メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

ビョルン・ローディン

BaltimooreⅢ Double Density / Baltimoore (1992)

0297Double Density











ビョルン・ローディン率いるBaltimooreの3枚目のアルバム。本作から相方としてブルガリア人のニコロ・コツェフが迎えられています。後にBrazen Abbotで活躍する凄腕ギタリストですね。音のほうは、煮え切らないZep風なものから、スピードとキレを重視したスタイリッシュなハードロックへと一新されました。前身バンドのSix Feet Underの路線へと先祖帰りしたのかというとそうではありません。あれはモロにDeep Purpleでしたが、今度はRainbowスタイルです。ニコロ・コツェフの書いた曲はもちろん、アレンジとプロデュースにニコロさんが加わっているせいかビョルン・ローディンの曲もそっちに寄っています。ボーカルは相変わらずロバート・プラントのまんまなので、ちょっと面白いサウンドになってますね。

特筆すべきはやはりニコロ・コツェフのギターで、アーミング、タップ、スウィーブを駆使して凄まじいまでのプレイを聴かせます。Brazen Abbotの時よりもむしろ好き勝手に弾きまくっている印象です。#7"Snakefight "なんていうギター・インスト曲まで収録されています。ただ、インストだとあまり面白くないのが不思議です。それから、ドラムはジェイミー・ボーガーでこれがまた上手い。バンドの音の安定感とスリリング感の両立に大きく寄与していると感じました。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. My Kind of Woman (Kotzev, Lodin)
02. Do Another (Lodin)
03. Never Gonna Let You In (Kotzev, Lodin)
04. Pain & Pleasure (Lodin)
05. Hello Again (Lodin)
06. Love Me or Leave Me (Kotzev, Lodin)
07. Snakefight (Kotzev)
08. Outdo (Lodin)
09. 'Til the End of Day (Lodin)
10. Wish I Could Do Better (Kotzev, Lodin)
11. Bite By Bait (Kotzev, Lodin)
12. My Blue Moon (Larsson, Hjalmarsson)

■Personnel
Björn Lodin - vocals
Nikolo Kotzev - guitars, keyboards
Koko & Weine Johansson - bass
Jamie Borger - drums

Producer - Björn Lodin, Nikolo Kotzev

Freak / Baltimoore (1990)

0234Freak










「スウェーデンのロバート・プラント」、ビョルン・ローディン率いるBaltimooreの2nd。バンド名義となっていますが、ジャケットから伺えるように実質彼のソロ作品のようです。演奏とプロデュースはほぼ前作と同じメンツですが、Six Feet Underからビョルン・ローディンと活動してきたトーマス・ラーソンは本作には参加していません。前作ではトーマス・ラーソンがかなりソング・ライティングに関わっていましたが、今回は曲のほとんどをビョルン・ローディン単独で書いており、一部がギターのシュテファン・ベリストロムとの共作となっています。音のほうは前作とやや傾向が変わってハードポップ色は薄れ、AOR風、SSW風、またファンキーなものなどバラエティ豊かになっています。好き勝手にやっている感じはいかにもソロ作です。ただ、やはりツェッペリン風味というか、ロバート・プラントのソロ・アルバム的というか、それが全体を貫いているのは前作と同様です。ソフト目なサウンドなんですが、中々に味わい深いものがあります。もろツェッペリンの#2"Kahlua Confusion"、#6"Straight Line"とか、特にカッコいいです。どことなく"Stairway to Heaven"を思わせる#5"Without You"も、この人の「ツェッペリン愛」が感じられてイイです。ラストのビートルズの#10"Oh Darling"だけはつまらない。一曲だけ浮いちゃってるし、なんで入れたんだろう?選曲ミスじゃないかなぁ。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Memories Calling (Lodin)
02. Kahlua Confusion (Lodin)
03. Dying Alone (Lodin)
04. Don't Stop Running (Lodin, Bergström)
05. Without You (Lodin)
06. Straight Line (Lodin, Bergström)
07. Day To Come (Lodin)
08. What It Is (Lodin)
09. Fly So Gently (Lodin, Bergström)
10. Oh Darling (Lennon, McCartney)

■Personnel
Bjorn Lodin - lead vocals
Jenny Wikström - bass, backing vocals on 10
Rolf Alex - drums, percussion, backing vocals on 10
Mats Olausson - organ, keyboard
Stefan Bergström - guitar, mandolin
Micke Andersson - backing vocals except on 10
Ulf Wahlberg - strings on 9

Anders Gustavsson - saxophone on 1
Jalle Lorensson - harmonica on 7
Mats Glenngård - violin on 3

Producer - Rolf Alex
Executive Producer - Ulf Wahlberg, Bjorn Lodin

There's No Danger on the Roof / Baltimoore (1988)

0190There's No Danger on the Roof










スウェーデンのメロディアス・ハードロック・バンド、バルチモア(Baltimoore)の1stアルバム。バンドと言っても、元シックス・フィート・アンダー(Six Feet Under)のボーカリスト、ビョルン・ローディンのソロ・プロジェクトのようです。この人、ロバート・プラントをちょっとハスキーにしたような声で、歌い方もよく似ています。本作の中にはツェッペリンを思わせる楽曲もありますが、基本的にブルース色の強いハード・ポップといった印象です。北欧スウェーデンのキラキラ感より、イギリス的な陰りを感じさせるのが面白いと思います。演奏のほうもしっかりしており、特にギターはテクニカルかつブルージーでカッコいいです。ビョルン・ローディンのクセのある声質と歌唱が苦手な方もいそうですが、筆者はOKだったので結構楽しめました。

主なバンド・メンバーは、ABBA等でプレイしてきたロルフ・アレックス(ds、key)。本作のプロデュースも担当しています。それから、シックス・フィート・アンダーでもビョルン・ローディンと一緒だったトーマス・ラーソン(ラーション)(gt)。後にグレン・ヒューズ・バンドに加わる人です。シュテファン・ベリストロム(gt)、この人は後にアルフォンゼッティに参加。ピアノとオルガンでクレジットされているマッツ・オラウソンは、ご存知イングヴェイ・マルムスティーン・バンドで活躍することになる鍵盤奏者。キーボードとストリングス、そしてエグゼクティヴ・プロデューサーのウルフ·ヴァールベリは、スウェーデン音楽界で数多くの仕事をしているプロデューサー、ソングライター。ラスト・オータムズ・ドリームのアルバムでもクレジットされています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. My Blue Moon (Larsson, Hjalmarsson)
02. Can't Get You Out Of My Mind (Larsson, Hjalmarsson)
03. Dance, Dance (Larsson, Hjalmarsson)
04. Hey Bulldog (Lennon, McCartney)
05. Rain (Lodin)
06. Ballerina (Lodin)
07. ...In Love (Lodin)
08. The Blues Is Just The Same (Wahlberg)
09. Little Bye (Lodin)
10. Happy Times (Lodin)

■Personnel
Bjorn Lodin - lead vocals

Rolf Alex - drums, keyboards, machines
Stefan Bergström - acoustic guitar
Thomas Larsson - acoustic and electric guitar
Lasse Jonsson - guitar
Mats Olausson - organ, piano
Ulf Wahlberg - keyboards, strings and string arrangement
Ulf Widlund - bass
Anders Åström - bass
Micke Andersson - backing vocals
Mikael Rickfords - backing vocals
Ronny "Dunderburk" Lahti - backing vocals

Producer - Rolf Alex
Executive Producer - Ulf Wahlberg

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ