メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

ヨラン・エドマン

Total Control / John Norum (1987)

0217Total Control









The Final Countdown を最後にヨーロッパを脱退したジョン・ノーラムが、マルセル・ヤコブ、ヨラン・エドマンとともに制作した1stソロ・アルバム。1987年ということは、マルセル・ヤコブはイングヴェイ・マルムスティーンのバンドを離れてタリスマンの結成前、ヨラン・エドマンはマディソンを抜けてインギーのボーカリストとなる前ですね。その他のミュージシャンはゲスト扱いで、ドラムに220 Voltのピーター・ハーマンソン、キーボードにパー・ブロム、この人はプロデューサーでもあり、後にジョン・ノーラムの妹のトーン・ノーラムのアルバムにも参加しています。曲提供もしているマッツ・リンドフォース、マックス・ローレンツは、バック・ボーカル、オルガンでそれぞれクレジットされています。プロデュースはジョン・ノーラム自身と、220 Voltなどを手がけてきたトーマス・ウィット、さらに共同プロデューサーとしてパー・ブロムが名を連ねています。

ヨーロッパのポップ化、アメリカ指向に反発してヨーロッパを離れたジョン・ノーラム。その彼がやりたいようにやった本作は、ヨーロッパのOut of This WorldPrisoners in Paradise ほどアメリカンではありませんが、かといって意外に初期ヨーロッパほどクラシカルでも北欧色が強いわけでもありません。変な表現ですが、北欧風味のブリティッシュ・ハードという印象です。3曲だけ歌っているヨラン・エドマン、最近は円熟味を増して落ち着いた歌唱スタイルになっていますが、この頃ははまだ声が若々しいものの、線が細くて若干頼りないかな。しかし、ミスター北欧ボイスの名にふさわしい歌いっぷりが本作の魅力を高めているのは確かです。ほとんどの曲を歌っているのはジョン・ノーラムですが、結構上手いし声質がヨラン・エドマンに近いので違和感はありません。肝心のギター・プレイに関しては、ヨーロッパ時代を上回ります。The Final Countdown で溜まったフラストレーションを吹き飛ばすかのような、まさに気迫溢れる演奏。この頃はインギーを意識していたらしく、ちょっとやり過ぎ感はありますが、トーンといいフレーズの流れといい、やはり素晴らしいテクニックとセンスを持ったギタリストだと痛感させられます。それから、マルセル・ヤコブのグリグリ手数の多いベース、これははいつも通りの快感です。また、彼はオリジナル曲を全てジョン・ノーラムと共作しており、そのメロディメイカーとしての才能が本作でも伺えます。

■01. Let Me Love You (John Norum, Marcel Jacob)
ミドル・テンポのオーソドックスなハードロック。ボーカルはジョン・ノーラムですが、高音部などはヨラン・エドマンの歌い方を意識しているのか、ちょっと似てますね。
■02. Love Is Meant to Last Forever (John Norum, Marcel Jacob)
ギターのテーマからして哀愁度高めでグッと来ます。これは名曲でしょう。サビがなんとなく"The Final Countdown"に似てるのが微笑ましいです。ボーカルはヨラン・エドマン。
■03. Too Many Hearts (John Norum, Marcel Jacob)
いかにも北欧的な冷ややかさを湛えたバラード。ギター・ソロもとても美しい。
■04. Someone Else Here (John Norum, Marcel Jacob, Peter Hermansson)
ちょっと地味目の曲で、本作の中ではイマイチ感があります。
■05. Eternal Flame (John Norum, Marcel Jacob)
ボーカルはヨラン・エドマン。しょっぱなのギターとベースのユニゾンからワクワクさせてくれます。歌メロ、曲の展開、ギター・ソロ、すべて「様式美」という言葉がピッタリ。本作のハイライトの一つ。
■06. Back on the Streets (Vinnie Vincent, Richard Friedman)
ヴィニー・ヴィンセントのカバー。メロハー好きにはこの哀愁メロが堪りません。ギター・ソロもカッコいいし、うーん、オリジナルよりこっちのほうがいいですね。ボーカルはヨラン・エドマンです。
■07. Blind (John Norum, Marcel Jacob)
ZEP風のヘヴィなノリの曲。というか、モロ"Black Dog"だな。ジョン・ノーラムのボーカルもロバート・プラント風になってます。
■08. Law of Life (Mats Lindfors, Max Lorentz)
ややブルージーで、本作ではちっょと異色な曲。今度はデビカバみたいな歌い方してます。この人、結構器用に歌マネできるんですね~。
■09. We'll Do What It Takes Together (John Norum, Marcel Jacob)
シン・リジィ風のギターのハーモニー、ポップな歌メロがカッコいいです。ボーカルがジェフ・スコット・ソートを思わせるし、ちょっとタリスマンっぽい感じ。
■10. In Chase of the Wind (John Norum, Marcel Jacob)
イントロ聴いてるとUFOの"Doctor Doctor"が始まるかと思いますが、オリジナルのインスト曲。マイケル・シェンカー+ゲイリー・ムーア+イングヴェイってな感じでとにかく弾きまくってます。
■11. Wild One (bonus track) (Phil Lynott)
シン・リジィのカバー。もちろんいい曲なんですが、ボーカルがフィル・リノットそっくりなのがどうしても笑ってしまいます。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Personnel
John Norum – Guitars, Lead Vocals, Backing Vocals
Marcel Jacob – Bass Guitar
Göran Edman – Lead Vocals on 2, 5, 6, Backing Vocals

Peter Hermansson – Drums
Per Blom – Keyboards
Micke Larsson – Fretless Bass on 3
Mats Lindfors – Backing Vocals on 8
Max Lorentz – Hammond Organ on 8

Producer - John Norum, Thomas Witt
Co-Producer - Per Blom

Bad Religion / Brazen Abbot (1997)

0183Bad Religion









ブルガリア出身の凄腕ギタリスト、ニコロ・コツェフによるハードロック・プロジェクト第3作。ボーカルはヨラン・エドマン、トーマス・ヴィクストロム、ジョー・リン・ターナー、インスト・パートはジョン・レヴィン(Ba)、イアン・ホーグランド(Ds)、ミック・ミカエリ(Key)のEurope組と、全員前作Eye of the Storm と同じ布陣です。ニコロ・コツェフはギター以外にも数種の楽器を担当、また作曲・編曲、プロデュース、レコーディング作業の一切を手がけるという多能多才ぶり。このプロジェクトは、1作目から極めてクォリティの高いRainbow、Deep Purple風ハードロック一直線、本作もまた期待に違わない路線で高品質の仕上がりとなっています。楽曲の出来ばえも素晴らしく、ボーカリストは三者三様の個性的な歌唱を競い合い、バックの演奏陣もスリリングでセンスの良いプレイを聴かせてくれます。もちろん、ニコロ・コツェフのギターも折り紙つきの超一級品です。

#1"The Hole World Is Crazy"、ボーカルはジョー・リン・ターナー。Rainbow再結成か?と錯覚するメロディアスでパワフルなスピード・チューン。ミック・ミカエリのオルガンがいい雰囲気出してます。

#2"Nightmares"、立て続けのスピード・チューンですが、ジョー・リン・ターナーとは持ち味の全く異なるトーマス・ヴィクストロムのドラマチックな歌唱が印象的。

#3"Two of a Kind"、一転して落ち着いた曲調。ヨラン・エドマン登場です。渋い歌いまわしにゾクゾクするスロー・バラード。ここでも存在感あるオルガンに拍手したくなります。やっぱりハードロックにはシンセじゃなくてオルガンですよ。

#4"I Will Rise Again"、再びジョー・リン・ターナーです。タイトなリフがカッコいい曲。短いながらも起承転結のあるニコロ・コツェフのギター・ソロが素晴らしい。ややポップなメロディがJLTによく似合っています。適材適所ですな。

#5"Day of the Eagle"、Purple風の疾走感溢れる曲。ニコロさんのバイオリン・ソロが新鮮です。ボーカルはヨラン・エドマンですが、ハイ・トーンがちょい苦しいかな。この人には中低音を生かした渋めの曲が合うと思うんですけどねぇ。

#6"We Don´t Talk Anymore"、ややアーシーなメジャー・キーのバラード。トーマス・ヴィクストロムが味のあるボーカルを聴かせます。この人はほんとにオールマイティです。中間部でテンポがアップし「様式美」風になってからのギター・ソロも聴き所。

#7"Wings of a Dream"、スピーディ&パワフル&ドラマチック、典型的な「様式美」ハードロックです。こういうのは当然ジョー・リン・ターナー。いや~興奮します!

#8"Bad Religion"、タイトル・チューンを歌うのはヨラン・エドマン。ミドル・テンポの落ち着いた曲です。ヴァース部分のポール・ロジャースを思わせるコブシぐるぐるの歌いまわしが最高。カントリー・フィドルみたいなバイオリンと、「様式美」的ギター・ソロのコントラストもニコロさんの計算の内でしょう。この人の才能には脱帽です。

#9"Father to Child"、またまたスピード・チューン。なんという圧倒的な声量、音域、表現力。トーマス・ヴィクストロムの独壇場です。本作で一番リッチー・ブラックモアへのリスペクトを感じさせるニコロさんのソロに思わずガッツポーズ!いや、したことありませんけど、一度言ってみたかったんです。

#10"Love Is on Your Side"、ポップで都会的なのに哀愁を感じさせるJLTのメランコリックな歌唱が実に素晴らしいバラード。それから、またまたニコロさんのソロの構成力にも唸らずにはいられません。

#11"The Empire of the Sun"、トリを勤めるのはやっぱりヨランさん。緊張感に満ちた曲展開が素晴らしい疾走曲です。ギター・ソロも完璧です。いや~、ハードロックを聴き続けて良かったなぁ~、っていう感慨が沸いてきます。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. The Hole World Is Crazy (L: Joe Lynn Turner, Robert Held)
02. Nightmares (L: Thomas Vikström)
03. Two of a Kind (L: Göran Edman)
04. I Will Rise Again (L: Joe Lynn Turner, Robert Held)
05. Day of the Eagle (L: Göran Edman)
06. We Don´t Talk Anymore (L: Thomas Vikström)
07. Wings of a Dream (L: Joe Lynn Turner, Robert Held)
08. Bad Religion (L: Göran Edman)
09. Father to Child (L: Thomas Vikström)
10. Love Is on Your Side (L: Joe Lynn Turner)
11. The Empire of the Sun (L: Göran Edman)
All music written by Nikolo Kotzev

■Personnel
Nikolo Kotzev - guitars, violin, piano, keyboards, percussion
Joe Lynn Turner - vocals (tracks: 1, 4, 7, 10)
Thomas Vikström -  vocals (tracks: 2, 6, 9)
Göran Edman -  vocals (tracks: 3, 5, 8, 11)
Ian Haugland - drums
John Levén - bass
Mic Michaeli - organ

Producer - Nikolo Kotzev 

White on Blue / Crossfade (2004)

139White On Blue









クロスフェイドはスウェーデンのベテラン・セッションマン、ラース・ホールバック(gt)とリチャード・ステンストロム(key)が中心となって結成されたAORプロジェクトです。リズム隊はペール(dr)&スヴェン(ba)のリンドヴァル兄弟で、やはりABBAなどのバックを勤めたベテランの裏方。そしてボーカルは、Yngwie Malmsteenをはじめ数々のHR/HMバンド、プロジェクトで引っ張りだこのヨラン・エドマン。このクロスフェイドは、プロジェクトとは言っても、曲作りも演奏も全て同じメンバーで行なわれており、この後2ndアルバムも出しています。世の中にはライブをやらないバンド、曲作りは外部ライター中心のバンド、セッション・ミュージシャン大動員でレコーディングするバンドもいるわけで、こうなると「バンド」と「プロジェクト」の境目は曖昧ですね。

ヨラン・エドマンが歌っているからと、ちょっとはHR/HMっぽい音を期待すると完全な肩透かしを食います。この作品は純然たるライトAORで、本場LAのバンド顔負けのウェストコースト・サウンドです。でもどこか透明感や清涼感が感じられるのがスウェーデンっぽいのかな。曲調はメロハー寄りのものからスティーリー・ダン風のものまで、割とバラエティに富んでいます。ここでのヨラン・エドマンの歌唱は、軽やかでありながら熟成された深い味わいがあって絶品です。そして、バンドの演奏の素晴らしいことと言ったらありません。長年のキャリアを感じさせる職人芸的プレイ、繊細なアレンジ・センス、聴き込むほどに味が出る一級品です。あくまで心地よさを提供することに徹し、さりげなく高い水準の音を生み出す、まさにプロの仕事だと思いました。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. The Day the Music Died
02. Did You Really?
03. Vanity Fair
04. Flying
05. A Deeper Shade of Love
06. Thorns of Life
07. Loving Eyes
08. Time
09. Don't Really Matter
10. You
Music : Lars Hallbäck, Richard Stenström, Göran Edman
Lyrics : Eva Olsson

■Personnel
Göran Edman - vocals, backing vocals
Richard Stenström - keyboards, loops, programming, string arrangements
Lars Hallbäck - guitars, loops, programming
Per Lindvall - drums, percussion
Sven Lindvall - bass

Pablo Cepeda - congas, bongos
Wojtek Goral - tenor saxophone
Urban Wiborg - trombone
Leif Lindvall - trumpet, horn arrangements
Hans Dyvik - Trumpet
Nina Inhammar - backing vocals

Producer - Lars Hallbäck, Richard Stenström 

 

Calling Spirits / Fortune (1994)

130Calling Spirits









ベニー・セーデルベリ率いるスウェーデンのメロディアスHR/HMグループだったフォーチュンの2ndアルバム。1stは叙情性と田舎臭さを併せ持つ元祖北欧HR/HMを絵に描いたような秀作でした。2ndは、、、時まさに1994年、彼らもやっちまいました。見事に自分たちに似合わないい「モダン」路線に切り替えてしまっています。これは痛い。HR/HMのアンチたるオルタナ/グランジの軍門に降るとはいったい何を考えているのか。だいたいベニー・セーデルベリの歌唱でこういう音楽をやるのに無理があるだろうって本人たちが気づかないのか。ヘンリック・ベリクヴィストのギターが1stよりさらに進化を遂げて聴き応えがあるのが唯一の救いです。メンバーはドラム以外は前作と同じです。バッキング・ボーカルにヨラン・エドマン、プロデュースにStone Fury、Unruly Childのギタリスト、ブルース・ゴウディがクレジットされています。

★追記2017年2月
これまで国内盤ライナーノーツに従って、Benny Söderbergを「ベニー・スドベリ」と表記してきましたが、スウェーデン人名Söderbergの一般的カタカナ表記にならって「ベニー・セーデルベリ」に改めます。 

評価 ★★☆☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Calling Spirits (B. Söderberg/B. Gowdy/ Fortune)
02. Preacher Man (B. Söderberg/H. Bergqvist/ Fortune)
03. Freedom (B. Söderberg/ Fortune)
04. Be My Lover (B. Söderberg/ Fortune)
05. No for an Answer (B. Söderberg/ Fortune)
06. Stay (B. Söderberg/B. Gowdy/ Fortune)
07. Desperado (B. Söderberg/ Fortune)
08. Shakespear's Nightmare (J. Lund/B. Söderberg/ Fortune)
09. Trail Blazer (B. Söderberg/H. Bergqvist/ Fortune)
10. Shoot! [bonus] (B. Söderberg/H. Bergqvist/ Fortune)

■Personnel
Benny Söderberg - lead and backing vocals, keyboards
Henrik Bergqvist - guitars
Janne Lund - bass, keyboards
Sebastian Sippola - drums

Göran Edman – backing vocals
Bruce Gowdy – keyboards

Producer - Bruce Gowdy 

Eye of the Storm / Brazen Abbot (1996)

0113Eye of the Storm
ブルガリア出身のギタリスト、ニコロ・コツェフの主宰するHRプロジェクトの2作目。1作目のLive and Learn(1995) では、グレン・ヒューズ、ヨラン・エドマン、トーマス・ヴィクストロムの3人のボーカリストを押し立てて素晴らしいハードロックを聴かせてくれました。本作ではヨラン・エドマン、トーマス・ヴィクストロムは引き続きの参加、そしてグレン・ヒューズに替わってジョー・リン・ターナーが新たなボーカリストに迎えられ、またまた最高レベルのハードロック・アルバムに仕上がっています。演奏陣はヨーロッパのジョン・レヴィン(Ba)、イアン・ホーグランド(Ds)、ミック・ミカエリ(Key)。みんないい仕事しています。特にイアン・ホーグランドはヨーロッパよりいいプレイなんじゃないかと思うほど。ミック・ミカエリも故ジョン・ロードが乗り移ったかのような素晴らしいオルガンを聴かせてくれます。作曲、編曲はもちろん、プロデュースからミックスまで、マスタリング以外の全ての作業をニコロ・コツェフ自身が行っています。なお、作詞はその曲を歌うボーカリストが担当しています。

前作と同じく、パープル、レインボー風のスタイルを中心に、70年代ハードロックの様々なエッセンスが凝縮されています。曲ごとにボーカルが違うこともあって、まるで70年代ロックのベスト盤を聴いているような錯覚に陥ります。そういう意味では目新しさは皆無ですが、とにかく楽曲と歌唱・演奏が極上なのでとことん楽しめる作品となっています。前作と比較しての特徴は曲調によってボーカリストを決めていること。メインのパープル、レインボー的なスピード曲は、ジョー・リン・ターナー担当。やはりこの人はこういう曲を歌わせたらピカイチですね。#8"The Road to Hell"なんかパープル以上にパープルで思わず笑ってしまいます。とにかく、出がらしみたいな今のパープルよりよっぽどエキサイティングです。リズムが跳ねる曲はトーマス・ヴィクストロム。これが意外にいいんです。この人上手い上にほんと器用だわ。ヨラン・エドマンはどうやらこのプロジェクトではポール・ロジャース役を振られたらしく、メロウな曲、アーシーな渋い曲を受け持っています。リッチーがイアン・ギランの後任にポール・ロジャースを欲しがったというのは有名な話ですが、第三期パープルにもし代用品のデビカバじゃなくポール・ロジャースが入っていたら、なんてことを想像しながら聴くのも一興です。#11"Devil's Allegro"はインスト曲ですが、ニコロ・コツェフのテクニックとフィーリングの冴えが十二分に堪能できます。アクセル・ルディ・ペルに爪の垢を煎じて飲んでもらいたい。飲まないだろうけど。

国内盤ブックレットにはニコロ・コツェフ自身によるメンバー紹介、曲紹介が掲載されていますが、頻繁に出てくるフレーズは、「70年代のハードロック」、「仕事が速い」。そうか、ミュージシャンもやっぱり仕事が速くないといけないんだなー。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Eye of the Storm (L : Joe Lynn Turner, Robert Held)
02. Twist of Fate (L : Joe Lynn Turner, Robert Held)
03. Fool in Love (L : Göran Edman)
04. Line of Fire (L : Joe Lynn Turner, Robert Held)
05. Wake Up Everybody (L : Thomas Vikström)
06. Everything's Gonna Be Allright (L : Göran Edman)
07. Common People (L : Göran Edman)
08. The Road to Hell (L : Joe Lynn Turner)
09. Restless in Seattle (L : Göran Edman)
10. Highway Cindy (L : Thomas Vikström)
11. Devil's Allegro
12. I'll Be There for You (L : Göran Edman)
All music written by Nikolo Kotzev

■Personnel
Nikolo Kotzev - guitars, keyboards, pianos, violin, percussion, bass on 11, organ on 11
Joe Lynn Turner - vocals on 1, 2, 4, 8
Thomas Vikström - vocals on 5, 10
Göran Edman - vocals on 3, 6, 7, 9, 12
Ian Haugland - drums
Mic Michaeli - organ
John Levén - bass

Producer - Nikolo Kotzev 

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ