メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

スティーヴ・マン

Nowhere to Hide / Praying Mantis (2000)

0354Nowhere To Hide









イギリスのメロディアス・ハードロック・バンドPraying Mantisの6枚目のオリジナル・アルバム。前作Forever in Time で起用されたトニー・オホーラが引き続きボーカルを担当しており、同じボーカリストが2枚連続して歌うプレマン初の作品となっています。他のメンバーも不動のラインナップで、ティノ・トロイ(g)、クリス・トロイ(b)、デニス・ストラットン(g)、ブルース・ビスランド(ds)、プロデュースはデニス・ストラットンのバンドLionheartのメンバーだったスティーヴ・マンが務めています。

Praying Mantisは大好きなバンドなのですが、これまでの名作と比べるとやや失速気味と感じてしまいました。プレマンらしい叙情的なメロディはふんだんに詰め込まれているものの、曲の構成に不安を感じたり、メロディの繋がりにちょっとした違和感があったり、いま一つ歯車がかみ合っていない印象があるのです。更に、テンポや曲調が似通っている点、ギターのミュート音でリフを刻むパターンが多すぎる点も気になります。今までは気にならなかった6分を超える長尺の曲も、冗長に感じてしまう場面がありました。しかし、そうは言ってもそこはプレマン、良い曲はもちろんあります。特に#5"Future of the World"は本作のハイライトとなる名曲でしょう。メロディ・ラインも、インスト・パートの組み立てもまさにパーフェクト。ただ、これがデニス・ストラットン作というのが、バンドの中核たるトロイ兄弟の不調を何より象徴的に示していると思うのです。サウンド・プロダクション的には、今回なぜかドラムの音が小さくてパンチに欠けるのもマイナス・ポイント。そのせいかいつもよりベースが前に出ていて、クリス・トロイのプレイヤーとしての力量の高さがよく分かるは良かったです。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Nowhere to Hide (music C. Troy/T. Troy - lyrics C. Troy)
02. Cruel Winter (music C. Troy/T. Troy - lyrics C. Troy)
03. The Clocktower (music C. Troy - lyrics C. Troy)
04. Can't Stop the Fire (music C. Troy - lyrics D. Stratton)
05. Future of the World (music D. Stratton - lyrics D. Stratton)
06. Whenever I'm Lost (music D. Stratton - lyrics D. Stratton)
07. You'll Never Know (music C. Troy - lyrics C. Troy)
08. River of Hope (music C. Troy/Bisland/O'Hora/T. Troy/Stratton - lyrics C. Troy)
09. S.O.S. (music T. Troy/C. Troy - lyrics T. Troy)

■Personnel
Dennis Stratton - Guitars, Backing Vocals
Tino Troy - Guitars, Backing Vocals, Keyboards
Tony O'Hora - Lead and Backing Vocals
Bruce Bisland - Drums, Percussion, Backing Vocals
Chris Troy - Bass Guitar, Backing Vocals, Keyboards

Joe Di Libero - Additional Backing Vocals

Producer - Steve Mann, Tino Troy
 

Hot Tonight / Lionheart (1984)

0275Hot Tonight









元Iron Maidenで、後にPraying Mantisに合流するデニス・ストラットンが結成したLionheart(ライオンハート)。彼らが1984年に1枚だけ残した作品です。他のバンド・メンバーは、チャド・ブラウン(Vo)、ロッキー・ニュートン(B)、スティーヴ・マン(Gt, Key)。この3人は後にそれぞれMcAuley Schenker GroupやAndy Scott's Sweetに参加しています。ドラムはセッション・ドラマーのボブ・ジェンキンスとなっています。録音はLA、プロデュースは70~80年代にREO SpeedwagonやJefferson Starshipを手がけてきたケヴィン・ビーミッシュということで想像がつくような、当時日本で「産業ロック」とくくられたサウンドとなっています。

実績ある外部ライターも起用されており、おまけにサックスまで入れて、まあコテコテの売れ線狙いのAOR寄り「アメリカン産業ロック」なんですが、その割りに楽曲が耳に残らない。チャド・ブラウンのボーカルは、高い声が出ますってだけで歌唱力は大したことないし旨味も感じられない。筆者にとってはあまり良い印象のない作品です。スティーヴ・マンのリード・ギターぐらいしか聴き所がない。Praying Mantisとの共通性が云々されることもありますが、デニス・ストラットンには悪いけど、この路線とマンティスとは似て非なるものだと思います。

オリジナルはLP時代に出されその後何度かCDで再発されており、2012年に日本のルビコン・ミュージックからリリースされた盤はリマスター&紙ジャケ仕様でボーナス・トラック3曲が収録されているようです。蛇足ですが、イカだとばかり思っていたジャケット絵、実はオシャレなサングラスだったと最近気付きました。。

※なんとLionheartが再結成して、Praying Mantisと一緒に今年6月~7月来日公演を行うとのこと。驚きました。編成はオリジナル・メンバーのデニス・ストラットン、スティーヴ・マン、ロッキー・ニュートンの他、ボーカルは元Shyのリー・スモール、ドラムはLionheartにも一時在籍し、UFOやRococoで叩いていたクライブ・エドワーズだそうです。
 
評価 ★★☆☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Wait for the Night (D. Stratton, R. Newton, S. Mann)
02. Hot Tonight (D. Stratton, K. Stewart, R. Newton, S. Mann)
03. Die for Love (R. Bugatti, M. Rymaszewski, R. Gavin)
04. Towers of Silver (D. Stratton, R. Newton, S. Mann)
05. Don't Look Back in Anger (D. Stratton, R. Newton, S. Mann)
06. Nightmare (C. Towns)
07. Living in a Dream (D. Stratton, R. Newton, S. Mann)
08. Another Crazy Dream (G. Norbis, J. Swan)
09. Dangerous Game (D. Stratton, R. Newton, S. Mann)

■Personnel
Rocky Newton - Bass Guitar, Backing Vocals
Dennis Stratton - Guitar, Backing Vocals
Steve Mann - Lead Guitar, Keyboards, Backing Vocals
Chad Brown - Lead Vocals

Bob Jenkins - Drums
Gary Herbig - Saxophone on #1, #8
Ray Kelly - Cello on #1

Producer – Kevin Beamish
Executive-Producer – Nigel Thomas
 
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ