メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

マーク・ドラウベイ

Eye of the Tiger / Survivor (1982)

0235Eye of the Tiger










映画「ロッキー3」のテーマ曲"Eye of the Tiger"をタイトル・トラックとした、Survivorの3rdアルバム。印象的なリフとメロディを持つこの曲は世界的ヒットとなり、今でも何かとTVなどで使われるので、ロックや洋楽聴かない人でも大体知っているでしょう。なんでもシルヴェスター・スタローンが直々に依頼して作られた曲だそうで、だからあの映画にピッタリな感じなわけですね。このヒット曲のおかげでアルバムも全米チャート2位まで上昇、プラチナ・ディスクに認定されています。本作レコーディング時のメンバーは、前作"Premonition"と同じで、フランキー・サリヴァン(Gt)、ジム・ピートリック(Gt, Key)、デイヴ・ビックラー(Vo)、それから正式メンバーに「昇格」したステファン・エリス(Ba)、マーク・ドラウベイ(Dr)の5人となっています。また、前作でも参加していたダリル・ドラゴンがキーボードで、さらにTOTO加入前のファーギー・フレデリクセンがバック・ボーカルでクレジットされています。

さて、"Eye of the Tiger"の陰に隠れてしまいがちですが、このアルバムは他にも佳曲が多いです。AC/DCみたいな#3"Hesitation Dance"、メロディの展開が素晴らしい#5"I'm Not That Man Anymore"など特にいいなぁ。全体として過去2作のやや中途半端な感じがなくなり、よりハードに、そしてメロディアスになっています。アメリカンなメロディアス・ハードロック・バンドとして個性が確立された作品でしょう。デイヴ・ビックラーのボーカルは力強さが増しているし、フランキー・サリバンのギターソロも大幅にフィーチャーされるようになりました。この人、現在のHR/HMのギタリストと比べてしまえば地味ですが、一音一音大事に弾いており、歌心が感じられて筆者は好きです。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Eye of the Tiger
02. Feels Like Love
03. Hesitation Dance
04. The One That Really Matters
05. I'm Not That Man Anymore
06. Children of the Night
07. Ever Since the World Began
08. American Heartbeat
09. Silver Girl
All songs written by Frankie Sullivan, Jim Peterik
excpet track 4 written by Jim Peterik

■Personnel
Dave Bickler – lead vocals, keyboards
Frankie Sullivan – lead & rhythm guitars, acoustic 12-string guitar, vocals
Jim Peterik - grand piano, B3, electric guitars, acoustic 12-string guitar, vocals
Marc Droubay - drums
Stephan Ellis - bass

Daryl Dragon - additional keyboards
Fergie Frederiksen - additional backing vocals

Producer - Frankie Sullivan, Jim Peterik

Premonition / Survivor (1981)

0209Premonition










1981年にリリースされたサヴァイヴァーの2ndアルバム。主要メンバーであるフランキー・サリヴァン(Gt)、ジム・ピートリック(Gt, Key)、デイヴ・ビックラー(Vo)はそのままですが、リズム・セクションがステファン・エリス(Ba)、マーク・ドラウベイ(Dr)にチェンジしています。この二人は本作ではまだサポート・ミュージシャン扱いです。もう一人、キーボードでサポートしているダリル・ドラゴンは、70年代にヒット曲を連発したアメリカのポップス・デュオ、キャプテン&テニールのキャプテンさんです。(懐かしい!)

音楽性は1stと同様に適度にハードで適度にポップ。シングル・カットされてちょっとヒットした"Poor Man's Son"や"Heart's a Lonely Hunter"あたりは哀愁度の高いメロハーで結構好きです。フリーを思わせる重さと暗さのある"Take You on a Saturday"、緊張感溢れる"Love Is on My Side"もいい曲だと思います。まあ、全体としてはごく普通のアメリカン・ロックです。うーん、つまらなくはないけれど絶賛するほどじゃないなぁ。やっぱりこのバンドが良くなるのは、次のEye of the Tiger からですね。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Chevy Nights (Jim Peterik)
02. Summer Nights (Jim Peterik, Frankie Sullivan)
03. Poor Man's Son (Jim Peterik, Frankie Sullivan)
04. Runway Lights (Jim Peterik, Frankie Sullivan)
05. Take You on a Saturday (Jim Peterik, Frankie Sullivan)
06. Light of a Thousand Smiles (Jim Peterik)
07. Love Is on My Side (Jim Peterik, Frankie Sullivan)
08. Heart's a Lonely Hunter (Jim Peterik, Frankie Sullivan)

■Personnel
Dave Bickler - lead vocals, synthesizer
Frankie Sullivan – lead guitar, vocals
Jim Peterik - keyboards, guitar, vocals
Stephan Ellis - bass
Marc Droubay - drums

Daryl Dragon - additional keyboards

Producer - Frankie Sullivan, Jim Peterik
Co-producer(tracks 1, 2) – Artie Kornfeld, Artie Ripp

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ