メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

ファーギー・フレデリクセン

Eye of the Tiger / Survivor (1982)

0235Eye of the Tiger










映画「ロッキー3」のテーマ曲"Eye of the Tiger"をタイトル・トラックとした、Survivorの3rdアルバム。印象的なリフとメロディを持つこの曲は世界的ヒットとなり、今でも何かとTVなどで使われるので、ロックや洋楽聴かない人でも大体知っているでしょう。なんでもシルヴェスター・スタローンが直々に依頼して作られた曲だそうで、だからあの映画にピッタリな感じなわけですね。このヒット曲のおかげでアルバムも全米チャート2位まで上昇、プラチナ・ディスクに認定されています。本作レコーディング時のメンバーは、前作"Premonition"と同じで、フランキー・サリヴァン(Gt)、ジム・ピートリック(Gt, Key)、デイヴ・ビックラー(Vo)、それから正式メンバーに「昇格」したステファン・エリス(Ba)、マーク・ドラウベイ(Dr)の5人となっています。また、前作でも参加していたダリル・ドラゴンがキーボードで、さらにTOTO加入前のファーギー・フレデリクセンがバック・ボーカルでクレジットされています。

さて、"Eye of the Tiger"の陰に隠れてしまいがちですが、このアルバムは他にも佳曲が多いです。AC/DCみたいな#3"Hesitation Dance"、メロディの展開が素晴らしい#5"I'm Not That Man Anymore"など特にいいなぁ。全体として過去2作のやや中途半端な感じがなくなり、よりハードに、そしてメロディアスになっています。アメリカンなメロディアス・ハードロック・バンドとして個性が確立された作品でしょう。デイヴ・ビックラーのボーカルは力強さが増しているし、フランキー・サリバンのギターソロも大幅にフィーチャーされるようになりました。この人、現在のHR/HMのギタリストと比べてしまえば地味ですが、一音一音大事に弾いており、歌心が感じられて筆者は好きです。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Eye of the Tiger
02. Feels Like Love
03. Hesitation Dance
04. The One That Really Matters
05. I'm Not That Man Anymore
06. Children of the Night
07. Ever Since the World Began
08. American Heartbeat
09. Silver Girl
All songs written by Frankie Sullivan, Jim Peterik
excpet track 4 written by Jim Peterik

■Personnel
Dave Bickler – lead vocals, keyboards
Frankie Sullivan – lead & rhythm guitars, acoustic 12-string guitar, vocals
Jim Peterik - grand piano, B3, electric guitars, acoustic 12-string guitar, vocals
Marc Droubay - drums
Stephan Ellis - bass

Daryl Dragon - additional keyboards
Fergie Frederiksen - additional backing vocals

Producer - Frankie Sullivan, Jim Peterik

Ceremony of Innocence / Radioactive (2001)

0188Ceremony Of Innocence










なんと来年(2015年)にまさかの4作目がリリースされるらしいトミー・デナンダーのメロハー/AORプロジェクト、レディオアクティヴの1stアルバムです。時に賞讃を込めて、時に揶揄を込めて「スウェーデンのルカサー」などと言われるトミー・デナンダーですが、本作ではルカサー以外の新旧TOTOのメンバーを総動員!他にもアメリカ、スウェーデンのミュージシャンが多数参加しています。全て紹介すると大変な字数になるので主なところだけあげておくと、まずボーカルにジェフ・パリス、ボビー・キンボール、ジョセフ・ウィリアムス、ファーギー・フレデリクセン、ジェイソン・シェフ、アレックス・リガートウッド、イエア・ロニング、フィー・ウェイビル、ジム・ジットヘッドetc、キーボードにはデヴィッド・ペイチ、デイヴィッド・フォスター、ランディー・グッドラム、マッツ・オラウソンetc、ギターにはマイケル・トンプソン、ブルース・ガイチetc、ベースはマイク・ポーカロ、デヴィッド・ハンゲイト、ニール・スチューベンハウス、エイブラハム・ラボリエルetc、ドラムはジェフ・ポーカロ、マーカス・リリィクイスト、ヴィニー・カリウタetc。数多くのプロジェクトに関わっているトミー・デナンダーですが、メンツの豪華さではこのレディオアクティヴがダントツなんではないでしょうか。

曲調はAOR寄りのメロディアスなハードロックといったものが多く、トミー・デナンダーお得意の路線だと思います。いや~、それにしても歌も演奏もため息が出るほどみんな上手い。当たり前なんですが。特に、ポーカロ兄弟がリズム・セクションを担当している曲は、ついリズムにばっかり耳が行ってしまいます。楽曲の完成度も高く、これはもう文句の付けようがないアルバムです。リリースは2001年ですが、ジェフ・ポーカロは1992年に亡くなっているので、レコーディング自体は91~92年に行なわれたようです。15ヶ所ものレコーディング場所がクレジットされていることから、顔を合わせてのレコーディング・セッションは行なわれず各地で録ったパートごとのトラックをミックスしていることが分かりますが、これも考えただけで気の遠くなるような作業です。

なお、2013年にEscape Musicから、レディオアクティヴの1st~3rdにそれぞれボーナス・トラック2曲ずつを追加したリイッシュー3枚組Legacy が発売されています。本作Ceremony of Innocence は「re-work and re-mix」と記されており、一部の曲ではリード・ボーカルやバック・ボーカルが差し替えられているようです。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. The Story Of Love (Tommy Denander)
02. Crimes Of Passion (Tommy Denander, Bobby Kimball)
03. On My Own (Tommy Denander, Jonna Söderlund, Fergie Frederiksen)
04. Grace (Tommy Denander, Ricky B. Delin)
05. Waiting For A Miracle (Tommy Denander, Ricky B. Delin)
06. L. A. Movies (Tommy Denander, Ricky B. Delin)
07. Ceremony Of Innocence (Tommy Denander, Fergie Frederiksen)
08. Liquid (Tommy Denander)
09. Haunt Me Tonight (Richard Marx, Bruce Gaitsch, Fee Waybill)
10. A Case Of Right Or Wrong (Tommy Denander, Fee Waybill)
11. Silent Cries (Tommy Denander)
12. When You're In Love (Tommy Denander, Bobby Kimball)
※日本盤&Legacyボーナス・トラック
13. Remember My Conscience (Tommy Denander, Jonna Söderlund)
Legacyボーナス・トラック
14. Shooting Stars (Tommy Denander, Robert Hart)

Producer - Tommy Denander



Northern Light / Northern Light (2005)


0125Northern Light










ノルウェーのギタリスト、トール・タッレの主宰するメロハー/AORプロジェクトの第一作。日本盤ライナーノートによると、トール・タッレのデモを聴いたStreet Talkのフレドリック・バーグがMTMレーベルに彼を紹介し、プロジェクトの始動となったとのことです。本作にはそのフレドリック・バーグもキーボードで参加している他、曲ごとに異なる7人のボーカリストが歌っているのが注目されます。ピーター・スンデル(Grand Illusion)、トニー・ミルズ(Shy、TNT)、キモ・ブロム( Urban Tale、Heartplay)、ファーギー・フレデリクセン(TOTO)、ミカエル・アーランドソン(Last Autumn's Dream)、ロブ・モラッティ( Moratti、Final Frontier)、そしてノルウェー人ボーカリストのペルサという陣容です。筆者はペルサという人は知らないのですが、ボーカル陣に共通しているのはハイトーンで繊細なタイプということ。そんなこともあって、曲ごとにボーカルが違っても極端な違和感はありません。また、主宰者トール・タッレのギターも線が細くコシのない音なので、全体としてアルバム丸ごと涼しげで爽やかな印象です。楽曲もかなりの水準で、北欧メロディアスハードを好む人なら、そのイメージを裏切らないアルバムだと思います。たまに歌メロや曲の展開に、「あれっ?」という不自然さを感じるのがマイナス・ポイントかな~。なおバックを勤めるバンドのメンバーはノルウェーのミュージシャン達です。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. I Will Follow You (Tor Talle)
   Peter Sundell - lead and backing vocals
   Tor Talle - guitars, keyboards
   Jango Nilsen - drums
   Rune Gandrud - bass
   Egil Orvedal - keyboards
02. Don't Turn Away (music: Tor Talle, words: Tor Talle, Jørn Lande)
   Peter Sundell - lead and backing vocals
   Tor Talle - guitars
   Jango Nilsen - drums
   Roger Allan Ivin - bass
   Egil Orvedal - keyboards
03. While There Still Time (Tor Talle)
   Tony Mills - lead and backing vocals
   Tor Talle - guitars
   Jango Nilsen - drums
   Rune Gandrud - bass
   Egil Orvedal - keyboards
04. Still My Hero (music: Tor Talle, words: Kimmo Blom)
   Kimmo Blom - lead and backing vocals
   Tor Talle - guitars, bass
   Jango Nilsen - drums
   Egil Orvedal - keyboards
05. When I Close My Eyes (Tor Talle)
   Tony Mills - lead and backing vocals
   Tor Talle - guitars, bass
   Jango Nilsen - drums
   Egil Orvedal - keyboards
06. Rain Of Tears (Tor Talle)
   Persa - lead and backing vocals
   Tor Talle - guitars, bass, keyboards
   Jango Nilsen - drums
07. Eye To Eye (music: Tor Talle, words: Fergie Frederiksen, Tor Talle, Rick Barron)
   Fergie Frederiksen - lead and backing vocals
   Tor Talle - guitars
   Jango Nilsen - drums
   Roger Allan Ivin - bass
   Fredrik Bergh - keyboards
   Egil Orvedal - keyboards
   Rick Barron - backing vocals
08. High Above The Sky (music: Tor Talle, Terje Eide, words :Terje Eide)
   Rob Moratti - lead and backing vocals
   Tor Talle - guitars
   Jango Nilsen - drums
   Roger Allan Ivin - bass
   Egil Orvedal - keyboards
09. Lay Down Your Defences (music: Tor Talle, Fredrik Bergh, words: Tor Talle, Kimmo Blom)
   Kimmo Blom - lead and backing vocals
   Tor Talle - guitars
   Jango Nilsen - drums
   Fredrik Bergh - keyboards
   Rune Gandrud - bass
   Marianne Hagen - backing vocals and adlibs
10. Living On A Lie (music :Tor Talle, words :Peter and Jack Sundell)
   Peter Sundell - lead and backing vocals
   Tor Talle - guitars
   Jango Nilsen - drums
   Rune Gandrud - bass
   Egil Orvedal - keyboards
11. The Story Lives On (Tor Talle)
   Mikael Erlandsson - lead and backing vocals
   Tor Talle - guitars, keyboards
   Jango Nilsen - drums
   Rune Gandrud - bass
12. Wherever You Go (Tor Talle)
   Persa - lead and backing vocals
   Kimmo Blom - backing vocals
   Tor Talle - guitars, bass
   Jango Nilsen - drums
   Egil Orvedal - keyboards
13. Always Be The One [bonus]

Producers - Kjetil Nesheim

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ