0352Cockroach









2001年にリリースされたDanger Dangerの2枚組アルバム。2ndアルバムScrew It! に続く3rdアルバムとして1993年にレコーディングが完了していたにも関わらず、テッド・ポーリーの解雇、ソロ・シンガーだったポール・レインを迎えてのボーカル・パート再録音、テッド・ポーリーによるアルバム・リリース差し止め訴訟、アンディ・ティモンズ脱退とゴタゴタが続き、結局本作はお蔵入りとなってしまいます。その後8年の歳月を経て、ようやくこの「幻の3rdアルバム」は、ポール・レイン版とテッド・ポーリー版を別々のディスクに収めた2枚組CDとしてリリースされました。

曲順が異なり、またポール・レイン版にはジム・クロウチのカバー"Time in a Bottle"が入っているので1曲多いものの、収録曲のインスト・パートは同一です。お蔵入りとなった経緯はバンドにとってアンラッキーなものですが、おかげで2人のボーカリストを聴き比べるという楽しみ方ができるのはファンにとってはラッキーかも知れません。面白いのは、同じ曲でもテッド・ポーリーが歌うと1st、2ndの延長線上のハードポップに聴こえ、ポール・レインが歌うとよりハードロック的に聴こえること。それぞれの持ち味が出ていて、筆者としては両方とも好きです。

"Still Kickin'"、"Sick Little Twisted Mind"、"Goin' Goin' Gone"、"Afraid of Love"の4曲はFour the Hard Way に、"When She's Good She's Good (When She's Bad She's Better)"と"Walk It Like Ya Talk It"の2曲はReturn of the Great Gildersleeves に全パート新規録音で収録されています。結果的に先行発表となったこれら6曲とCockroach 収録バージョンを比べてみると、Cockroach 版の方が良いと思いました。こちらはギターの全パートをアンディ・ティモンズが弾いており、ソロは当然のことリズム・ギターもキレが違うんです。やっぱりこの人は並みのギタリストではないですね。その上"Still Kickin'"ではなんとレブ・ビーチとの掛け合いまで聴けるというオマケまであります。既発曲以外の曲も全て佳曲揃いだし、これは1st、2ndを凌ぐ傑作だと思います。ボーカルがどちらだったにせよ、もしScrew It! から間を置かず順調に本作が3rdアルバムとしてリリースされていたら、Dawn のようなアルバムは制作されただろうかなんて考えてしまいます。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
[Disc 1]
01.Still Kickin' (B. Ravel, S. West)
02.Sick Little Twisted Mind (B. Ravel, S. West, A. Timmons)
03.Good Time (B. Ravel, S. West)
04.Don't Break My Heart Again (B. Ravel, S. West)
05.Tip of My Tongue (B. Ravel, S. West)
06.Walk It Like Ya Talk It (B. Ravel, S. West)
07.Goin' Goin' Gone (B. Ravel, S. West, A. Timmons)
08.Afraid of Love (B. Ravel, S. West)
09.When She's Good She's Good (When She's Bad She's Better) (B. Ravel, S. West)
10.Shot O' Love (B. Ravel, S. West)
11.Don't Pull the Plug (B. Ravel, S. West, A. Timmons)
12.Time in a Bottle (Jim Croce)
[Disc 2]
01.Still Kickin' (B. Ravel, S. West)
02.When She's Good She's Better (When She's Bad She's Better) (B. Ravel, S. West)
03.Shot O' Love (B. Ravel, S. West)
04.Afraid of Love (B. Ravel, S. West)
05.Tip of My Tongue (B. Ravel, S. West)
06.Walk It Like Ya Talk It (B. Ravel, S. West)
07.Goin' Goin' Gone (B. Ravel, S. West, A. Timmons)
08.Good Time (B. Ravel, S. West)
09.Don't Break My Heart Again (B. Ravel, S. West)
10.Don't Pull the Plug (B. Ravel, S. West, A. Timmons)
11.Sick Little Twisted Mind (B. Ravel, S. West, A. Timmons)

■Personnel
Paul Laine - Lead & Backing Vocals [Disc 1]
Ted Poley - Lead & Backing Vocals [Disc 2]
Andy Timmons - Guitars, Vocals
Bruno Ravel – Bass, Cello, Vocals
Steve West – Drums, Percussion

Reb Beach - Dueling Guitar Solo on "Still Kickin'"
Lester Mendez - Keyboards & String Arrangement on "Afraid of Love", "Goin' Goin' Gone", "Sick Little Twisted Mind"
Nelson "Falco" Padron - Percussion
Paul Harris - Piano on "Tip of My Tongue"
Gary Bivona - Backing Vocals on "Good Time"
Maria Mendez - Sexy Voice on "Sick Little Twisted Mind"

Producer - Bruno Ravel, Steve West
Co-producer - Paul Northfield