メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

ロベルト・プリオリ

Strive / Michele Luppi's Heaven (2005)

0311Strive









いつの間にかWhitesnakeのキーボーディストに収まってしまったミケーレ・ルッピのソロ・プロジェクトMichele Luppi's Heavenの唯一のアルバム。曲は全てミケーレ・ルッピの書き下ろしで、アレンジ、プロデュースも彼自身が行なっています。またバックには数多くのイタリア人ミュージシャンが動員され、レコーディングもイタリア国内という、純イタリア産のアルバムとなっています。全体にスムーズでソフトなメロハー・サウンドで、ミケーレ・ルッピのベルベット・ボイスとよく合っていると感じました。楽曲的には名曲揃いというわけには行かないし、バラード率が高くてややかったるい面もありますが、メロハー楽曲としてまず及第点はクリアしているでしょう。というか、歌が上手すぎてみんないい曲に聴こえてしまうのですが。ロックンロール調の曲に爽やかで高揚感のあるメロディを乗せた#1"Trust"、#7"Stars"は特に好みでした。

このアルバムに参加しているギタリストにちょっと触れておくと、まずメインで弾いているミケーレ・ヴィオーニ ですが、本作のデモ音源作りやKilling Touchでもミケーレ・ルッピをサポートしている人ですね。マウリツィオ・サリエリは1970年代から活躍しているギタリストで、彼のソロ作にはミケーレ・ルッピも参加しています。ロベルト・プリオリはハードロック・バンドDanger Zoneのメンバーで、Los Angelesの2作目Neverlandでも起用されています。アレックス・デ・ロッソは、Perfect World、Vertigo、Shadows Fade、Solnaなどで大活躍している著名ギタリスト。オラフ・トールセン も多くのバンドで活躍していますが、Vision Divineではミケーレ・ルッピとバンドメイトでした。本作ではみな競い合うようにハイテンションで速弾きしまくっていますが、もうちょっと曲に合わせて緩急つけて欲しかったなぁ。

ミケーレ・ルッピが歌うメロハーが聴けるアルバムは、今のところ本作とLos Angelesの2枚、合わせて3枚しかありません。Whitesnakeのキーボード奏者と言っても所詮は脇役。それで終ってしまってはもったいないボーカリストなので、ぜひまた主役を張ってその素晴らしい歌声を聴かせて欲しいと思います。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。 

■Tracks
01. Trust
02. If You Walk Away
03. Feel Alive
04. Always Remember You
05. Tell Me About It
06. Wasting My Time
07. Stars
08. The Castle Inside My Head
09. Time For Love
10. I Found A Way To Pray
All songs written by Michele Luppi

■Personnel
Michele Luppi - All Vocals, Keyboards
Michele Vioni - Guitars
Maurizio Solieri - Lead Guitars on #3
Roberto Priori - Lead Guitars on #4
Alex De Rosso - Lead Guitars on #8
Olaf Thorsen - Lead Guitars on #9
Alberto Bergonzoni - Lead Guitars on #10
Giorgio Terenziani - Bass
Roberto Galli - Bass
Paolo Gialdi - Bass
Helder Stefanini – Drums
Mimmo Camporeale - Organ, Piano
Oleg Smirnoff - Keyboard
Vic Johnson - Blues Harp

Producer - Michele Luppi
 

Line Of Fire / Danger Zone (1989/2011)

0264Line of Fire










イタリアのHR/HMグループ、Danger Zone(デンジャー・ゾーン)の1stアルバム。リリースは2011年ですが録音は1989年。なんと22年間も塩漬けになっていたらしい!

80年代初頭から活動を続けていたこのバンド、ビッグ・ネームのイタリア公演の前座で演奏したり、84年にはVictim Of Timeというミニ・アルバムを出したりもしていたようです。そんな彼らにアルバム制作とアメリカ進出の声がかかり、当時Loudnessなどを手がけていたジョディ・グレイをプロデューサーに迎え録音されたのが、本作Line Of Fireということになります。Danger Zoneは当初パワー・メタル・バンドだったらしいのですが、このアルバムはアメリカ市場での成功を狙って、角の取れたポップ・メタル風の楽曲がメインとなっています。ボン・ジョビ的だったり、LAメタル的だったり、ロマンチックなバラードだったり、とにかくアメリカで受けそうな要素を詰め込んで作られている印象です。ところが、リリースをめぐってレーベルとのゴタゴタが続き、そうこうしているうちにグランジ・ブームが巻き起こって、結局彼らのアルバム・リリースもアメリカ進出の夢も立ち消えとなってしまったと。90年代初頭ってこんなエピソードばっかり。悲しい話です。

その後バンドのメンバーは、それぞれセッション・ワークや別バンドでの活動をしていたようですが、2011年になって突如この作品が陽の目を見ることになります。CDリリースを期に再結成となったのか、再結成がCDリリースにつながったのかは不明ですが、Danger Zoneは今バリバリ現役のバンドで、新作アルバムもリリースされています。

さて、本作レコーディング当時のメンバーは、ジャコモ・ジガンテリ(Vo)、ロベルト・プリオリ(Gt)、ステファノ・ペレソン(Gt, Key)、ステファノ・グレゴーリ(Ba)、パオロ・パルミエリ(Ds)の5人。前述したようにアメリカ受けを狙った音ですが、確かにタイトル・トラック#1"Line Of Fire"は、80年代半ばならシングル・ヒットしてもおかしくないポテンシャルがあります。その他のオリジナル曲も概ね良好な出来。元々メタル・バンドだったというのがうなずける#7"The Hunger"、哀愁系メロハーの佳曲#10"Love Dies Hard"などが特に筆者のお気に入りです。新鮮なアレンジのTレックスのカバー#2"Children Of The Revolution"も面白い。なにより、ガナリ気味のボーカルも、テクニカル指向のギターも、バンドみんなに若さと勢いが感じられて好印象。このアルバムを世に出してくれたドイツのメロディック・ロック・レーベルAvenue Of Allies Musicに感謝です。

 評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Line Of Fire (Stefano Peresson/Roberto Priori/Stefano Gregori/Giacomo Gigantelli/Jody Gray)
02. Children Of The Revolution (Marc Bolan)
03. Walk Away (Jody Gray/Roberto Priori/Giacomo Gigantelli)
04. Fingers (Jody Gray/Roberto Priori)
05. State Of The Heart (Roberto Priori/Stefano Gregori/Stefano Peresson/Giacomo Gigantelli/Jody Gray)
06. Hardline (Roberto Priori/Stefano Gregori/Stefano Peresson/Giacomo Gigantelli/Jody Gray)
07. The Hunger (Roberto Priori/Stefano Peresson/Giacomo Gigantelli/Stefano Gregori/Jody Gray)
08. Let Me Rock (Michael P. Des Barres/Steve Jones)
09. That's Why I Fell In Love With You (Eddie Rabbit/Even Stevens/Billy Joe Walker Jr.)
10. Love Dies Hard (Roberto Priori/Stefano Gregori/Stefano Peresson/Giacomo Gigantelli/Jody Gray)

■Personnel
Giacomo Gigantelli - Vocals
Stefano Gregori - Bass
Paolo Palmieri - Drums
Stefano Peresson - Guitars, Keyboards
Roberto Priori - Lead Guitar

Jody Gray - Additional Keyboards, Acoustic Guitars



Neverland / Los Angeles (2009)

0154Neverland










ミケーレ・ルッピのメロハー/AORプロジェクト、ロサンゼルスの2ndアルバムです。前作はリチャード・マークスなどのカヴァー・アルバムでしたが、今回はミケーレ・ルッピ自身とバンド・メンバーの書いたオリジナルを中心に収録。中にはDokkenのジョージ・リンチが関わった楽曲もあります。その他、Khymera、House of Lords、From The Insideといったメロディアスハード系のバンドに楽曲提供しているジェイムズ&トム・マーティン兄弟の楽曲が2曲、リチャード・マークスのカヴァーが1曲、ボーナスでリンジー・ローハンのカヴァーが1曲。いずれも出来も良く、ミケーレ・ルッピの超人的な歌唱を存分に堪能できます。前作がバラード集だったこともあり、#1"Neverland"、#5"Wait For You"のようなアップ・テンポの曲は新鮮な印象。とにかくこの人の伸び伸びとして艶やかな声は、いつまでも聴いていたくなるほど気持ちよく、中毒になってしまいそうです。

本作もセッション・ミュージシャンの作ったオケでトップ・クラスのシンガーに歌わせるという、Frontiers Recordsの一連の企画ものの一つです。インスト・パートを受け持ったミュージシャンは、ドラムにはトニー・モーラ、ベースはプロデューサーのファブリツィオ・グロッシが兼任。ギターは前作ではトミー・デナンダーがメインで弾いていましたが、本作では加えてロベルト・プリオリとジョーイ・サイクスがクレジットされています。キーボードはエリック・ラグノがメイン、一部ファブリツィオ・グロッシとロベルト・プリオリも担当しています。インスト・パートはファブリツィオ・グロッシの統括によって録音されています。スタジオはナッシュビル、サンタクラリタ、ボローニャ、ストックホルムの4ヶ所。ボーカル・パートは全てミケーレ・ルッピ自身のプロデュースにより、ファブリコの彼のホーム・スタジオで録音されています。前作同様メンバーが一堂に会することは無く、各パートの素材を送られたファブリツィオ・グロッシがアルバムに仕立て上げたのだと思われます。筆者は「ロックはパッションだ!人と人とのぶつかり合いだ!」などと言いがちな古い人間なので、こういうシステマチックな制作スタイルに若干の違和感を覚えるのですが、黙って聴いていればとにかく最高品質の音楽であることは間違いないので、とりあえず深く考えないことにします。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。 

■Tracks
01. Neverland (M. Luppi/R. Priori/F. Grossi)
02. Nothing To Hide (Richard Marx)
03. City Of Angels (M. Luppi/F. Grossi)
04. Promises (M. Luppi/R. Priori/F. Grossi)
05. Wait For You (Tom & James Martin)
06. Nowhere To Run (M. Luppi/G. Lynch/F. Grossi)
07. Tonight Tonight (Tom & James Martin)
08. Higher Love (J. Sykes/F. Grossi)
09. Living Inside (E. Ragno/M. Luppi/F. Grossi)
10. Welcome To My Life (J. Sykes/F. Grossi)
11. Paradise (M. Luppi/R. Priori/F. Grossi)
12. Confessions Of A Broken Heart (G. Wells/L. Lohan/K. Dioguradi) [Japanese Bonus Track]

■Personnel
Tony "AJ" Morra – Drums
Fabrizio Grossi - Bass, Programming, Sound/Scape, Percussions, Keyboards
Roberto Priori - Guitars, Keyboards
Tommy Denander – Guitars
Joey Sykes – Guitars
Eric Ragno - Keyboards
Michele Luppi - Lead & Backing Vocals

Producer - Fabrizio Grossi
 
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ