メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

ピーター・デ・ウィント

No Substitute / Affair (2002)

0288No Substitute










ボビー・アルトヴェイター(Gt)を中心としたドイツのメロディアスHR/HMバンド、Affair(アフェアー)の5年ぶりの2ndアルバム。前作の時点では実質的にはプロジェクト的グループだったようですが、本作はバンド編成となってレコーディングされています。ボーカルは引き続きベルギー出身のピーター・デ・ウィント(ex-Mystery)。他はベースにはBonfireのウーヴェ・コーラー、ドラムにはボビー・アルトヴェイターと共にCherry Moonにも参加していたミッヒ・シュワッガー、キーボードにはEternal Flame、Bonfireのトーマス・シュトレック。彼はボビーがプロデュースしたSerumでプレイした経歴もあります。ゲストのバッキング・ボーカルの中にはBrunorockことブルーノ・クレーラーの名前もありますが、彼のアルバムにもボビーが参加。というように、ボビーと関わりのあるミュージシャンで固められたラインナップです。

このバンド、硬質なメロディック・メタル寄りのサウンドとメロディアスな楽曲が特徴ですが、本作では1stにも増して充実した内容になっています。暑苦しく男臭く、勇壮に歌い上げるピーター・デ・ウィントの歌唱と、ジョージ・リンチに通じる薄刃のカミソリのようなボビー・アルトヴェイターのギターが絡み合う様は絶品です。固定メンバーが揃って、バンドらしさが感じられるのも好印象。残念ながらこのアルバム以後新作のリリースがないので、おそらくバンドは分解したものと思われます。ボビーのほうはBrunorockやSam Alexのアルバム等で活動継続していますが、ピーター・デ・ウィントは音沙汰無しで淋しい限り。忘れられるにはもったいないボーカリストだと思います。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. No Substitute
02. Get Going
03. Inside Out
04. Return Forever
05. Life On A Wire
06. Magic Radio
07. Game Of Love
08. Keep Me Alive
09. Back In The Race
10. Fire Still Burning
11. Why, Why
12. Smile On Your Face (Japanese bonus track)

■Personnel
Peter De Wint - Lead Vocals
Bobby Altvater - Guitars, Vocals
Michi Schwager - Drums
Thomas Streck - Keyboards
Uwe Köhler - Bass

Brunorock - Backing Vocals

Producer - Bobby Altvater


Face to Face / Affair (1997)

0197Face to Face










ドイツのメロディアスHR/HMバンド、アフェアーの1stアルバム。1980年代から活動してきたバンドで、1997年にようやくデビュー盤のリリースに至ったということです。実質的にはギタリストのボビー・アルトヴェイターを中心としたプロジェクトらしく、ボーカルなどは流動的でしたが、本作はベルギーのミステリーのボーカリストだったピーター・デ・ウィントを迎えて制作されています。キーボードは、ボンファイアーやフロントラインでプレイしていたクリス・ラウスマン。以上の3人以外はゲスト・ミュージシャン扱いとなっています。

曲調はあまりポップではなく地味目ですが、メロディが印象的で好感が持てます。インストパートはメタル寄りで重厚。きっちり手堅いプレイで安心して聴けます。ピーター・デ・ウィントの暑苦しく大仰な歌唱も、こういう曲調・サウンドによく合っていると思います。タイトル曲#3"Face to Face"や#11"Heart of Rock'n Roll"など、聴いているうちに冬でも暑くなるほど。爽やかじゃないメロハーの代表格って感じ。いや、褒めているのです。ボビー・アルトヴェイターのギター・ソロは出しゃばらず控え目ですが、センスの良さとテクニックの高さが十分に感じられます。生ギターの使い方も非常に上手く、心憎いばかり。この人、リフ作りの才能もかなりのものです。総じて、あまり一般受けしそうもないアルバムですが、メロハー・ファン、特にヨーロピアン・メロハー好きなら聴いて損はない好盤でしょう。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. My Life (Bobby Altvater, Alex Hofer, Peter De Wint)
02. Changes (Bobby Altvater, Alex Hofer)
03. Face to Face (Bobby Altvater, Alex Hofer, Peter De Wint)
04. Fantasy Girl (Bobby Altvater, Alex Hofer)
05. Call of the Wild (Bobby Altvater, Alex Hofer, Werner Wenninger, Chris Lausmann)
06. Love Never Dies (Bobby Altvater, Alex Hofer)
07. 4TXY (Bobby Altvater)
08. Too Shy (Bobby Altvater, Werner Wenninger)
09. Free'N Easy (Bobby Altvater, Alex Hofer)
10. Wish You Were Here (Bobby Altvater, Mani Gruber)
11. Heart of Rock'n Roll (Bobby Altvater, Werner Wenninger)
12. Day by Day (Bobby Altvater)
13. Peedee's Bloopers (Bobby Altvater)

■Personnel
Peter De Wint - lead & backing vocals
Bobby Altvater - all guitars, bass on track 10, lead vocals on track 12, backing vocals
Chris Lausmann - keyboards, programming

Wenz Wenninger - bass
Ralf Kugler - drums
Zamp Jomrich - drums on tracks 8, 11, backing vocals
Alain Guy - keyboards on tracks 8, 11
Alex Hofer - backing vocals
Mani Gruber - backing vocals
Wolfi Varda - backing vocals
Claudia Haas - backing vocals
Dan Lucas - backing vocals
Mani Stürner - backing vocals
Astrid Stürner - backing vocals

Producer - Bobby Altvater

Backwards / Mystery (1994)

136Backwards










ベルギーのハードロック・グループ、ミステリーの2ndアルバム。1stからメンバー・チェンジし、5人のメンバーのうちリーダーでボーカルのピーター・デ・ウィントと、ドラムのクリス・デ・ブローウェルだけが残り4人体制になっています。また本作はハーレム・スキャーレムのハリー・ヘスとピート・レスペランスがプロデュースにあたっており、そこがなんと言っても注目点でしょう。ハリー・ヘスはレコーディング作業とミックスまで手がけ、おまけにハモンド・オルガンで演奏に加わっています。ピート・レスペランスも2曲ほどギターで参加しています。ハーレム・スキャーレムの2人がこれだけ深く関与した結果、ミステリーのサウンドは大幅に変わりました。装飾的キーボードはばっさり削除されて、ソリッドなギター中心の引き締まったサウンドとなっています。曲調もハーレム・スキャーレム風ハードロックになりました。ピーター・デ・ウィントはますます力んで青筋立てており、なんだかハーレム・スキャーレムをバックにグラハム・ボネットが歌ってるみたいな、そんな感じです。

小太りでピラピラ・ゴテゴテした格好をしたダサいけど気のいい兄ちゃんが、しばらく見ないうちにジムに通って肉体改造し、センスのいいスーツを着こなしたイケメンになってた。筆者としては、まあそういう印象です。いや、それは悪いことじゃないんだけど、なんか寂しい。あの微妙に野暮ったいポップさ加減が無くなってしまったのが寂しいのです。。。それはともかく、ミステリーはこのアルバムを最後に解散(消滅?)、ピーター・デ・ウィントはドイツのアフェアーというバンドに加入することになります。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Runaway
02. Burnin Up
03. Call of the Whale
04. Paradise
05. Stranger
06. You and I
07. No More Tears
08. Talk to Me
09. Smile
10. Time
11. Everything to Me
12. Liquid Darkness
13. Sarajevo
All songs written by Mystery

■Personnel
Chris De Brauwer - Drums
Peter De Wint - Lead and backing vocals
Joris Holderbeke - Bass
Claude Cansse - Guitar

Karel Van Marcke - Additional keyboards
Harry Hess - B3 organ
Pete Lesperance - Guitars on "Burnin Up" and "You and I"
H-Square - Backing vocals

Producer - Harry Hess/Pete Lesperance/Peter De Wint 

 

Break Away / Terra Nova (1997)

0109Break Away
オランダのメロハー・グループ、テラ・ノヴァの2ndアルバム。音楽性は1stと同様、明るく爽快なハード・ポップです。このバンドはなんと言っても、そのポップでキャッチーなメロディが特色なわけですが、本作でも冒頭から#1"Break Away"、#2"Those Were The Days"、#3"Wasting Time"、#4"City Lights"と4連発でその魅力を炸裂させています。ポップス黄金時代の60~70年代初めのバブルガム・サウンドやダンヒル・サウンドを髣髴とさせるような、全くもって能天気でポジティブなメロディにメロメロにされてしまいます。フレッド・ヘンドリックスの歯切れ良い歌声、ジェスィーノ・デローザスの歌心あるギターも相変わらずの気持ち良さ。

音楽性とサウンドに大きな変化はないものの、本作ではロン・ヘンドリックスのキーボードが前作以上にフィーチャーされているのが目立ちます。特にオルガンが多用されて、その流れるようなフレーズが楽曲をより軽快なものにしています。メロハーでのキーボードの使い方は、たいていはあってもなくてもいいような装飾的なもので、むしろうるさく感じることも多いのですが、このバンドに関しては不可欠なパートとしての位置づけを持っています。ロン・ヘンドリックスは、このアルバムではソング・ライティングにも一部関与し、ストリングス・アレンジも担当するなど、存在感がぐっと増しているように思います。

プロデュースは1st同様フレッド・ヘンドリックスが自ら行っています。なお、additional musicianとして隣国ベルギーのピーター・デ・ウィント(Mystery、Affair)がクレジットされていますが、おそらくバッキング・ボーカルで参加しているのだろうと思います。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Break Away
02. Those Were The Days
03. Wasting Time
04. City Lights / The Nocturnal Silence
05. Only For You
06. Right Now
07. I Keep On Dreaming
08. Holding On
09. Losing Sleep
10. Two Days Of Heaven's Paradise
11. The Real Thing
12. Not Here With Me
All tracks written by Fred Hendrix, except 4 written by Ron Hendrix, 6 Fred Hendrix & Ron Hendrix
String arrangements by Ron Hendrix

■Personnel
Fred Hendrix - lead vocal, guitar
Gesuino Derosas - lead guitar, backing vocal
Lars Beuving - drums, backing vocal
Ron Hendrix - keyboards, organ, grand piano, backing vocal
Lucien Matheeuwsen - bass guitar, backing vocal 

additional musicians - Tom Salisbury, Peter de Wint, Piet Van den Heuvel
The Galaxy String Orchestra conducted by Joris Van den Hauwe

Producer - Fred Hendrix 

Mystery / Mystery (1991)

0100Mystery
ベルギーのメロハー・バンド、ミステリーの1stアルバム。ベルギーのハードロックやメタルっていうのも中々イメージ湧きませんけれども、MausoleumというHR/HM専門レーベルもあって、それなりの数のバンドはいるようです。このミステリーの中心人物でボーカリストのピーター・デ・ウィントは、80年代初期からMausoleumレーベルのCrossfire、Ostrogothというパワー・メタル系バンドを渡り歩いてきた経歴の持ち主です。本作に参加しているクリス・デ・ブローウェル(Kris De Brauwer)はCrossfire、Chris TaerweはOstrogothのメンバーでもありました。なお、ピーター・デ・ウィントは、ミステリーで2枚のアルバムをリリースした後ドイツのAffairに迎えられることになります。

さて、ゴリゴリのメタルをやっていた人たちの割には、このアルバムはまるっきりメロディアスなポップ・メタル。これが微妙に野暮ったいんです。1991年でこの80年代風キラキラ・キーボードはないでしょ。タリスマン、ハーレム・スキャーレム、フェア・ウォーニング、ネルソン、ハートランド、みな91年前後に1stアルバムが出ているけれど、こんなキーボードの使い方してないもんな。それから、メタル・シンガーの地が隠しきれない暑苦しく力みかえったボーカル。なんかね、ラウドネスの人とか、バウワウの人みたいな声の出し方とビブラートなんです。嫌いじゃないけど、ちとダサい。でもね、そういう野暮ったさがまた魅力なんです。「メタルは卒業だぜ!もっと洗練されたメロハーやるぜ!」と意気込んでもこの音になるのがイイんです。けなしているのではありません。そしてなにより、このアルバムにはメロハーの王道を行くようなメロディの素晴らしさがあるのです。バンドのテーマソング的な#1"The Land Of Mystery"の高揚感がまず秀逸。#6"Keep On Rollin'"、#9"Fight For Your Life"、#11"Wonderland"もワクワクする高揚感に溢れています。ヨーロッパのバンドらしい叙情性を感じさせる#2"Please Don't Leave Me Now"、一番ジャパメタみたいな#4"Heart On Fire"もいい。#5"We Are United"や#7"One Way To Rock"、#12"Fata Morgana"などはサビを大声で一緒に歌いたくなる最高にキャッチーなメロディ。そして優しさに満ちた#8"Forever"、#10"Stronger Than Ever"なんていうバラードも用意されています。メロハー者が思わずニッコリしてしまう、隅から隅までアンコの詰まった鯛焼きのようなアルバムだと思います。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作 
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。


■Tracks
01. The Land Of Mystery (Peter De Wint, Chris Taerwe)
02. Please Don't Leave Me Now (Peter De Wint, Chris Taerwe)
03. Eclipse (Chris Taerwe)
04. Heart On Fire (Peter De Wint, Chris Taerwe, Geert Annys)
05. We Are United (Peter De Wint, Chris Taerwe, Geert Annys)
06. Keep On Rollin' (Peter De Wint, Chris Taerwe)
07. One Way To Rock (Peter De Wint, Chris Taerwe, Geert Annys)
08. Forever (Peter De Wint, Chris Taerwe)
09. Fight For Your Life (Peter De Wint, Chris Taerwe, Geert Annys)
10. Stronger Than Ever (Peter De Wint, Chris Taerwe)
11. Wonderland (Peter De Wint, Chris Taerwe)
12. Fata Morgana (Peter De Wint, Chris Taerwe, Geert Annys)

■Personnel
Peter De Wint - Vocals
Geert Annys - Guitar
Philip Dewilde - Bass
Chris Taerwe - Keyboards
Kris De Brauwer - Drums

Producer - Peter De Wint 

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ