メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

ヨルグ・ダイジンガー

Systems Go Wild! / Soul Doctor (2002)

0381Systems Go Wild









Fair Warning脱退後トミー・ハートが結成したドイツのハードロック・バンドSoul Doctorの2ndアルバム。バンド・メンバーは前作と変わらず、クリス・ライン(G)、J.D.ことヨルグ・ダイジンガー(B)、ザッキーことアタナシオス・ツォウカス(Ds)。音の方もやはり前作同様の路線で、ロックン・ロールをベースにしたオーソドックスでソリッドなハードロックです。収録曲は全てバンドとスティーヴ・プランケット(Autograph)によって書かれており、この点も前作と同じです。

バンドにとって2作目となるこのアルバムは、シンプルな楽曲、高い演奏力、装飾を排したプロダクションが相まって、前作以上にタイトな印象を受けます。加えて、若干ですがメロディに叙情味が増しているので、更にGotthardやShakraといったスイス勢の音に近くなったように感じます。再結成後のややまったりし過ぎたFair Warningより、このSoul Doctorの方がむしろいいかなぁ。聴いていてとても気持ちがいいんですよね。楽曲は全曲素晴らしいのですが、特にお気に入りなのは、突進するリフがカッコいい#1"Livin' the Life"、リフがJudas Priestっぽい#3"Get It On"、ブルージーでメロディアスなバラード#4" See You In Heaven"、高揚感溢れるロックンロール#6"Cheap Talk"といったところ。Led Zeppelinの影響が顕著ですがメロディアスな要素もある、#8"Our Time"、#9"Good Time's Slippin' Away"、#10"Just Can't Get Over You"の3連発もカッコいいです。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Livin' the Life (Steve Plunkett, Peter Beckett)
02. Wrong or Right (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
03. Get It On (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
04. See You In Heaven (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
05. All Systems Go! (Tommy Heart, Chris Lyne, Zacky, Steve Plunkett)
06. Cheap Talk [Japanese bonus track] (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
07. Somebody (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
08. Our Time (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
09. Good Time's Slippin' Away (Tommy Heart, Chris Lyne, Zacky, Steve Plunkett)
10. Just Can't Get Over You (Tommy Heart, Chris Lyne, Steve Plunkett)
11. Waitin' (Sinisha Licanin, Tommy Heart, Chris Lyne, Zacky)

■Personnel
Tommy Heart - Vocals
Chris Lyne - Guitar
J.D. - Bass
Zacky - Drums

Sinisha Licanin - Keyboards

Producer - Tommy Heart, Chris Lyne


Amazon商品リンク

Knock Out / Bonfire (1991)

0317Knock Out









ドイツのハードロック・バンドBonfireの4thアルバム。一作ごとに楽曲面・演奏面で向上してきて、前作Point Blank はバンドの代表作と言って差し支えない充実振りを示していました。ところが、ところが、この大事な4作目でずっこけてしまいます。アメリカン・ハードロック路線が更に強まったのは構わないとしても、その悪いところばかり増幅したような内容にはがっかりです。馬鹿丸出しの下品なパーティ・ロック、悪ふざけというか楽屋オチ的なお遊び、歯の浮くような嘘臭いバラードばかり目立ちます。なんでこうなってしまったのか?バンドのせいなのか、Queenのプロデューサーとして名の知れたラインホルト・マックのプロデュースが裏目に出たのか、よく分かりません。 何曲か佳曲もあるのに実にもったいないです。本作の出来の悪さが影響したのか、この後バンドは空中分解。自分で自分をノックアウトしたというシャレにならない状況です。オリジナル・メンバーのクラウス・レスマンとハンス・ツィラーによってバンドは数年後に復活しますが、こちらの聴く気は復活しないままです。

評価 ★★☆☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Streets of Freedom
(Music: G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
02. The Stroke
(Music & Lyrics: B. Squier)
03. Dirty Love
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
04. Rivers of Glory
(Music: G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
05. Home Babe
(Music: G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
06. Shake Down
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
07. Hold You
(Music: G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
08. Down and Out
(Music: G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
09. Take My Heart and Run
(Music & Lyrics: C. Lessmann/M. Voss-Schön)
10. All We Got
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
11. Fight for Love
(Music: G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
12. Tonmeister
(Music & Lyrics: E. Patrik/J. Deisinger/G. Schleifer/C. Lessmann/R. Mack)

■Personnel
Claus Lessmann - Lead & Backing Vocals, Acoustic Guitars
Jörg Deisinger - Bass, Backing Vocals
Edgar Patrik - Drums, Percussion, Backing Vocals
Angel Schleifer - Guitars, Backing Vocals

Producer – Mack (Reinhold Mack)


Amazon商品リンク

Point Blank / Bonfire (1989)

0286Point Blank









ドイツ産HRバンドBonfire(ボンファイアー)の1989年リリースの3rdアルバム。一作ごとに同郷の先輩バンドScorpionsの影響が薄れ、Bon Jovi色というかアメリカ指向が強まってきています。前作に引き続き、ジャック・ポンティ、デズモンド・チャイルドといったBon Joviにつながるヒット・メーカーとの共作曲を入れ込み、楽曲面での充実度は更に向上。俗に言うアリーナ・ロック風なメジャー・バンド感が出てきました。メイン・ギターがハンス・ツィラーから新規加入のエンジェル・シュライファー(ex-Sinner)にチェンジしたことによって、インスト面も格段に強化されています。ただ、惜しむらくは決定的なキラー・チューンがないこと。うーん、あと一歩、あと半歩という感じです。一曲一曲はコンパクトでキャッチーなんですが、箸休め的な小品2曲を含めて全17曲収録というのも、さすがに詰め込みすぎな気がします。2009年Yesterrockの再発盤は更に7曲のライブ録音がボーナスで追加されており、嬉しいようなお腹一杯なような。。。

なお、前身バンドCacumen以来のギタリスト2人のうち、ホルスト・マイヤー・ソーンは録音前に脱退、ハンス・ツィラーはミックス中に脱退しています。ハンス・ツィラーのパートがどの程度残っているのか不明ですが、彼はAdditional Guitars、エンジェル・シュライファーはAll Guitarsとクレジットされています。ドラムは前作では助っ人のケン・メリーが叩いていましたが、本作では固定メンバーとしてエドガー・パトリック(ex-Sinner, Samson)が参加しています。クラウス・レスマン(vo)、ヨルグ・ダイジンガー(b)は変わらず、プロデュースも2ndと同じくマイケル・ワーグナーが手がけています。バッキング・ボーカルにフレディ・カーシ(ex-Sheriff, Alias)の名前があるのがちょっと意外。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Bang Down the Door
(Music & Lyrics: B. Halligan Jr./G. Schleifer/C. Lessmann/J. Ziller)
02. Waste No Time
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer, Lyrics: C. Lessmann)
03. Hard on Me
(Music & Lyrics: J. Ponti/S. Swirsky/C. Lessmann/G. Schleifer/J. Deisinger/E. P. Witzemann/J. Ziller)
04. Why Is It Never Enough
(Music: J. Ziller, Lyrics: C. Lessmann)
05. Tony's Roulette
(Music: J. Ziller, Lyrics: C. Lessmann)
06. Minestrone
(Music & Lyrics: H. Maier-Thorn/E. P. Witzemann)
07. You're Back
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer, Lyrics: C. Lessmann)
08. Look of Love
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer, Lyrics: C. Lessmann)
09. The Price of Loving You
(Music: D. Child, Lyrics: D. Child/C. Lessmann/G. Schleifer/J. Ziller)
10. Freedom Is My Belief
(Music: J. Ziller, Lyrics: C. Lessmann)
11. Gimme Some
(Music & Lyrics: J. Ponti/K. Keeling/L. Bulen/M. Wagener/C. Lessmann/J. Deisinger/G. Schleifer/E. P. Witzemann/J. Ziller)
12. Say Goodbye
(Music: J. Ziller, Lyrics: C. Lessmann)
13. Never Surrender
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer, Lyrics: C. Lessmann)
14. (20th Century) Youth Patrol
(Music: J. Ziller, Lyrics: C. Lessmann)
15. Jungle Call
(Music & Lyrics: H. Maier-Thorn)
16. Know Right Now
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer, Lyrics: C. Lessmann)
17. Who's Foolin' Who
(Music & Lyrics: M. Ribler/C. Lessmann/G. Schleifer/J. Ziller)

■Personnel
Claus Lessmann - Lead & Backing Vocals, Acoustic Guitars
Jörg Deisinger - Bass, Backing Vocals, Mouth Drums
Edgar Patrik - Drums, Percussion, Backing Vocals
Angel Schleifer - All Guitars, Backing Vocals

Hans Ziller - Additional Guitars
Fred Curci - Additional Backing Vocals

Producer – Michael Wagener

Soul Doctor / Soul Doctor (2001)

0256Soul Doctor









Fair Warning脱退後トミー・ハートが結成したSoul Doctor(ソウル・ドクター)の1stアルバム。トミーのFair Warning脱退の経緯については本作ライナーノーツに詳述されていますが、簡単に言ってスタジオ録音がメインでライブに消極的なバンドの姿勢が不満だったということらしいです。Fair Warningの主導権はウレ・リトゲンとヘルゲ・エンゲルケが握っており、曲作りも独占されていることにもフラストレーションが溜まっていたのでしょう。2000年の来日公演を前にアンディ・マレツェクが一足先に脱退しており、公演後にトミーが抜けFair Warningは解散状態に陥ることになります。

さて、このトミー・ハートの新バンドSoul Doctor、トミー以外のメンバーですが、まずギターにクリス・ライン。トミーの幼馴染だそうで、1980年代にトミーと共にHeartlyneというバンドを組んでいました。ハートとラインでハートラインなわけですね。ベースはJ.D.ことBonfireのヨルグ・ダイジンガー。ドラムはザッキーことアタナシオス・ツォウカス(Athanasios Tsoukas)、なんだかビザンツ皇帝のようなスゴイ名前のこの人はドイツのメタル・バンドAttackの出身です。そして、プロデューサーのジム・ヴォックスはドイツのHRバンドSkew Siskinのギタリスト。ついでにAdditional musiciansですが、クラッシュ・クリックはSkew Siskinのドラマー、アレクサンダー・ストローチは元Heartlyneのキーボード奏者。イゴール・フラッハは故人ですがドイツのブルース・ハープ奏者。ちなみに、Skew Siskinのベーシストであるヨギー・ラウテンベルクは元Heartlyneのメンバーで、後にSoul Doctorにも参加します。こうして見てくると、Soul Doctor、Heartlyne、Skew Siskinは相互に関係が深く、Zeno~Fair Warning系のつながりとは別のトミーの人脈が伺えます。

そういう人脈を反映して本作のサウンドも、Zeno~Fair Warningに共通した叙情的なメロディアス・ハードロックとは異なり、ロックン・ロールとブルースをベースにした、オーソドックスなハードロックとなっています。Fair Warningにはその要素が全くなかった泥臭ささえ感じられるものの、乾いた感じは受けない音、たとえて言うなら初期Gotthardに類似しているかな。そんなわけで、Soul DoctorにFair Warningの面影を見出すのは難しいでしょう。もちろん、高揚感に満ちたトミー・ハートの声と歌いまわしは変わらないので、その点ではFair Warning同様に不安なく楽しめます。ロックン・ロール調の曲だとロバート・プラントを思わせるような歌いっぷりで、これはこれでまたカッコいいです。なお、Foreignerのカバー#1"Soul Doctor"以外は、収録曲は全てバンドとスティーヴ・プランケット(Autograph)によって書かれたもの。ストレートかつシンプルですが、ライブ映えしそうな曲ぞろいです。なるほどトミーはこういう音楽がやりたかったのかと納得できます。しかしまあ、これだけのテンションとパワー感を、スタジオ録音に詰め込んだこのバンドとプロデューサーの力量は大したもんだなぁと感心しました。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Soul Doctor
02. Shake 'Em on Down
03. Goodbye
04. Before the Night Is Over
05. Unspoken Words
06. What Do U Want
07. Who Will Be There
08. You're All That I Want
09. Down the Blvd.
10. Emotion in Motion
11. Does It Feel Like Love
12. Wild and on the Run [bonus track]
All songs written by T. Heart, C. Lyne, J. Deisinger, Zacky and Steve Plunkett
except "Soul Doctor" written by M. Jones/L. Gramm

■Personnel
Tommy Heart - Vocals
Chris Lyne - Guitar
J.D. - Bass
Zacky - Drums

Additional musicians - Crash Klick, Alexander Strauch, Andreas Kemper, Igor Flach

Producer - Soul Doctor
Co-producer - Jim Voxx

Fire Works / Bonfire (1987)

0225Fire Works









ドイツのハードロック・グループ、Bonfireの2ndアルバム。Scorpionsの二番煎じ感とB級臭はずいぶん薄れました。要因の一つはDokken、Poison、White Lion、Alice CooperなどHR/HM系、特にLAメタル・バンドを数多く手がけて定評の高い、ドイツ出身のマイケル・ワーグナーによるゴージャスなプロダクション。それから、ジャック・ポンティ、ジョー・リン・ターナーなど外部ライター参加による楽曲の充実。さらに、ゲスト・ドラマーとして名手ケン・メリー(Fifth Angel、House of Lords、Impellitteri etc)が全曲プレイしていること。この人が叩くと、途端に音がイキイキと躍動するんですよね。もちろんバンドの成長もあるのでしょうが、1stに比べて全体的にクォリティは向上しています。ただ、若気の至りな感じ、どことなく軽佻浮薄な感じが抜けていないのが気になるところ。それから、リード・ギタリストの技量がイマイチなのもHR/HMバンドとしては痛いかな。

楽曲の傾向は当時の耳で聴けばアメリカ指向なのでしょうが、叙情的なメロディはそれでも十分欧州っぽさ、ドイツっぽさが濃厚。#1"Ready 4 Reaction"、#2"Never Mind"、#4"Champion"、#11"Cold Days"など、パワー感と哀愁味が両立した佳曲が目白押しです。特に#6"Sweet Obsession"はキャッチーでメロディアス、文句なしの曲だと思います。この曲、ジョー・リン・ターナーもSecond Hand Life (2007)に収録しています。本作のクレジットはBonfireの4人とジャック・ポンティ、JLTの共作ということになっていますが、Second Hand Life のほうではジャック・ポンティとJLTしかクレジットされていません。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Ready 4 Reaction (H. Maier-Thorn/J. Deisinger/C. Lessmann)
02. Never Mind (H. Ziller/J. Deisinger/C. Lessmann)
03. Sleeping All Alone (J. Ponti/H. Ziller/H. Maier-Thorn/C. Lessmann)
04. Champion (H. Ziller/C. Lessmann)
05. Don't Get Me Wrong (H. Maier-Thorn/C. Lessmann)
06. Sweet Obsession (J. Ponti/J. Lynn-Turner/H. Ziller/C. Lessmann/H. Maier-Thorn/J. Deisinger)
07. Rock Me Now (H. Ziller/C. Lessmann)
08. American Nights (H. Ziller/H. Maier-Thorn/C. Lessmann/M. Ribler)
09. Fantasy (H. Maier-Thorn/C. Lessmann)
10. Give It a Try (H. Ziller/C. Lessmann)
11. Cold Days (H. Ziller/C. Lessmann)

■Personnel
Claus Lessmann - lead and backing vocals
Hans Ziller - lead and rhythm guitar, acoustic guitar, backing vocals
Horst Maier-Thorn - rhythm guitar, backing vocals
Jörg Deisinger - bass, backing vocals

Ken Mary - drums, percussion
Martin Ernst - keyboards

Producer – Michael Wagener



記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ