0250Push









このブログでまとめたピート・サンドべリのディスコグラフィを見ても分かるように、2000年をはさむ前後2~3年にこの人は様々なバンドやプロジェクトで結構な数のアルバムを発表しています。そんなピート・サンドべリの音楽活動の絶頂期に出された、彼の2枚目のソロ・アルバムが今回ご紹介するPush 。本作リリース時点ではまだMidnight Sunに在籍していたようです。

さてこのアルバム、彼のキャリアの中では異色の音となっており、モダン・ヘヴィネスの影響だとか、グランジ化したとかの評価を目にすることもあります。実際そうなのかもしれませんが、筆者には特にグランジっぽく聴こえません。むしろリズムが跳ねている点ではTalismanを思い起こさせるし、一番似てると思ったのは日本のPink Cloud(Johnny, Louis & Char)です。ギターとベースがユニゾンでグリグリ迫ってくるところなんかそっくりですし、テンション・コードの入れ方やアーミングのセンス、空間系エフェクターの使い方とか、なんとなくチャーに似てるんです、これがまた。とにかくカッコいいアルバムなので騙されたと思って聴いてみてください。ただラストの2曲、チェロとフレットレス・ベース(ヨナス・レインゴールド)によるインストと、中近東っぽい独唱曲はいらなかったなぁ。意味分かりません。

バックのプレイヤーは、ギターにスヴェン・サーンスキ(Bad Habit etc)、ドラムにハイメ・サラザール(Bad Habit etc)、ベースにイェンス・ルンダール。スヴェン・サーンスキはSnake Charmerで、ハイメ・サラザールはMidnight Sunで、それぞれピートと組んでいました。また、サーンスキ、サラザール、ルンダールの3人はかつてBlakk Totemというバンドのメンバーだった間柄。サーンスキのソロ・プロジェクトTruthでも同じメンツが揃っています。制作はBad Habitを手がけてきたビョルン・ダールベリ。ピートの1stソロ作Back in Business ではエンジニアを務めていた人です。共同制作者にはサーンスキとBad Habitの僚友ハル・ジョンストンが名を連ね、ハル・ジョンストンは本作の曲作りにも一部関与しています。また、収録全14曲中6曲がサーンスキの単独作、4曲がピートとの共作で、アレンジもほぼサーンスキの仕事。さらにブックレットでのサーンスキの扱いが別格となっており、本作での彼の存在は非常に大きいものがあります。これらを考え合わせると、ピート・サンドベリのソロ名義ではあるものの、実態としてはBad Habit側がバックアップしたサーンスキ&サンドべリのプロジェクト作品と言えるかもしれません。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作 
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Machine (S. Cirnski)
02. Save Our Souls (S. Cirnski)
03. Strong Out (P. Sandberg, S. Cirnski)
04. Believe (S. Cirnski)
05. Love Hurts (B. Bryant)
06. Enough Is Enough (P. Sandberg, S. Cirnski)
07. Taking Your Time (S. Cirnski)
08. Crying (P. Sandberg, S. Cirnski)
09. Self Control (S. Cirnski)
10. Respect (S. Cirnski)
11. Captured by Heart (P. Sandberg, S. Cirnski)
12. Dirty Dog (P. Sandberg, H. Johnston)
13. Push (P. Sandberg)
14. Love  (P. Sandberg) [Bonus Track]

■Personnel
Pete Sandberg - Vocals

Sven Cirnski - Guitars
Jaime Salazar - Drums
Jens Lundahl - Bass

Additional players
Jonas Reingold - Fretless bass
Sara Heurlin - Backing Vocals
Tommy Falk - Hammond
Berit Hessing - Cello

Producer - Björn Dahlberg
Co-producer - Sven Cirnski, Hal Johnston