メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

トニー・レノ

Rock The Night - The Very Best Of Europe / Europe (2004)

0300The Very Best Of Europe










活動休止(実質解散)状態だったEurope(ヨーロッパ)の再始動に合わせて2004年にリリースされたベスト盤です。1993年のベスト盤1982–1992が年代順に収録されていたのに対して、本作は発表順にこだわらずランダムに曲が並べられています。代表曲に加えて、Prisoners In Paradiseのアウトテイク2曲、ライブ音源2曲(日本盤は4曲)、シングルB3曲、全32(日本盤は34曲)がディスク2枚に収録されたボリュームたっぷりのベスト・アルバムとなっています。本作収録の"Seven Doors Hotel"は1stアルバム収録のものではなく、シングル"Rock The Night"のB面用として1985年に再録音されたバージョンで、特にレア度が高いと言えるでしょう。当然ドラムはトニー・レノではなくイアン・ホーグランドで、ミック・ミカエリのキーボードも入っています。そんなわけで、ヨーロッパに興味はあるけれどあまり曲を知らないという人はもちろん、オリジナル・アルバムを聴き込んでいる人でも持っていて損のないベスト盤だと思います。

 評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
Disc 1
01. Rock The Night (J. Tempest)
02. Superstitious (J. Tempest)
03. I'll Cry For You [acoustic version] (J. Tempest/N. Graham)
04. Cherokee (J. Tempest)
05. Stormwind (J. Tempest)
06. Sweet Love Child  [single B-side] (J. Tempest/K. Marcello/M. Michaeli)
07. In the Future to Come (J. Tempest)
08. Here Comes The Night [outtake from Prisoners In Paradise sessin] (J. Tempest)
09. Sign Of The Times (J. Tempest)
10. Dreamer (J. Tempest)
11. Seventh Sign (J. Tempest/K. Marcello/M. Michaeli)
12. Yesterday's News (J. Tempest/K. Marcello/J. Levén/I. Haugland/M. Michaeli)
13. Got Your Mind In The Gutter (J. Tempest/B. Hill/K. Marcello)
14. Ready Or Not (J. Tempest)
15. Aphasia (J. Norum)
16. Time Has Come [Live at Solnahallen, Stockholm 1986] (J. Tempest)
17. Ninja [Live at Solnahallen, Stockholm 1986] (J. Tempest)
Disc 2
01. The Final Countdown (J. Tempest)
02. Halfway To Heaven (J. Tempest/J. Vallance)
03. Open Your Heart (J. Tempest)
04. Long Time Coming [single B-side] (J. Tempest/K. Marcello)
05. Mr. Government Man [outtake from Prisoners In Paradise sessin] (J. Tempest/B. Hill)
06. Carrie (J. Tempest/M. Michaeli)
07. Seven Doors Hotel  [single B-side] (J. Tempest)
08. Girl From Lebanon (J. Tempest)
09. The King Will Return (J. Tempest)
10. More Than Meets The Eye (J. Tempest/M. Michaeli/K. Marcello)
11. Prisoners In Paradise (J. Tempest)
12. Wings Of Tomorrow (J. Tempest)
13. On Broken Wings (J. Tempest)
14. Scream Of Anger (J. Tempest/M. Jacob)
15. Heart Of Stone (J. Tempest)
16. Let The Good Times Rock [Live at Ahoy Stadium, Rotterdam 1989] (J. Tempest)
17. On The Loose [Live at Solnahallen, Stockholm 1986] (J. Tempest)

■Personnel
Joey Tempest – Lead Vocals, Backing Vocals,  Acoustic Guitar, Keyboards
John Norum – Guitar, Backing Vocals
Kee Marcello – Guitar, Backing Vocals
John Levén – Bass
Mic Michaeli – Keyboards, Backing Vocals
Tony Reno – Drums
Ian Haugland – Drums, Backing Vocals


1982 - 1992 / Europe (1993)

0269-1982-1992










Prisoners in Paradise
発表後に活動休止(実質解散)となったEurope(ヨーロッパ)ですが、その活動休止中の1993年にリリースされたベスト・アルバム1982 - 1992はワールド・ワイドで発売され、本国スウェーデンやフランスではゴールド・ディスクを獲得するなど、このバンドの人気の根強さを示すこととなりました。

収録曲は解散前の5枚のオリジナル・アルバムからバランスよくセレクトされて年代順に並べられており、ベスト盤であると同時に、タイトルが示すように1982年から1992年までのEuropeの音楽の変遷を確かめられる企画盤となっています。また、オリジナル・アルバムを全て聴いてきているリスナーにとっても、何曲かのレア・トラックに興味を惹かれます。#8"On Broken Wings"は、シングルThe Final CountdownB面に収められた曲で、スムーズなサウンドとキャッチーなメロディはいかにもこの時期のEuropeらしい。#14"Prisoners In Paradise (Single Edit)"はタイトルどおりのシングル・バージョン。#15"I'll Cry For You (Acoustic Version)"はストックホルムでのアコースティック・ライブで、カントリー・テイストのカラっとした音には元バージョンとはまた違う味があります。#16"Sweet Love Child"はアルバム未収録の渋いバラードで、いわばこのアルバムの目玉。ジョーイ・テンペストの切々とした歌唱、キー・マルセロのよく歌うギター・ソロが秀逸で、これは名曲レベルでしょう。#17"Yesterday's News"はPrisoners in Paradise日本盤ボーナス・トラックだったジミヘン風の曲。

なお、後年"The Final Countdown (2000 Edit)"を追加して1982 - 2000というタイトルで再リリースもされています。この"2000 Edit"はくだらないダンス・ミックスで、このバンドのファンやHR/HMリスナーにとっては無用の長物以外の何物でもありません。

 評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. In the Future to Come (J. Tempest)
02. Seven Doors Hotel (J. Tempest)
03. Stormwind (J. Tempest)
04. Open Your Heart (J. Tempest)
05. Scream Of Anger (J. Tempest/M. Jacob)
06. Dreamer (J. Tempest)
07. The Final Countdown (J. Tempest)
08. On Broken Wings (J. Tempest)
09. Rock The Night (J. Tempest)
10. Carrie (J. Tempest/M. Michaeli)
11. Cherokee (J. Tempest)
12. Superstitious (J. Tempest)
13. Ready Or Not (J. Tempest)
14. Prisoners In Paradise (Single Edit) (J. Tempest)
15. I'll Cry For You (Acoustic Version) (J. Tempest/N. Graham)
16. Sweet Love Child (J. Tempest/K. Marcello/M. Michaeli)
17. Yesterday's News (J. Tempest/K. Marcello/J. Levén/I. Haugland/M. Michaeli)

■Personnel
Joey Tempest – Vocals, Acoustic Guitar (#1-6), Keyboardsr(#1-6)
John Norum – Guitar (#1-11)
Kee Marcello – Guitar (#12-17)
John Levén – Bass
Mic Michaeli – Keyboards (#7-17)
Tony Reno – Drums (#1-6)
Ian Haugland – Drums (#7-17)

Producer – Europe (#1, 2, 15), Leif Mases (#3-6), Kevin Elson (#7-11), Ron Nevison (#12, 13), Beau Hill (#14, 16, 17)

 

Wings of Tomorrow / Europe (1984)

0083Wings of Tomorrow
1984年にリリースされたヨーロッパの2ndアルバム。1stの延長線上の透明感と気品に満ちた、北欧メロディック・メタルの典型的サウンドを聴くことができます。1stでは正直言ってヘタくそだったジョーイ・テンペストのボーカルもずいぶんマシになり、サウンド・プロダクションも向上、楽曲もより練り込まれたものが多くなるなど、全般的なレベル・アップが感じられる仕上がりです。また、1stに比べいわゆる様式美的な要素が薄くなり、よりストレートなサウンドとなっています。次作の3rdアルバムFinal Countdown は、サウンド、楽曲ともにメロハー色、ポップ色が強くなるので、メタリックな初期ヨーロッパを締めくくるアルバムでもあります。

マルセル・ヤコブとの共作曲#2"Scream of Anger"と、ジョン・ノーラムのインスト曲#5"Aphasia"を除いて、収録されている楽曲は今回も全てジョーイ・テンペストのペンによるものです。ヨーロッパが持つ気品や叙情性は、やはりジョーイ・テンペスト抜きでは有り得ないものなのだと再認識せざる得ません。それから、特筆すべきは前作以上にジョン・ノーラムのギター・ソロが充実していること。リッチー・ブラックモア、マイケル・シェンカー、レズリー・ウェストといった名前が思い浮かぶ、テクニカルでありながらメロディアスに歌うフレージングが実に見事です。また、当時おそらく全面的に使っていたであろうストラトキャスターの硬質な響きも、繊細かつ生硬な初期ヨーロッパのサウンド・イメージに決定的な影響を与えていると感じます。

この2ndアルバムのレコーディング・メンバーは前作と変わらず、ジョーイ・テンペスト(vo)、ジョン・ノーラム(gt)、ジョン・レヴィン(ba)、トニー・レノ(dr)の4人。プロデュースはレイフ・マーセス。スウェーデン出身のビッグネームABBA所有のポーラー・スタジオ(2004年閉鎖)所属で、本作のレコーディングはこのスタジオで行われました。過去に同スタジオで録音されたレッド・ツェッペリンのIn Through the Out Door (1979)でエンジニアを務めるなどの実績を持つ人です。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Stormwind (Joey Tempest)
02. Scream of Anger (Joey Tempest, Marcel Jacob)
03. Open Your Hear (Joey Tempest)
04. Treated Bad Again (Joey Tempest)
05. Aphasia (John Norum) 
06. Wings of Tomorrow (Joey Tempest)
07. Wasted Time (Joey Tempest)
08. Lyin' Eyes (Joey Tempest)
09. Dreamer (Joey Tempest)
10. Dance the Night Away (Joey Tempest)

■Personnel
Joey Tempest – vocals, acoustic guitars, keyboards
John Norum – guitars, background vocals
John Levén – bass
Tony Reno – drums

Producer - Leif Mases 

Europe / Europe (1983)

0062Europe
スウェーデンのHR/HMを代表するバンド、ヨーロッパの1983年のデビュー作。このアルバムの時点でのメンバーは、ジョーイ・テンペスト(vo)、ジョン・ノーラム(gt)、ジョン・レヴィン(ba)、トニー・レノ(dr)の4人。ブルースやソウルからの直接的な影響を感じさせず、クラシック音楽的な様式美を備え、適度の湿り気と哀愁、透明感と垢抜けないイモ臭さが同居しているといった、「北欧メタル」という言葉から連想するイメージは、このアルバムで刷り込まれたような気がします。ヨーロッパというバンドのみならず、北欧HR/HMの出発点として非常に重要なアルバムでしょう。また、ワールド・ワイドなビッグ・ネームになる前に、日本での人気、評価が先行したのも印象に残ります。ボン・ジョビなども同様ですが、日本のHR/HMファンが発見・発掘したバンドが大きく成長することがしばしばあるのは興味深いことです。ま、日本だけの人気で終わってしまうということも、またしばしばあるわけですが。

どの曲もクリスタルのような透明感と気品あるメロディが印象的です。特に#3"Seven Doors Hotel"は名曲中の名曲です。ジャケットのイメージそのままに、いわくありげな古城のようなホテル、寒々とした夜の湖を渡る風、黒々とした果てしない森などが目に浮かぶようです。ジョーイ・テンペストの歌唱はややツラいものがありますが、ジョン・ノーラムの華麗でスリリングなギターは今でも十分にかっこいい名演です。ヨーロッパというと、大ヒットした"The Final Countdown"をすぐに連想しますが、初期の代表曲はなんと言っても"Seven Doors Hotel"でしょう。筆者はこちらのほうが好きです。しかし、あらためてクレジットを見ると、このアルバムほとんど全曲ジョーイ・テンペスト一人で書いているんですね。大したものだと思います。


評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. In the Future to Come
02. Farewell
03. Seven Doors Hotel
04. The King Will Return
05. Boyazont
06. Children of This Time
07. Words of Wisdom
08. Paradize Bay
09. Memories
All songs were written by Joey Tempest, except "Boyazont"(John Norum, Eddie Meduza)


■Personnel
Joey Tempest – vocals, acoustic guitars, keyboards
John Norum – guitars, background vocals
John Levén – bass
Tony Reno – drums

Producer - Europe, Erik Videgård, Thomas Erdtman

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ