メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

ビョルン・ネーショ

Till Next Time / TNT (1996)

0245Till Next Time










バンド解散後の1996年に日本で企画・編集されたTNTのベスト・アルバム。2ndKnights of the New Thunder 、3rdTell No Tales、4thIntuition から選曲された16曲に加え、Intuition 国内初版(来日記念盤)ボーナストラックの"Electric Dancer"と、ライブビデオForever Shine On - Japan Live (1989年8月新宿厚生年金)から"Tonight I'm Falling"、"Take Me Down (Fallen Angel)"の2曲、合計19曲収録とかなりボリュームのあるベスト盤です。いわば黄金期の3作品の中から、日本人リスナーの好みをよく知る日本のレコード会社が選曲したわけですから、内容の面でも納得のいくアルバムとなっています。さらに、ライブ音源は音質もそれなりでオマケ的なものですが、レア・トラック"Electric Dancer"の収録はポイント高いです。腰の強いシャッフル・ビートとキラめくメロディが絶品で、メロハー・ファンにとっては聴かなきゃ損と思えるくらいの良い曲なのに、正規版Intuition になぜ入ってなかったか理解できません。総じて、今までこのバンドをあまり聴いたことがないけどちょっと興味がある、というようなリスナーには最適のアルバムだと思います。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. 10,000 Lovers (In One) (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø, Diesel Dahl)
02. Intuition (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø)
03. As Far As The Eye Can See (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø)
04. Tonight I'm Falling (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø)
05. Everyone's A Star (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø)
06. Take Me Down (Fallen Angel) (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø)
07. Seven Seas (TNT)
08. Tell No Tales (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø, Diesel Dahl)
09. Forever Shine On (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø, Morty Black)
10. Break The Ice (Diesel Dahl, Tony Harnell, Dag Ingebrigtsen)
11. Listen To Your Heart (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø)
12. Last Summer's Evil (Ronni Le Tekrø, Tony Harnell, TNT)
13. Caught Between The Tigers (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø)
14. Knights Of The Thunder (Diesel Dahl, Tony Harnell, TNT)
15. Sapphire (Ronni Le Tekrø)
16. End Of The Line (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø)
17. Electric Dancer (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø)
18. Tonight I'm Falling [live] (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø)
19. Take Me Down (Fallen Angel) [live] (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø)

■Personnel
Tony Harnell – vocals
Ronni Le Tekrø – guitars, guitar synthesizer, 1/4 stepper guitar
Morty Black – bass guitar, pedal synthesizer
Diesel Dahl – drums, percussion
Kenneth Odiin – drums, percussion

Producer - Bjørn Nessjø
 

Intuition / TNT (1989)

0080Intuition
Intuition はノルウェーのHR/HMグループTNTの4thアルバム。TNTの代表作であると同時にメロディアス・ハードロックの名盤中の名盤として、リスナーの間では評価の定着している作品でしょう。リリースから四半世紀近く経過した現在の耳で聴いても、バンドのパフォーマンスはもちろん、サウンド・プロダクション(ビョルン・ネーショ)の面でも全く古さを感じさせない最高水準の仕上がりだと思います。ロニー・ル・テクロのギターの「変態度」とトニー・ハーネルのボーカルのエモーショナル度も最高潮に達しています。特にタイトル曲"Intuition"と"Tonight I'm Falling"は、楽曲・アレンジ・演奏・歌唱・プロダクションが精緻にかみ合い、奇跡的なほどの透明感とリリシズムが横溢しています。この2曲については、メロディアス・ハードロックの金字塔、不朽の名曲、どんなに賞賛の言葉を並べても追いつかない素晴らしさだと筆者も思っています。ただし、収録されている全ての曲が名曲かというとそれは疑問に感じるし、曲順ももっと工夫の余地があるのではないかと思ってしまうので、1枚のアルバムの評価としては前作Tell No Tales のほうに筆者は軍配を上げます。

アルバムは荘厳な#1"A Nation Free (Intro)"で幕を開け、続く#2"Caught Between the Tigers"はちょっと変わった雰囲気のミドル・テンポの曲。ロニーの奇妙キテレツなギター・ソロが印象的です。#3"Tonight I'm Falling"は冒頭に書いたようにこのアルバムのハイライトの一つとなっているハード・ポップ曲。気恥ずかしくなるほどロマンチックな歌詞とメロディが、いつ聴いても心を高揚させてくれます。ほんとに、ほんとにいい曲です。#4"End of the Line"は美しく切ないバラード。トニーの瑞々しい歌唱、ロニーのベック的突発性を想起させるギターが素晴らしいの一言です。#5はいよいよタイトル曲"Intuition"、ハード・ポップの名曲中の名曲。これほど心を揺さぶるメロディ、歌唱、演奏に出会えたことを音楽の神様に感謝したくなります。まさにパーフェクト!#6"Forever Shine On"はドラマチックでハードな佳曲。他のバンドでは中々こういう曲が見当たらない、非常に個性的な曲です。#7"Learn to Love"は再びロマンチックなハード・ポップ。"Tonight I'm Falling"、"Intuition"に次ぐメロディ・ラインの素晴らしさだと思います。次は問題の#8"Ordinary Lover"。何故このようなおふざけ的な曲を入れる必要があったのか。なぜ大して歌の上手くないロニーが歌っているのか。箸休め的な曲を挟むにしても、もっと他にやりようはあったのではないでしょうか。結果的にアルバムの完成度と品格を損なう、非常に残念な選曲だったと筆者は思ってしまいます。そんなこを考えてじくじくしていると、#9"Take Me Down (Fallen Angel)"は再びキャッチーなハード・ポップ。美しいボーカル・メロディと、対照的なヘンテコリンなギター・ソロ。これですよ、これ。この線でアルバム全体をまとめてほしかったな。最後は#10"Wisdom"。ドラマチックではあるけれど、やや陰鬱で心からは楽しめない曲でした。他にラストを飾る曲はなかったのかな。。。なんだか残念でなりません。

最後にレコーディング・ラインナップについて。ロニー・ル・テクロ(gt)、トニー・ハーネル(vo)、モーティ・ブラック(ba)は前作と同じですが、ドラムはディーゼル・ダールからケネス・オディーンにチェンジしています。キーボードのKjetil Bjerkestrandはシェティル・ビェルケストランと読むようです。ノルウェーでは結構有名なピアノ&オルガン奏者、作曲家らしく、ロック、ジャズから映画音楽、クラシックまで幅広く活躍しています。また、バッキング・ボーカルにジョー・リン・ターナーがクレジットされていますが、筆者にはどこで彼が歌っているのかはっきり聴き取れませんでした。。。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. A Nation Free (Intro)
02. Caught Between the Tigers
03. Tonight I'm Falling
04. End of the Line
05. Intuition
06. Forever Shine On
07. Learn to Love
08. Ordinary Lover
09. Take Me Down (Fallen Angel)
10. Wisdom
All songs written by Tony Harnell & Ronni Le Tekrø except 6 by Tony Harnell, Ronni Le Tekrø & Morty Black

■Personnel
Morty Black – bass, pedal synthesizer
Kenneth Odiin – drums, percussion
Ronni Le Tekrø – all guitars, 1/4 stepper guitar, lead vocals on "Ordinary Lover"
Tony Harnell – lead & background vocals

Kjetil Bjerkestrand – keyboards
Joe Lynn Turner – background vocals

Producer - Bjørn Nessjø

 


 

Tell No Tales / TNT (1987)

0073Tell No Tales
ノルウェーのHR/HMグループTNTの3rdアルバムTell No Tales 。これは名盤以外の何物でもありません。続く4thIntuition もまた名盤の呼び声が高く筆者も異論はありませんが、あちらは超名曲が入っている代わりに「?」な曲もまたあり、アルバムのトータルとしては、全曲名曲のTell No Tales のほうが好みです。いずれにしても、この3rdと4thがTNTの絶頂期の双璧をなす作品であることは衆目の一致するところとなっているようです。チャート的にはノルウェー本国で1位、アメリカで100位と、Intuition をしのいで彼らのアルバムの中ではもっとも上位を記録しています。レコーディング・メンバーは前作Knights Of The New Thunder と変わらず、トニー・ハーネル(vo)、ロニー・ル・テクロ(gt)、モーティ・ブラック(ba)、ディーゼル・ダール(dr)、プロデュースも1st、2ndに引き続きビョルン・ネーショ(Bjørn Nessjø 発音が正しいか不明)となっています。

同じメロハーと言っても、前作がヘヴィ・メタル色が強く、またいまだに垢抜けなかったのに比べ、本作はすっきりとしたハードポップ的な曲調がメインとなっています。サウンドを反映してジャケットもポップ。みんなどこかの王子様のようです。前作のアレとはえらい違いです。それはともかく、このアルバムは全編とにかく美しい。メロディも、トニー・ハーネルのハイトーン・ボーカルも、ロニー・ル・テクロのテクニカルなギター・ソロも、全てがうっとりするほど美しいのです。そしてビョルン・ネーショのサウンド・プロダクションも(Intuition には及ばないものの)良好で、このアルバムを北欧クリスタル・サウンドを代表する1枚たらしめるのに大きく貢献しています。

ハードなリフとキャッチーなメロディの#1"Everyone's a Star"でツカミはOK、続く#2"10,000 Lovers"はノルウェーのシングル・チャート2位となったロマンチックなポップ・ソング。#3"As Far as the Eye Can See"は歌メロもギターソロも完璧なまでに美しいスピード・チューン。ここまで一気に息をつかせぬ展開の後、驚異的なロニー・ル・テクロのギター・インストゥルメンタルの小品#4"Sapphire"を挟んで、クラシカルなメロディが美し過ぎる至高のスロー・バラード#5"Child's Play"で一息つきます。再びアコギによるインストゥルメンタル曲#6"Smooth Syncopation"に続き、爽やかなハード・ポップ#7"Listen to Your Heart"。ここでのロニーのキテレツなギター・ソロも聴き所です。#8"Desperate Night"はややヘヴィなミドル・テンポの哀愁系ナンバー。#9"Northern Lights"はタイトル通り冷涼なノルウェーの空気感を漂わせる美しいバラード。クライマックスへの緊張感を掻き立てるインスト#10"Incipits"に続いて、ラストを飾る#11"Tell No Tales"は意表をつく完璧なまでにヘヴィ・メタリックな疾走曲。トータル・タイムは30分そこそこと短いのですが、曲の配置も完璧で、ダレずに至福の時間を過ごせるアルバムに仕上がっています。 

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Everyone's a Star (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø)
02. 10,000 Lovers (In One) (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø, Morten "Diesel" Dahl)
03. As Far as the Eye Can See (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø)
04. Sapphire (Ronni Le Tekrø)
05. Child's Play (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø)
06. Smooth Syncopation (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø)
07. Listen to Your Heart (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø)
08. Desperate Night (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø)
09. Northern Lights (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø, Bjørn Nessjø)
10. Incipits (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø)
11. Tell No Tales (Tony Harnell, Ronni Le Tekrø, Morten "Diesel" Dahl)

■Personnel
Tony Harnell – vocals
Ronni Le Tekrø – guitars, guitar synthesizer
Morty Black – bass guitar, pedal synthesizer
Morten "Diesel" Dahl – drums, percussion

Håkon Iversen – background vocals
Bård Svendsen – keyboards and programming
Bjørn Nessjø – keyboards and programming
Carlos Waadeland – keyboards and programming

Producer - Bjørn Nessjø


Knights Of The New Thunder / TNT (1984)

0054Knights of the New Thunder

ノルウェーのHR/HMグループTNTの2ndアルバム。あまりと言えばあまりなジャケットなので、少し大きめでアップしてみました。音のほうはジャケと打って変わって素晴らしい出来栄えです。このアルバムからボーカルがアメリカ人のトニー・ハーネルに交代し、前作のドロっとしたB級メタル然としたサウンドから、ぐっと透明感のあるサウンドにチェンジしました。このアルバムも依然としてどこかイモ臭い印象は拭いきれない音ですが、同じバンドとは思えないほどのグレードアップぶりです。しかしそれにしても、このアルバムをリリースした1984年時点で、ロニー・ル・テクロもトニー・ハーネルもまだ21歳前後なわけで、サウンドに若々しさが漲ってるのがとてもいいです。

ライナーノートでは、前任者ダグ・インガーブリッツェンのレコーディング途中での解雇とトニー・ハーネル加入のいきさつ、ノルウェー国内に限られた活動からワールドワイドな活動(実質的にはアメリカ市場を意識したもの)へのステップアップについて書かれています。詳細は省略しますが、MSGを脱退したばかりのゲイリー・バーデンが新ボーカリストに決まりかけたところに、トニー・ハーネルのデモ・テープが届き、迷った末にバンドはトニーを選択したということのようです。その後の彼らのサウンドを考えると、透明感・清涼感に満ちたハイトーン・ボイスを持ち、音程も完璧なトニーを選んだことは、全く正しい選択だったと言えると思います。#8"U.S.A"とボーナス・トラックの#11"Eddie"は前作に収録されていた曲を再レコーディングしたもの。"U.S.A"のダサさはトニーが歌ってもあまり変わりませんが、"Eddie"は断然いい曲に聴こえます。おもしろいもんです。

ベースも交代しモーティ・ブラックが新たに参加しています。この後長年にわたってドラムのディーゼル・ダールと共にTNTのボトムを支えていくことになります。メンバー以外では、キーボードとバック・ボーカルでボード・スヴェンセン(Bård Svendsen)が参加しています。次作Tell No Tales の録音にも加わっているノルウェーのセッション・ミュージシャンです。プロデュースは前作に引き続きビョルン・ネーショ(Bjørn Nessjø 発音が正しいか不明)が担当しています。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Seven Seas (TNT)
02. Ready to Leave (Ronni Le Tekrø)
03. Klassisk Romance (Ronni Le Tekrø)
04. Last Summer's Evil (Ronni Le Tekrø, Tony Harnell, TNT)
05. Without Your Love (Tony Harnell, Dag Ingebrigtsen, Ronni Le Tekrø)
06. Tor with the Hammer (Dag Ingebrigtsen, Tony Harnell)
07. Break the Ice (Morten "Diesel" Dahl, Tony Harnell, Dag Ingebrigtsen)
08. U.S.A. (Gustav Alfheim, Tony Harnell, Dag Ingebrigtsen, Ronni Le Tekrø)
09. Deadly Metal (Gustav Alfheim, Ronni Le Tekrø, Tony Harnell)
10. Knights of the Thunder (Morten "Diesel" Dahl, Tony Harnell, TNT)
11. Eddie [Bonus] (Gustav Alfheim, Dag Ingebrigtsen)

■Personnel
Tony Hansen (Tony Harnell) – Lead & Harmony Vocals
Ronni Le Tekrø – All guitars
Morty Black – Bass & synthesizer
Diesel Scan-Dahl (Morten "Diesel" Dahl) – Drums & Percussion

Bård Svendsen – Keyboards & Harmony vocals

Producer - Bjørn Nessjø

TNT / TNT (1982)

0020TNT

ノルウェーのハードロック・バンドTNTの1st。TNTというとT.ハーネル加入後の3枚目のTell No Tales や4枚目のIntuition が有名ですが、透明感とリリシズムに満ちた「あの音」はここにはありません。ドタバタした耳障りなB級メタル全開。このアルバムでのTNTは、Intuition のTNTとは別のバンドととらえたほうがよいと思います。ボーカルはDag Ingebrigtsenという人ですが、音程も怪しく、妙にささやいたり突然叫んだりして、なんというか、お手上げです。曲もほとんどこの人が書いてい て、メロディアスでないどころか、えー、、、お手上げです。おまけに、歌詞がノルウェー語で耳に馴染みがないせいか、いっそう聴きづらい印象を持ってしま うのです。

さんざん貶してしまいましたが、ロニー・ル・テクロのギターだけはこの1stでも既にその変幻自在ぶりをチラリと覗かせていますので、全く聴く価値のない アルバムとは言えないとは思います。ドラムのディーゼル・ダールは、この1stからTNTのオリジナル・メンバーで、一時的にバンドを離れる時期はありま すが、TNTのドラマーと言えばやはりこの人でしょう。プロデュースはビョルン・ネーショ(Bjørn Nessjø 発音が正しいか不明)、同じノルウェーのStage Dollsなども手がけている人です。TNTは4作目のIntuition までこの人をプロデューサーとしてアルバムを制作することになります。

評価 ★☆☆☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Harley-Davidson (Dag Ingebrigtsen, Gustav Alfheim)
02. U.S.A. (Dag Ingebrigtsen, Ronni Le Tekrø, Gustav Alfheim)
03. Bakgårdsrotter (Dag Ingebrigtsen, Gustav Alfheim)
04. Etyde i fuzz-mål (Ronni Le Tekrø)
05. Eddie (Dag Ingebrigtsen, Gustav Alfheim)
06. Showet er i gang (Dag Ingebrigtsen, Gustav Alfheim)
07. Pirrende Irene (Dag Ingebrigtsen, Gustav Alfheim)
08. Mafia (Dag Ingebrigtsen, Ronni Le Tekrø, Gustav Alfheim)
09. Eventyr (Dag Ingebrigtsen, Gustav Alfheim)
10. Varmt & Hardt (Dag Ingebrigtsen, Gustav Alfheim)

■Personnel
Dag Ingebrigtsen – lead vocals and rhythm guitars
Ronni Le Tekrø – lead guitars
Steinar Eikum – bass guitar
Morten "Diesel" Dahl – drums, percussion

Producer - Bjørn Nessjø

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ