メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

スティーヴ・ウエスト

Return of the Great Gildersleeves / Danger Danger (2000)

0282The Return Of The Great Gildersleeves









2000年にリリースされたDanger Danger(デンジャー・デンジャー)の5thアルバム。メンバーは3rdDawn以来のブルーノ・ラヴェル(b、gt)、スティーヴ・ウエスト(ds)、ポール・レイン(vo)のトリオ編成。元メンバーのアンディ・ティモンズとトニー・ブルーノ・レイ、更に1stのプロデュースを担当したランス・クインも一部のパートを受け持っています。グランジ風サウンドからメロディアス路線に復帰した前作Four The Hard Wayの延長線上の作風で、今回も文句なしの傑作アルバムに仕上がりました。本作の特長としては、楽曲のバリエーションが一層広がったことが挙げられます。初期のパーティ・ロック調のものから、Dawnに通じるダークでヘヴィなものまで、違和感なく一枚のアルバムにまとめ上げた力量は賞讃に値するでしょう。

#01"Grind"
露骨にエロい歌詞と重心の低いヘヴィなリズムが最高にカッコいいロックン・ロール。Danger Dangerらしさ100%の名曲です。超強力曲を冒頭に持ってくるのは前作と同じ手法。ギター・ソロはアンディ・ティモンズで、微妙なニュアンスをコントロールする相変わらずの巧みさにはため息が出るほど。

#02."When She's Good She's Good (When She's Bad She's Better)"
セカンドライン風のリズムのいかにもなアメリカン・ハードロックです。この曲のソロもアンディ・ティモンズ。ファンキーでトリッキーなフレーズがたまりません。

#03"Six Million Dollar Man"
Cheap Trickをグっとヘヴィにしたような曲。ネチっこいボーカルが耳に残ります。ギター・ソロはポール・レイン。

#04"She's Gone"
どこぞのAORバンドがやってもおかしくないような、スタイリッシュな哀愁バラード。うーん、いいメロディですね~。鼻の詰まったようなコンプを効かせたAOR風ギター・ソロはトニー・ブルーノ・レイ。この人も上手いです。

#05"Dead Drunk & Wasted"
1stや2ndに入っていてもおかしくないような、いかにもDanger Dangerらしい明るいハード・ポップです。こういう曲は好きだなぁ。ギター・ソロはトニー・ブルーノ・レイ。

#06"Dead Dog"
一転してDawnを思い出させるダークでヘヴィな曲。それもそのはずでDawn制作当時のマテリアルとのこと。もはやなんちゃってグランジには聴こえず、しっかりこのバンドのレパートリーの一部になってます。ポール・レインの歌の上手さと、暗い情念が燃え盛るようなブルーノ・ラヴェルのギター・ソロが印象に残ります。

#07"I Do"
これぞ哀愁系メロディアス・ハードど真ん中の名曲!Danger Dangerの音楽性がいい方向に広がっているのが感じられます。トニー・ブルーノ・レイのソロもカッコいい。

#08"My Secret"
リリカルなメロディ、追憶をテーマにした歌詞、風が吹き抜けるようなアコースティカルなアンサンブルが好ましい小品。ここでもバンドの音楽性の幅の広がりを示しています。

#09"Cherry Cherry"
タイトルからして"Naughty Naughty"や"Bang Bang"を思わせるパーティ・ロック。おっさんになってもこういう曲をやるのがカッコいいんです。もう能天気な感じがしないのは、当たり前のような、ほろ苦いような。。。ボーカルはブルーノ・ラヴェルで、曲にあってます。ストーンズでキースが歌う曲みたいな感じかな。

#10"Get In The Ring"
ヘヴィなリフと淡々としたコーラスが不思議に興奮を誘う曲。明るさのかけらもないところはDawn的ですが、しっかりDanger Dangerの音になってます。一聴して彼と分かるアンディ・ティモンズのソロも見事の一言。

#11"Walk It Like Ya Talk It"
アップ・テンポのオーソドックスなハード・ロック。Danger Dangerは意外にこういう曲は少ないのですが、かなりいい感じです。アンディ・ティモンズのソロはもちろん素晴らしいし、こういう曲調だとあらためてリズム隊が手堅いのも認識できます。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Grind
02. When She's Good She's Good (When She's Bad She's Better)
03. Six Million Dollar Man
04. She's Gone
05. Dead Drunk & Wasted
06. Dead Dog
07. I Do
08. My Secret
09. Cherry Cherry
10. Get In The Ring
11. Walk It Like Ya Talk It
All songs written by Danger Danger

■Personnel
Paul Laine – Lead Vocals, Backing Vocals, Guitars on #8, Keyboards on #3, #6, #8, Guitar Solo on #3
Bruno Ravel – Guitars, Bass, Keyboards on #4, #6, #7, #9, Guitar Solo on #6, #9, Lead Vocals on #9,  Backing Vocals on #2
Steve West – Drums, Percussion

Andy Timmons - Lead Guitars on #1, #2, #10, #11, Backing Vocals on #2
Tony Bruno - Lead Guitars on #4, #5, #7, Keyboards on #6, Guitar Synth on #8, Wah Guitar on #10
Lance Quinn - Keyboards on #1, #2, #4
Scott Brown - Backing Vocals on #1
Damien Graham - Drums & Percussion on #8

Producer - Danger Danger


Four The Hard Way / Danger Danger (1997)

0173Four The Hard Way










デンジャー・デンジャーのメンバー・チェンジ後2枚目、通算4枚目のアルバム。リリースは日本が一番早く1997年9月、欧州盤が10月、米国盤は翌98年3月となっています。メンバーは前作Dawnと同じく、ブルーノ・ラヴェル(b、gt)、スティーヴ・ウエスト(ds)、ポール・レイン(vo)の3人という変則的な編成。ただし、本作ではバンドを離れたアンディ・ティモンズ(gt)とケイシー・スミス(key)が一部の曲に参加しています。1stのギタリスト、トニー・ブルーノ・レイが共同プロデューサーとして名を連ねているのは前作と同じです。

前作ではグランジ・ブームに便乗したサウンドにがっかりさせられましたが、このアルバムではいわゆる「モダン」なヘヴィさは残るものの、とって付けたような暗さはほとんど消えました。グランジ/オルタナというのは、少なくとも初期のバンドにはそういう音楽表現を選ぶ内的必然性があるわけで、ただ流行っているから真似しました的なHR/HM系バンドは、こういう音楽を好んで聴くファンにもHR/HMファンにも相手にされないのは当然だと思うのです。デンジャー・デンジャーが素早く再度の転身を図ったのは正解だと思います。

本作で特筆すべきは、キャッチーでポップな楽曲が増えたこと、しかも初期のようなお気楽な感じには戻っていないことです。エッジの立ったサウンドにポップなメロディ、大人のハード・ポップ路線、いや~、むしろ1stや2ndよりいいじゃないですか。それから、ブルーノ・ラヴェルのギターもすごく良いのですが、やっぱりアンディ・ティモンズのテクニカルかつ歌心あるソロ(#1、2、5、8)は最高です。#1"Still Kickin"、 #2"Sick Little Twisted Mind"、#7"Goin' Goin' Gone"、#8"Afraid of Love"はお蔵入りとなった幻の3rdアルバムCockroach収録曲の再録音ですが、"Still Kickin"のソリッドでハードなサウンド、"Goin' Goin' Gone"の哀愁メロディは特に素晴らしいです。米国盤のみのボーナス・トラック"Comin' Home '98"は2ndScrew It!収録曲のポール・レイン・バージョン、これがまた大人っぽくて良いのです。何度聴いても飽きることはなく、聴くたびに味わいが増す、これはまごうことなき傑作アルバムでしょう。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Still Kickin'
02. Sick Little Twisted Mind
03. Jaded *
04. Captain Bring Me Down *
05. Goin' All the Way
06. The Girl Ain't Built To Sleep Alone
07. Goin' Goin' Gone
08. Afraid Of Love
09. Heartbreak Suicide *
10. .I Don't Need You
11. .Comin' Home '98 [bonus]
All songs written by B.Ravel/S.West except * written by P.Laine 

■Personnel
Paul Laine – lead & background vocals, acoustic guitar, wah wah guitar
Bruno Ravel – bass, lguitar, keyboards, lead & background vocals
Steve West – drums, percussion

Andy Timmons - guitar, background vocals
Kasey Smith - keyboards

Producer - Bruno Ravel, Steve West, Paul Laine
Co-Producer - Tony "Bruno" Rey 



Dawn / Danger Danger (1995)

126Dawn










なんと今年(2014年)9月にオリジナル・メンバーで来日ツアーを行なうことがアナウンスされたデンジャー・デンジャー。アンディ・テイモンズも来るのか~。行きたいな~。

このDawnはリリースされたのは1995年で彼らの3枚目のアルバムとなります。実はCockroachというアルバムがこれより前に完成していたのですが、諸々の事情があってお蔵入りとなり、Dawnの方が先にリリースされたのです。だから制作順から言えば4枚目ということになります。2ndアルバムScrew It!(1991)発表以降、バンドを取り巻く環境もバンドの状況も大きく変わりました。92年にはキーボードのケイシー・スミスが解雇され、93年録音を終えたCockroachの発売が何故か延期。ゴタゴタの中で今度はボーカルのテッド・ポーリーが脱退(解雇)。バンドは知り合いだったカナダ人ボーカリスト、ポール・レインを新メンバーに迎えてCockroachを録り直すものの、テッド・ポーリーとの間で訴訟が持ち上がりアルバムは発表できず、嫌気がさしたギターのアンディ・ティモンズまでがバンドを離れソロ活動を始めてしまいます。心機一転を図るバンドは、1stでギターを弾いていた旧知のトニー・ブルーノ・レイを共同プロデューサーに迎えてアルバム制作を開始、1995年にようやく3rdアルバムDawnを発表することとなりました。

このアルバムを初めて手にしたとき、デンジャー・デンジャーの激変ぶりには驚かされました。音はダーク&へヴィとしか言い様がない、歌詞もジャケットもシリアス、ついこの前まで能天気なパーティ・ロックで大騒ぎしていたバンドとは信じられません。ボーカルも交代しているので、予備知識無しで聴いたら全然違うバンドだと思うでしょう。曲作りも含めこのバンドの中核はリズム隊のブルーノ・ラヴェルとスティーヴ・ウェストの二人なので、よく聴けばそこかしこにデンジャー・デンジャーらしいメロディが見え隠れしているのですが、それにしても過去の作品とはあまりにもイメージが違いすぎます。じゃあ、あなたはこのアルバムはつまらないと思うかと聞かれれば、決してそんなことはありません。全ての虚飾を取り去ったような生々しい音(特にドラムとベース)は魅力的ですし、ポール・レインのボーカルも迫力あるし、ブルーノ・ラヴェルのギターも代役とは思えないほど達者だし。ただ、あなたはデンジャー・デンジャーにこの音を求めるかと聞かれれば、答えは否です。

評価 ★★★☆☆ 
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Helicopter
02. Crawl
03. Punching Bag
04. Mother Mercy
05. Sorry
06. Drivin' Sideways
08. Goodbye
09. Wide Awake And Dead
10. Nobody Cares
11. Heaven's Fallin'
12. Hard
All songs written by Bruno Ravel, Steve West, Paul Laine

■Personnel
Paul Laine – lead vocals, guitar, B-3, percussion
Bruno Ravel – lead & rhythm guitars, bass, vocals, keys
Steve West – drums, percussion

Producer - Bruno Ravel, Steve West, Paul Laine
Co-Producer - Tony "Bruno" Rey 

 

Rock America / Danger Danger (1990)

0095Rock America
1990年リリースされたデンジャー・デンジャーのEP。1stアルバムDanger Danger で聴ける"Rock America"はいいとして、プロモーション用に作られた5曲入りライブ・アルバムDown And Dirty Live! からの、テッド・ポーリー、アンディ・ティモンズ在籍時のライブ音源3曲が気になるところです。本当はDown And Dirty Live!  を入手したいのですが当然非売品。2003年に2ndアルバムScrew It リマスター盤がDown And Dirty Live!  との2枚組として再発されましたが、これも現在廃盤にて入手困難。次善の策として3曲が聴けるこのEPを中古で購入しました。Down And Dirty Live!  の残りの2曲は、"Groove Or Die"がシングルMonkey Business の、"Boys Will Be Boys"がシングルI Still Think About You のそれぞれカップリング曲となっています。

さて、ライブ音源3曲は1990年アメリカ本国でのコンサートから収録されています。スタジオ盤に比べ当然ラフなものの、デビュー間もない頃のデンジャー・デンジャーの生き生きとした様子が伝わってきます。下手すると単なるアイドル扱いされかねないバンドですが、ライブでも演奏は実にしっかりしてます。#2"Bang Bang"と#3"Naughty Naughty"は1stアルバムでおなじみの曲、バンドも観客も「のーりのーりぃー」な感じです。ギター・ソロにクラプトンの"Layla"のフレーズを出してくるあたり、アンディ・ティモンズらしくてイイです。リック・デリンジャー作の#4"Rock'n'Roll Hoochie Koo"は、今やハードロックのスタンダード曲となった感があります。数多くのバンドにカバーされてきましたが、特にライブ映えする曲なんですよね。とにかくアンディのギターのカッコいいこと!この1曲を聴くために本作を買っても惜しくない出来です。まあ、EPなんで安いしね。

※2014年に1stDanger Danger と2ndScrew It! の最新リマスター盤が発売されました。ボーナス・トラックとしてDown And Dirty Live!  収録の全5曲が分割されて収められています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Rock America (B. Ravel, S. West)
02. Bang Bang [live] (B. Ravel, S. West)
03. Naughty Naughty [live] (B. Ravel, S. West)
04. Rock'n'Roll Hoochie Koo [live] (R.Derringer)

■Personnel
Ted Poley - vocals
Andy Timmons - guitar
Kasey Smith - keyboards
Bruno Ravel - bass
Steve West - drums

Producer - Lance Quinn(1), Lennie Petze(2-4) 

Screw It! / Danger Danger (1991)

0024Screw It!

デンジャー・デンジャー2ndアルバム。1stと基本的に路線は同じですが、楽曲の水準がぐっと向上した上、アンディ・ティモンズ正式加入後の録音なので 彼のスリリングなギターが全面にフューチャーされ、バンドのレベルがアップしたように感じます。ハードでメロディアスな"Beat the Bullet"、デンジャー・デンジャーのイメージにぴったりのハードポップ"Don't Blame It on Love"、アコギを入れてややレイドバックした"Comin' Home"、メタリックなスピード・チューン"Horny S.O.B."などなど、名曲・佳曲がずらりとならんでいます。ただし、訳の分からないラップやら、本職ポルノ女優のあえぎ声やら、悪ふざけの度が強まって、アルバムの印象が散漫になってしまったのが残念。曲数が17曲と多いのですが、イントロや曲間の小芝居とパーティロック調の曲を1~2曲カットした ら、もっと密度の濃いアルバムになったのではないでしょうか。まあ、そういう時代だったということでいたし方ありませんが。

アンディ・ ティモンズ以外のメンバーは1stと同じく、テッド・ポーリー(Vo)、ブルーノ・ラヴェル(Ba)、スティーヴ・ウエスト(Dr)、ケイシー・スミス (Key)。なお、エクストリームのゲイリー・シェローン、ヌーノ・ベッテンコート、パット・バッジャーがバッキング・ボーカルでクレジットされていま す。

※2014年に最新リマスター盤が出ました。従来の日本盤17曲に加え、"Groove Or Die"(シングル"Monkey Business"B-side)、"Boys Will Be Boys"(シングル"I Still Think About You"B-side)が収録されています。元々はプロモーション用5曲入りライヴ・アルバムDown And Dirty Live! (非売品)に収められていたものです。同時に発売された1stDanger Danger リマスター盤には"Bang Bang"、"Naughty Naughty"、"Rock'n'Roll Hoochie Koo"が収録されており、これで入手困難だったDown And Dirty Live! の全曲揃うことになります。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Ginger Snaps (Intro)
02. Monkey Business
03. Slipped Her the Big One
04. C'est Loupé (Prelude)
05. Beat the Bullet
06. I Still Think About You
07. Get Your Shit Together
08. Crazy Nites
09. Puppet Show
10. Everybody Wants Some
11. Don't Blame It on Love
12. Comin' Home
13. Horny S.O.B.
14. Find Your Way Back Home
15. Just What The Dr. Ordered [Borus Track for Japan]
16. Yeah, You Want It!
17. D.F.N.S.

■Personnel
Ted Poley - lead & backing vocals
Andy Timmons - electric & acoustic guitars, backing vocals
Bruno Ravel - 4 & 12 string basses, cello, backing vocals
Steve West - drums, out of tune vocals
Kasey Smith - keyboards

Gary Cherone - backing vocals
Nuno Bettencourt - backing vocals
Pat Badger - backing vocals
Ginger Lynn - voice
Eddy Conard - percussion

Producer - Bruno Ravel, Steve West
Co-Producer - Erwin Musper



記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ