メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

ダレン・スミス

Big Bang Theory / Harem Scarem (1998)


0298Big Bang Theory










ハーレム・スキャーレム(Harem Scarem)のスタジオ・フルレンス5作目。メンバーは前作Believeと同じくハリー・ヘス(vo)、ピート・レスペランス(gt)、ダレン・スミス(dr)、バリー・ドナヘイ(ba)の4人です。本作も前作同様、日本盤とカナダ・ヨーロッパ盤とで収録曲が異なります。具体的にはカナダ・ヨーロッパ盤の"Wasted Time"、"Without You"、"What I Do"、"New Religion"の4曲が、日本盤では"Reload"、"Tables Turning"、"Seas Of Dissension"、"Never Have It All"に差し替えられており、曲順もかなり違っています。しかし、全10曲中4曲も違うとなると、オリジナル・アルバムの意味ってなんなのだろうかと考えてしまう。たとえばツェッペリンの1枚目、万国共通で"Good Times Bad Times"から始まって"How Many More Times"で終らないとおかしいし、"Black Mountain Side"の後に"Communication Breakdown"が来るからカッコいいわけでしょ?違うかな?収録曲の選択から曲順・曲間時間の設定にまで気を遣って、ベストの答えを出した結果がオリジナル・アルバムなんじゃないの?それが作品というものでしょう。CDの時代だからとか、配信の時代だからとか、そんなことに関係なく、音楽の作り手としてのミュージシャンとはそういうものだと思うけど。各国でより売れそうなバージョンを作るとか、やたらにコンピ盤を作るとか、このバンドの姿勢にはどうしても首を傾げてしまいます。

以下は日本盤を基にしてのレビューですが、各曲ともポップでキャッチー、しかもコンパクトで聴きやすくなっています。ギターの歪み具合がやや浅くなったこともあり全体に軽快な印象。ただメロディの質が微妙に変わって、なんだか少しチープトリックみたいになったかな。なお、#7"Sometimes I Wish"は珍しくバリー・ドナヘイがリード・ボーカルを担当していますが、声がハリー・ヘスに近くて違和感ありません。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. So Blind (Hess / Lesperance)
02. Climb The Gate (Hess / Lesperance)
03. Reload (Hess / Lesperance)
04. Tables Turning (Hess / Lesperance)
05. Turn Around (Hess / Lesperance)
06. Seas Of Dissension (Hess)
07. Sometimes I Wish (Hess / Lesperance)
08. Never Have It All (Hess / Lesperance)
09. Lying (Hess / Lesperance)
10. In My State Of Mind (Hess)

■Personnel
Harry Hess – vocals, keyboards
Pete Lesperance – guitars, keyboards, backing vocals
Barry Donaghy – bass, backing vocals, lead vocals on "Sometimes I Wish"
Darren Smith – drums, backing vocals

Producer - Harry Hess, Pete Lesperance

Believe / Harem Scarem (1997)

0199Believe










ハーレム・スキャーレムのスタジオ・フルレンス・アルバムとしては4作目となる作品。メンバーはハリー・ヘス(vo)、ピート・レスペランス(gt)、ダレン・スミス(dr)、バリー・ドナヘイ(ba)となっています。#1"Believe"、#2"Die Off Hard"、ダレン・スミスがリード・ボーカルをとった#4"Staying Away"、ピート・レスペランスのスリリングなプレイが素晴らしいインスト曲#5"Baby With A Nail Gun"と、1stHarem Scarem のキャッチーなメロディアスさ、2ndMood Swings のソリッドでハードなサウンドを併せ持つ曲が前半に集中しています。後半は前作の3rdVoice of Reason に近いかな。裏事情として伝えられているのは、グランジ/オルタナ色が強かった3rdの評判、売れ行きが日本では芳しくなく、レコード会社の意向もあって1st、2nd路線の楽曲を収録したとのこと。実は"Die Off Hard"と"Staying Away"は昔の楽曲を手直ししたもので、元曲はデビュー前のデモを集めたThe Early Years (2003)に収録されています。

本作はカナダ本国ではKarma Cleansing というタイトルで、ジャケットも異なる仕様でリリースされています。日本人が好みそうな"Staying Away"と"Baby With A Nail Gun"が外され、替わりに暗めな"Cages"と"The Mirror"が収められています。曲順も全く日本盤とは違い、一曲目は"Karma Cleansing"です。つまり、日本向けのBelieve は1st、2nd路線に戻ったように聴こえ、カナダ盤(=ワールドワイド盤)は3rdVoice of Reason の路線が続いているように聴こえるというわけです。そのような「工夫」の成果か、本作は日本でもよく売れて、ハーレム・スキャーレムの人気も再び盛り返したようです。しかし、筆者はこれを小手先の「工夫」と感じてしまいます。後のバンド名変更につながる迷走の端緒が見て取れるのです。まあ、言いたいことは色々ありますが、"Die Off Hard"、"Staying Away"、"Baby With A Nail Gun"と極上ナンバーが聴けるし、演奏も充実した好盤であることは間違いありません。

なお、本作は1997年の5月にリリースされ、同年9月にバンドは二度目の来日公演を行ないます。そして10月には"Believe"、"Hail, Hail"、"Staying Away"、"Morning Grey"、"Victim Of Fate"の4曲をケヴィン・エルソンによるリミックス・バージョンに、"Rain"をフルバンド・バージョンに差し替え、さらにオリジナル日本盤でカットされていた"Cages"と"The Mirror"、ボーナス・トラックとしてチープ・トリックのカヴァー"Surrender"を収録した全13曲入りBelieve (Special Edition) がリリースされています。コアなファンはこちらを買ってね、というわけでしょう。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Believe (Hess / Lesperance)
02. Die Off Hard (Hess / Lesperance)
03. Hail, Hail (Hess)
04. Staying Away (Hess)
05. Baby With A Nail Gun (Lesperance)
06. Morning Grey (Hess / Lesperance)
07. Victim Of Fate (Hess / Lesperance)
08. Rain (Hess / Lesperance)
09. I Won't Be There (Hess / Lesperance)
10. Karma Cleansing (Hess / Lesperance)

■Personnel
Harry Hess – vocals, keyboards
Pete Lesperance – guitars, keyboards, backing vocals
Barry Donaghy – bass, backing vocals
Darren Smith – drums, vocals

Producer - Harry Hess, Pete Lesperance



Live in Japan / Harem Scarem (1996)

133Live in Japan










1995年12月ハーレム・スキャーレムの初来日公演(川崎CLUB CITTA')を収録したライブ・アルバム。彼らにとっては最初のフルレンス・ライヴ・アルバムが日本公演で録音されたあたり、このバンドの日本での人気、あるいはバンドの日本への思い入れが伺えます。メンバーはハリー・ヘス(vo)、ピート・レスペランス(gt)、ダレン・スミス(dr)、そして新ベーシストのバリー・ドナヘイの4人です。

3rdアルバムVoice of Reasonの直後とあって、収録曲のうち6曲がこのアルバムから選ばれています。2ndMood Swingsからも5曲採られていますが、1stからは"Slowly Slipping Away"だけ。しかもテンポを落としたアレンジでオリジナルの軽快さが減退してしまっています。1stの親しみやすさが大好きな筆者としては残念な選曲でした。2nd、3rd中心の選曲なので、全体としてヘヴィでソリッドなサウンドでガンガン攻めまくるライブです。どの曲もスタジオ盤よりカッコよくなっている印象。バンドはやっぱりライブが一番。というか、ライブで本領発揮できないバンドはインチキ・バンドなわけですが。それはともかく、特にピート・レスペランスは素晴らしいギタリストですね。超絶です。秒速幾らで指が動くとかそういう超絶じゃなくて、センスが常人から超絶している。TNTのロニー・ル・テクロとかもそう。ライブだとより一層そのことを感じます。

国内盤にはボーナス・トラックとして、ピート・レスペランスの超絶ギターが楽しめるインスト"Pardon My Zinger"と、しっとりしたバラード"More Than You'll Ever Know"のスタジオ録音2曲が追加されています。さらに、Live & AcousticLive in Japanをカップリングした企画盤Live Ones(邦題「カナダ技巧派集団来日記念盤」)には、"Change Comes Around"のアコースティック・バージョンも入っています。ただ、これはB-Side Collectionにも収録されています。企画盤が多いと選択肢が広がるのはいいのですが、訳分からなくなるのが悩ましい。。。
 
評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Change Comes Around (Hess/Lesperance)
02. Saviors Never Cry (Hess/Lesperance)
03. Warming A Frozen Rose (Hess/Lesperance)
04. Blue (Hess/Lesperance)
05. Candle (Hess/Lesperance)
06. Slowly Slipping Away (Hess/Ribler)
07. Breathing Sand (Hess)
08. Had Enough (Hess/Lesperance)
09. Empty Promises (Hess/Lesperance)
10. The Paint Thins (Hess/Lesperance)
11. Voice Of Reason (Hess/Lesperance)
12. No Justice (Hess/Lesperance)
13. Pardon My Zinger [Instrumental/Bonus track] (Lesperance)
14. More Than You'll Ever Know [Bonus track] (Hess/Lesperance)

■Personnel
Harry Hess – lead vocals, guitar
Pete Lesperance – lead guitar, backing vocals
Barry Donaghy – bass guitar, backing vocals
Darren Smith – drums, backing vocals

Producer - Harry Hess, Pete Lesperance 



Live & Acoustic / Harem Scarem (1994)

0101Live & Acoustic
日本側の企画によって作られたハーレム・スキャーレムのミニ・アルバム。リリースは1994年6月ですので、2ndアルバムMood Swings と3rdアルバムVoice Of Reason の間ということになります。ただし日本では Mood Swings がデビュー盤として93年に出ており、1stのHarem Scarem は遅れて94年3月に発売されているので、1stと本作は立て続けのリリースとなっています。このバンドを日本で強力にプッシュしていこうというレーベル側の意気込みが窺われます。

目玉は1994年1月トロントでのライブを収録した3曲でしょう。後にハーレム・スキャーレムは結構な数のライブ・アルバムを出しますが、本作が最初のライブ収録盤です。演奏力が高いという定評に違わぬ、エネルギッシュでありながらどっしり安定したパフォーマンスはさすがです。筆者は特にインスト曲#4"Mandy"がお気に入り。Mood Swings では2分弱の短い曲でしたが、このミニアルバムでは3分強に延長されて、ピート・レスペランスの官能的と言ってもいいほど艶のあるギター・ソロを堪能することができます。このあたりがライブ盤ならではの楽しみでしょうね。#3"No Justice"、#5"Hard To Love"もブ厚いサウンドが見事に再現されていて、熱さと冷静さが同居するハーレム・スキャーレムの音楽を「ナマ」の姿で味わえます。"Honestly"と"Jealousy"のアコースティック・バージョンもあらためて曲の良さが伝わってきて、「聴いてよかったなー」と感じます。

なお、この作品はLive in Japan (1996)とカップリングされ、Live Ones (邦題「カナダ技巧派集団来日記念盤」)というタイトルで1997年に再発されて今でも中古で出回っていますので、そちらのほうがお買い得だと思います。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

 ■Tracks
01. Honestly (acoustic) (Harry Hess)
02. If There Was A Time (edit) (Harry Hess, Pete Lesperance)
03. No Justice (live) (Harry Hess, Pete Lesperance)
04. Mandy (live) (Pete Lesperance)
05. Hard To Love (live) (Christopher Ward, Harry Hess, Pete Lesperance) 
06. Jealousy (acoustic) (Harry Hess, Pete Lesperance)
07. Something To Say (edit) (Harry Hess, Pete Lesperance)

■Personnel
Harry Hess - vocals, guitars
Pete Lesperance - guitars, backing vocals
Mike Gionet - bass, backing vocals
Darren Smith - drums, backing vocals

Producer - Harry Hess, Pete Lesperance and Kevin Doyle

 


Voice Of Reason / Harem Scarem (1995)

0057Voice Of Reason

1995年にリリースされたハーレム・スキャーレムの3rdアルバム。グランジ、オルタナの隆盛という状況の中、このアルバムはダークでヘヴィな傾向が強まり、発表当時から「問題作」として賛否両論を巻き起こしました。しかし、筆者としてはこのアルバムは2ndのMood Swings の延長線上にあると感じるので、それほどの驚きは感じませんでした。Mood SwingsVoice Of Reason の差より、1stHarem ScaremMood Swings の差のほうが大きいと思うからです。いずれにしても、サウンドは2ndより更にハードでヘヴィとなり、1stにあった親しみやすく快活なメロディはほとんど影をひそめてしまいました。客観的に出来がいいか悪いかは別として、筆者にとってはアルバムごとにつまらなくなってしまいがっかりです。

ハーレム・スキャーレムに限らず、「バンドのやりたい音楽と、ファンの求める音楽との葛藤」などということがよく言われますが、少し首をかしげたくなってしまいます。1990年代の初頭から半ばにかけて、なぜ多くのHR/HM系のバンドが「右へ倣え」したかのようにダークな方向、ヘヴィな方向に行こうとしたのか?皆が皆、本来グランジやオルタナのような音楽ががやりたかったのに、ファンのために無理してHR/HMを、メロハーやハードポップをやっていたのか?そんなことはないでしょう。流行遅れになりたくない、トレンドに乗りたい、つまり今までのリスナーを捨てるリスクを冒してでも、より多くのリスナーが獲得できると見積もって路線を調整したに過ぎないのではないでしょうか。煎じ詰めれば、「バンドのやりたい音楽」=「売れる音楽」ということになってしまう。そういう姿勢こそ、シャレでもなんでもなく「産業ロック」と揶揄されても仕方ない。レコード会社というのは文字通り産業、つまりビジネスですから売れてナンボなのは当たり前。しかし、バンドっていうのは金儲けが目的で音楽を始めたわけではないでしょう?音楽が好きだからやっているんじゃないの?経済的成功というのは後からついてくるもので、自分たちのやりたいように音楽をやるというのがロック・バンドのモチベーションなはずです。当事者にとってみれば、流行に左右されずに自分たちの内から湧き出る音楽だけを追及するというのは、「言うは易く行なうは難し」に違いないでしょう。しかしそれでも、時流に阿ってコロコロとサウンドを変えるというのは見苦しいことだと筆者は思います。ハーレム・スキャーレムの場合、この後更にサウンドが変わり、バンド名まで変えることになります。1stアルバムや、デビュー前のデモ集の音、つまり彼らの原点は、流行に合わせて服を着替えるように脱ぎ捨てられるようなものだったのか。ハーレム・スキャーレムの迷走を振り返るにつけ、複雑な心境で「バンドのやりたい音楽」ということについて考えてしまうのです。

バンド・メンバーは1st、2ndと変わらず、ハリー・ヘス、ピート・レスペランス、マイク・ジオネット、ダレン・スミスの4人です。ソング・ライティングのほとんどと、プロデュース、ミックスはハリー・ヘスとピート・レスペランス。ハリーはエンジニアとしても録音に関与しています。前作までプロデューサーとして関わっていたケヴィン・ドイルは、本作ではアソシエイト・プロダクションとミックスだけでクレジットされています。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Voice Of Reason (H. Hess, P. Lesperance)
02. Blue (H. Hess, P. Lesperance)
03. Warming A Frozen Rose (H. Hess, P. Lesperance)
04. Let It Go (H. Hess, P. Lesperance)
05. And That's All (H. Hess, P. Lesperance)
06. Breathing Sand (H. Hess)
07. Candle (H. Hess, P. Lesperance)
08. The Paint Thins (H. Hess, P. Lesperance)
09. I'll Be Brief (H. Hess, P. Lesperance)
10. Untouched (H. Hess, P. Lesperance)
11. Necessary Evil (H. Hess, P. Lesperance, C. Ward)
12. Candle (Acoustic Version) [bonus track]

■Personnel
Harry Hess - vocals, keyboards
Pete Lesperance - guitar, vocals, keyboards
Mike Gionet - bass, vocals
Darren Smith - drums, vocals

Producer - Harry Hess and Pete Lesperance

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ