メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

ダグ・ハワード

Last Man Standing / Doug Howard (2000)

0226Last Man Standing










アメリカのメロディアス・ハードロック・バンド、Touch、StunLeerのメンバーだったダグ・ハワードのソロ・アルバム。ジャケットの表記にDoug Howard of StunLeerとあるように、元々はStunLeerの2ndアルバムとして企画されていたのが、結局ダグ・ハワードのソロ作として制作されたという事情のようです。本作のサウンドは、ポップなプログレ・ハードという感じのTouchとはずいぶん違いますが、StunLeerのラウドでメロディアスな路線の延長線上にあるもの。リリースもStunLeerと同じくドイツのMTMレーベルからとなっています。全てのボーカルとインスト・パートをダグ・ハワードが担当し、プロデュースもStunLeerのアルバムを共同制作していたボブ・セント・ジョンの協力を得ながら自身で行なうというワンマンぶりです。

この人、Touch、StunLeer以外にも、エドガー・ウィンターやドッド・ラングレンと仕事をしてきた才人で、曲そのものは悪くないのです。ボーカルもインスト・パートもそれなりにカッコいいです。ただ、とろこどころミクスチャー風だったり、"Smoke on the Water"、"Jumping Jack Flash"その他ロック・スタンダード曲のパロディがあちこちに見受けられたり、正直何がしたいのかよくわからない。そして、意図的なプロダクションなのでしょうが、音全体が濁っていてやかましいことこの上ない。聴いていてとにかく疲れるので、繰り返し聴きたくなるようなアルバムじゃないな~。ごめんなさい。

蛇足ですが、この度ダグ・ハワードは今どうしているのだろうとネットで検索してみたら、今だ現役で、エドガー・ウィンターのWhite Trashを思わせるファンクやブルースをやっているみたい。そう言えばこのLast Man Standing というアルバムのファンキーな一面も、エドガー・ウィンターのShock Treatment 前後の雰囲気があるかも知れないな~と思いました。この人はTouchつながりより、むしろウィンター・ファミリーとしてくくった方がいいのかも知れません。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Higher (Doug Howard)
02. Whip (Doug Howard)
03. Hold Up The Sky (Doug Howard, Zane Robert Howard)
04. Hey Money (Superstar) (Doug Howard)
05. Faith (Doug Howard)
06. Tell Me (Doug Howard)
07. Save Me (Doug Howard, Charlotte Lee)
08. The Death Of Me (Doug Howard)
09. Living Proof (Doug Howard)
10. Worldwide (Doug Howard)
11. Black Betty (Huddie Ledbetter)

■Personnel
Doug Howard - Vocals, Guitars, Bass, Keyboards, Drums

Producer – Doug Howard with Bob St. John

Once / StunLeer (1998)

0086Once
アメリカのメロディアス・ハードロック・バンド、スタン・リアのおそらく唯一のアルバム。このバンドは、マーク・マンゴールド率いるタッチのメンバーだったダグ・ハワードが在籍したということで、多少話題になったような記憶があります。彼はタッチ解散からスタン・リア加入までの間、タッチの2ndのプロデュースに関わったトッド・ラングレンのユートピアで活動したり、ダン・ハートマンの後任としてエドガー・ウインター・グループに参加したりしていました。他にプロデューサーとしての仕事もこなしながら、音楽的素養を深めていったようです。タッチではベースとサイド・ボーカルを担当していましたが、スタン・リアでは専任リード・ボーカルとなっています。

スタン・リアは、元Ball and Pivotのベーシストだったポール・マイケルのメンバー募集に、マイケル・マッケイブが応募したことによって結成されます。マイケル・マッケイブは、エクストリーム結成以前のヌーノ・ベッテンコートと共にSinfulというアマチュア・バンドを組んでいた経歴の持ち主です。最後にボーカリストとしてダグ・ハワードがバンドに加わり、曲作りが本格的に開始されましたが、アメリカのメジャー・レーベルには相手にされず、ようやくドイツのメロハー・レーベルMTMと契約、アルバム・リリースに漕ぎ着けたということです。後日談ですが、実はこのバンドの2ndアルバムも制作されましたが、結局それはダグ・ハワードのソロ・アルバムとしてリリースされることになります。

スタン・リアの楽曲、サウンドは、親しみやすいメロディラインを大切にしたハードロック。まさにメロディアスハードど真ん中です。ところどころジャーニー的だったり、LAメタルを思わせる部分もあったり、それなりにバリエーションもあり飽きさせません。メジャー・キーの爽快系の曲もいいのですが、筆者は#1"Love Is a Liar"や#2"Go, Don't Go"のような、マイナー・キーでリフが印象的な正統派ハードロックっぽい曲に、彼らの持ち味が出ているように感じました。ダグ・ハワードはややハスキーな声質でちょびっとガナリ気味の歌唱、中々イイ感じです。楽曲、演奏、歌唱とも抜きん出た個性というものは感じられませんが、メロハー好きには価値のあるアルバムだと思います。

バンドはギター、ベース、ボーカルのトリオ編成ですので、ドラムなどはゲスト・ミュージシャンでまかなっています。その中で、メインのドラマー兼プロデューサーとしてクレジットされているアンソニー・レスタは、ヌーノ・ベッテンコートのソロ・アルバムのプロデュースや、エクストリームへの楽曲提供などで知られるマルチ・ミュージシャンです。また同じくプロデューサーの一人としてクレジットのあるボブ・セント・ジョンも、エクストリームのアルバムのプロデュースをしてきた人。マイケル・マッケイブから繋がるヌーノ・ベッテンコートがらみの人脈と推察できます。
 
評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Love Is a Liar
02. Go, Don't Go
03. If You Want Love
04. Eye to Eye
05. Foolin'
06. No Words Can Say
07. Come to Me
08. All the King's Horses
09. Hungry Eyes
10. Deliver
All tracks by Paul Michael, Michael McCabe, Doug Howard

■Personnel
Paul Michael - bass
Michael McCabe -  guitars, backing vocals
Doug Howard - vocals

Anthony Resta - drums, percussion
Paul Cervone - synthesizers
Derek Blevens - drums on 3, 9
Brian Rahilly - guitar solo on 4
Bobby O'Donnel - additional backing vocals
John Foster - additional backing vocals
Peter Chiklas - additional backing vocals

Producer - StunLeer with Bob St. John, Anthony Resta, Paul Cervone
Executive Producer - Paul Michael

The Complete Works I & II / Touch (1979,1981)

0003Touch The Complete Works

タッチ、懐かしいです。NWOBHMの勃興を受けて始まった HR/HM系の一大イベント「モンスターズ・オブ・ロック」、1980年の第一回目の最初の出演者がタッチなんですね。この時のライブ録音がオムニバス盤としてLPレコードで発売され、筆者もリアルタイムで聴きました。そのレコードの収録曲の中で、レインボーやスコーピオンズといった名だたるアーチストよりも印象に残ったのが、無名バンドだったタッチの"Don't You Know What Love Is"でした。今回は、タッチの1stと、リリースされなかった2ndをカップリングして1998年に発売されたThe Complete Works I & II のご紹介です。便宜的に1stと2ndを別けて書いてみます。

【Disk 1 - Touch I】
■Tracks
01. Don't You Know What Love Is (M. Mangold)
02. When The Spirit Moves You (M. Mangold)
03. Love, Don't Fail Me (M. Mangold)
04. Black Star (M. Mangold)
05. There's A Light (M. Mangold)
06. So High (M. Mangold)
07. Last Chance For Love (M. Mangold)
08. Yes (You Need To Rock 'N Roll) (D. Howard, M. Mangold)
09. Listen (Can You Feel It) (M. Mangold)
※Bonus Track
10. My Life Depends On You (M. Mangold)
11. Don't You Know What Love Is [LIVE]

■Personnel
Craig Brooks - Vocals, Guitars
Mark Mangold - Vocals, Keyboards
Doug Howard - Vocals, Bass
Glenn Kithcart - Drums, Percussions

Producer - Tim Friese-Greene
Except Track 11 Produced by Roger Glover

タッチは、70年代にValhalla、American Tearsといったバンドでいわゆるプログレハード的な音楽を作ってきたマーク・マンゴールドが結成したバンドです。ライナーノートによれば、バンドはデビュー・アルバムの製作にあたって、当時クイーンやジャーニーのプロデュース、またT.レックスのエンジニアとして著名だったRoy Thomas Bakerのプロデュースを希望していたようですが、それは叶いませんでした。そこで、彼のエンジニアで、プロデュース経験もあるティム・フリース-グリーン(Tim Friese-Greene)がプロデュースを担当することになりました。ティム・フリース-グリーンはプレイング・マンティスの伝説の1stアルバムもプロデュースしています。また、シティ・ボーイのHeads Are Rollingも彼のプロデュースです。シティ・ボーイのMike Slamerは、後にStreetsやSteelhouse Laneなどのバンド活動の他に、セッション・ギタリスト、プロデューサー、コンポーザーとしても大活躍する人です。タッチのマーク・マンゴールドも、同様の道を歩むことになります。プロデューサーやエンジニア、それからコンポーザーまで含めてメロハー業界を見渡すと、地下茎のように人脈がつながっているのが分かります。

このタッチの1stアルバムは、全体としてカラフルでポップなプログレハードという印象です。中でも"Don't You Know What Love Is"の出来栄えが特に素晴らしい。クレイグ・ブルックスの高音が伸びるボーカルと、マーク・マンゴールドのハスキーな低音が掛け合いながら、美しいメロディを綴っていく進行がほんとうにワクワクさせてくれます。この曲はシングルカットされ、英メロディメーカー・チャートで1位、米ビルボード・チャートでは69位を記録しています。マーク・マンゴールド生涯の傑作だと思います。ボーナスでモンスターズ・オブ・ロックのライブ・バージョンが再録されているのもうれしい限り。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

【Disk 2 - Touch II】
■Tracks
01. Never In Love (M. Mangold)
02. Just One Step (M. Mangold)
03. Frozen On A Wire (M. Mangold)
04. Far Enough (M. Mangold)
05. Too Much In Love (M. Mangold)
06. Take It Back (M. Mangold)
07. Anything For Rock 'n Roll (C. Brooks, M. Mangold)
08. You're Not A Child Anymore (M. Mangold)
09. Between The Lines (M. Mangold)
10. Beg Me (M. Mangold)
11. Is It Really Me? (M. Mangold)
12. Feels Like Love (M. Mangold)
13. Let Me Love You (M.Mangold)
14. Tonight [Rough mix version] (M. Mangold)
15. Just Take A Beat Of My Heart [Rough mix version] (M. Mangold)
16. Look [Rough mix version] (M. Mangold)
17. I Found Someone [Rough mix version] (M. Mangold, M. Bolton)

■Personnel
Craig Brooks - Vocals, Guitars
Mark Mangold - Vocals, Keyboards
Doug Howard - Vocals, Bass
Glenn Kithcart - Drums

Producer - Todd Rundgren
Except Track 6 Produced by Roger Glover & Mark Mangold
Except Tracks 14-17 Produced by Touch

2ndアルバムは、天才トッド・ラングレンをプロデューサーに迎えて製作されました。ところが、これもライナーの情報ですが、トッドはほとんど顔を出さず、彼のエンジニアが作ったも同然だったようです。仕上がりに満足しないレコード会社がリリースを拒否、結局2ndはお蔵入りという悲運に見舞われることになりました。今回日の目を見たこの2ndアルバムのクレジットで、6曲目を除いてプロデュースはトッド・ラングレンとなっていますが、実際は1~13曲目まで全てロジャー・グローバー(ディープ・パープル~レインボー)がプロデュースし直したテイクが収められています。14~17曲目は当初はアルバムに収録されていなかったもの。

中身についてですが、基本的には1stと同じ路線です。サックスが入ったAOR風の曲などもあり、音楽性の幅が広がったとも言えますが、反面やや散漫な印象も受けてしまいます。

2ndアルバムをめぐるゴタゴタが続く中でバンドは解散状態となり、マンゴールドは、マイケル・ボルトンとの仕事を皮切りにコンポーザーとしての道を歩むことになります。また、Drive She Said~Mystic Healer~The Signとバンド(プロジェクト?)活動も継続、メロハー業界のキーマンの一人となっています。ベースのダグ・ハワードはスタン・リア(StunLeer)というグループでアルバムをリリースしています。メイン・ボーカルのクレイグ・ブルックスだけは、ロジャー・グローバーのソロ・アルバムに参加したり、マンゴールドと共にマイケル・ボルトンの曲を書いたりしている他にはその後の消息が分かりません。消えてしまうには惜しいボーカリストだと思うのですが。。。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。




記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ