メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

マルセル・ヤコブ

Humanimal [Part 1 & 2] / Talisman (1994)

0158Humanimal










1994年にリリースされたタリスマンの3rdアルバム。オリジナル国内盤と欧州盤は収録曲が一部異なり、国内盤に入っていない曲を集めたHumanimal Part 2もリリースされています。変則的なリリースで若干混乱するのですが、ここではHumanimal制作時にレコーディングされた全曲を収録したHumanimal Part 1 & 2を取り上げたいと思います。

北欧メロハーのイメージ通りの1st、ファンク要素を取り入れ変化の兆しを見せた2nd、それに続く本作ではファンキーなグルーヴが更に強調されてタリスマン独自のサウンドが完成の域に達しました。一部の曲ではミクスチャー・ロックと言って差し支えないところまできています。旧来のタリスマン・ファンの中には、ジェフ・スコット・ソートのラップに面食らい、あるいはタリスマンもオルタナ化したと失望する向きもあったかもしれません。しかし筆者は最初にこのアルバムを聴いたときから違和感はなく、ごく自然に受け入れて愛聴してきました。「HR/HMも歌えるソウル・シンガー」ジェフ・スコット・ソートと、「HR/HMにおけるベース・プレイに過剰なまでの自己主張を持ち込みたい」マルセル・ヤコブの化学反応、そういう内的要因がサウンドの変化をもたらしているのは明白です。少なくない数のHR/HMバンドが、流行に乗り遅れたくないという外的要因だけで恥も外聞もなくオルタナ/グランジ化したのとは違い、たとえオルタナ/グランジ・ブームが無かったとしても、ジェフとマルセルの共振は腰の据わった重心の低いグルーヴとなり、Humanimalを世に問うことになったに違いないと思うのです。ジェフはマルセルの自死に際して、「君がいなくなって寂しいよ、俺の『共犯者』マルセル!」と呼びかけました。そこには深い思いがあるのだろうと想像します。ロック創成期の60年代なら、ストックホルム生まれの天才変態ベーシストと、ブルックリン生まれLA育ちのプエルト・リコ系ソウル・シンガーが出会うことすらなかったかもしれません。Humanimalは二人の邂逅が生んだHR/HM史に残る名盤でしょう。

前述したようにこのHumanimal Part 1 & 2は言わば完全版で、本来ならアウトテイクとなるものまで収録されているのでしょうが、つまらないと感じる曲はありません。ファンキーな曲以外にもフォーク・ソウル風の"All + All"、"To Know Someone Deeply Is to Know Someone Softly"など不思議な味わいがあるし、アコースティカルなバラード"Since You've Gone"、サム・クックやスモーキー・ロビンソンが歌いそうなレトロなソウル"Doin' Time wit' My baby"も素晴らしい。哀愁メロハー"Lonely World"、ぬけぬけとポップな"My Best Friend's Girl"などは1stに入っていてもおかしくない曲。そして、タイトル曲"Humanimal"は攻撃的なスピード・チューンで、バンド一体となって突進する様が快感。というように、曲数は多いものの全く飽きさせません。

本作からジェイミー・ボーガーが専任ドラマーとしてレコーディングに加わっていますが、彼がタリスマン・サウンドの確立に果たした役割は大きいと思います。マルセルとの相性は抜群で、実に生々しく強靭なグルーヴを生み出しています。ギターのフレドリック・オーケソンは前作から引き続きの参加です。後にArch Enemy加入時に「タリスマンのファンキーなところが嫌だった」なんて言ってたらしいですが、その割にはいい仕事してるじゃないですか。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
Disc 1 [Humanimal Part 1]
01. 3233 + Colour My XTC
02. Fabricated War
03. Tainted Pages
04. Tv Reality
05. Seasons
06. All + All
07. D.O.A.P.S
08. Blissful Garden
09. Lonely World
10. Delusions of Grandeur
11. Since You've Gone
12. Humanimal
13. Doin' Time wit' My baby

Disc 2 [Humanimal Part 2]
01. Animal Ritual
02. You Cannot Escape the Revelation of the Identical by Seeking Refuge in the Illusion of the Multiple
03. My Best Friend's Girl
04. Dear God
05. Hypocrite
06. Wasting R Time
07. To Know Someone Deeply Is to Know Someone Softly
08. Todo y Todo
09. Colour My xtc (Video)
All songs written by Jacob/Soto
except "Blissful Garden" (Åkesson/Soto), "3233" and "Humanimal" (Jacob)

■Personnel
Jeff Scott Soto - lead and backing vocals, wurlitzer piano
Marcel Jacob - bass guitar, rhythm guitar, acoustic guitar
Fredrik Åkesson - lead and rhythm guitars
Jamie Borger - drums, percussion

Julie Greaux - backing vocals
Ronny Lahti - funky wah-guitar on "Seasons"

Producer - Marcel Jacob & Jeff Scott Soto 

 

Electric Stalker / Speedy Gonzales (2005)

0121Electric Stalker










「スウェーデンのボーカル・マスター」ことトーマス・ヴィクストロムと、「スウェーデンのルカサー」ことトミー・デナンダーが組んだスーパー・ユニット、スピーディ・ゴンザレスの唯一(2014年現在)のアルバムです。この二人は元々スウェーデンのメロディックHR/HMバンドTalk of the Townのメンバー(トミー・デナンダーは準メンバー?)でしたが、1990年のバンド解散後二人はすぐにSpeedy Gonzalesを結成。デモ音源を作成、ライブも行なっていたようですが何故か空中分解、幻のバンドとなってしまいました。その後二人は別の道を歩み、それぞれHR/HMあるいはメロディック・ロック/AORの世界で押しも押されぬ存在となったわけです。そんな彼らが再び相見え、Talismanの故マルセル・ヤコブ(b.)、現Mind's Eyeのダニエル・フローレス(dr.)を加えてSpeedy Gonzalesを再結成し録音したのが2005年リリースのこのアルバムです。

メンバーは全員スウェーデン人だし、Deacon Street Project、Jim Jidhed、Radioactive、Sha-Boom、それにトーマス・ヴィクストロムのソロ・アルバムなどでそれぞれ共演を繰り返している仲なので息はピッタリ、実にすばらしいメロディックHR/HMアルバムに仕上がっています。トーマス・ヴィクストロムの熱唱が100点満点なのは言うまでもないとして、たまにお仕事的に流すこともあるトミー・デナンダーもさすがに気合の入りまくったプレイです。収録された曲は、結成当時のデモのリメイクが8曲、新曲が4曲。収録曲の中には、トミー・デナンダーの関わったRadioactiveやRainmakerにタイトルを変えて再録音されているものもあるようです。特筆すべきはTalk of the Townの代表曲だった#5"Free Like an Eagle"。まるで昭和の歌謡曲のように日本人の耳になじむこの名曲が、よりハードにドラマチックに蘇りました。いやー、うれしい!!

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Flash of the Blade (T. Denander/T.Vikström )
02. Desires of the Flesh (T. Denander/M. Jacob/T.Vikström)
03. Electric Staker (T. Denander/M. Jacob/T.Vikström)
04. Do You Know Where the Kids Go (T. Denander/J.Olson)
05. Free Like an Eagle (T.Vikström/A. Saluena)
06. Men with Medals (T. Denander/A. Tengner/T.Vikström)
07. Dominator (T. Denander/A. Tengner/T.Vikström)
08. Spit in the Hand That Feeds You (T. Denander/L. Chriss/M. Jacob/T.Vikström)
09. Make Love in Red (T. Denander/T.Vikström)
10. Shock the Nation (T. Denander/T.Vikström)
11. Trial by Fire (T. Denander/M. Jacob/T.Vikström)
12. Lust and Desire (T. Denander/T.Vikström)

■Personnel
Thomas Vikström - lead & background vocals
Tommy Denander – guitars, keyboards, loops
Marcel Jacob – bass
Daniel Flores – drums

Producer - Tommy Denander 

Five Out Of Five / Talisman (1994)

0112Five Out Of Five
1993年9月の川崎クラブチッタでの初来日公演を収録したタリスマンのライブ・アルバム。正式メンバーとなったばかりのドラムのジェイミー・ボーガー初お披露目アルバムでもあります。まだ1stと2ndしか出ていない時期なので、収録曲は全てこの2枚のアルバムからとなっています。

このアルバム、残念ながら音質はそれほど良くないのですが、ライブ・パフォーマンスの臨場感が伝わる中々の好盤です。ジェフ・スコット・ソートのボーカルはスタジオ盤以上に豪快で自由奔放。ラップ入れたり、自在にフェイクしてどんどん盛り上げるタイプなので、この人ライブ録音のほうが本領発揮だと思います。マルセル・ヤコブもここぞとばかりに超絶インプロヴィゼーションを繰り出し、いや~凄いのなんの。ギターのフレドリック・オーケソンは、クリアー・トーンでのカッティングとディストーション・サウンドを目まぐるしく切り替えながら、正確かつ情感豊かなプレイを披露しています。トリート解散のためタリスマンに加入したばかりのジェイミー・ボーガーは、まだバンドに馴染んでいないせいかややおとなし目ですが、それでもさすがにタイトなドラムでサウンドを締めています。1st、2ndアルバムでは打ち込みだった曲も、より生き生きと躍動しているように感じられます。やはり打ち込みじゃこのノリは出せませんよね。

なお、オリジナル国内盤は1994年にゼロ・コーポレーションからリリースされていますが、輸入盤で4thアルバムLife とカップリングされた2枚組のものもあり、こちらも購入の際の選択肢の一つだと思います。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Mysterious (This Time It's Serious)  (Jacob, Soto)
02. Standin' On Fire (Jacob, Soto)
03. Comin' Home (Jacob)
04. If U Would Only Be My Friend (Jacob)
05. I'll Be Waiting (Jacob, Soto)
06. Time After Time (Jacob, Soto)
07. All I Want (Jacob, Soto)
08. Dangerous (Jacob)
09. U Done Me Wrong (Jacob, Soto)
10. Break Your Chains (Jacob, Jakobsson)
11. Just Between Us (Jacob, Soto)
12. All Or Nothing (Jacob, Soto)

■Personnel
Jeff Scott Soto – lead vocals
Marcel Jacob – bass
Fredrick Åkesson – guitar
Jamie Borger – drums

Producer - Talisman 



Winter In Paradise / Last Autumn's Dream (2005)

0093Winter in Paradise
2005年リリースのラスト・オータムズ・ドリーム3枚目のアルバム。ミカエル・アーランドソンの甘く切ない歌声と、アンディ・マレツェクの緩急のある巧みなギターが、互いに絡み合い優美なメロディを綴っていくという、このバンドのウリは何一つ変わっていません。また、曲は悪くないものの、厚みのないサウンド・プロダクションのため今一つ勢いの無かった前作に比べ、本作ではリズム隊(マルセル・ヤコブとジェイミー・ボーガーのTalismanコンビ)がものすごい音圧で迫ってきます。タイトル曲#7"Winter In Paradise"の出だしのドラムなどは、心臓がバクバクするほどの迫力です。

1st、2ndは、ミカエル・アーランドソンを中心にしたスウェーデン勢の曲と、アンディ・マレツェク、リック・ブライトマンのドイツ側の曲が大体半々のバランスを保っていましたが、本作では全11曲中リック・ブライトマンの曲はわずか1曲にまで減りました。自身のソロ・アルバム収録曲#4"It's Alright"を含めてミカエルの曲は7曲。後はジェイミー・ボーガーがAlfonzettiに提供していた#2"Don't Let Our Love Go Down"、日本のバンドBeagle Hatのカバー#6"Echoes From The Past"(原題"小高い丘の上")、Final Frontierのムラデン・ヘイズ&ロブ・モラッティ作のボーナス・トラック#11"'Till The End Of Time"となっています。また、アンディ・マレツェクは本作ではギター・ソロのみの参加で、リズム・ギターはマルセル・ヤコブが担当しています。元々バンドの主導権はミカエル側にあったのだろうと想像できますが、楽曲面、演奏面共にアンディ側の関与はかなり縮小してしまった印象です。そのせいか、筆者にはこのアルバムの「甘さ」がやや鼻に付きました。ミカエルの甘く切ない声とメロディは魅力的なのですが、度を越すといけません。中でも、日本のバンドの曲#6"Echoes From The Past"は虫歯になりそうなくらい甘くソフトで、筆者にはどうしても受け付けられませんでした。ミカエルのソロならともかく、ラスト・オータムズ・ドリームではあくまでハードな音像の中に甘さを忍ばせる程度にやってほしいなと。

なお、additional instrumentsとクレジットされているヨエル・スタランダーは、スウェーデンのメロハー・バンドKharmaのベーシスト。ヨラン・エドマンがボーカルを務めるKharmaの唯一のアルバムWonderland には、ミカエル・アーランドソンがバッキング・ボーカルでゲスト参加しています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01 Love To Go (C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)
02 Don't Let Our Love Go Down (J. Borger)
03 The Way You Smile (C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)
04 It's Alright (M. Erlandsson, A. Desombre)
05 My Heart Keep Stalling (R. Brightman)
06 Echoes From The Past (H. Tanaka, T.Kurashina, C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)
07 Winter In Paradise (C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)
08 I Don't Want To Hurt You (C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)
09 All I Want Is Rock N' Roll (C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)
10 If You're The One (C. Andreasson, M. Erlandsson, T. Wassenius)
11 'Till The End Of Time [Bonus Track] (M. Haze, R. Moratti)

■Personnel
Mikael Erlandsson – lead vocals, keyboards
Andy Malecek – guitars
Marcel Jacob – bass, rhythm guitars
Jamie Borger – drums

Joel Starander - additional instruments
Torbjörn Wassenius - additional instruments

Producer - Torbjörn Wassenius, Claes Andreasson
Executive Producer - Ulf Wahlberg 


W.E.T (+DVD) / W.E.T (2009)

0056WET

Work Of Artのロバート・サール(Robert Säll)、Eclipseのエリック・モーテンソン(Erik Mårtensson)、Talismanのジェフ・スコット・ソート(Jeff Scott Soto)が組んだメロハー・プロジェクト、それぞれの所属バンド名の頭文字をとりW.E.Tと名づけられました。ロバート・サールは1曲だけリード・ギターを弾いていますが、主にソング・ライティングでの参加。メイン・リード・ギターのマグナス・ヘンリクソン(Magnus Henriksson)とドラムのロバン・バック(Robban Bäck)はEclipseのメンバーだし、エリック・モーテンソンは全曲のライティングに関わり、ギター、ベース、キーボード、バッキング・ボーカルを全てこなし、更にプロデュースとミックスまで担当していることから、実態はEclipseをバックにジェフ・スコット・ソートが歌っていると考えたほうがいいかも知れません。なお、ソング・ライティングに加わっているミカエル・ぺルソン(Miqael Persson)は、メロハー/AOR界隈ではよく名前を見かけるソングライター、エグゼクティブ・プロデューサーのセラフィーノ・ペルジーノ(Serafino Perugino)はリリース元のFrontiers Recordsの社長さんですね。

スウェーデンの代表的なメロハー・バンドが集まって作られたプロジェクトだけに、いかにも北欧らしい透明感を漂わせた叙情的なメロディが堪能できます。楽曲・アレンジ・演奏は折り紙つきの一級品。実質的にこのプロジェクトを主導したであろうエリック・モーテンソンの才能には舌を巻かざるを得ません。そしてまた、ジェフ・スコット・ソートのボーカルが素晴らしい。Talismanの初期のころのような瑞々しさはないものの、年齢を重ねて深みを増した声そのものに説得力があります。歌いまわしもいよいよ円熟の境地に達し、名唱という言葉がふさわしいものとなっています。総じて、間違いなくメロディアス・ハードロックの歴史に残る名盤の一つに数えられるべき仕上がりだと思います。

国内版はCDのみですが、輸入盤にはボーナスDVDが付属している上に値段が安いので、断然輸入盤のほうがお勧めです。DVDには、ミュージック・ビデオ3曲分とEPK(宣伝用映像資料)が収録されています。ミュージック・ビデオには、このアルバムがリリースされた同じ年、2009年7月21日に自ら命を絶ったマルセル・ヤコブが最後にベースを持ちプレイする姿が残されています。マルセルはW.E.Tのメンバーではありませんが、盟友ジェフ・スコット・ソートの懇願に応えビデオ出演したとのことです。Talismanのファン、マルセル・ヤコブの音楽を愛した者なら、必ず見ておくべきものでしょう。今でこそ、マルセルが長年深刻なリウマチの症状に悩み続け、ついに自死を遂げた事情は広く知られていますが、筆者は当時全く知りませんでした。ジェフの後ろでベースをプレイするマルセルの姿もさることながら、スナップ映像を納めた"Brothers In Arms"で、いつも控えめだった彼の最後の笑顔を見ると思わず目頭が熱くなってしまうのです。マルセルの死の直後、Talismanサイトに掲載されたジェフの文章(今は見ることができないようです)には次のようなくだりがありました。「来週は、友人とともに仕事をするためにスウェーデンに行くのではなく、彼を葬るためにそこに行くことになる」 「私は長年、多くのインタビューで、マルセルと私が生きている限りTalismanは存続し続けると言ってきました。こんな状況でバンドの終焉を迎えるとは思ってもみませんでした。この文章を締めくくろうという時になって、涙があふれ出してきました。書けば書くほど、彼が逝ってしまったことが実感されてきたようです。しかし、どの曲の、どの本の、どの歌詞の終わりもそうであるように、締めくくりというのは暗転を予感させるものです。君がいなくなって寂しいよ、俺の「共犯者」、マルセル! ジェフ」
参照 【R.I.P.】マルセルヤコブ自殺【TALISMAN】

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Invincible (Erik Mårtensson, Miqael Persson, Robert Säll)
02. One Love (Erik Mårtensson, Vivien Searcy)
03. Brothers In Arms (Erik Mårtensson, Magnus Henriksson, Miqael Persson)
04. Come Down Like Rain (Erik Mårtensson, Miqael Persson)
05. Running From The Heartache (Erik Mårtensson, Miqael Persson, Robert Säll)
06. I'll Be There (Erik Mårtensson, Miqael Persson, Robert Säll)
07. Damage Is Done (Erik Mårtensson, Miqael Persson, Robert Säll)
08. Put Your Money Where Your Mouth Is (Erik Mårtensson, Miqael Persson)
09. One Day At A Time (Erik Mårtensson, Miqael Persson)
10. Just Go (Erik Mårtensson, Miqael Persson, Robert Säll)
11. My Everything (Erik Mårtensson, Miqael Persson, Robert Säll)
12. If I Fall (Erik Mårtensson, Magnus Henriksson, Robert Säll, Miqael Persson)

■Bonus DVD
01. Comes Down Like Rain (Music Video)
02. One Love (Music Video)
03. Brothers In Arms (Music Video)
04. EPK

■Personnel
Robert Säll - Lead guitar on 5
Erik Mårtensson - Rhythm guitar, Lead guitar on 1, 7, 8, 9, 10, 11, Keyboards, Bass, Backing vocals
Jeff Scott Soto – Lead & backing vocals

Magnus Henriksson - Lead guitar on 2, 3, 4, 6, 9, 10, 12
Robban Bäck - Drums
Marcel Jacob - Bass in videos

Producer - Erik Martensson
Executive Producer - Serafino Perugino

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ