メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

マイケル・ショットン

Shining Line / Shining Line (2010)

0295Shining Line











メロハー/AORプロジェクトShining Lineのアルバムです。リリースはメロハー/AORに特化したドイツのインディズ・レーベルAvenue Of Alliesから。Shining Lineの作品は今のところこのアルバムのみですが、楽曲面でも演奏面でも非常に充実していて、まさにメロハー/AORの理想形の一つだと感じました。核となるメンバーはピエールパオロ・モンティ(D)とアモス・モンティ(B)で兄弟と思われます。この二人にアレッサンドロ・デル・ヴェッキオ(Key)、マルコ・ダンドレア(G)、マリオ・ペルクダーニ(G)が加わり、ベースとなるトラックが制作されているようです。全員イタリア人で数多くのメロハー系バンド、プロジェクトに参加している面々です。更に曲ごとに異なるヴォーカリストとギタリスト等がゲスト参加、実に豪華なメンバーが揃っています。人数が多すぎてタグに収めきれないので、各曲ごとに簡単に記しておきたいと思います。

01. Highway of Love (words&music : P. Monti)
哀愁メロディが印象的なAORハード。ヴォーカルはエリック・モーテンソン(Eclipse)、ギター・ソロはタンクレーディ・パラマラ(The LoveCrave)。

02. Amy (words : P. Monti - Harry Hess / music : P. Monti)
女性の名前をタイトルにしたロマンチックでポップな曲。ヴォーカルはハリー・ヘス(Harem Scarem)、キーボード・ソロはマイケル・T・ロス(Hardline)。

03. Strong Enough (words&music : P. Monti)
タイトルにピッタリなロビー・ラブランク(Blanc Faces)の力強い歌唱が活かされた曲。バック・ヴォーカルにブライアン・ラブランクも参加しています。ギター・ソロはトミー・エルモッリ(Khymera)、キーボード・オーケストラはダグラス・R・ドッカー(Docker's Guild)。

04. Heaven's Paths (music : A. Del Vecchio)
05. Heat of the Light (words&music : P. Monti)
イントロ的な小曲に続いてロビン・ベックが切々と歌い上げるパワー・バラード。ギターはマルコ・ダンドレアが担当。

06. Can't Stop the Rock (words : P. Monti - A. Del Vecchio / music : P. Monti)
どこか懐かしい感じのポップでメロディアスなロックンロール曲。筆者の一番のーお気に入りです。ヴォーカルはミカエル・アーランドソン(Last Autumn's Dream)で、彼のソロ・アルバムの曲と言われても違和感ないほどハマっています。ギター・ソロはマイケル・ヴォス(Mad Max, Casanova)で、これがまたかっこいい。

07. The Meaning of My Lonely Words (words : I. Varsi - A. Del Vecchio / music : I. Varsi)
マイケル・ショットン(Von Groove)が粘っこいヴォーカルを聴かせるソウル・バラード。ギターはイヴァン・ヴァルシ。

08. The Infinity in Us (words : P. Monti / music : P. Monti - A. Re)
ミドル・テンポの哀愁メロハー。リード・ヴォーカルにマイケル・ヴォス、バック・ヴォーカルにカールステン・リザード・シュルツ(Evidence One, Domain)、ギターはヴィニー・バーンズ(Ten)。

09. Still in Your Heart (words : P. Monti / music : P. Monti - A. Re)
ボブ・ハリス(Axe, Edge of Forever)、スー・ウィレッツ(Dante Fox)が歌うパワー・バラード。ギター・ソロはティム・マンフォード(Dante Fox)。

10. Homeless' Lullaby (words&music : P. Monti)
収録曲の中ではハードロック色が強い曲。ウルリッヒ・カールソン(M.ILL.ION)、カールステン・リザード・シュルツがリード・ヴォーカル、ヨハン・バリクイストン(M.ILL.ION)がバック・ヴォーカル。ギター・ソロはマルコ・パヴィック(Pavic)。

11. Follow the Stars (words&music : P. Monti)
AOR風味のゆったりしたバラード。歌うのはフィル・ヴィンセント(Tragik, Legion)、ギター・ソロはマット・フィリッピーニ(Moonstone Project)とマイケル・ヴォス。

12. Unbreakable Wire (words&music : P. Monti)
これもハードロック色の強いアップ・テンポのナンバー。ヴォーカルはブルーノロック(Brunorock)、ジャック・メイエ(Tygers of Pan Tang )、グラツィアノ・デムルタス、ギター・ソロはウォルター・カリアロとイタリア人で固めています。

13. Under Silent Walls - Part I - Blossom: From Night to Dawn (music : A. Re)
14. Under Silent Walls - Part II - Alone (words&music : A. Re / P. Monti)
15. Under Silent Walls - Part III - Overture: Death of Cupid (music : A. Re)
ラストは組曲形式で、ギター・インストに挟まれた本編はマイケル・ボーマン(Jaded Heart, Zeno)が歌っています。極上のメロディのバラードとなっています。イントロの情感豊かなギター・ソロはマルコ・タンシーニ(Moonshine, Shanatoa)。

収録曲のほとんどを書いているピエールパオロ・モンティの才能はすごいですね。楽曲の出来が良い上に、歌い手を決めてから作曲したかのようにそれぞれのヴォーカリストの個性にピッタリです。ヴォーカリストの見本市のようなアルバムなので、どんな歌い手か試しに聴いてみたいというような方にはうってつけの一枚だと思いました。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Personnel
Pierpaolo Monti - Drums & Percussion
Amos Monti - Bass

Alessandro Del Vecchio - Keyboards & Vocals
Marco D'Andrea - Guitars
Mario Percudani - Guitars

Erik Martensson - Lead & Backing Vocals
Harry Hess - Lead & Backing Vocals
Robbie Lablanc - Lead & Backing Vocals
Brian Lablanc - Backing Vocals
Robin Beck - Lead Vocals
Mikael Erlandsson - Lead & Backing Vocals
Michael Shotton - Lead & Backing Vocals
Elisa Paganelli - Backing Vocals
Michael Voss - Lead & Backing Vocals, Guitar Solo
Carsten 'Lizard' Schulz - Lead & Backing Vocals
Bob Harris - Lead & Backing Vocals
Sue Willetts - Lead Vocals
Ulrich Carlsson - Lead Vocals
Johan Bergquist - Backing Vocals
Phil Vincent - Lead & Backing Vocals
Brunorock - Lead & Backing Vocals
Jack Meille - Lead & Backing Vocals
Graziano De Murtas - Lead & Backing Vocals
Michael Bormann - Lead & Backing Vocals
Tank Palamara - Guitar Solo
Tommy Ermolli - Guitar Solo
Ivan Varsi - Guitars
Vinny Burns - Guitar Solo
Tim Manford - Guitar Solo
Marko Pavic - Guitar Solo
Matt Filippini - Guitar Solo
Walter Caliaro - Guitar Solo
Marko Tansini - Lead Guitar
Michael T. Ross - Keyboard Solo
Douglas R. Docker - Keyboard Orchestra

Producer - Alessandro Del Vecchio


Test Of Faith / Von Groove (1999)

0252Test Of Faith










1999年にリリースされたカナダのハードロック・バンド、ヴォン・グルーヴ(Von Groove)の4thアルバム。なんとも微妙なアルバムを作ってくれました。毎回微妙っちゃ微妙なので、それがこのバンドの個性なんでしょうが、評価しづらいというか、人によって全然評価が変わってくるというか。筆者は好きですけど。ハードロックだけれど、妙にポップ。音は重厚なのに、変に軽妙な印象が残る。暑苦しい系のボーカルなのに、なんか醒めた感じがする。掴みどころがありません。それに加えて、本作ではアコギを使った穏やかな曲が多く、1stの"House Of Dreams"、3rdの"Two Nights in Tokyo"のような強力なメロディアスハード・ナンバーもないので、かなり地味な印象です。このバンドのヘンテコリンさが少し薄れてしまったのも淋しいです。

そう言えば、Von Grooveは新作が出ていないし、メンバーそれぞれ別のバンドやプロジェクトに参加しているので、もう解散したか活動停止となっているものだとばっかり思っていましたが、YouTubeに2013年のFireFestでのライブ映像があったのが嬉しかったです。再結成なのか、一回限りのライブなのかは分かりませんが。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Test Of Faith
02. It Should Have Been Me
03. I Saw The Light
04. Foolin' Yourself
05. Back In Love Again
06. Tell It To Me
07. Anything For My Baby
08. Only Love
09. The Damage Is Done
10. Rock & Roll Station
11. April May [Bonus Track]
12. Calling The World [Bonus Track]
All songs written by Von Groove

■Personnel
Mladen - guitars, vocals
Matthew Gerrard - bass, vocals, keyboards
Michael Shotton - lead vocals, drums, percussion, keyboards

Producer - Von Groove

Mission Man / Von Groove (1997)

0165Mission Man










カナダのハードロック・トリオ、ヴォン・グルーヴの3rdアルバム。巷では2ndRainmakerの評価が芳しくなかったようで、本作では1stのようなストレートな作風に戻っています。特に#2"Two Nights in Tokyo"はメロハーど真ん中の名曲。2ndでは聴けなかった曲調なのでうれしくなります。1995年12月にハーレム・スキャーレムの前座として来日した際の喜びを歌ったようで、そういえばY&Tに"Midnight In Tokyo"なんてのがあったな~と思い出しました。このブログをアップするに当たって、"Two Nights in Tokyo"のビデオ・クリップというのをはじめて見ましたが、これがまたわけのわからないビデオで、いかにもヴォン・グルーヴらしいです。

アルバム前半は前述のように比較的ストレートなハードロックが続きますが、後半は2nd路線のZEP風の不可思議な曲が多くなります。素っ頓狂なギターとか、筆者としてはこれはこれで嫌いじゃないです。なんとなくフツーじゃないところがこのバンドの個性だと思うので、小さくまとまらずに行くところまで行ってもらいたいものです。バンド・メンバーはこれまでと変わらず、ムラデン(gt)、マシュー・ジェラード(ba)、マイケル・ショットン(vo、dr)の3人。アディショナル・ミュージシャンとしてロブ・プレウス(Spoons、Honeymoon Suite)、アル・ラングレイド(Total Stranger)もクレジットされています。
 
評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. All for Rock & Roll (Michael Shotton, Mladen, Matthew Gerrard)
02. Two Nights in Tokyo (Mladen, Michael Shotton)
03. When Love Comes Back Around (Michael Shotton, Mladen, Matthew Gerrard)
04. Chameleon (Mladen, Matthew Gerrard)
05. Mission Man (Mladen, Matthew Gerrard)
06. What Is Love (Without You) (Michael Shotton, Mladen, Matthew Gerrard)
07. The Snake (Mladen, Matthew Gerrard)
08. Barely Human (Mladen, Matthew Gerrard)
09. Stop Sleeping Your Dreams Away (Mladen, Matthew Gerrard)
10. Disbeliever (Mladen, Matthew Gerrard)
11. Tonight We Rock and Roll (Michael Shotton, Mladen, Matthew Gerrard)
12. On the Run (Michael Shotton, Mladen, Matthew Gerrard)
13. Propaganda (Mladen, Matthew Gerrard)

■Personnel
Michael Shotton - vocals, drums, percussion, keyboards
Mladen - guitars, dobro, vocals
Matthew Gerrard - bass

Rob Preuss - additional keyboards on "What Is Love (Without You)"
Al Langlade - additional backing vocals on "Tonight We Rock and Roll"
William Ruddy - additional backing vocals on "What Is Love (Without You)"

Producer - Von Groove 

Rainmaker / Von Groove (1994)

0072Von Groove Rainmaker

カナダのハードロック・トリオ、ヴォン・グルーヴの2枚目のアルバム。1stにあったようなメロハー要素は大幅に減少し、70年代的雰囲気を漂わせたブルース・ベースのハードロック・サウンドが展開されています。このアルバムから筆者はレッド・ツェッペリンを思い起こしました。ボーカル・スタイルや、リズムやリフにツェッペリンに似た部分があるのはもちろんですが、ちっょと訳の分からないところがあるのがツェッペリンを思わせるのです。

ツェッペリンは昔から聴いていますが、必ずしも文句なしにかっこいい曲ばかりではないと感じていました。しかし、ツェッペリンくらい存在のデカいバンドになると、「つまらない曲だな」と思っても「隠れた名曲」とか言う人が必ずいるし、「ツェッペリンのレコードにつまらない曲が入っている訳はない」という信心にも似た思い込みもあって、「曲がつまらないんじゃなくて、自分の聴き込みが足りないんだ」というふうに考えるようになります。しかし、いくら聴き込んでもやはりいい曲とは思えないものもある。ただ、何度も聴いたために細かいところまで耳に馴染んで、良いにつけ悪いにつけ、バンドの息遣いというか、試行錯誤や迷いみたいなものも感じられるようになり、「かっこよくはないけれど、つまらなくはない」というふうに思えてきます。そんなに楽しめないし理解できないけど、つまらなくはない。これを筆者の脳内の言葉で「訳が分からない曲」と名づけています。ぶっちゃけ、ツェッペリンだって全ての曲を綿密に仕立て上げているわけじゃないだろうし、その場のノリで割とイージーに録音した曲もあるだろうし、時には曲数が足りなくて今で言う「捨て曲」を収録したアルバムだってあるでしょう。よく言えばライブな感じ、生々しい感じ、悪く言えば粗製乱造、玉石混交、60~70年代なんてそういう時代だったと思います。

長くなってしまいました。ヴォン・グルーヴのこのアルバム、巷の評判はあまり良くないのですが、筆者としては、訳の分からないところもあるけれどつまらないアルバムではないと思っています。ヴォン・グルーヴは悲しいかなツェッペリンのように偉大なバンドとは認識されていませんが、筆者は彼らをツェッペリン的な凄みと力、凡百のバンドにはないクセのあるバンドと評価しています。ただ、彼らがこのアルバムで70年代的ノリを狙ったのか、別の狙いが外れてこうなったのかは分かりませんが。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基 準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。  

■Tracks
01. Sacred Ground (Mladen, Matthew Gerrard)
02. The Weight (Mladen, Michael Shotton, Matthew Gerrard)
03. Queens Logic (Mladen, Matthew Gerrard, Grant Ford)
04. Rainmaker (Mladen, Matthew Gerrard, Grant Ford)
05. Lady Blue (Mladen, Michael Shotton, Matthew Gerrard)
06. Indian Man (Mladen, Matthew Gerrard, Grant Ford)
07. Nobody Loves You (Like I Do) (Mladen, Michael Shotton, Matthew Gerrard)
08. E.O.D. (Mladen, Michael Shotton, Matthew Gerrard)
09. Bed Of Lies (Mladen, Michael Shotton, Matthew Gerrard)
10. Heavens Door (Mladen, Michael Shotton)

■Personnel
Michael Shotton - all vocals, percussion, drums on 8, 9, 10
Matthew Gerrard - bass guitar, keyboards
Mladen - electric & acoustic guitars

Chris McNeil - drums

Producer - Von Groove 

 

Von Groove / Von Groove (1992)

0037Von Groove

カナダのトロントから出てきたメロディアス・ハードロック・バンド、ヴォン・グルーヴの1stアルバム。「メロハー」と言い切ってしまうより、ハードロックの中ではメロディアスな音というのしっくり来るのかな。その辺は実は微妙な感覚なわけですが。ヴォン・グルーヴは、トロント生まれのトロント育ちのマ シュー・ジェラード(Ba)、イギリスはニューキャッスル生まれのトロント育ちマイケル・ショットン(Vo, Dr)、旧ユーゴスラヴィアのクロアチア生まれでトロントに移住したムラデン(Gt)のトリオ編成。いずれもカナダのロック・シーンで数多くのスタジオ・ ワークをこなしてきたセッション・ミュージシャンです。スタジオ・ミュージシャンが集まって作ったバンドというと、ダン・ハフのジャイアントを思い浮かべますが、出てくる音に違いはあれ、音楽的な技量という面では同じく安心して聴いていられます。演奏・歌唱に不安定さのカケラもありません。

出だしが下品ですが、#1"Once Is Not Enough"から骨太なロックン・ロール全開でうれしくなります。ただし、ストレートなようでいてちょっとひねくれた感じもあり、一筋縄ではいかないバ ンドという印象です。筆者のお気に入りは#6"House Of Dreams"、一発でガツンとくる名曲です。ハードなサウンドに哀愁メロディが乗っかって、これぞメロディアス・ハード!リフが#13"Sweet Pain"と似すぎなんですが。。。切ないバラード#4"Once In A Lifetime"、これもとても良い曲です。ボーナス・トラックの#15"King Of Your World"も、ライブの熱さが伝わってきて素晴らしい。このバンド最近音沙汰ありませんが、ライブ・アルバムを出したらいいのにと思います。

なお、いくつかの曲ではマイケル・ショットンではなく、バッド・イングリッシュ~ハード・ライン~ジャーニーと、ニール・ショーンと行動をともにしているディーン・カストロノヴォがドラムを叩いています。プロデュースはバンド自身で行っていますが、ディーン・カストロノヴォが参加している曲のプロデュースには、リッチー・ズィトーの名前がクレジットされています。このアルバムの前にバッド・イングリッシュのプロデュースを担当した縁かもしれません。元々は セッション・ギタリストでしたが、バッド・イングリッシュのほかにも幅広いジャンルのアーティスト、たとえばチープ・トリック、ラット、ジョー・コッ カー、エリック・カルメンなどのアルバム制作に携わってきたベテラン・プロデューサーです。そのほか、後にマシュー・ジェラードがプロデュースするTotal Strangerのアル・ラングレイドもバッキング・ボーカルでクレジットされています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Once Is Not Enough (Von Groove)
02. Better Than Ever (Von Groove)
03. Can’t Get Too Much (Von Groove)
04. Once In A Lifetime (Von Groove)
05. Every Beat Of My Heart (Von Groove)
06. House Of Dreams (Von Groove)
07. C’mon, C’mon (Von Groove)
08. All The Way Down (Von Groove)
09. Arianne (Von Groove)
10. Slave To Sin (Von Groove)
11. Love Keeps Bringing Me Home (Von Groove)
12. Smaug (Von Groove)
13. Sweet Pain (Von Groove)
※日本盤ボーナストラック
14. Soldier Of Fortune (Von Groove)
15. King Of Your World (Live) (Von Groove)

■Personnel
Matthew Gerrard - bass guitar, backing vocals, keyboards, all programming and sequencing
Michael Shotton - lead and backing vocals, drums
Mladen - all guitars, mandolin, backing vocals

Deen Castronovo - drums on 1, 4, 5, 6
Tommy Funderburke - backing vocals
Al Langlade - backing vocals
Grant Cummings - backing vocals
John Metherell - backing vocals
Steve McPhail - backing vocals
Norm Arnold - percussion
Scott Humphrey - keyboards, digital sound editing
Ivana - girl's voice on 1
Rhonda - girl's voice on 13

Producer - Von Groove
Except Tracks 1, 4, 5, 6 Produced by Richie Zito

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ