メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

ティノ・トロイ

Only the Children Cry / Praying Mantis (1993)

0081Only the Children Cry
1993年、2度目の来日公演に合わせてリースされたプレイング・マンティスのミニ・アルバム。前作A Cry for the New World で見事にマンティスの専任ボーカリストを務めたコリン・ピールは、ミュージカルの仕事のために脱退、本作では新ボーカリストとしてマーク・トンプソン・スミスが録音に参加しています。彼はイギリスのマイナーなHR/HMバンドを転々としてきたボーカリストで、後にLionsheart(デニス・ストラットンのLionheartではない)を結成するOwers兄弟のいたFuryに在籍したこともあったようです。本作でも悪くない歌唱を披露していますが、結局来日公演後に脱退、ボーカリストが定着しないというプレイング・マンティスの歴史が繰り返されることになります。

このミニ・アルバムに収録されているのは全4曲。"Only The Children Cry"は新曲で、モロに日本人好みの甘く美しいイントロが印象的です。実質的に日本での人気がこのバンドを支えているわけですが、それにしてもチェッカーズや中森明菜が歌い出してもおかしくないような曲で、ほんとに80年代の日本の歌謡曲を研究してるのか?などと考えてしまいます。この曲はボーカルにゲイリー・バーデンを迎えた次作To The Power Of Ten でも再演されています。"Who's Life Is It Anyway"も新曲で、イントロはジューダス・プリーストの"Breaking the Law"のリフと同じメロディですが、マンティスらしい高揚感を味わえる佳曲です。"A Moment In Life"は前作にも収録されていた名曲。コリン・ピールの素直な歌唱に馴染んでしまっているせいか、このマーク・トンプソン・スミスのバージョンはやや感情表現が過剰に感じてしまいました。"Turn The Tables"は、バーニー・ショウがボーカルを担当していた1982年にリリースしたシングル曲のリメイク。マンティス・サウンドど真ん中の哀愁メロハー曲です。

全体として前作の流れをくむプレイング・マンティスならではのメロディアスさ、高揚感、哀愁がたっぷりで、ミニアルバムとはいえ彼らのファンなら外すことのできない傑作だと思います。なお、プロデュースに関わったノーマン・グッドマンは、80年代のマンティス解散後のストレイタス名義のアルバム、次作 To The Power Of Ten  のプロデューサーでもあります。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Only The Children Cry (Troy, Troy, Stratton)
02. Who's Life Is It Anyway (Troy, Troy, Stratton, Bisland, Thompson-Smith)
03. A Moment In Life (Troy, Troy, Peel)
04. Turn The Tables (Troy, Troy)

■Personnel
Chris Troy - Bass Guitar, Background Vocals
Dennis Stratton - Lead Guitar, Background Vocals
Mark Thompson-Smith - Lead & Background Vocals
Tino Troy - Lead Guitar, Acoustic Guitar, Keyboards, Background Vocals
Bruce Bisland - Drums, Background Vocals

Gary Flounders - Additional Keyboards

Producer - Norman Goodman & Praying Mantis

A Cry for the New World / Praying Mantis (1993)

0035A Cry for the New World

NWOBHM時代から叙情的サウンドで異彩を放っていたプレイング・マンティスの通算3作目、復活後2作目のスタジオ・オリジナル・アルバム。筆者は、このアルバムからメロハーにのめり込みました。メロハーではいまだにこれを超えるアルバムにめぐり合っていません。とにかく好き過ぎて冷静ではいられない。プレイング・マンティスとしての大傑作であると同時に、メロディアス・ハードロックという分野の中でも名盤中の名盤だと思っています。「メロハーとはメロディなり」。不肖筆者の格言です。失礼。

前作Predator in Disguiseでの失敗をバンド自身も感じたのか、デニス・ストラットン主導のアメリカン・ハードもどきの曲が一掃され、クリス・トロイとティノ・トロイのメロディ、つまりあの伝説のTime Tells No Liesと同じプレイング・マンティス本来のメロディの輝きが甦っています。そしてこのアルバムでは、初めてコリン・ピールという専任ボーカリストがレコーディングに参加しているのが大きな変化でしょう。この人は特別に上手いボーカリストではありませんが、声に透明感・清潔感があり、歌唱にもおかしなクセがないため、マンティスの楽曲にはうってつけです。

1曲目の"Rise Up Again"からいきなり名曲。疾走するメロディに急ブレーキがかかって、サビの"One day, I will rise up again~"というコーラスとともに青空に向かって飛び出す感じが最高です!ブルース・ビスランドのドラムがイマイチな気はしますが、そんなのは小さな こと。歌詞もサウンドもポジティブで、どんなときでも気持ちを明るくしてくれます。マンティスの曲の中で筆者が最も好きな曲です。

2曲目はタイトル曲"A Cry For The New World"、社会的なメッセージが込められた曲ですね。メロディは哀しみを湛えていますが、その底流に希望を感じる。これも名曲です。

3曲目"A Moment In Life"、憂いを帯びたヒラウタと、対照的にポジティブなサビ。コリン・ピールの切ない歌唱がメロディの美しさを際立たせます。今までのようにトロイ兄弟やデニス・ストラットンが歌ったら、こうはいかなかったでしょう。うーん、名曲!

4 曲目"Letting Go"、印象的なツイン・リードによるオープニング、続くヒラウタもいいのですが、いやがうえにも高揚感を盛り上げるブリッジとサビのメロディが特に素晴らしい。トロイ兄弟はコーラスを組み立てるのがほんとに上手いです。ギターソロも極上。曲の中で浮かず、曲を活かすギター・アンサンブル。マンティスには曲芸的ソロはいらないのです。これまた名曲です。

5曲目"One Chance"、この曲も転調がありますが、これがまた上手い。ヘタなバンドは転調が多いと違和感を感じさせることもありますが、マンティスのメロディは流れるように自然です。またまた名曲。

6曲目"Dangerous"、曲を引っ張るギターのリード・メロディが堪りません。サビはメロハー的哀愁を通り越して、「歌謡曲」的ですらありますが、マンティスにかかると名曲と化してしまいます。

7 曲目"Fight To Be Free"、オープニングと中間での、天空に駆け上がっていくようなギター・メロディが素晴らしい!この曲もヒラウタとサビの対比が利いています。とにかくサビのメロディが美し過ぎます。どうしてこんなに魅力的なメロディが書けるんでしょう。間違いなく名曲。

8曲目"Open Your Heart"、哀愁系メロディアス・ハードロック最高峰の一曲。コリン・ピールのボーカルとティノ・トロイのギターが切なく絡み合う終盤は何度聴いても鳥肌が立ってしまいます。これが名曲でなくて何が名曲か。

9 曲目"Dream On"、冒頭のスペイシーなキーボードに続くティノ・トロイ得意のスパニッシュ風ギター、そして憂愁の歌メロが始まり、一気に曲の世界に導かれます。歌詞 はおそらくクリス・トロイが書いているのでしょうが、彼は物語を感じさせる詞を書く才能に長けていますね。詞の世界とメロディがピタリと一致して見事です。名曲決定!

10曲目"Journeyman"。アウトロのインスト曲"The Final Eclipse"と一体化しているので、実質この曲が最終曲。これもクリスの詞で、何十万光年も旅をして来た男が瀕死の地球に帰りつくというSF的テーマ。ドラマチックな歌メロとツイン・ギターが、これぞプレイング・マンティスと納得させてくれる締めくくりの曲です。もちろん名曲。

というわけで、初めてアルバム全曲について書いてしまいましたが、結論として全曲名曲でした!メロハー好きな方で、もしこのアルバムを聴いたことのない方がいらっしゃったら、それはとんでもなく不幸なことです。ぜひ一度聴いてみてください。

な お、"One Chance"にはバーニー・ショウがバッキング・ボーカルでクレジットされています。バーニー・ショウというとユーライア・ヒープでの活動が有名ですが、実は1981年にマンティスに参加していたという経歴があるんですね。また、マンティス解散後の83~84年にかけては、トロイ兄弟と一緒に元アイア ン・メイデンのクライヴ・バーが組んだストレイタスのボーカルも務めていました。そんな縁でこのアルバムに「友情出演」したのでしょう。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Rise Up Again (Jackson, Dangschat, Praying Mantis)
02. A Cry For The New World (Praying Mantis)
03. A Moment In Life (Troy, Troy, Peel)
04. Letting Go (Troy, Troy)
05. One Chance (Troy, Troy, Bisland)
06. Dangerous (Praying Mantis)
07. Fight To Be Free (Troy, Troy)
08. Open Your Heart (Praying Mantis)
09. Dream On (Jackson, Dangschat, Praying Mantis)
10. Journeyman (Troy, Troy, Peel)
11. The Final Eclipse (Troy, Fflounders)

■Personnel
Chris Troy - Bass, Backing Vocals
Dennis Stratton - Lead Guitar, Backing Vocals
Colin Peel - Lead & Backing Vocals
Tino Troy - Lead Guitar, Acoustic Guitar, Keyboards, Backing Vocals
Bruce Bisland - Drums, Backing Vocals

Gary Flounders - Keyboards, Brass Arrangements
Valerie Lee Cowell - Backing Vocals on "A Moment In Life"
Derek Jeffrey - Backing Vocals on "A Moment In Life"
Jeff Brown - Backing Vocals on "A Moment In Life"
Peter Bullick - Backing Vocals on "A Moment In Life"
Bernie Shaw - Backing Vocals on "One Chance"

Producer - Tino Troy & Gary Flounders
Co-Producer - Praying Mantis
Executive Producer - Neal Kay

Predator in Disguise / Praying Mantis (1991)

0014Predator in Disguise

1990年のNWOBHM10周年記念来日公演を契機に、ティノ・トロイ、クリス・トロイ、デニス・ストラットン(元アイアン・メイデン)、ブルース・ビスランド(元ウェポン)で再結成されたプレイング・マンティスの10年ぶりの2ndアルバム。カヴァー・アートは、あの1stと同じくロドニー・マシューズ (Rodney Matthews)の手によるもの。1曲目の"Can’t See The Angels"の、美しいギターハーモニー、哀愁を帯びたメロディ、ドラマティックなコーラス、そして相変わらずのっぺりしたクリス・トロイのボーカル、まぎれもない「プレイング・マンティスの音」が甦ったことにに大きな喜びを感じます。しかし、2曲目"She’s Hot"で「???・・・」と絶句。下品過ぎます。2曲目にくだらない曲をもってきてガクっとさせるところまで1stと同じです。"She’s Hot"をはじめデニス・ストラットンの書いた曲が5曲、トロイ兄弟の書いた曲が6曲、それぞれの個性が溶け合いもせずにただ配置されています。ライオンハート以来のストラットンの中途半端なアメリカン・ロック志向もいただけませんが、トロイ兄弟の曲も、ところどころに「らしさ」は感じられるものの往年の輝きを取り戻しているとは言い難い。まともに歌えるリードボーカルも相変わらず不在。伝説とまで言われた前作Time Tells No Lies 、最高傑作との呼び声も高い次作A Cry for the New World 、間に挟まれたこのアルバムとの落差はあまりにも大きいものがあります。

評価 ★★☆☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Can’t See The Angels (T.Troy, C.Troy)
02. She’s Hot (Stratton, Hart, O’shaughnessy)
03. Can’t Wait Forever (T.Troy)
04. This Time Girl (Stratton, Pearce, Hart)
05. Time Slipping Away (C.Troy, T.Troy, Bisland)
06. Listen To What Your Heart Says (Stratton, Thomas, White, Hart)
07. Still Want You (Stratton, Hart, O’shaughnessy)
08. The Horn (C.Troy, T.Troy)
09. Battle Royal (C.Troy, T.Troy)
10. Only You(Stratton, Hart, O’shaughnessy)
11. Borderline (C.Troy, T.Troy)

■Personnel
Chris Troy - Lead Vocals on 01, 03, 05, 09, 11, Bass
Dennis Stratton - Lead Vocals on 02, 04, 06, 07, 10, Guitars
Tino Troy - Guitar, Vocals, piano
Bruce Bisland - Drums, Vocals

Producer - Tino Troy & Dennis Stratton
Executive Producer - Masa Itoh, Tom Sassa

Live at Last / Praying Mantis & Paul Di’Anno and Denis Stratton (1990)

0007Live at Last

NWOBHM10周年にあたって伊藤政則氏などが企画し、プレイング・マンティスのティノ・トロイとクリス・トロイ、元アイアン・メイデンノのポール・ディアノとデニス・ストラットン、そして元ウェポンのブルース・ビスランドというラインナップで実現した日本でのコンサートのライブ。1990年4月18日中野サンプラザでの録音です。プレイング・マンティスのレパートリーから6曲、アイアン・メイデンのレパートリーから6曲、そしてデニス・ストラットンがメイデン脱退後に結成したライオンハートの曲が2曲収録されています。マンティスとメイデンは作風は対照的ですが、NWOBHMの立役者となったDJニール・ケイのバックアップで一緒にツアーをしたり、メンバー間の交流もあったようで、NWOBHM初期を代表するバンドだったと思います。そういう意味で、当時を知るファンにとってこのライブは感慨深いのは間違いないのですが、残念ながらその内容は絶賛できる水準ではありません。マンティス組もメイデン組も、元々抜きん出た演奏力があったわけではないので、演奏自体はまあ許容範囲内ですが、ポール・ディアノも含めて全員の歌唱があまりに情けない。特にディアノが歌うマンティスの曲はひどすぎます。高音部が全然歌えていないし、変なビブラートが気持ち悪くて、聴くのが苦痛になります。蛇足ですが、ライオンハートの曲はまったく面白味がなく論外です。

とは言うものの、このライブがきっかけとなって、ディアノ以外の4人でプレイング・マンティスが再結成されたのは事実です。今から考えれば、このライブがなかったとしたらトロイ兄弟は歴史に埋もれてしまっていたかも知れず、マンティスの音楽を愛する者にとっては実にありがたい出来事だったと思います。

評価 ★☆☆☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作

■Tracks
01. Panic In The Streets (S. Vermeulen, S. Carroll, T. Troy)
02. Dangerous Game (D. Stratton, R. Newton, S. Mann)
03. Children Of The Earth (C. Troy, T. Troy)
04. Lovers To The Grave (C. Troy, T. Troy)
05. Flirting With Suicide (C. Troy, D. Potts, S. Carroll, T. Troy)
06. Hot Tonight (D. Stratton, K. Stewart, R. Newton, S. Mann)
07. Running For Tomorrow (C. Troy, D. Potts, S. Carroll, T. Troy)
08. Wrathchild (S. Harris)
09. Murders In The Rue Morgue (S. Harris)
10. Remember Tomorrow (S. Harris, P. Di’anno)
11. Phantom Of The Opera (S. Harris)
12. Iron Maiden (S. Harris)
13. Cheated (S. Carroll, T. Troy)
14. Running Free (S. Harris, P. Di’anno)

■Personnel
Tino Troy - Guitar, Vocals on 1,4,5
Chris Troy - Bass, Vocals on 3
Dennis Stratton - Guitar, Vocals on 2
Bruce Bisland - Drums
Paul Di’anno - Lead Vocals on 6-14

Producer - Dennis Stratton, Tino Troy
Executive Producer - Masa Itoh, Tsuneyoshi Kamijo, Tom Sassa

Time Tells No Lies / Praying Mantis (1981)

0006Time Tells No Lies

NWOBHM勃興期にデビューしたプレイング・マンティス、その伝説の1stアルバム。筆者にとっては、LP発売当時から数え切れないほど聴き続けた思い出深いアルバムです。NWOBHMというと、アイアイ・メイデンに代表されるように荒々しいリフで押しまくるイメージがありますが、マンティスの音楽性はNWOBHMの中ではかなり異色です。叙情的な歌メロ、ツインリードギターの優美なハーモニーは、むしろウイッシュボーン・アッシュあたりのサウンドを彷彿とさせます。日本ではこういった叙情的なハードロックは一定の人気を集めるのですが、本国では苦戦したようで、やがて彼らはシーンから姿を消してしまいます。そしてなんと10年後に、日本でのコンサートをきっかけに再始動、中心メンバーのトロイ兄弟(ティノ・トロイ、クリス・トロイ)は現在でもプレイング・マンティスとしての活動を継続しています。

大好きなアルバムなので、欠点を書くのは忍びないのですが敢えて挙げれば、2曲目のキンクスのカバー"All Day And All Of The Night"が邪魔なこと。出来損ないのヴァン・ヘイレンかと言いたくなるほど下品で、プレイング・マンティスの音楽の持つ美しさと生真面目さを傷つけ、このアルバムの統一感を壊てしまっているように感じます。それから、トロイ兄弟とギターのスティーヴ・ キャロルの3人のボーカルがどうしても力不足なこと。これは痛いです。復活後の3作目からは専任ボーカリストをメンバーに入れて、格段に歌唱が安定しています。また、最近バンドの30周年を記念して発表されたEPでは、嬉しいことにこの1stに収録された曲も含めて初期の作品を最新メンバーで録音しなおしています。
なお、このアルバムのプロデュースはティム・フリース-グリーン(Tim Friese-Greene)で、Touchの1stアルバムもプロデュースしています。

※筆者が聴いているのは1998年国内盤で、ボーナス・トラックとして1981年1月リリースのアナログ・シングル盤"Cheated"カップリング曲"Thirty Pieces Of Silver"、"Flirting With Suicide [Live] "、"Panic In The Streets [Live]"の3曲入り。2012年にイギリスの再発レーベルRock Candyから、さらに1980年6月リリースのシングル曲"Praying Mantis"とB面"High Roller"を追加し、計5曲のボーナス・トラックを収録した最新リマスター盤が出ています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Cheated (S. Carroll, T. Troy)
02. All Day And All Of The Night (Ray Davies)
03. Running For Tomorrow (C. Troy, D. Potts, S. Carroll, T. Troy)
04. Rich City Kids (C. Troy, T. Troy)
05. Lovers To The Grave (C. Troy, T. Troy)
06. Panic In The Streets (S. Vermeulen, S. Carroll, T. Troy)
07. Beads Of Ebony (T. Troy)
08. Flirting With Suicide (C. Troy, D. Potts, S. Carroll, T. Troy)
09. Children Of The Earth (C. Troy, T. Troy)
※Bonus Track
10. Thirty Pieces Of Silver (C. Troy, D. Potts, T. Troy)
11. Flirting With Suicide [Live]    
12. Panic In The Streets [Live]

■Personnel
Tino Troy - guitars, vocals
Steve Carroll - guitars, vocals
Chris Troy - bass, vocals
Dave Potts - drums

Tim Friese-Greene - Piano

Producer - Tim Friese-Greene
Except Track 11, 12 Produced by Adam Sieff



記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ