メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

ランス・クイン

Bon Jovi / Bon Jovi (1984)

0299Bon Jovi










今さらの感はありますがボン・ジョヴィ(Bon Jovi)のデビュー・アルバムを取り上げてみます。3rdアルバムSlippery When Wet以降の作品群と比べれば少ないですが、それでも世界中で350万枚を売り上げ、全米チャート43位を記録しています。今聴いてもとてもよくできた「歌謡曲ロック」アルバムだと思います。収録曲はどれもメロディ・ラインが魅力的だし、歌唱・演奏も溌剌としていて気持ちがいい。いや~、やっぱり大したものです。筆者の一番のお気に入りは#6"Breakout"、いつも「ウォー、ウォー、ウォー」と一緒に歌いたくなります。

メンバーはジョン・ボン・ジョヴィ(Vo)、リッチー・サンボラ(Gt)、デヴィッド・ブライアン(デヴィッド・ラッシュバウム)(Key)、アレック・ジョン・サッチ(Ba)、ティコ・トーレス(Dr)。ただし、#1"Runaway"はバンド結成以前にジョン・ボン・ジョヴィとスタジオ・ミュージシャンによって録音されたもので、後にバンド・メンバーとなるヒュー・マクドナルドや、著名なセッション・ギタリストのティム・ピアースが演奏しています。また、Additional musiciansとして、チャック・バーギやアルド・ノヴァなどがクレジットされています。プロデューサーは後にDanger Dangerなども手がけるランス・クインと、ジョン・ボン・ジョヴィの従兄弟トニー・ボンジョヴィです。

なお、オリジナル盤の9曲に加えて、ライブ音源7曲入りの2枚組「1998 Special Edition」、ボーナス・トラックとしてライブ音源4曲を収録した「2010 Special Edition」もリリースされています。
 
評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Runaway (Jon Bon Jovi, George Karak)
02. Roulette (Jon Bon Jovi, Richie Sambora)
03. She Don't Know Me
04. Shot Through The Heart
05. Love Lies
06. Breakout
07. Burning For Love
08. Come Back
09. Get Ready

1998 Special Edition bonus CD
01. Runaway (Live Le Zenith 1988)
02. Roulette (Live BBC Friday Rock Show)
03. Shot Through the Heart (Live Japan Tour 1985) 
04. Burning for Love (Live Japan Tour 1985)  
05. Get Ready (Live Japan Tour 1985)
06. Breakout (Live Super Rock '84)
07. Runaway (Live Super Rock '84)

2010 Special Edition bonus tracks
01. Runaway (Live Le Zenith 1988)
02. Roulette (Live BBC Friday Rock Show)
03. Breakout (Live Super Rock '84)
04. Get Ready (Live Japan Tour 1985)

■Personnel
Jon Bon Jovi – Lead Vocals, Backing Vocals, Guitar
Richie Sambora – Lead Guitar, Backing Vocals
Alec John Such – Bass, Backing Vocals
Tico Torres – Drums
David Rashbaum – Keyboards, Backing Vocals

Hugh McDonald – Bass on "Runaway"
Roy Bittan – Keyboards on "Runaway"
Frankie LaRocka – Drums on "Runaway"
Tim Pierce – Guitar on "Runaway"
David Grahmme – Backing Vocals on "Runaway"
Mick Seeley – Backing Vocals on "Runaway"
Chuck Burgi – Additional Drums
Doug Katsaros – Additional Keyboards
Aldo Nova – Additional Guitar and Keyboards

Producer – Lance Quinn, Tony Bongiovi
Executive-Producer – Arthur Mann


Return of the Great Gildersleeves / Danger Danger (2000)

0282The Return Of The Great Gildersleeves









2000年にリリースされたDanger Danger(デンジャー・デンジャー)の5thアルバム。メンバーは3rdDawn以来のブルーノ・ラヴェル(b、gt)、スティーヴ・ウエスト(ds)、ポール・レイン(vo)のトリオ編成。元メンバーのアンディ・ティモンズとトニー・ブルーノ・レイ、更に1stのプロデュースを担当したランス・クインも一部のパートを受け持っています。グランジ風サウンドからメロディアス路線に復帰した前作Four The Hard Wayの延長線上の作風で、今回も文句なしの傑作アルバムに仕上がりました。本作の特長としては、楽曲のバリエーションが一層広がったことが挙げられます。初期のパーティ・ロック調のものから、Dawnに通じるダークでヘヴィなものまで、違和感なく一枚のアルバムにまとめ上げた力量は賞讃に値するでしょう。

#01"Grind"
露骨にエロい歌詞と重心の低いヘヴィなリズムが最高にカッコいいロックン・ロール。Danger Dangerらしさ100%の名曲です。超強力曲を冒頭に持ってくるのは前作と同じ手法。ギター・ソロはアンディ・ティモンズで、微妙なニュアンスをコントロールする相変わらずの巧みさにはため息が出るほど。

#02."When She's Good She's Good (When She's Bad She's Better)"
セカンドライン風のリズムのいかにもなアメリカン・ハードロックです。この曲のソロもアンディ・ティモンズ。ファンキーでトリッキーなフレーズがたまりません。

#03"Six Million Dollar Man"
Cheap Trickをグっとヘヴィにしたような曲。ネチっこいボーカルが耳に残ります。ギター・ソロはポール・レイン。

#04"She's Gone"
どこぞのAORバンドがやってもおかしくないような、スタイリッシュな哀愁バラード。うーん、いいメロディですね~。鼻の詰まったようなコンプを効かせたAOR風ギター・ソロはトニー・ブルーノ・レイ。この人も上手いです。

#05"Dead Drunk & Wasted"
1stや2ndに入っていてもおかしくないような、いかにもDanger Dangerらしい明るいハード・ポップです。こういう曲は好きだなぁ。ギター・ソロはトニー・ブルーノ・レイ。

#06"Dead Dog"
一転してDawnを思い出させるダークでヘヴィな曲。それもそのはずでDawn制作当時のマテリアルとのこと。もはやなんちゃってグランジには聴こえず、しっかりこのバンドのレパートリーの一部になってます。ポール・レインの歌の上手さと、暗い情念が燃え盛るようなブルーノ・ラヴェルのギター・ソロが印象に残ります。

#07"I Do"
これぞ哀愁系メロディアス・ハードど真ん中の名曲!Danger Dangerの音楽性がいい方向に広がっているのが感じられます。トニー・ブルーノ・レイのソロもカッコいい。

#08"My Secret"
リリカルなメロディ、追憶をテーマにした歌詞、風が吹き抜けるようなアコースティカルなアンサンブルが好ましい小品。ここでもバンドの音楽性の幅の広がりを示しています。

#09"Cherry Cherry"
タイトルからして"Naughty Naughty"や"Bang Bang"を思わせるパーティ・ロック。おっさんになってもこういう曲をやるのがカッコいいんです。もう能天気な感じがしないのは、当たり前のような、ほろ苦いような。。。ボーカルはブルーノ・ラヴェルで、曲にあってます。ストーンズでキースが歌う曲みたいな感じかな。

#10"Get In The Ring"
ヘヴィなリフと淡々としたコーラスが不思議に興奮を誘う曲。明るさのかけらもないところはDawn的ですが、しっかりDanger Dangerの音になってます。一聴して彼と分かるアンディ・ティモンズのソロも見事の一言。

#11"Walk It Like Ya Talk It"
アップ・テンポのオーソドックスなハード・ロック。Danger Dangerは意外にこういう曲は少ないのですが、かなりいい感じです。アンディ・ティモンズのソロはもちろん素晴らしいし、こういう曲調だとあらためてリズム隊が手堅いのも認識できます。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Grind
02. When She's Good She's Good (When She's Bad She's Better)
03. Six Million Dollar Man
04. She's Gone
05. Dead Drunk & Wasted
06. Dead Dog
07. I Do
08. My Secret
09. Cherry Cherry
10. Get In The Ring
11. Walk It Like Ya Talk It
All songs written by Danger Danger

■Personnel
Paul Laine – Lead Vocals, Backing Vocals, Guitars on #8, Keyboards on #3, #6, #8, Guitar Solo on #3
Bruno Ravel – Guitars, Bass, Keyboards on #4, #6, #7, #9, Guitar Solo on #6, #9, Lead Vocals on #9,  Backing Vocals on #2
Steve West – Drums, Percussion

Andy Timmons - Lead Guitars on #1, #2, #10, #11, Backing Vocals on #2
Tony Bruno - Lead Guitars on #4, #5, #7, Keyboards on #6, Guitar Synth on #8, Wah Guitar on #10
Lance Quinn - Keyboards on #1, #2, #4
Scott Brown - Backing Vocals on #1
Damien Graham - Drums & Percussion on #8

Producer - Danger Danger


Danger Danger / Danger Danger (1989)

0004Danger Danger

曲調はいわゆるパーティロック、当時のバンドの写真もいかにもいかにもな感じなので、当初はLAメタルなのかと思っていました。しかし、中心メンバーでメイン・ソングライターのブルーノ・ラヴェル(Bruno Ravel)とスティーヴ・ウエスト(Steve West)はニューヨーク出身だし、ボーカルのテッド・ポーリー(Ted Poley)はニュージャージー生まれで、地元バンドProphetでドラムを叩いていた人でした。全然LAメタルではありません。Prophetのボーカリストのディーン・ファザーノ(Dean Fasano、2009年に亡くなっています)は、Prophet以前には、後にBon Joviに加わるリッチー・サンボラ(Richie Sambora)、アレック・ジョン・サッチ(Alec John Such)と一緒にMessageというバンドを組んでいました。Bon Joviはもちろん、Messageもニュージャージーから生まれたバンドです。また、このDanger Dangerの1stをプロデュースしたランス・クイン(Lance Quinn)は、Bon Joviのプロデューサーとして有名です。そんなわけで、Danger Dangerはむしろニュージャージー人脈と繋がりをもつバンドなんですね。キーボードのケイシー・スミスはGet With Itというバンドのメンバーだったようです。

今となっては、曲によっては能天気ぶりがやや鼻につきますが、他の似たようなバンドに比べてメロディの水準は高いと感じます。特にバラードはしっとりしていて情感豊かに仕上がっています。なお、クレジットにはアンディ・ティモンズ(Andy Timmons)の名前が記されていますが、彼はレコーディング終了後に加入しています。"Saturday Nite"と"Boys Will Be Boys"の2曲のギターソロだけは差し替えられていますが、他のパートは全てトニー・ブルーノ・レイ(Tony "Bruno" Rey)によるものです。

※2014年に最新リマスター盤が出ました。プロモーション用5曲入りライヴ・アルバムDown And Dirty Live! (非売品)に収められていた、"Bang Bang"、"Naughty Naughty"、"Rock'n'Roll Hoochie Koo"がボーナス・トラックとして収録されています。同時に発売された2ndScrew It! リマスター盤には、"Groove Or Die"と"Boys Will Be Boys"が収録されており、これで入手困難だったDown And Dirty Live! の全曲揃うことになります。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Naughty Naughty (B. Ravel, S. West)
02. Under The Gun (B. Ravel, S. West)
03. Saturday Nite (B. Ravel, S. West)
04. Don't Walk Away (B. Ravel, S. West)
05. Bang Bang (B. Ravel, S. West)
06. Rock America (B. Ravel, S. West)
07. Boys Will Be Boys (B. Ravel, S. West)
08. One Step From Paradise (B. Ravel, S. West)
09. Feels Like Love (B. Ravel, S. West)
10. Turn It On (B. Ravel, S. West)
11. Live It Up (B. Ravel, S. West)

■Personnel
Ted Poley - vocals
Tony "Bruno" Rey - guitar
Andy Timmons - guitar
Kasey Smith - keyboards
Bruno Ravel - bass guitar
Steve West - drums

Producer - Lance Quinn



記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ