メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

トーマス・ヴィクストロム

Live and Learn / Brazen Abbot (1995)

0033Live and Learn

ブルガリア出身のギタリストであるニコロ・コツェフが、HR/HM界のスター達を集めて好きなようにアルバムを作ってしまうという夢のようなプロジェク ト、ブレイズン・アボットの第一作目。ボーカルにはグレン・ヒューズ、トーマス・ヴィクストロム、ヨラン・エドマンという名手3人が揃い踏み。脇を固めるのは、ヨーロッパのイアン・ホーグランド(Ds)とミック・ミカエリ(Key)、さらにインングヴェイ・マルムスティーンのバンドで活躍したスヴァンテ・ ヘンリソン(Ba)という豪華ラインナップです。一応、元ボルティモアという経歴はあるものの、ニコロさん本人が一番無名。。。しかし、無名な人が有名な人を集めまくるプロジェクトってたまに見かけますが、どういう風にして実現するんでしょうかね?アクセル・ルディ・ペルとかもそうだし。カネ?コネ?あ、ニコロさんはアクセルさんと違って、ギターの腕も曲作りの才能も一流なので、その点は心配いりません。ちなみに全ての曲がニコロ・コツェフの作曲で、歌詞はニコロ・コツェフの書いた数曲を除いて基本的に歌い手が書いています。また、アレンジ、プロデュース、ミックスも全部ニコロ・コツェフ自身で行っていま す。

肝心な音のほうですが、このアルバムに関して言うと「メロハー」というよりも70年代ハードロックの再現といった印象です。ニコロ・ コツェフのギターは、明らかにリッチーの影響を受けつつも、テクニックのゴジラ化には至っていないオーソドックスなものですし、パープル風、レインボー風 はもとより、もっと泥臭いブルージーなサウンドも聴かせてくれます。筆者のように60年代末から70年代の音を聴いて育った者には、思わずニヤリとさせら れる魅力があるのです。全曲とも拍手したくなるほど素晴らしい出来栄えです。ボーカルの3人は、それぞれに持ち味を発揮して唸らせますが、中でもヨラン・エドマンの歌う"Feeling Like a Rolling Stone"は、ハイトーンを抑えポール・ロジャース風の渋い歌唱を聴かせる出色の出来となっています。また、ラストの"Shadows of the Moon"はトーマス・ヴィクストロムの表現力の幅を見せ付ける曲で、リプリーズがまた70年代っぽくて泣かせます。

このアルバムが好評だったからかどうかは分かりませんが、このプロジェクトは現在に至るまで、ジョー・リン・ターナーやトニー・ハーネル、ヨルン・ランデまで動員して継続しています。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Extraordinary Child (Nikolo Kotzev, Göran Edman)
02. No Way Out of Nowhere (Nikolo Kotzev)
03. Live and Learn (Nikolo Kotzev, Glenn Hughes)
04. Russian Roulette (Nikolo Kotzev, Thomas Vikström)
05. Clean up Man (Nikolo Kotzev, Glenn Hughes)
06. When November Reigns (Nikolo Kotzev, Thomas Vikström)
07. Miracle (Nikolo Kotzev, Glenn Hughes)
08. Big Time Blues (Nikolo Kotzev)
09. Feeling Like a Rolling Stone (Nikolo Kotzev, Göran Edman)
10. Children of Today (Nikolo Kotzev, Thomas Vikström)
11. Shadows of the Moon (Nikolo Kotzev)

■Personnel
Nikolo Kotzev - Guitars, Keyboards, Pianos, Violin, Percussion

Glenn Hughes - Vocals on tracks 3, 5, 7
Thomas Vikström - Vocals on tracks 2, 4, 6, 8, 10, 11
Göran Edman - Vocals on tracks 1, 9
Ian Haugland - Drums
Mic Michaeli - Organ
Svante Henryson - Bass

Producer - Nikolo Kotzev

Money Never Sleeps / Covered Call (2009)

0005Money Never Sleeps

スウェーデンのメロハーバンド、カヴァード・コールの2009年のデビュー作。カヴァード・コールはドラムのR. SvanströmerとギターのJ. Carlssonが中心となって結成されました。ボーカル探しをしていたバンドに、一番最後に加わったのは、Talk of the Town、Brazen Abbot、Stormwindなど数多くのHR/HM系グループ、プロジェクトに参加する一方、並行してオペラ歌手としても活躍してきたトーマス・ヴィクストロム(Thomas Vikström)。その圧倒的な歌唱力から、母国では「ボーカルマスター」と呼ばれているヴィクストロムですが、このアルバムでも超絶的な歌声を堪能することができます。特に、ピアノだけをバックに、切々と歌い上げる"Anything You Want"は、感動的としか言いようのない素晴らしさです。"Shine"はMr. Bigのカバーですが、本家エリック・マーティン、作者リッチー・コッツェンのセルフカバー、そしてこのヴィクストロム・バージョン、三者三様の歌唱を聴き比べるのも楽しいと思います。他の曲もメロディの出来はかなり良く、ノリノリの曲が多いので、聴いていると自然とテンションが上がります。バンドの音の方は、どちらかというとロックンロール系のざっくりしたスタイルですが、これはこれで悪くないと感じました。曲作りは、中心メンバーのSvanströmer, Carlsson(曲のクレジットではKarlssonとなっていますが同一人物だと思われます)の二人と、サポート・ミュージシャンとしてクレジットされているPalmberg, Johanssonで行っているようです。

音には関係ありませんが、日本の証券取引所のイメージのジャケットには初め「???」となりました。まあ、HR/HM系のジャケはどれも似たようなのが多いので、むしろ印象に残るかなと。「Money Never Sleeps」というタイトルや、ジャケット中面の写真でメンバーが背広にネクタイ、サングラスでキメてたり、紙幣を握り締める手があしらわれているのも、トータルコンセプトなんでしょうかね。マネーゲームに生きる空しさみたいなのがテーマなのかなと思いました。歌詞カードには記載されていませんが、タイトルチューンの"Money Never Sleeps"には、バンド名であるCovered Callという言葉が出てきます。これがそもそも「現物資産を保有したまま、コールオプションを売る戦略のこと」で、証券取引の専門用語らしいです。なんのことやらさっぱり分かりませんが...

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. All Because of Me (Svanströmer, Karlsson, Palmberg)
02. Til’ the End (Svanströmer, Karlsson, Palmberg, Johansson)
03. Shine (Richard Dale, Richie Kotzen, Richie Zito)
04. Never Again (Svanströmer, Karlsson, Palmberg, Johansson)
05. Anything You Want (Svanströmer, Karlsson, Palmberg, Johansson)
06. I Wanna Be Free (Svanströmer, Karlsson, Palmberg, Johansson)
07. Nothing at All (Svanströmer, Karlsson, Palmberg, Johansson)
08. Money Never Sleeps (Svanströmer, Karlsson, Palmberg, Johansson)
09. What About Us (Svanströmer, Johansson)
10. Let’s Make It Real (Svanströmer, Karlsson, Palmberg, Johansson)

■Personnel
Ronny Svanströmer - drums
Thomas Vikström - vocals
Joel Carlsson - guitar, vocals
Thomas Thulin - bass
Morgan Rosenquist - guitar

Johan Palmberg - piano
Ola Johansson - guitar

Producer - Ronny Svanströmer, Joel Carlsson

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ