メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

マイク・ジオネット

Live & Acoustic / Harem Scarem (1994)

0101Live & Acoustic
日本側の企画によって作られたハーレム・スキャーレムのミニ・アルバム。リリースは1994年6月ですので、2ndアルバムMood Swings と3rdアルバムVoice Of Reason の間ということになります。ただし日本では Mood Swings がデビュー盤として93年に出ており、1stのHarem Scarem は遅れて94年3月に発売されているので、1stと本作は立て続けのリリースとなっています。このバンドを日本で強力にプッシュしていこうというレーベル側の意気込みが窺われます。

目玉は1994年1月トロントでのライブを収録した3曲でしょう。後にハーレム・スキャーレムは結構な数のライブ・アルバムを出しますが、本作が最初のライブ収録盤です。演奏力が高いという定評に違わぬ、エネルギッシュでありながらどっしり安定したパフォーマンスはさすがです。筆者は特にインスト曲#4"Mandy"がお気に入り。Mood Swings では2分弱の短い曲でしたが、このミニアルバムでは3分強に延長されて、ピート・レスペランスの官能的と言ってもいいほど艶のあるギター・ソロを堪能することができます。このあたりがライブ盤ならではの楽しみでしょうね。#3"No Justice"、#5"Hard To Love"もブ厚いサウンドが見事に再現されていて、熱さと冷静さが同居するハーレム・スキャーレムの音楽を「ナマ」の姿で味わえます。"Honestly"と"Jealousy"のアコースティック・バージョンもあらためて曲の良さが伝わってきて、「聴いてよかったなー」と感じます。

なお、この作品はLive in Japan (1996)とカップリングされ、Live Ones (邦題「カナダ技巧派集団来日記念盤」)というタイトルで1997年に再発されて今でも中古で出回っていますので、そちらのほうがお買い得だと思います。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

 ■Tracks
01. Honestly (acoustic) (Harry Hess)
02. If There Was A Time (edit) (Harry Hess, Pete Lesperance)
03. No Justice (live) (Harry Hess, Pete Lesperance)
04. Mandy (live) (Pete Lesperance)
05. Hard To Love (live) (Christopher Ward, Harry Hess, Pete Lesperance) 
06. Jealousy (acoustic) (Harry Hess, Pete Lesperance)
07. Something To Say (edit) (Harry Hess, Pete Lesperance)

■Personnel
Harry Hess - vocals, guitars
Pete Lesperance - guitars, backing vocals
Mike Gionet - bass, backing vocals
Darren Smith - drums, backing vocals

Producer - Harry Hess, Pete Lesperance and Kevin Doyle

 


Voice Of Reason / Harem Scarem (1995)

0057Voice Of Reason

1995年にリリースされたハーレム・スキャーレムの3rdアルバム。グランジ、オルタナの隆盛という状況の中、このアルバムはダークでヘヴィな傾向が強まり、発表当時から「問題作」として賛否両論を巻き起こしました。しかし、筆者としてはこのアルバムは2ndのMood Swings の延長線上にあると感じるので、それほどの驚きは感じませんでした。Mood SwingsVoice Of Reason の差より、1stHarem ScaremMood Swings の差のほうが大きいと思うからです。いずれにしても、サウンドは2ndより更にハードでヘヴィとなり、1stにあった親しみやすく快活なメロディはほとんど影をひそめてしまいました。客観的に出来がいいか悪いかは別として、筆者にとってはアルバムごとにつまらなくなってしまいがっかりです。

ハーレム・スキャーレムに限らず、「バンドのやりたい音楽と、ファンの求める音楽との葛藤」などということがよく言われますが、少し首をかしげたくなってしまいます。1990年代の初頭から半ばにかけて、なぜ多くのHR/HM系のバンドが「右へ倣え」したかのようにダークな方向、ヘヴィな方向に行こうとしたのか?皆が皆、本来グランジやオルタナのような音楽ががやりたかったのに、ファンのために無理してHR/HMを、メロハーやハードポップをやっていたのか?そんなことはないでしょう。流行遅れになりたくない、トレンドに乗りたい、つまり今までのリスナーを捨てるリスクを冒してでも、より多くのリスナーが獲得できると見積もって路線を調整したに過ぎないのではないでしょうか。煎じ詰めれば、「バンドのやりたい音楽」=「売れる音楽」ということになってしまう。そういう姿勢こそ、シャレでもなんでもなく「産業ロック」と揶揄されても仕方ない。レコード会社というのは文字通り産業、つまりビジネスですから売れてナンボなのは当たり前。しかし、バンドっていうのは金儲けが目的で音楽を始めたわけではないでしょう?音楽が好きだからやっているんじゃないの?経済的成功というのは後からついてくるもので、自分たちのやりたいように音楽をやるというのがロック・バンドのモチベーションなはずです。当事者にとってみれば、流行に左右されずに自分たちの内から湧き出る音楽だけを追及するというのは、「言うは易く行なうは難し」に違いないでしょう。しかしそれでも、時流に阿ってコロコロとサウンドを変えるというのは見苦しいことだと筆者は思います。ハーレム・スキャーレムの場合、この後更にサウンドが変わり、バンド名まで変えることになります。1stアルバムや、デビュー前のデモ集の音、つまり彼らの原点は、流行に合わせて服を着替えるように脱ぎ捨てられるようなものだったのか。ハーレム・スキャーレムの迷走を振り返るにつけ、複雑な心境で「バンドのやりたい音楽」ということについて考えてしまうのです。

バンド・メンバーは1st、2ndと変わらず、ハリー・ヘス、ピート・レスペランス、マイク・ジオネット、ダレン・スミスの4人です。ソング・ライティングのほとんどと、プロデュース、ミックスはハリー・ヘスとピート・レスペランス。ハリーはエンジニアとしても録音に関与しています。前作までプロデューサーとして関わっていたケヴィン・ドイルは、本作ではアソシエイト・プロダクションとミックスだけでクレジットされています。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Voice Of Reason (H. Hess, P. Lesperance)
02. Blue (H. Hess, P. Lesperance)
03. Warming A Frozen Rose (H. Hess, P. Lesperance)
04. Let It Go (H. Hess, P. Lesperance)
05. And That's All (H. Hess, P. Lesperance)
06. Breathing Sand (H. Hess)
07. Candle (H. Hess, P. Lesperance)
08. The Paint Thins (H. Hess, P. Lesperance)
09. I'll Be Brief (H. Hess, P. Lesperance)
10. Untouched (H. Hess, P. Lesperance)
11. Necessary Evil (H. Hess, P. Lesperance, C. Ward)
12. Candle (Acoustic Version) [bonus track]

■Personnel
Harry Hess - vocals, keyboards
Pete Lesperance - guitar, vocals, keyboards
Mike Gionet - bass, vocals
Darren Smith - drums, vocals

Producer - Harry Hess and Pete Lesperance

Mood Swings / Harem Scarem (1993)

0036Mood Swings

カナダのメロディアス・ハードロック・バンド、ハーレム・スキャーレムの1993年リリースの2nd。ネットなどのレビューでは彼らの代表作、名盤とする評価が多いように見受けられます。いやいや、1stのほうがいいという声もありますが、日本ではこの2ndが先に発売され、1stが後になったという事情も関係しているのではないかと思われます。どうしても先に聴いたほうでバンドの音のイメージが固まり、それを基準に以降のアルバムを評価するのが自然の成 り行きだからです。ハーレム・スキャーレムに限らず、筆者はなるべくリリース順に聴くようにしているので、1stを先に聴きました。ちなみに、このブログのレビューも原則としてリリース順に書いています。そんなわけで、あくまで筆者の好みとしては、やはり1stのほうがいいかなと。

このアルバムと前作を比べると、格段に音がハードになりました。ピート・レスペランスのギターが全面に押し出され、輪郭のはっきりしたいかにもハードロック然としたサウンドが展開されています。テクニカルかつスリリングなギター・ソロも存分に聴くことができます。レスペランスがただものではないことが、このアルバムではっきり分かりました。曲の構成とコーラス・ワークもグッと複雑化し、確実にバンドのスケールが大きくなったと感じます。しかし1stでは顕著だった、自然と一緒に口ずさんでしまうようなメロディの親しみやすさが、残念ながら後退してしまいました。複雑化した曲の構成やアレンジの中にメロディが埋もれてしまった印象です。1stでは外部ライターが一部の曲作りに参加していましたが、今回は全曲がハリー・ヘスとピート・レスペランスの手によるものです。もともとは彼らはこういう曲がやりたかったのかもしれません。ただ、メロハー・バンドとしてみたとき、何よりもメロディを重視する筆者のようなリスナーにはこの変化は好ましいとは感じられませんでした。

プロデュースは、1stと同じくハリー・ヘスとピート・レスペランス、そしてケヴィン・ドイルが担当しています。へスとレスペランス以外のバンド・メンバーはマイク・ジオネット(Ba)とダレン・スミス(Dr)で、これも1stと変化はありません。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Saviors Never Cry (H. Hess, P. Lesperance)
02. No Justice (H. Hess, P. Lesperance)
03. Stranger Than Love (H. Hess, P. Lesperance)
04. Change Comes Around (H. Hess, P. Lesperance)
05. Jealousy (H. Hess, P. Lesperance)
06. Sentimental BLVD. (H. Hess)
07. Mandy (P. Lesperance)
08. Empty Promises (H. Hess, P. Lesperance)
09. If There Was A Time (H. Hess, P. Lesperance)
10. Just Like I Planned (H. Hess)
11. Had Enough (H. Hess, P. Lesperance)

■Personnel
Harry Hess - vocals, keyboards
Pete Lesperance - guitar, vocals
Mike Gionet - bass, vocals
Darren Smith - drums, vocals

Producer - Harry Hess and Pete Lesperance with Kevin Doyle

Harem Scarem / Harem Scarem (1991)

0002Harem Scarem

ハーレム・スキャーレムは、カナダで結成されたメロディアス・ハードロック・バンドです。オリジナル・メンバーのうち、ハリー・ヘス(Vo)、ピート・レスペランス(Gt)、マイク・ジオネット(Ba)はカナダ人、ダレン・スミス(Dr)のみイギリス人です。このバンドは曲・歌唱力・演奏力が三拍子そろって高水準で、この1stアルバムから既にとんでもない完成度を示しています。サウンドはハード過ぎず、ポップ過ぎず、知的でいて暖か味があり、そして収録されている曲の全てが覚えやすく、一緒に口ずさみたくなるようなメロディばかり。このバンドの大きな特徴となっている厚みのある美しいコーラスも、アルバム全曲で聴くことができます。日本盤ボーナス・トラックは、アルバムのオリジナル曲のうち3曲のアコースティック・バージョン。メロディを大切にして作られた曲は、どんなアレンジで演奏されてもそのメロディは活きるものですが、シンプルなアコースティック演奏では、メロディそのものの素晴らしさをとりわけ感じとれるように思います。

プロデューサーはケヴィン・ドイル(Kevin Doyle)、70年代から主にレコーディング・エンジニア、ミックス・エンジニアーとして数多くの仕事をこなしています。このアルバムでは、プロデュースの他にアレンジからミックスまで深く関与しています。次作のMood Swingsもケヴィン・ドイルによってプロデュースされています。また、このアルバムにはカナダの先輩バンドから、Honeymoon Suiteのレイ・コバーン、Coney Hatchのカール・ディクソン、Haywireのポール・マッコースランドなどがレコーディングに参加しています。

後のアルバムではほとんど全てボーカルのハリー・ヘスとギターのピート・レスペランスが曲を書くことになりますが、このアルバムの何曲かは外部のライターの手も借りているようです。この後、音楽性の変遷、メンバーチェンジ、そしてバンド名の変更といった、長く曲がりくねった道を歩むことになるハーレム・スキャーレム。しかし、彼らの原点となったこの1stアルバムは、永遠にその輝きを失わないでしょう。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Hard to Love (C. Ward, H. Hess, P. Lesperance)
02. Distant Memory (H. Hess, P. Lesperance, M. Ribler)
03. With a Little Love (H. Hess, P. Lesperance)
04. Honestly (H. Hes)
05. Love Reaction (H. Hess, P. Lesperance, R. Coburn)
06. Slowly Slipping Away (H. Hess, M. Ribler)
07. All Over Again (H. Hes)
08. Don't Give Your Heart Away (H. Hess, P. Lesperance)
09. How Long (H. Hess, P. Lesperance, D. McTaggart)
10. Something to Say (H. Hess, P. Lesperance)
※日本盤ボーナス・トラック
11. Slowly Slipping Away [Acoustic Session]
12. How Long [Acoustic Session]
13. Hard to Love [Acoustic Session]

■Personnel
Harry Hess - lead vocals, guitar
Pete Lesperance - lead guitar, backing vocals
Mike Gionet - bass, backing vocals
Darren Smith - drums, backing vocals

Ray Coburn - keyboards
Terry Hatty - backing vocals
Carl Dixon - backing vocals
Marc Ribler - backing vocals
Paul MacAusland - backing vocals

Producer - Kevin Doyle, Harry Hess, and Pete Lesperance


記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ