メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

リック・ブライトマン

II / Last Autumn's Dream (2004) 

0034II

アンディ・マレツェクとミカエル・アーランドソンが組んだメロディアスハード・グループ、ラスト・オータムズ・ドリームの2nd。前作でバッキングを担当 したミック・ミカエリ(Key)、ジョン・レヴィン(Ba)、イアン・ホーグランド(Dr)のヨーロッパ組に代わり、タリスマンのマルセル・ヤコブ (Ba)とジェイミー・ボーガー(Dr)、さらに前作で名曲"Guardian Angel"を提供していたクリスタル・ブルーのトーマス・ラッサール(Key)がメンバーとして参加しています。メンバーは変わっても音楽性に変化はあ りません。相変わらずの叙情的なメロディ、アーランドソンの切ない声、マレツェクのツボをおさえたギターはこのグループならではのもので、終始メロメロのメロハーです。

曲作りは、全14曲中アーランドソン・チームで6 曲、マレツェク・チーム(実態としてはRick Brightman主導)で5曲、トーマス・ラッサール提供曲が2曲、フェア・ウォーニング時代の曲が1曲と、大体前作と同じような比率になっています。 前作でもそうでしたが、複数のソングライターが楽曲を持ち寄ったことでアルバムが金太郎飴にならず、非常にバラエティ豊かに仕上がっています。バラエティ 豊かということは散漫になるということと紙一重なわけで、これだけ幅広い楽曲を1枚のアルバムに仕立て上げたバンドとスタッフの力量は大したものだと思います。特に、ちょっとハードロック的でないような面白いメロディを、違和感を感じさせることなく自分のレパートリーとして歌いこなすアーランドソンは見事と言うほかありません。ただし、前作は名曲のオンパレードでしたが、本作にも捨て曲はないものの前作の高みには及んでいないように感じます。さらに難を言えば、意図的なものだと思いますがサウンド・プロダクションが軽くて薄い。おかげで特にマルセル・ヤコブのせっかくのベースラインの魅力が半減してしまっています。それから、ミカエル・アーランドソンのボーカルがやや粗いこと。次作のライナーなどを読むと、どうも秋ごとのリリースに拘りすぎて時間がなく、 キーの選択含め練り込みが不足していたのではないかと思われます。

前作と同じように、ストックホルムでのリズム・トラックの録音(Ulf Wahlberg担当)、ベルリンでの曲作りとギター・パート録音(Rick Brightman担当)、イェーテボリでの曲作りとボーカル録音(Torbjörn Wassenius担当)と、各作業は別々に行われています。バンド・メンバーそろってのセッションが行われず、ライブ・パフォーマンスも行われていないわけで、この時点でもラスト・オータムズ・ドリームは、バンドというよりアルバム制作のためのプロジェクトというのが実態だったようです。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Fire With Fire [Bonus Track] (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
02. Up In Paradisee (R. Brightman)
03. Keep Falling (R. Brightman)
04. Running (R. Brightman)
05. (Always Be) You And I (R. Brightman)
06. Heat Of Emotion (U. W. Ritgen)
07. Helpless (T. Lassar, R. Eriksson)
08. Over & Out (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
09. So Much Love In The World (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
10. Lost In You (T. Lassar, R. Eriksson)
11. This Gotta Be Love (R. Brightman, A. Malecek)
12. Round & Round (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
13. Brand New Life (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
14. A Place To Hide In Town (M. Erlandsson, A. Desombre)

■Personnel
Mikael Erlandsson – lead & backing vocals
Andy Malecek – guitars
Jamie Borger – drums
Thomas Lassar – keyboards
Marcel Jacob – bass

Pierre Wensberg – backing vocals
Ulf Wahlberg – various keyboards
Rick Brightman – backing vocals

Producer - Ulf Wahlberg, Rick Brightman, Mikael Erlandsson, Torbjörn Wassenius, Claes Andreasson
Executive Producer/coordinator - Ulf Wahlberg

Last Autumn's Dream / Last Autumn's Dream (2003)

0010Last Autumn's Dream

スウェーデン出身のボーカリスト、ミカエル・アーランドソンと、ドイツ出身でフェア・ウォーニングのギタリストだったアンディ・マレツェクのコラボレーション、ラスト・オータムズ・ドリーム。出来上がったのは、センチメンタルでロマンチックな極上のメロディアス・ハードロック!1曲たりとも捨て曲なんていうものはありません。特に"Again And Again"、"Guardian Angel"、"Break The Chains"、"Blink of An Eye"などは超がつくほどの名曲でしょう。かすれ気味の甘い声で切なく歌い上げるアーランドソンのボーカル、フェア・ウォーニング時代にも増して叙情的なマレツェクのギター、次から次に繰り出される美旋律にもう何も言うことはありません。二人のコラボレーションが生み出したこ音楽こそ、まさに「ケミストリー」という言葉にふさわしいものだと思います。アーランドソンの過去のレパートリーから"The One"、フェア・ウォーニングの名曲"Picture of Love"が再演されているのも興味深いです。メインの二人の脇を固めるのは、ミック・ミカエリ(キーボード)、ジョン・レヴィン(ベース)、イアン・ホーグランド(ドラムス)、言わずと知れたヨーロッパのメンバーです。またラストの1曲だけ北欧メロハー/AORのドン、トミー・デナンダーがギターで友情出演(?)しています。

ライナー・ノーツによれば、レコーディングは大雑把に言ってストックホルムでのヨーロッパ組のリズムトラックの録音(Ulf Wahlberg担当)、イェーテボリでのアーランドソンのボーカル録音(Torbjörn Wassenius担当)、ベルリンでのマレツェクのギター・パートの録音(Rick Brightman担当)と、計三ヶ所で行われています。曲作り、アレンジ、プロデュースも、アーランドソン・チーム(Mikael Erlandsson, Claes Andreasson, Torbjörn Wassenius)と、マレツェク・チーム(Andy Malecek, Rick Brightman)、別個に行われているようです。それぞれの素材をインターネットを通じて交換し合いアルバムに仕立て上げているけれど、メンバー全員が一堂に会してのレコーディング・セッションは行われていないという、なんとも現代的な制作手法ですね。なお、リリースはイタリアのメロハー/AOR専門レーベルFrontiersからとなっています。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Again And Again (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
02. Picture of Love [Bonus Track] (U. W. Ritgen)
03. Guardian Angel (T. Lassar, R. Eriksson)
04. Break The Chains (Of Destiny) (R. Brightman)
05. Blink of An Eye (R. Brightman)
06. Talk To Me (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
07. The One (M. Erlandsson)
08. I Never Let You Go (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)
09. High Up (R. Brightman, A. Malecek)
10. Movin' On (R. Brightman)
11. Going Home (M. Erlandsson, C. Andreasson, T. Wassenius)

■Personnel
Mikael Erlandsson – vocals
Andy Malecek – guitars
Mic Michaeli – keyboards
John Levén – bass
Ian Haugland – drums

Tommy Denander – harmony guitars on "Going Home"
Pierre Wensberg – backing vocals
Rick Brightman – backing vocals
Magnus Weidenmo – backing vocals
Jenny Miina – backing vocals

Main Producer - Torbjörn Wassenius
Executive Producer/coordinator - Ulf Wahlberg

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ