0212Once Bitten Twice Shy










NWOBHM末期にデビューしたバーミンガム出身のSHYの1stアルバム。元々Trojanというバンドを組んでいたスティーヴ・ハリス(Gt)、パディ・マッケンナ(Key)、マーク・バドリック(B)、アラン・ケリー(Ds)に、トニー・ミルズ(Vo)が加わり、バンド名をSHYに変えてバンドはスタートします。メンバー脱退、活動停止、再結成などの紆余曲折を経て、2011年リーダーであるスティーヴ・ハリスの病死により、SHYが終焉を迎えたのはまだ記憶に新しいところです。オリジナルLPはEbony Recordsというインディーズ・レーベルからリリースされ、レコーディングもEbony Records所有のスタジオで行なわれています。プロデュースはEbony Recordsのオーナーであるダリル・ジョンストン。Neat Metalレーベルによって1998年に初CD化され、ボーナス・トラックとして"All on You"を追加、日本盤には加えて"Throwing It All Away"も追加収録されています。

インディーズということで、またジャケットの酷さからも想像がつくように、音質はかなり悪いです。ギリギリの予算で作られた感がモロに出ています。特にギターの音の汚さには萎えます。演奏は全体にバタバタしてせわしなく、楽曲の練り込みも不十分。ただし、それらを補って余りあるのはバンドの「勢い」です。未熟で荒削りとしか言いようのないアルバムなのですが、その若さほとばしる「勢い」に何故か感動してしまいます。NWOBHMにカテゴライズされるバンドとしては、Praying Mantisと並んでメロディアスさが際立っており、後年の完成度には程遠いものの、メロハー好きならぜひ聴いておきたい作品でしょう。ただ、現在は廃盤のため高値となってしまっており、ぜひ再発をお願いしたいところです。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Deep Water (Steve Harris)
02. Take It All The Way (Steve Harris, Paddy McKenna)
03. Give Me A Chance (Alan Kelly)
04. Think Of Me (Steve Harris)
05. Tonight (Steve Harris)
06. Chained By Desire (Steve Harris, Tony Mills)
07. Reflections (Steve Harris)
08. Once Bitten, Twice Shy (Steve Harris, Tony Mills)
09. All On You [Bonus Track] (Steve Harris)
10. Throwing It All Away [Japanese Bonus Track] (Steve Harris)

■Personnel
Tony Mills - vocals
Alan Kelly - drums
Steve Harris - lead guitar
Paddy McKenna - keyboards
Mark Badrick - bass

Producer – Darryl Johnston