メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

マイク・デミトロヴィック

Perplexed in the Extreme / Emerald Rain (2001)

0344Perplexed In The Extreme









カナダのメロディアス・ハードロック・バンド、Emerald Rainの3枚目のオリジナル・アルバムです。レコーディング・メンバーはマーレイ・デイグル(Vo)、マイク・デミトロヴィック(Gt)、ショーン・グレゴリー(B)の3人は前身バンドPainからずっと同じ。ドラムはまたまたチェンジしていて、今回は正規メンバーではなく、カナダ人セッション・ドラマーのランディ・クックが参加しています。この人はリック・エメット、リー・アーロンなどの多くのアルバムでプレイしているベテランです。

サウンドのほうは今回もやっぱりHarem Scaremそっくりです。Emerald Rainが活動していた90年代後半から2000年代前半というと、本家のほうはグランジに寄ったりパワー・ポップ化したりバンド名を変えたりと迷走していたわけですが、面白いことにこのバンドは全くブレがありません。Mood Swings の頃のHarem Scaremが乗り移ったように曲を作り、ハーモニーを組み立て、プレイしています。今回も駄曲は無いし、歌唱も演奏も相変わらずの高水準だし、Harem Scarem好きのリスナーなら泣いて喜びそうな内容なんです。しかし、ここまでマネっこしながら何枚もアルバムを作り続けるモチベーションと情熱は、いったいどこから来るのでしょうか。謎です。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. You
02. Open Up Your Eyes
03. Badlands
04. Wasted Time
05. Numb
06. You Do It to Yourself
07. Just Like Anyone
08. Is This Love
09. Until You're Blind
10. Live It All Again
11. Easy Come, Easy Go [Bonus Track]
All songs music & lyrics by Emerald Rain

■Personnel
Murray Daigle – Lead & Backing Vocals, Acoustic Guitars, Keyboards, Finger Cymbals
Mike Dmitrovic – Lead & Rhythm Guitars, Backing Vocals, Keyboards
Sean Gregory – Bass Guitar, Backing Vocals
Randy Cooke – Drums

Producer - Murray Daigle, Mike Dmitrovic, Sean Gregory

Live 2K / Emerald Rain (2000)

0255Live 2K









カナダのメロハー・グループ、Emerald Rain(エメラルド・レイン)のライヴ・アルバム。スタジオ盤2枚リリース後にこのライヴ盤発表ということは、彼らがライヴ・パフォーマンスに自信を持っているということでしょう。確かに歌唱・演奏ともに破綻が無いのはもちろん、スタジオ盤以上に躍動感溢れるパフォーマンスだと感じました。収録はバンドの地元オンタリオ州のオシャワ(オタワではない)、しかも曲間の観客の声やジャケット写真から比較的小さな会場と推測され、そんなこともあってバンドと観客の一体感も感じ取れる好盤だと思います。ただし、言うだけ野暮というか、当たり前というか、本家 Harem Scaremのライヴ盤はもっと凄いけど。

収録曲は1st、2ndからバランスよく選曲され、ドラム・ソロ、Alice in Chainsのカバー"Man in the Box"を含めて全15曲とボリュームたっぷりです。Alice in Chainsのカバーは、前身であるPain時代の音を考えれば意外なようで意外ではない選曲。それにしても、さすがにこれだけ曲数が多いと、各曲の出来は良好であっても曲調のバリエーションが少ないのが気になります。CD一枚通しで聴くと、起伏に乏しく一本調子の感が否めません。このあたりも、やはり本家に及ばない点かなと思います。なお、参加メンバーは前作と同様、マーレイ・デイグル(Vo)、マイク・デミトロヴィック(Gt)、ショーン・グレゴリー(B)、カイル・ラゼンカ(Ds)の4人。プロデュースもバンド自身によるものです。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Never Surrender
02. Desperate Heart
03. Heart on the Line
04. Your Disguise
05. Age of Innocence
06. Come Clean
07. High Road to Nowhere
08. Broken Saviours
09. Endless Grey
10. Don't Tell the Rain
11. Dungeon Drums (Solo)
12. Misery Loves Company
13. Take a Stand
14. No Saviour
15. Man in the Box (Layne Staley, Jerry Cantrell) [bonus track]
All songs by Murray Daigle, Mike Dmitrovic, Sean Gregory

■Personnel
Murray Daigle
Mike Dmitrovic
Sean Gregory
Kyle Lazenka

Producer - Murray Daigle, Mike Dmitrovic, Sean Gregory

Age of Innocence / Emerald Rain (1999)

0211Age Of Innocence







カナダのメロディアス・ハードロック・バンド、エメラルド・レインの2ndアルバム。前身バンドであるペイン以来の中核メンバー、マーレイ・デイグル(Vo)、マイク・デミトロヴィック(Gt)、ショーン・グレゴリー(B)は前作と変わらずですが、ドラムがカイル・ラゼンカにチェンジしています。音のほうはやっぱり、ハーレム・スキャーレムの影響が濃厚なもの。というか、曲作りも歌唱・演奏も、ハーレム・スキャーレムになりきってやっているが如き印象を受けます。歌詞やタイトルも心なしかハーレム・スキャーレムっぽい感じ。ライナーによるとマーレイ・デイグルとショーン・グレゴリーは、ハリー・ヘスと家が近所で幼馴染みとのこと。うーん、それを知ってしまうとちょっと違和感あるなぁ。前作のレビューでも書きましたが、まあ本人たちがモノマネを承知でやっているんでしょうから、別にいいんですけど。ただ、ツェッペリン、パープル、サバスといった大物へのリスペクトで音が似てしまうのと、近所に住んでいた年も大して違わない先輩の、世界的なビッグネームでもないバンドのモノマネばかりするのとはやっぱり違うよなぁ。。。

本作も曲の出来にややバラつきはあるものの、1st同様佳曲が揃っていると思います。メロディはいいし、分厚いコーラスも聴き応えがあります。この頃ボブ・カトレイのツアー・バンドに抜擢されたほど、演奏技術もしっかりしています。だから、細かいことを気にしなければ十分楽しめるアルバムであることは間違いありません。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. No Saviour
02. Desperate Heart
03. Never Surrender
04. Don't Tell the Rain
05. Sleeping in the Fire
06. Endless Grey
07. Never Let You Go
08. Age of Innocence
09. The Method
10. Come Clean
11. Your Disguise
12. Barely Holding On
13. Take a Stand [bonus]
All songs music & lyrics by Murray Daigle, Mike Dmitrovic, Sean Gregory

■Personnel
Murray Daigle – Lead & Backing Vocals, Acoustic Guitar, Keyboards
Mike Dmitrovic – Lead Guitar, Backing Vocals
Sean Gregory – Bass Guitar, Backing Vocals
Kyle Lazenka – Drums, Backing Vocals

Producer - Murray Daigle, Mike Dmitrovic, Sean Gregory

Broken Saviours / Emerald Rain (1998)

0157Broken Saviours









カナダのメロハー・バンド、エメラルド・レインの1998年リリースの1stアルバム。2005年までに5枚のオリジナル・アルバムを出しており、そのうち4枚目までは国内盤が出ているので、日本ではそれなりに人気と知名度のある(あった)バンドなのでしょう。国内盤ライナーノーツに「決してHAREM SCAREMのフォロワーで終らないだけの個性とセンスがある」と書かれちゃっているように、このバンドは同じカナダのハーレム・スキャーレムのフォロワーです。メロディ・ラインも、リード・ボーカルの声や歌い方も、ボーカル・ハーモニーも、ギターの刻みも、リズム・パターンも、全部ハーレム・スキャーレムの模倣です。面白いことに、ハーレム・スキャーレムは明るく爽快なサウンドで登場して暗く重い方向に変化しましたが、このバンドはその真逆を行っています。前身バンドのペイン(Pain)は陰鬱でヘヴィなグランジ・ロックだったのに、エメラルド・レインとして再スタートした本作ではメロディアスでキャッチーな音に大変身しているのです。ただし、全体にサウンドは分厚いし、メジャー・キーの曲が少ないため、明朗・快活とまでは言えず、その辺りにペインの名残を留めています。

アマチュアならともかく、プロなんだからモノマネばっかりしてたら大成しないよ、と言ってあげたいところですが、本人たちもそんなことは承知でしょう。分かってやってるならいいじゃないですか。それに、本家のVoice of Reason聴くくらいなら、こっちのほうがよっぽど楽しめるわい、などど感じてしまうのも確か。後のアルバムでは、ハーレム・スキャーレムのダレン・スミスがドラム叩いたりしているし、そうバカにしたもんでもないです。かつて、「ローリング・ストーンズってぇ~、ストリート・スライダーズにそっくりじゃないですかぁ~♪」とか居酒屋で言ってたヤツがいたのを思い出します。もしかしてだけど、いつの日か「ハーレム・スキャーレムっつーの、まるっきりエメラルド・レインっすよねぇ~♪」なんて言われるのを狙ってるんじゃないの?

メンバーはマーレイ・デイグル(Vo)、マイク・デミトロヴィック(Gt)、ショーン・グレゴリー(B)、以上3人はペイン時代からの仲間で、ローン・ボイル(Ds)はエメラルド・レインになってから参加しています。マーレイ・デイグルは自身でMDS Recordingというレコーディング・スタジオを経営しており、本作の録音もこのスタジオで行なわれています。プロデュースはペイン組3人。マーレイ・デイグルはマイク・デミトロヴィックとともにエンジニアも務め、またミックスも担当しています。
 
評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Broken Saviours
02. Heart of Stone
03. In My Eyes
04. Heaven's Light
05. Heart on the Line
06. High Road to Nowhere
07. Desperation Sleeps
08. Dream Angel
09. Fortune Never Found
10. Misery Loves Company
11. When You Go
All songs written by Murray Daigle, Sean Gregory, Mike Dmitrovic

■Personnel
Murray Daigle – Lead Vocals, Acoustic Guitars, Keyboards
Mike Dmitrovic – Lead & Rhythm Guitars, Backing Vocals
Sean Gregory – Bass Guitars, Backing Vocals
Lorne Boyle – Drums, Backing Vocals

Producer - Murray Daigle, Mike Dmitrovic, Sean Gregory

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ