メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

ブレット・ガースド

The Silence is Broken / Nelson (1997)

0164The Silence Is Broken










1997年にリリースされたNelsonの4thアルバム。オープニングの"Ghostdance"のナチュラルなオーヴァー・ドライヴのかかったギター・リフに一発で参りました。カッコいい!まるでジェシ・デイヴィスをキリっとさせたみたいなサウンドじゃないですか。途中から絡んでくるワンダ・ヴィックのフィドルがまたいいし、ギターソロも最高にカッコいいし。やっぱりNelsonってのはアイドル・ポップグループでないのはもちろんのこと、HR/HMの範疇に入れてしまうのも違うんじゃないかと思います。ポップスやカントリーの要素の入ったオーソドックスなアメリカン・ロックなんですね。Doobie BrothersやEaglesなんかと並べたほうがいい。#2"Say it isn't So"、#4"You Talk Too Much"、#5"Sunset Strip"はこのユニットの1stを思い出させるハードポップ調の曲ですが、どれも素晴らしい。演奏面でも聴き所が多く、ギターソロはもちろん、ドラムとベースのリズムの合わせ方、曲の流れを殺さないカッコいいキメの入れ方等々、汲めども尽きぬ魅力があります。#6"What About Me?"もペダル・スチールまで入れてくれても心地良いことこの上ない。

と、このまま行ってくれたら名盤間違いなしなのですが、タイトル曲#7"The Silence is Broken"から一転してやけにサウンドが重たくなり違和感を感じます。アルバムの前半と後半とカラーがまったく違ってしまうのです。インタビューによると、本人たちもこのアルバムを過渡的ないし実験的な作品と位置づけているようですが、まあ、そんな感じですね。

このアルバムには、過去作でお馴染みのメンバーに加えて多数のセッション・ミュージシャンが参加しています。主なところをあげておくと、ギターにトム・ブコヴァツ、ジョーイ・キャスカート、カール・コクラン、トロイ・ランカスター、ブレット・ガースド。ドラムにブライアン"ドッグボーイ"バーウェル、リッキー・サリヤー、ボビー・ロック。ベースにブライアン・スパンゲンバーグ、ダウ・トムリン。キーボードにポール・マーコビッチ等々。曲作りにはマーク・タナー、マイケル・ラファエル、ジャック・ポンティ、共同プロデューサーにはガイ・デファツィオ、デヴィッド・J.ホルマン、マイケル・ラファエルと、これまでもネルソン兄弟をサポートしてきた面々がクレジットされています。

なお、アルバムの最後には隠しトラックがあって、なんとマシューとガナーの10歳の誕生日のプレゼントとして、両親が二人にレコーディングさせてくれた曲が収録されています。これがまたカワユイけど上手い!さすがリッキー・ネルソンの子供たちだ!

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Ghostdance (M. Nelson, G. Nelson)
02. Say it isn't So (G. Nelson, M. Nelson, M. Tanner)
03. Why Oh Why? (G. Nelson, M. Raphael, B. Reveles)
04. You Talk Too Much (G. Nelson, M. Nelson)
05. Sunset Strip (G. Nelson, M. Nelson)
06. What About Me? (G. Nelson)
07. The Silence is Broken (M. Raphael, M. Nelson, G. Nelson)
08. L.O.V.E. Me Not (M. Raphael, G. Nelson)
09. Running Out of Time (M. Nelson, J. Ponti)
10. Tears of Pain (G. Nelson, M. Nelson, M. Tanner)
11. Love Me Today Part II (M. Nelson)

■Personnel
Matthew Nelson - lead vocals, bass, acoustic and electric rhythm guitars, lead guitars
Gunnar Nelson - lead vocals, acoustic and electric rhythm guitars, lead guitars, drums

Troy Hartz - rhythm guitar
Tom Bukovac - rhythm guitar
Keith Lander - rhythm guitar
Joey Cathcart - rhythm guitar, background vocals
Brian "Dogboy" Burwell - drums
Ricky Salyer - drums
Bobby Rock - drums
Brian Spangenberg - bass
Dow Tomlin - bass
Michael Raphael - lead guitar
Karl Cochran - lead guitar
Troy Lancaster - lead guitar
Brett Garsed - lead guitar
Harry Sharpe - keyboards
Paul Mirkovich - keyboards, background vocals
Wanda Vick - fiddle
Sam Nelson - background vocals
Steve McClintock - background vocals
Interfaith Baptist Choir - background vocals

Producer - Matthew and Gunnar Nelson
Co-Producer - Guy Defazio, Michael Raphael, David J. Holman 

 

Imaginator / Nelson (1996)

0090Imaginator
1996年にリリースされたネルソンの3rdアルバム。2ndBecause They Can のレビューでも書いたように、元々1stAfter The Rain に続く2ndアルバムとして1992年に制作されたものですが、レーベル(Geffen)から仕上がりにクレームがついてお蔵入り。改めて録音した Because They Can  が2ndアルバムとしてリリースされ、本作はバンドがGeffenを離れた後立ち上げた自主レーベルStone Canyon Recordsからリリースされました。ちなみにStone Canyonとはネルソン兄弟の父親のカントリー・シンガー、故リッキー・ネルソンのバンド名です。

さて音のほうですが、Geffenからヘヴィすぎるだのダークすぎるだの、これじゃ売れないだの言われてリリース拒否された割には、大ヒットした1stと大きく路線が外れているとは感じられません。確かに1stよりエッジの立ったサウンドになっていますが、ダークだヘヴィだというのはほんの味付け程度のことで、本質的にはネルソンらしいポップ・フィーリングに溢れた分かりやすい音楽です。ただ、国家権力による情報操作、洗脳をテーマにしたコンセプト・アルバムということで曲間にいちいちSEが挿入されたりしているのは、ちょっとわずらわしい気もします。バンド・メンバーは1st、2ndと変わらず、マシュー・ネルソン&ガナー・ネルソン、ブレット・ガースド、ジョーイ・キャスカート、ポール・マーコビッチ、ボビー・ロック。常連メンバーの手堅くスリリングな演奏はいつものことですが、本作では特にボビー・ロックのドラムがワクワクするほどのカッコよさです。プロデュースはデヴィッド・J.ホルマン、ガイ・デファツィオ、ジョン・ボイランのサポートの下ネルソンズ自身が行っています。

このアルバム、曲数は全17曲と多いのですが、7曲はオーバーチュアと曲間のSEですので実質は10曲、そのうちオリジナル曲が9曲、カバーが1曲です。オリジナルはネルソンズ作のタイトル曲のインスト#17"Imaginator"を除いて、3組の外部ライターとネルソンズの共作となっています。外部ライターについて記しておくと、まず#3"Do You Believe in Religion?"、#10"Tell Me"、#15"Judas Mirror"の3曲のライティングに加わっているマイケル・ラファエルは、元ラフ・カット(Rough Cutt)のアミア・デラク(Amir Derakh)率いるジェイルハウス(Jailhouse)のギタリスト。元タフ(Tuff)のスティーヴィー・レイチェル(Stevie Rachelle)のソロ・アルバムなどにも参加しています。彼が関わっている3曲は、それぞれサウンドの違いはありますが、アルバムの中で一番オルタナ色が濃いというかちょっと内省的な雰囲気を持っています。次に、#4"Kiss Me When I Cry"、#6"Sooner or Later"、#7"We Always Want What We Can't Get"の3曲の共作者ジャック・ポンティ。その昔ジョン・ボン・ジョビとThe Restというバンドを組んでいたこともあるギタリストですが、むしろプロデューサー、ソングライターとして名の通った人物です。BonfireやAlice Cooperの曲も書いていて、メロハー、ハードポップ系に強いイメージがありますが、このアルバムで共作している3曲ともキャッチーでポップなメロディが素晴らしく、ネルソンズとの相性は一番良いように感じました。前作(次作?) Because They Can  で一番ポップだった"Won't Walk Away"も彼とネルソンズの共作です。3組目、#9"She Gets Down"、#14"We're All Alright"を共作しているのは、グラム・メタル・バンドEnuff Z'nuffのチップ・ズナフとドニー・ヴィー。共作曲はいかにもなロックン・ロールです。この3組のソング・ライターが関与していることもあって曲調はバリエーション豊かで飽きさせません。過去のアルバムもそうですが、ネルソンは外部ライターの起用が非常に上手いですね。最後にSweetのカバー#12"Action"ですが、筆者は元々この曲があんまり好きではないし、なんだかクイーンみたいにウルサイので無いほうが良かった。大体コンセプト・アルバムでなぜカバー?しかもなぜこの曲?意味不明です。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作 
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. On/Off
02. Sinners, Inc.
03. Do You Believe in Religion? (Michael Raphael, Gunnar Nelson, Matthew Nelson)
04. Kiss Me When I Cry (Matthew Nelson, Gunnar Nelson, Jack Ponti)
05. I Don't Mess Around, Boy
06. Sooner or Later (Matthew Nelson, Gunnar Nelson, Jack Ponti)
07. We Always Want What We Can't Get (Matthew Nelson, Gunnar Nelson, Jack Ponti)
08. It's Your Body
09. She Gets Down (Matthew Nelson, Gunnar Nelson, Chip Z'Nuff, Donnie Vie)
10. Tell Me (Michael Raphael, Gunnar Nelson, Matthew Nelson)
11. Greed
12. Action (Andy Scott, Steve Priest, Brian Connolly, Mick Tucker)
13. Ain't Nothin' Really Changed
14. We're All Alright (Matthew Nelson, Gunnar Nelson, Chip Z'Nuff, Donnie Vie)
15. Judas Mirror (Michael Raphael, Gunnar Nelson, Matthew Nelson)
16. In a Perfect World
17. Imaginator (Matthew Nelson, Gunnar Nelson)

■Personnel
Matthew Nelson – lead vocals, bass
Gunnar Nelson – lead vocals, guitars
Bobby Rock – drums
Brett Garsed – lead guitar, vocals
Paul Mirkovich – keyboards, vocals
Joey Cathcart – guitars, vocals

Producer - Matthew & Gunnar Nelson
Co-Producer - David J. Holman
Associate Producer - Guy DeFazio
Executive Producer - John Boylan 


Because They Can / Nelson (1995)

0042Because They Can

アイドル的人気で一世を風靡したアメリカのカントリー歌手、故リッキー・ネルソンの双子の息子であるマシュー・ネルソンとガナー・ネルソンのグループ、Nelsonの2ndアルバム。このアルバムには有名な裏話があります。300万枚を売り上げた1stアルバムAfter The Rain (1990)に続く2ndアルバムは、実は1992年にImaginator というタイトルで完成していたのですが、レコード会社(Geffen Records)は1stに比べてややダークでヘヴィなサウンドに難色を示し、前作の路線を踏襲した「売れる音」を要求。一作分の契約が残っていたネルソンズは、泣く泣くまたレコーディングに入りこのBecause They Can を完成させ、1995年にリリースされることとなります。ですから、このアルバムはリリース順で言うと2作目ですが、制作順で言うと3作目ということになります。2ndのリリースまでに5年を費やしたことで、ロック・シーンの状況も変化し、美形のネルソン兄弟のアイドル的人気も加齢にともない低下、結局レーベルが目論んだようには商業的成功を収めることはできませんでした。お蔵入りとなったImaginator は、自分たちで立ち上げたStone Canyonレーベルから翌1996年に3rdアルバムとしてリリースすることになります。

そんな曰くつきの作品ですが、つまらないアルバムなのかと言えばそれは違います。確かに、ゲフィンに求められたとおり全体のカラーは前作に近い明るくキャッチーなものとなっていますが、サウンド的にはかなり大きな変化があります。ハードでエッジの立った曲も多かった前作に比して、アコースティック楽器を中心としたアンサンブル、カントリー・ミュージックの香りのする歌メロやギター・ソロに象徴的なように、かなりソフトなサウンドに仕上がっています。そういう意味では全然前作を踏襲していないとすら言えるかもしれません。いずれにしても、聴けは聴くほどこのアルバムの音楽的水準は極めて高いと筆者は感じます。何よりメロディが素晴らしい。大げさに言えばビーチ・ボーイズだとかイーグルスに匹敵するような、アメリカのロック・ミュージックの最良のメロディが詰め込まれていると思うのです。アイドル扱いして消費されるにはあまりにも惜しい才能が、この時期のネルソンズにはあると筆者は考えています。強制されて作ったアルバムとはとても思えませんよ、このアルバム。

さて、バックのメンバーですが、ブレット・ガースド、ジョーイ・キャスカート、ポール・マーコビッチ、ボビー・ロックが前作に引き続きレコーディングに参加しています。さらに、エリオット・イーストン(The Cars)、ジェフ・バクスター(Steely Dan, The Doobie Brothers)、マイケル・ボッツ(Bread)、スティーヴ・ポーカロ(TOTO)、ドン・フェルダー(Eagles)、ジェリー・ベックリー(America)、ティモシー・シュミット(Poco, Eagles)、マイク・ベアードその他、数多くの名うてのミュージシャンが参加しているのも注目されます。ブックレットに記された各曲のクレジットを見ながら聴くのもまた一興です。

プロデュサーとしてクレジットされているのは、ネルソン兄弟に加えて二人。一人はジョン・ボイランです。この人は1960年代から活躍している大ベテランで、リンダ・ロンシュタットやボストンのプロデューサーとして著名ですが、その昔ネルソンズのパパであるリッキー・ネルソンのアルバム制作も行った経歴があるのです。奇遇なのか意図した起用なのかは分かりませんが。もう一人のプロデューサー、デヴィッド・J.ホルマンは前作でミキシングを担当していた人物です。前作のプロデューサーだったマーク・タナーは、今回はバッキング・ボーカルでのみの参加となっています。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. (You Got Me) All Shook Up (Matthew & Gunnar Nelson, Marc Tanner)
02. The Great Escape (Matthew & Gunnar Nelson, Marc Tanner)
03. Five O'Clock Plane (Matthew & Gunnar Nelson, Marc Tanner)
04. Cross My Broken HeartCross My Broken Heart (Matthew & Gunnar Nelson, Danny Tate)
05. Peace on Earth (Matthew & Gunnar Nelson, Taylor Rhodes)
06. Remi
07. Won't Walk Away (Matthew & Gunnar Nelson, Jack Ponti)
08. Only a Moment Away (Matthew & Gunnar Nelson, Marc Tanner)
09. Joshua Is With Me Now
10. Love Me Today (Matthew & Gunnar Nelson)
11. Be Still (Matthew & Gunnar Nelson)
12. Right Before Your Eyes (Matthew & Gunnar Nelson, Taylor Rhodes)
13. Nobody Wins in the End (Matthew & Gunnar Nelson, Marc Tanner)
※日本盤ボーナストラック
14. After the Rain ('95 Version)
15. Nothing's Good Enough for You (Demo Version)

■Personnel
Matthew Nelson – lead & backing vocals, bass, guitars
Gunnar Nelson – lead & backing vocals, guitars, mandolin, percussions

Joey Cathcart – guitars, dobro, backing vocals
Brett Garsed – guitars, backing vocals
Elliot Easton – guitars
Jeff Baxter – pedal steel guitar
Mike Baird – drums
Michael Botts – drums
Bobby Rock – drums
Paul Mirkovich – keyboards, backing vocals
Steve Porcaro – keyboards
Kenneth Blackwell – mandolin
Don Felder – mandolin
Gerry Beckley – backing vocals
Timothy B. Schmit – backing vocals
Mark Lennon – backing vocals
Marc Tanner – backing vocals

Producer - John Boylan, Matthew & Gunnar Nelson
except 6, 7, 9, 11, 13 produced by David J. Holman, Matthew & Gunnar Nelson

Harlan Cage / Harlan Cage (1996)

0025Harlan Cage

1985年にアルバムを1枚残して消えたフォーチュンというメロハー/AORグループがいました。何故かメロハー業界には「フォーチュン」と名乗るバンド が多いのですが、アメリカのバンドで、やや有名なほうのフォーチュンです。そのフォーチュンのメンバーだったL.A.グリーンとロジャー・スコット・クレイグの2人が再び組んだユニットがハーラン・ケイジで、これは彼らの第一作のセルフタイトル・アルバム。曲調は「哀愁」一色です。誇張でもなんてもなく、 最初から最後まで全曲がセンチメンタルな声で歌われる哀愁のメロディです。哀愁のメロディ、もちろん大好きなのですが、多少のテンポやアレンジの違いはあってもここまで同じカラーの曲が詰め込まれるとさすがにお腹一杯になります。一曲一曲はいいのですが、アルバム通しはキツイ。。。全然OKという方ももちろんいるでしょうが、筆者としては、もう少しバリエーションが欲しいというのが正直なところです。

このアルバムは、ゲスト・ギタリストが参加して素晴らしいプレイで彩を添えているのがうれしい聴き所です。ネルソンやデレク・シェリニアンのアルバムでプレイしていたブレット・ガースド、それからビリー・リースギャング(ライスギャング)とマイケル・ターナー、この2人はロジャー・スコット・クレイグとともに101 Southでもプレイしています。またビリー・リースギャングとロジャー・スコット・クレイグは、80年代にNina Hagenのバックを勤めていたこともあり旧知の間柄のようです。ギタリストではありませんが、ピアノでスティーヴ・ポーカロなんていう名前もクレジットされています。ところで、ゲスト・ギタリストの一人Ron Anielloというのは、あの有名なプロデューサーのロン・アニエロ本人?同名異人?

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Pay the Devil His Due (L. A. Greene, Roger Scott Craig)
02. 98 in the Shade (L. A. Greene, Roger Scott Craig)
03. One Naked Kiss (L. A. Greene, Roger Scott Craig)
04. Three Nights Running (L. A. Greene, Roger Scott Craig)
05. Wires and Chains (L. A. Greene, Roger Scott Craig)
06. Kiss of Fools (Tom Whitlock)
07. Destiny (L. A. Greene, Roger Scott Craig)
08. Run Rebel Run (L. A. Greene, Roger Scott Craig)
09. Too Much (L. A. Greene, Roger Scott Craig)
10. Sweet Salvation (L. A. Greene, Roger Scott Craig)
11. Takin' Out the Trash (L. A. Greene, Roger Scott Craig)
12. Silver Wings (L. A. Greene, Roger Scott Craig)
13. Let it Rain (L. A. Greene, Steve Porcaro)

■Personnel
L. A. Greene - Lead Vocals, Guitars
Roger Scott Craig - Keyboards, Vocals

Richie Onori - Drums
Brian Peters - Bass, Vocals
Michael Langlan - Lead Guitars

Ron Aniello - Guitars on "Sweet Salvation", "Kiss of Fools"
Bobby Robles - Guitars on "Run Rebel Run"
Brett Garsed - Guitars on "Let it Rain", "Wires and Chains"
Mike Turner - Guitars on "Three Nights Running", "Takin' Out the Trash"
Billy Liesegang - Guitars on "Destiny", "Silver Wings"
Steve Porcaro - Piano on "Let it Rain"

Producer - Harlan Cage


After the Rain / Nelson (1990)

0013After the Rain

ネルソンは、アメリカの超人気カントリー・シンガーだったリッキー・ネルソン(1985年飛行機事故により死去)を父に持つ、双子の兄弟マシュー・ネルソンとガナー・ネルソンのユニット。<i>After the Rain</i> は彼らのデビュー・アルバムです。アメリカ人なら誰でも知っているリッキー・ネルソンの遺児で、父親譲りの美貌と才能を備えた二人のスター性は申し分ありません。メジャー・レーベルであるゲフィン(Geffen)から鳴り物入りでリリースされたこのアルバムは、全米で300万枚以上売れてチャート17位を記録、またシングルカットされた"(Can't Live Without Your) Love and Affection"は全米チャート1位、"After the Rain"が6位、"More than Ever"が14位、"Only Time Will Tell"が28位といずれもヒットしています。アメリカン・ロックの王道を行く爽やかでキャッチーな楽曲は、アメリカのHR/HMバンドの一部にありがちなお下劣さが全く感じられず、聴いていてほんとうに気持ちがいい。特にタイトル曲"After the Rain"は、まさに雨上がりの青空を感じさせ、悩めるティーンのハートを鷲づかみするのも頷けます。PVもそんなイメージで気恥ずかしいまでにポジティブなんだけど、そこがまたいいなと。

プロデューサーのマーク・タナー(Marc Tanner)は、本作の曲作りにも参加したり、Hardline、Gotthardの曲を書いたり、最近ではThe Callingのアルバムのプロデュースなどをしている人です。もう一人プロデュースでクレジットされているデヴィッド・ソナー(David Thoener)は、Triumph、John Waiteといったアーティストのプロデュースの他、変わったところでは中島みゆきのアルバムのエンジニアを務めたりしています。バンド・メンバーを見ていくと、リード・ギターのブレット・ガースド(Brett Garsed)は、実はデレク・シェリニアン(Derek Sherinian)のアルバムに呼ばれたりしているテクニカル系ギタリストだったりします。キーボードのポール・マーコビッチ(Paul Mirkovich)はマーク・タナーとHardlineの2ndに楽曲を共作したり、マーク・タナーのプロデュースしたThe Callingのアルバムでプレイしたりしているので、彼とは縁の深いミュージシャンと思われます。ドラムのボビー・ロック(Bobby Rock)もまたHardlineの2ndでプレイしています。こうして見ていくと、なんとなくマーク・タナー人脈がこのネルソンの1stアルバム制作の土台を支えている感じがしますね。ギターのジョーイ・キャスカートも含め、このアルバムに顔を揃えたミュージシャンたちは、これ以降もネルソンのアルバムの常連となります。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. (Can't Live Without Your) Love and Affection (Matthew & Gunnar Nelson, Marc Tanner)
02. I Can Hardly Wait (Matthew & Gunnar Nelson, Marc Tanner)
03. After the Rain (Matthew & Gunnar Nelson, Marc Tanner, Rick Wilson)
04. Tracy's Song (Eric Hillard Nelson, Matthew & Gunnar Nelson)
      Only Time Will Tell (Matthew & Gunnar Nelson, Marc Tanner, Greg Sutton)
05. More than Ever (Matthew & Gunnar Nelson, Marc Tanner)
06. (It's Just) Desire (Matthew & Gunnar Nelson, Marc Tanner, Craig Stall)
07. Fill You Up (Matthew & Gunnar Nelson, Marc Tanner)
08. Interlude (Matthew & Gunnar Nelson)
      Everywhere I Go  (Matthew & Gunnar Nelson, Marc Tanner)
09. Bits and Pieces (Matthew & Gunnar Nelson, Marc Tanner, Rick Wilson)
10. Will You Love Me? (Matthew & Gunnar Nelson, Marc Tanner, Brad Bailey)

■Personnel
Matthew Nelson – vocals, guitars, bass
Gunnar Nelson – vocals, guitars
Brett Garsed – guitars, backing vocals
Paul Mirkovich – keyboards, piano, backing vocals
Bobby Rock – drums
Joey Cathcart – guitars, backing vocals

Producer - Marc Tanner & David Thoener


記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ