メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

フレドリック・フォルケ

The Truth and a Little More / Eclipse (2001)

0323The Truth And A Little More









スウェーデンのメロハー・バンドEclipseの1stアルバム。このところ、ジェフ・スコット・ソート、ロバート・サールとのW.E.T.や、ロニー・アトキンスとのNordic Unionの他、プロデューサー、ソングライターとしても八面六臂の活躍を示し、すっかりシーンのキー・パーソンの一人となったエリック・モーテンソンのリーダー・バンドのデビュー作です。メンバーは、ボーカル、リズム・ギター、ベースを兼任するエリック・モーテンソンの他、リード・ギターのマグナス・ヘンリクソン、ドラムとキーボードのアンダース・ベルリンというトリオ編成。不完全な編成なのでメンバーだけではライブが出来ませんね。Work of Artといい、Houstonといい、近年のスウェーデンのバンドはこういう形態が多いのは何故なのかな。なお、本作は2001年にZ Recordsからリリースされましたが、既に廃盤となっていて再発もされず、長い間非常に入手しづらい状況が続いています。

さて音のほうですが、いかにも北欧風のすっきりしたメロディアス・ハードロック。先行するスウェーデンのバンドのエッセンスをあちこちに感じます。一番近いと思ったのはOut of This World、Prisoners in ParadiseのころのEuropeで、エリック・モーテンソンの声質と歌唱スタイルもその当時のジョーイ・テンペストを思わせるものがあります。もちろん曲ごとのバラエティは豊富で、様々なタイプの楽曲が楽しめます。特徴的なのは、曲のアレンジが凝っていてスタイリッシュなこと。これがこのバンドを個性的に感じさせるポイントでしょうか。メロディ・ラインよりアレンジ、アンサンブルが耳に残る感じです。その点ではWork of Artにも通じていると思いました。全曲が佳曲以上の出来で、デビュー作にしてこの充実ぶりはさすがはエリック・モーテンソンです。ただ、文句なしの名曲というレベルの楽曲はないのが残念。

リード・ギターのマグナス・ヘンリクソンは、上手い上にちょっとトリッキーなとろもあって中々面白いと感じました。#8"Songs Of Yesterday"ではゲストのキー・マルセロ(ex-Europe)がエモーショナルなギター・ソロを聴かせてくれ、マグナス・ヘンリクソンとの違いが見えて興味深いです。ゲストと言えば、マッツ・オラウソンが一部の曲でキーボードを弾いていますが、この人2015年に亡くなっていたんですね。知りませんでした。

 評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Midnight Train (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
02. The Truth (Erik Mårtensson)
03. The Only One (Anders Berlin/Erik Mårtensson)
04. Message of Love (Erik Mårtensson)
05. I Believe in You (Magnus Henriksson/Erik Mårtensson/Anders Berlin)
06. I Thought I Had It All (Erik Mårtensson)
07. The Way I Feel (Erik Mårtensson/Anders Berlin)
08. Songs of Yesterday (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson)
09. A Little More (Erik Mårtensson)
10. Too Far (Magnus Henriksson/Erik Mårtensson)
11. How Many Times (Erik Mårtensson)
12. I Won´t Hide (Erik Mårtensson)

■Personnel
Erik Mårtensson - Vocals, All Rhythm Guitars, Bass
Anders Berlin - Hammond Organ, Keyboards, Drums, Percussion
Magnus Henriksson - Lead Guitars

Mats Olausson - Lead Keyboards on #11, All Keyboards on #9
Kee Marcello  - Lead Guitar on #8
David "Galen Gotlänning"Wallin - Backing Vocals
Madeleine Johansson - Cello on #8, #12
Anneli Magnusson - Backing Vocals on #10, #12

Producer - Eclipse, Fredrik Folkare

Mercury's Down / Toby Hitchcock (2011)

0162Mercury's Down









Pride of Lionsのボーカリスト、トビー・ヒッチコックの1stソロ作。とは言うものの、Frontiersレーベルが量産するメロハー/AOR企画ものの一枚。Eclipseのエリック・モーテンソンが制作の指揮を執り、全ての曲作りに関与、ほとんどの楽器とバック・ボーカルを担当、プロデュースもこなすという活躍ぶりです。ボーナス・トラックですが、#13"Strong Enough"ではトビー・ヒッチコックとのデュエットまでやっています。トビー・ヒッチコック自身は作詞作曲・アレンジ等にタッチせず、エリック・モーテンソンの作ったカラオケにリード・ボーカルを吹き込んだだけ。やはりエリック・モーテンソン・チームが制作したジミ・ジェイソンのNever Too Lateと言い、本作と言い、こんなんでソロ・アルバムと言っていいものか若干疑問です。同じチームでジェフ・スコット・ソートがボーカルを担当したW.E.Tのように、プロジェクト名を冠して発表されるべき作品ではないかと思います。

ただし、アルバム自体の出来は大変素晴らしい。W.E.Tと似た雰囲気の歌メロは流麗で美しく、計算しつくされたアレンジとアンサンブルが一曲一曲をドラマチックなものにしています。もう名曲・佳曲のオンパレード状態です。エリック・モーテンソン恐るべし。彼の作る楽曲ももちろん先人の影響を受けているのでしょうが、よくある80年代懐古趣味が不思議と感じられず、「現在進行形のメロディアス・ハードロック」という印象を受けます。あ、トビー・ヒッチコックの歌唱も伸び伸びとしていて気持ちがいいですよ。なお、他の参加ミュージシャンは、ギターにマグナス・ヘンリクソン(Eclipse)とフレドリック・フォルケ(Unleashed)、ドラムにマグナス・ウルフステット(Eclipse/Torch)。バック・ボーカルのミカエル・ペーションは、エリック・モーテンソンとコンビを組んでEclipse、First Signal、Giant、W.E.Tなどの楽曲を書いている人。

蛇足ですが"This Is the Moment (Official Video)"で全然別の人がバンドの当てフリしてますけど、せめてPVくらい本物が顔合わせして撮影すればいいのに。さらに蛇足ですが、とてもミュージシャンに見えないトビー・ヒッチコックと対照的に、相手役(?)の女性が超カワイイので何度も見ちゃいました。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. This Is the Moment (Erik Mårtensson/Miqael Persson)
02. Strong Enough (Erik Mårtensson/Magnus Henriksson/Miqael Persson)
03. How to Stop (Erik Mårtensson/Miqael Persson)
04. Let Go (Erik Mårtensson/Miqael Persson)
05. One Day I'll Stop Loving You (Erik Mårtensson/Miqael Persson)
06. I Should Have Said... (Erik Mårtensson/Miqael Persson)
07. If It's to Be (It's Up To Me) (Erik Mårtensson/Miqael Persson)
08. Just Say Goodbye (Erik Mårtensson/Lasse Andersson/Miqael Persson)
09. Summernights in Cabo (Erik Mårtensson/Miqael Persson)
10. Tear Down the Barricades (Erik Mårtensson/Miqael Persson)
11. A Different Drum (Erik Mårtensson/Miqael Persson)
12. Mercury's Down (Erik Mårtensson/Miqael Persson)
13. Strong Enough (Duet with Erik Mårtensson) [bonus track]

■Personnel
Toby Hitchcock - Lead Vocals
Erik Mårtensson - Background Vocals, Rhythm & Lead Guitars, Bass, Keyboards, Drums
Magnus Henriksson - Lead Guitars on 2, 9, 13
Fredrik Folkare - Lead Guitars on 8, 12
Magnus Ulfstedt - Drums on 3, 6, 11
Miqael Persson - Background Vocals on 11

Producer - Erik Mårtensson
Executive Producer - Serafino Perugino 

 
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ