0023Rescue You

1984年のレインボー解散後、ジョー・リン・ターナーが初めて制作したソロ・アルバム。レコーディング参加メンバーは、元フォリナーのアル・グリーンウッド、元スターズで数多くのメロハー/AOR系のセッションをこなしているボビー・メッサーノ、ジョーとはファンダンゴ、レインボー時代の僚友であるチャック・バーギ。プロデュースにあたったのは、クィーン、ジャーニー、フォリナー、チープトリックと超メジャーどころの仕事で知られるロイ・トーマス・ベイカー。できたのは予想通り80年代の香りがプンプンする、装飾的なキーボードが前面に出たハード・ポップ。しかし、元レインボーという肩書きがあっても、ロイ・トーマス・ベイカーという超大物がプロデュースしても、あざといまでにゴージャスな80年代的流行を取り入れていても、意外にもこのアルバムは大して売れなかったようです。しかし、時代が一巡りして聴くと中々にいいアルバムですよ、これは。ジョー・リン・ターナーはどんな曲でもソツなく歌いこなしますが、やはりなんだかんだ言っても、ハード・ポップ/メロハーを歌わせると断然ハマります。どの曲も平均点以上の出来だし、バッキングを務める強者たちの演奏も当然ながら手堅い。さすがに名盤とまでは言えませんが、ジョーの関わった作品の中では外すことのできない一枚だと思います。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Losing You (Turner, Greenwood)
02. Young Hearts (Turner, Greenwood)
03. Prelude / Endlessly (Turner, Newman)
04. Rescue You (Turner, Greenwood)
05. Feel the Fire (Turner, Greenwood)
06. Get Tough (Turner, Delia)
07. Eyes of Love (Turner)
08. On the Run (Turner, Greenwood)
09. Soul Searcher (Turner, Greenwood, Newman)
10. The Race Is On (Turner, Greenwood)

■Personnel
Joe Lynn Turner – vocals
Alan Greenwood – keyboards
Chuck Burgi – drums
Bobby Messano – guitars, bass, backing vocals

Producer – Roy Thomas Baker