queen (L. West/C. Laing/F. Pappalardi/D. Rea)
13. Lost In Hollywood (R. Blackmore/R. Glover/C. Powell)

■Personnel
Joe Lynn Turner - vocals, background vocals on 5, 7, 10
Tony Bruno - guitars, guitar solo on 4, 5, 8, 9
Greg Smith - bass
Paul Morris - keyboards
Kenny Kramme - drums

Akira Kajiyama - guitar solo on 1, 10, 11
Jeff Golub - guitar solo on 2
Vernon Reid - guitar solo on 3
Goodfrey Townsend - guitar solo on 6
Rick Derringer - guitars and guitar solo on 7
Leslie West - guitars and guitar solo on 12
Al Pitrelli - guitar solo on 13
Steve Murphy - background vocals on 3, 5
Evan Slamka - background vocals on 3, 5, 10
Eric Miranda - background vocals on 3, 5, 10
Bill Snodgrass - background vocals on 3
Nancy Bender - background vocals on 7
Dina Miller - background vocals on 7

Producer - Bob Held, Joe Lynn Turner
Executive Producer - Mark Wexler, Kaz Kojima

虹伝説 - 虹を継ぐ覇者 (1998)

0193Niji Densetsu










森川之雄(Vo - Anthem, Goldbrick)、梶山章(Gt - Precious, Goldbrick)を中心とする日本人HR/HM系ミュージシャンによる、1998年リリースのレインボー・トリビュート・アルバム。この手のトリビュート盤の中でも屈指のクォリティを誇るアルバムです。森川、梶山以外のバンド・メンバーは、ドラムに工藤義弘(Earthshaker, Gracias)、キーボードに永川敏郎(Gerard, Earthshaker)と岡垣正志(Terra Rosa, Jill's Project)、ベースに加瀬竜哉と内田雄一郎(筋肉少女帯)というラインナップとなっています。またゲストとして、レインボーに在籍したジョー・リン・ターナー、デヴィッド・ローゼンタールが加わっているのもすごいです。

本作ではなんと言っても梶山章のギターの巧みさが際立っています。リッチーのニュアンスを再現しながら、より現代的なテクニックをプラスしてメリハリのあるドラマチックなソロを組み立てています。もちろんバッキングも完璧だし、トーン・コントロールもニヤリとさせるし、全くもって脱帽です。いや~、ストラトってほんとうにいい音だな~って感じさせてくれます。本作をきっかけに、ジョー・リン・ターナーのプロジェクトに度々抜擢されるのも頷ける充実したプレイですね。やはり問題はボーカル。抜群に上手いんですよ、もちろん。しかし、これは森川氏に限った話ではないのですが、自分が日本人だからか、どうしても日本人HR/HMシンガーの声の出し方や歌いまわしに厳しくなってしまう。JLTとのデュエット曲などに顕著ですが、やっぱりなんか違うなぁという感じが拭えないのです。ラストの"Rainbow Eyes"のような静かな歌い方はいいのですが、力んだ歌唱にどうも不自然さとか、気恥ずかしさすら感じてしまいます。これは一種のアレルギーみたいなものかもしれません。その辺に目をつぶれば、全体として演奏の水準も高く、レインボーの曲の良さを改めて認識できる好盤だと思います。え?レインボーの方がいい?それを言っちゃお終いです。
 
評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Over the Rainbow (E.Y. Harburg/Harold Arlen)~Kill the King (R. Blackmore/R. J. Dio/C. Powell)
02. Spotlight Kid (R. Blackmore/R. Glover)
03. Eyes of the World (R. Blackmore/R. Glover)
04. Man on the Silver Mountain (R. Blackmore/R. J. Dio)~Mistreated (R. Blackmore/D. Coverdale)
05 Road to Babylon (D. Rosenthal)~Gates of Babylon (R. Blackmore/R. J. Dio)
06. All Night Long (R. Blackmore/R. Glover)
07. Starstruck (R. Blackmore/R. J. Dio)
08. Street of Dreams (R. Blackmore/J. L. Turner)
09. Drinking With the Devil (R. Blackmore/J. L. Turner)
10. Lost in Hollywood (R. Blackmore/R. Glover/C. Powell)
11. Light in the Black (R. Blackmore/R. J. Dio/R. Padavona)
12. Over the Rainbow (Reprise)
13. Rainbow Eyes (R. Blackmore/R. J. Dio)

■Personnel
森川之雄 - Lead & Backing Vocals
梶山章 - Electric & Accoustic Guitars
工藤義弘 - Drums, Percussion
永川敏郎 - Keyboards (3, 6, 8, 9, 10, 11)
岡垣正志 - Keyboards (1, 4, 7, 11)
加瀬竜哉 - Bass (2, 3, 5, 6, 8, 9, 10, 11), Accoustic Guitar (8)
内田雄一郎 - Bass (1, 4, 7)

Joe Lynn Turner - Lead & Backing Vocals (2, 9)
David Rosenthal - Keyboards (2, 5)

Producer - 梶山章、森川之雄

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ