メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

ダニエル・フローレス

Frozen Rain / Frozen Rain (2008)

0338Frozen Rain









ベルギーのキーボード奏者カート・ヴェリークが主宰するメロハー/AORプロジェクトFrozen Rain(フローズン・レイン)の1stアルバム。リリースはドイツのメロディック系レーベルAvenue Of Allies Musicからとなっています。内容のほうは、キャッチーなメロディ、クセのないボーカル、爽やかなハーモニー、優しげなキーボード、うるさくない程度のギターと、グループ名やジャケットの雰囲気から想像がつくように、典型的なソフト系メロディアス・ロック。1~2回聴けばすぐに耳に馴染むという意味ではかなり高品質なものだと思います。特に、#1"Waiting For You"、#2"Wire Of Love"、#3"Music Keeps Me Alive"、#6"On The Run"、#7"Park Cafe"、#8"Never Be A Fool Again"、#10"Say That You Love Me"あたりは佳曲だと思いました。また、トミー・デナンダーをはじめ何人ものギタリストが参加しているのですが、ギター・ソロもそれぞれカッコいいのもポイント高いです。ただ、あまりにスムーズでマイルド、尖がったところが無さ過ぎて、正直ちょっと通俗的・類型的と感じてしまったのも確か。耳馴染みが良い反面飽きが来るのも早いかな。

さて、ずいぶんと多くのプレイヤーがクレジットされていますが、ほとんどがベルギーのミュージシャンらしくて知らない人ばっかり。トミー・デナンダー以外では、ギターのスティーヴ・ニューマン(Newman)とジム・サントス(Norway)、ドラムのダニエル・フローレス(Minds Eye)くらいしか分かりませんでした。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Waiting For You (Words & Music : Kurt Vereecke)
02. Wire Of Love (Words : Andy Flash  Music : Kurt Vereecke)
03. Music Keeps Me Alive (Words & Music : Kurt Vereecke)
04. My Heart Believes It's True (Words : Andy Flash  Music : Kurt Vereecke)
05. Red Light Zone (Words & Music : Kurt Vereecke)
06. On The Run (Words & Music : Erik Van Bers & Kurt Vereecke)
07. Park Cafe (Words : André Vlerick  Music : Kurt Vereecke)
08. Never Be A Fool Again (Words & Music : Erik Van Bers & Kurt Vereecke)
09. Your Love (Words & Music : Kurt Vereecke)
10. Say That You Love Me (Words & Music : Kurt Vereecke)
11. Little Angel (Words & Music : Kurt Vereecke)
12. Tomorrow (Words & Music : Kurt Vereecke)

■Personnel
Kurt Vereecke - Keyboards, Synth Bass, Drums, Drum Loops, Rhythm Guitars, Background Vocals

Johan Waem - Lead Vocals (1, 2, 5, 11) Background Vocals 
Muarice Saelmans - Lead Vocals (3, 8) Background Vocals 
Ollie Oldenburg - Lead Vocals (4, 6, 9, 12) Background Vocals 
Dirk Cauwels - Lead Vocals (6, 10) Guitar, Background Vocals
Peter De Zutter - Lead Vocals (7) Background Vocals 
Sven Bauwens - Guitar
Tommy Denander - Guitar
Erik Van Bers - Guitar
Dan Palladino - Guitar, Bass Guitar
Steve Newman - Guitar
Ward Snauwaert - Guitar
Jim Santos - Guitar
Luc Van Thuyne - Guitar
Alan Williamson - Guitar
Jurgen Vitrier - Keyboards, Synthesizer, Hammond
Frank De Lobel - Piano
Vincent De Laat - Bass Guitar
Daniel Flores - Drums
Jo De Boeck - Background Vocals
Guido Priori - Background Vocals
Eva Vereecke - Background Vocals
Willem Verwoert - Background Vocals

Producer - Kurt Vereecke
Executive-Producer – Gregor Klee

Electric Stalker / Speedy Gonzales (2005)

0121Electric Stalker










「スウェーデンのボーカル・マスター」ことトーマス・ヴィクストロムと、「スウェーデンのルカサー」ことトミー・デナンダーが組んだスーパー・ユニット、スピーディ・ゴンザレスの唯一(2014年現在)のアルバムです。この二人は元々スウェーデンのメロディックHR/HMバンドTalk of the Townのメンバー(トミー・デナンダーは準メンバー?)でしたが、1990年のバンド解散後二人はすぐにSpeedy Gonzalesを結成。デモ音源を作成、ライブも行なっていたようですが何故か空中分解、幻のバンドとなってしまいました。その後二人は別の道を歩み、それぞれHR/HMあるいはメロディック・ロック/AORの世界で押しも押されぬ存在となったわけです。そんな彼らが再び相見え、Talismanの故マルセル・ヤコブ(b.)、現Mind's Eyeのダニエル・フローレス(dr.)を加えてSpeedy Gonzalesを再結成し録音したのが2005年リリースのこのアルバムです。

メンバーは全員スウェーデン人だし、Deacon Street Project、Jim Jidhed、Radioactive、Sha-Boom、それにトーマス・ヴィクストロムのソロ・アルバムなどでそれぞれ共演を繰り返している仲なので息はピッタリ、実にすばらしいメロディックHR/HMアルバムに仕上がっています。トーマス・ヴィクストロムの熱唱が100点満点なのは言うまでもないとして、たまにお仕事的に流すこともあるトミー・デナンダーもさすがに気合の入りまくったプレイです。収録された曲は、結成当時のデモのリメイクが8曲、新曲が4曲。収録曲の中には、トミー・デナンダーの関わったRadioactiveやRainmakerにタイトルを変えて再録音されているものもあるようです。特筆すべきはTalk of the Townの代表曲だった#5"Free Like an Eagle"。まるで昭和の歌謡曲のように日本人の耳になじむこの名曲が、よりハードにドラマチックに蘇りました。いやー、うれしい!!

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Flash of the Blade (T. Denander/T.Vikström )
02. Desires of the Flesh (T. Denander/M. Jacob/T.Vikström)
03. Electric Staker (T. Denander/M. Jacob/T.Vikström)
04. Do You Know Where the Kids Go (T. Denander/J.Olson)
05. Free Like an Eagle (T.Vikström/A. Saluena)
06. Men with Medals (T. Denander/A. Tengner/T.Vikström)
07. Dominator (T. Denander/A. Tengner/T.Vikström)
08. Spit in the Hand That Feeds You (T. Denander/L. Chriss/M. Jacob/T.Vikström)
09. Make Love in Red (T. Denander/T.Vikström)
10. Shock the Nation (T. Denander/T.Vikström)
11. Trial by Fire (T. Denander/M. Jacob/T.Vikström)
12. Lust and Desire (T. Denander/T.Vikström)

■Personnel
Thomas Vikström - lead & background vocals
Tommy Denander – guitars, keyboards, loops
Marcel Jacob – bass
Daniel Flores – drums

Producer - Tommy Denander 

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ