メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

マイケル・ヴォス

Equilibrium / S.I.N. (2005)

0181Equilibrium










ドイツのHR/HMグループS.I.N.の2nd。メンバーはジェイソン・マークス(Vo)、デディ・アンドラー(Gt、Key)、ウォルフガング・フランク(Gt、Key、Ba)、アレックス・フロウシェク(Dr)の4人で前作から変更なし、曲はメロハーで歌唱・演奏はメタルというスタイルも前作と同様です。ただ、楽曲の質がアップし、アンサンブルの緻密さも増して、より聴きごたえのあるアルバムとなっています。元々このバンドはメロディが個性的だし、歌唱力・演奏力ともにしっかりしていたし。曲作り上のあれこれの歯車が噛合うと、同じバンド、同じ曲調でもグッと印象が良くなる好例だと思います。特にゲストのマイケル・ヴォス(Mad Max、Casanova、Silver etc)とのデュエット曲#3"It's Forever"は、ドラマチックなメロディ展開が素晴らしく、名曲と言って差し支えないレベル。その他には#4"Walk Away"、#5"Fight for My Life"、#8."Nightwinds"、#10"Winding Road"なども、「ドラマチック・メロハー」とでも名づけたくなるような、ワクワクする高揚感に溢れる佳曲です。ただし、やっぱりジェイソン・マークスのフニャフニャしたウィスパー・ボイスだけは生理的にダメ。声を張り上げてるときは最高にカッコいいんですけどね~。。

本作にはゲストとして、前述のマイケル・ヴォス、Wicked Sensationのマイケル・クライン、女性ベーシストのアーシュラ・オウゾ・ラシュケと、3人のドイツのミュージシャンがレコーディングに参加しています。なお、イギリス人ボーカリストのジェイソン・マークスはこの後バンドを離れ、ノルウェーのハードロック・バンドHushのパトリック・シモンセンが後任に迎えられることになります。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Nail It to the Wall
02. One Small Voice
03. It's Forever
04. Walk Away
05. Fight for My Life
06. The Reason
07. Johnny's Running
08. Nightwinds
09. For Getting Over Us
10. Winding Road
11. Flowerlove [Bonus Track for Japan]
All songs were written by Andler, Frank, Marks

■Personnel
Deddy Andler – guitars, keyboards
Wolfgang Frank – guitars, keyboards, bass
Alex Hlousek – drums
Jason Marks – vocals, harmonies

Ursula "Ouzo" Raschke - bass on 3, 4, 6, 8, 10
Michael Klein - additional guitar solo on 6
Michael Voss - additional harmonies on 3, 4, 5, 8, 10, additional lead vocals on 3

Producer - Deddy Andler, Wolfgang Frank 

Nasty Reputation / Axel Rudi Pell (1991)

0087Nasty Reputation
ドイツ人ギタリスト、アクセル・ルディ・ペルのソロ・プロジェクトの第二弾。1991年リリース。前作のボーカルはチャーリー・ハーンでしたが、今回はインペリテリでの活動などで知られるロブ・ロックがボーカルを担当しています。ドラムのヨルグ・マイケル、ベースのフォルカー・クラウツァックは前作に引き続いて参加。それから、バッキング・ボーカルにマイケル・ヴォス(マッド・マックス、カサノヴァ)も参加しています。プロデュースにはアクセル自身と前作のプロデューサーであるウリ・ポッセルトがクレジットされています。

さてこの2ndの感想は1stとほとんど同じことを書かなくてはなりません。とにかく、ギタリストのソロ・アルバムなのにギター・プレイがひどい。あまりにも下手クソすぎ。楽曲は悪くはないけれど取り立てて良くもない。ただし、ちょっといいメロディが出てくる。だからちょっと気になる。以上終わり!

あ、バンドはいいです。とりわけ、ヨルグ・マイケルのドラムはさすがです。はっと気づくとドラムばっかり聴いているなんてことになってしまいます。あ、それから、#5"When a Blind Man Cries"はパープルのカヴァー(シングル"Never Before"のB面)ですので、リッチーとアクセルのギターがどう違うか聴き比べてみると面白いと思います。

評価 ★★☆☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作 
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. I Will Survive
02. Nasty Reputation
03. Fighting the Law
04. Wanted Man
05. When a Blind Man Cries
06. Land of the Giants
07. Firewall
08. Unchain the Thunder
09. Open Doors [Instrumental]
     Pt. I: Experience
     Pt. II: The Journey
     Pt. III: Sugar Big Daddy
All songs written by Pell and Rock
except 5 by Blackmore, Gillan, Glover, Lord, Paice

■Personnel
Rob Rock - Vocals
Axel Rudi Pell - Guitars
Kai Raglewski - Keyboards
Volker Krawczak - Bass
Jörg Michael - Drums

The Choir - Rob Rock, Michael Voss, Michael Böhler

Producer - Axel Rudi Pell and Ulli Pösselt 

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ