0164The Silence Is Broken










1997年にリリースされたNelsonの4thアルバム。オープニングの"Ghostdance"のナチュラルなオーヴァー・ドライヴのかかったギター・リフに一発で参りました。カッコいい!まるでジェシ・デイヴィスをキリっとさせたみたいなサウンドじゃないですか。途中から絡んでくるワンダ・ヴィックのフィドルがまたいいし、ギターソロも最高にカッコいいし。やっぱりNelsonってのはアイドル・ポップグループでないのはもちろんのこと、HR/HMの範疇に入れてしまうのも違うんじゃないかと思います。ポップスやカントリーの要素の入ったオーソドックスなアメリカン・ロックなんですね。Doobie BrothersやEaglesなんかと並べたほうがいい。#2"Say it isn't So"、#4"You Talk Too Much"、#5"Sunset Strip"はこのユニットの1stを思い出させるハードポップ調の曲ですが、どれも素晴らしい。演奏面でも聴き所が多く、ギターソロはもちろん、ドラムとベースのリズムの合わせ方、曲の流れを殺さないカッコいいキメの入れ方等々、汲めども尽きぬ魅力があります。#6"What About Me?"もペダル・スチールまで入れてくれても心地良いことこの上ない。

と、このまま行ってくれたら名盤間違いなしなのですが、タイトル曲#7"The Silence is Broken"から一転してやけにサウンドが重たくなり違和感を感じます。アルバムの前半と後半とカラーがまったく違ってしまうのです。インタビューによると、本人たちもこのアルバムを過渡的ないし実験的な作品と位置づけているようですが、まあ、そんな感じですね。

このアルバムには、過去作でお馴染みのメンバーに加えて多数のセッション・ミュージシャンが参加しています。主なところをあげておくと、ギターにトム・ブコヴァツ、ジョーイ・キャスカート、カール・コクラン、トロイ・ランカスター、ブレット・ガースド。ドラムにブライアン"ドッグボーイ"バーウェル、リッキー・サリヤー、ボビー・ロック。ベースにブライアン・スパンゲンバーグ、ダウ・トムリン。キーボードにポール・マーコビッチ等々。曲作りにはマーク・タナー、マイケル・ラファエル、ジャック・ポンティ、共同プロデューサーにはガイ・デファツィオ、デヴィッド・J.ホルマン、マイケル・ラファエルと、これまでもネルソン兄弟をサポートしてきた面々がクレジットされています。

なお、アルバムの最後には隠しトラックがあって、なんとマシューとガナーの10歳の誕生日のプレゼントとして、両親が二人にレコーディングさせてくれた曲が収録されています。これがまたカワユイけど上手い!さすがリッキー・ネルソンの子供たちだ!

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Ghostdance (M. Nelson, G. Nelson)
02. Say it isn't So (G. Nelson, M. Nelson, M. Tanner)
03. Why Oh Why? (G. Nelson, M. Raphael, B. Reveles)
04. You Talk Too Much (G. Nelson, M. Nelson)
05. Sunset Strip (G. Nelson, M. Nelson)
06. What About Me? (G. Nelson)
07. The Silence is Broken (M. Raphael, M. Nelson, G. Nelson)
08. L.O.V.E. Me Not (M. Raphael, G. Nelson)
09. Running Out of Time (M. Nelson, J. Ponti)
10. Tears of Pain (G. Nelson, M. Nelson, M. Tanner)
11. Love Me Today Part II (M. Nelson)

■Personnel
Matthew Nelson - lead vocals, bass, acoustic and electric rhythm guitars, lead guitars
Gunnar Nelson - lead vocals, acoustic and electric rhythm guitars, lead guitars, drums

Troy Hartz - rhythm guitar
Tom Bukovac - rhythm guitar
Keith Lander - rhythm guitar
Joey Cathcart - rhythm guitar, background vocals
Brian "Dogboy" Burwell - drums
Ricky Salyer - drums
Bobby Rock - drums
Brian Spangenberg - bass
Dow Tomlin - bass
Michael Raphael - lead guitar
Karl Cochran - lead guitar
Troy Lancaster - lead guitar
Brett Garsed - lead guitar
Harry Sharpe - keyboards
Paul Mirkovich - keyboards, background vocals
Wanda Vick - fiddle
Sam Nelson - background vocals
Steve McClintock - background vocals
Interfaith Baptist Choir - background vocals

Producer - Matthew and Gunnar Nelson
Co-Producer - Guy Defazio, Michael Raphael, David J. Holman