0229Dirty Pleasures










スイスのハードロック・バンド、トランジットの1stアルバム。オリヴァー・フェアー(vo、ドイツ人)とルイス・カスパー(b、スイス人)が結成したHushというバンドが前身で、1986年にTransitに改名しています。ブックレットのクレジットはメンバー・チェンジ後のもので、このアルバムの実際のレコーディング・メンバーは、フェアーとカスパーの他、レネ・バイカー(g)、ハンジ・ビューラー(ds)の4人。プロデュースはMad Max、Blind Guardianなどを手がけてきたドイツのカレ・トラップが担当しています。

スイスのバンドというと反射的にGotthardが頭に浮かびますが、このバンドはGotthardとは全然違って、まるっきりのアメリカ風ハード・ポップ。予備知識が無ければ確実にアメリカのバンドだと思ってしまいます。"Let's Go to the Party"だとか"Bad Boy"だとか、タイトルだけでも想像がつくようなバカっぽいLAメタル風の曲や、Danger Dangeを思わせるイケイケの曲が満載です。時代と言ってしまえばそれまでなんですが、この能天気ぶりは今となってはちょっとキツいかなぁ。そんなわけで筆者の好みからはズレているのですが、ところがどっこい時折おやっ?と思うような印象的なメロディが出てくるのです。作曲能力はあるんじゃないかと思うし、演奏もメリハリが効いているし、このバンドのポテンシャルは結構高いと見ました。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Let's Go to the Party (Music : R. Baiker  Lyrics : M. Knez)
02. Running Out of Bad Times (Music : R. Baiker/O. Fehr  Lyrics : M. Knez)
03. Alright (Whose Life Is It Anyway) (Music : R. Baiker/O. Fehr  Lyrics : M. Knez)
04. You Can't Stop the Fire (Music : O. Fehr  Lyrics : M. Knez)
05. Daughter of the Moon (Music : O. Fehr  Lyrics : M. Knez)
06. Bad Boy (Music : R. Baiker  Lyrics : M. Knez)
07. Heartbreaker (Music : R. Baiker  Lyrics : M. Knez)
08. Rock It (Music : R. Baiker  Lyrics : R. Baiker/M. Knez)
09. Take Your Love (Music : R. Baiker/O. Fehr  Lyrics : O. Fehr/M. Knez)
10. Cry for Attention (Music : O. Fehr  Lyrics : O. Fehr/M. Knez)
11. Wild Love (Music : H. Buhler/L. Kasper/R. Baiker/O. Fehr  Lyrics : M. Knez)
12. Good Emotions (Music : R. Baiker/O. Fehr  Lyrics : O. Fehr/M. Knez)

■Personnel
Oliver Fehr - lead vocals, guitar
Rene Baiker - lead guitar, backing vocals
Louis Kasper - bass
Hansi Buhler - drums, backing vocals

Frank Oberpichler - keyboards
Rolf Kohler - additional backing vocals

Producer - Kalle Trapp