メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

ジョー・リン・ターナー

Guilty as Sin / Brazen Abbot (2003)

0367Guilty as Sin









ブルガリア出身ギタリスト、ニコロ・コツェフが主宰するハードロック・プロジェクトBrazen Abbotの6年ぶりの第4作。今回起用されたボーカリストは、前作から引き続いての参加となるジョー・リン・ターナーとヨラン・エドマン、そして新たにヨルン・ランデというメンツとなっています。万能型のJLT、アグレッシヴ&パワフルなヨルン・ランデ、渋めの曲を歌わせたら天下一品のヨラン・エドマン、三者三様の歌唱が楽しめるという相変わらず贅沢な趣向ですね。インスト・パートはEuropeのジョン・レヴィン(B)、イアン・ホーグランド(Ds)、ミック・ミカエリ(Key)で、前作から変更無しの鉄壁の布陣です。

Deep Purple、Rainbowスタイルの「様式美ハードロック」を中心に、手を変え品を変え70年代ロックを蘇らせるポリシーはこれまで通り。当然目新しさは全くないものの、好き者には堪えられない企画ですな。今回は、ヨラン・エドマンの歌うバラード#3"I'll Be Free"が、地味ながらもしみじみした味わいがあって特に良かったです。また、不思議な雰囲気のアコースティック曲#10"Eve"は、ヨラン・エドマンの声がデヴィッド・ボウィみたいで強い印象が残ります。一方、ハード目の曲ではヨラン・エドマンが苦しそうだったり、タイトル曲#12"Guilty as Sin"の後半がちょっと冗長な感じだったりして、百点満点とは言えないかな。これまでのアルバムが良すぎた反動なのか、小さなことでも気になってしまいました。ニコロ・コツェフのギターはいつも通り音色もフレーズも完璧で言うことありません。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. One Life to Live (Lyrics : Joe Lynn Turner)
02. Eyes on the Horizon (Lyrics : Jörn Lande)
03. I'll Be Free (Lyrics : Nikolo Kotzev)
04. Slip Away (Lyrics : Joe Lynn Turner)
05. Mr. Earthman (Lyrics : Jörn Lande)
06. Like Jonah (Lyrics : Göran Edman)
07. Bring the Colors Home (Lyrics : Jörn Lande)
08. Fool's Confession (Lyrics : Göran Edman)
09. Supernatural (Lyrics : Joe Lynn Turner)
10. Eve (Lyrics : Nikolo Kotzev)
11. A Whole Lotta Woman (Lyrics : Jörn Lande)
12. Guilty as Sin (Lyrics : Joe Lynn Turner)
[bonus track for Japan]
13. Love Is on Our Side (Acoustic Version) (Lyrics : Joe Lynn Turner)
All music written by Nikolo Kotzev

■Personnel
Nikolo Kotzev - guitars, violin, piano, keyboards, percussion

Joe Lynn Turner - vocals (1, 4, 9, 12, 13)
Göran Edman -  vocals (3, 6, 8, 10)
Jörn Lande -  vocals (2, 5, 7, 11)

Ian Haugland - drums
Mic Michaeli - organ
John Levén - bass

Producer - Nikolo Kotzev 


Amazon商品リンク

Holy Man / Joe Lynn Turner (2000)

0333Holy Man









ジョー・リン・ターナー(JLT)の6枚目のソロ作。カバー企画盤を除くオリジナル・アルバムとしては4thアルバムということになります。今回はDeep PurpleやRainbowタイプのハードロックをメインとした趣向になっています。参加したギタリストは全部で7人で、それぞれ持ち味の異なるプレイが楽しめます。特に梶山章は全13曲中7曲と、初登板だった前作Under Cover 2 の3曲を上回る大抜擢に応えて素晴らしいプレイを披露しています。また、ギタリストそれぞれが担当曲の作曲にも関与しているのも興味深いポイント。他のギタリストは、ジョー・ボナマッサ、アンディ・ティモンズ、アル・ピトレリ、カール・コクラン、トム・ティーリー、アラン・シュワルツ。リズム隊はベースにエリック・ツァーとグレッグ・スミス、ドラムにケニー・クラム、それからキーボードにはポール・モリスと、JLTのアルバムではお馴染のプレイヤーが主にクレジットされています。

#1"No Salvation"
冒頭3曲は梶山章が参加したRainbowスタイルの曲。オープニングは、リフからオルガンからとにかくRainbowっぽいスピード・チューンで、JLTものっけから飛ばしまくってます。梶山章のギターソロは、トレブリーなトーンと軽やかなフレージングがリッチー・ブラックモアそのまんま。そういう評価が本人にとって本当に良いか悪いかは別にして、素晴らしい演奏であることは間違いありません。

#2"Holy Man"
タイトル・トラックは少しテンポが落ちてヘヴィになります。なんだかRainbowの未発表曲集を聴いていると錯覚してしまいそう。

#3"Anything"
"Can't Let You Go"に似たメロディアスなバラード曲。梶山章のソロが特にエモーショナルで見事だと思います。擦過音などのノイズが聴こえるのも生々しくて逆に強い印象を受けます。

#4"Honest Crime"
#5"Wolves at the Door"
#6"Angel"
ソロ・デビュー間もない頃のジョー・ボナマッサを起用してのヘヴィなブルース・ロックが3曲続きます。考えてみればこれも大抜擢だったのかもしれません。若さに似合わずコクと粘りのあるギターがいい感じです。本作でのセッションが縁となったのか、エリック・ツァーとケニー・クラムはジョー・ボナマッサのバンドのリズム隊に加わることになります。

#7"Something New"
本作の中では異色なファンキーなグルーヴを打ち出した曲。ソロはアンディ・ティモンズ。

#8"Love Is Blind"
#9"Breaking Away"
ここは残念ながら中だるみですね。捨て曲と言われても仕方のない曲が2曲続きます。歌唱・演奏はもちろん文句無しなんですが。

#10"Midnight in Tokyo"
ラスト4曲は再び梶山氏登板です。ヴァース部分でドラムがオカズ叩きまくっているのは"Burn"と同じ趣向。ギター・ソロが無茶苦茶カッコよくて鳥肌立ちます。蛇足ですがこれ、空耳じゃなく完全に「みんなのトーキヨー」って言ってますね。

#11"Babylon"
タイトルから想像がつくように、"Gates of Babylon"を思わせる中近東イメージの曲。期待に違わぬ梶山氏のアラビアン・フレーズに思わず拍手してしまいました!

#12"Closer"
優しく暖かいメロディが印象的なバラード。JLTのボーカルと梶山章のギターが共鳴している感じ。うーん、この二人は最高のコンビだと思わせますね~。

#13"Too Blue to Sing the Blues"
"Fire in the Basement"や"Lazy"を思い出させる超カッコいいシャッフル・ナンバー。ギターはバッキングもソロもとにかく絶品です。梶山章参加曲は全て出来がいいので、いっそ全曲梶山章でいってくれた方が統一感もあってよかったんじゃないかなぁ。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. No Salvation (J. L. Turner, A. Kajiyama)
02. Holy Man (J. L. Turner, B. Held, A. Kajiyama)
03. Anything (J. L. Turner, B. Held, A. Kajiyama)
04. Honest Crime (J. L. Turner, B. Held, J. Bonamassa)
05. Wolves at the Door (J. L. Turner, B. Held, J. Bonamassa)
06. Angel (J. L. Turner, B. Held, J. Bonamassa)
07. Something New (J. L. Turner, K. Cochran)
08. Love Is Blind (B. Held, T. Teeley)
09. Breaking Away (K. Cochran, R. Young)
10. Midnight in Tokyo (J. L. Turner, B. Held, A. Kajiyama)
11. Babylon (J. L. Turner, A. Kajiyama)
12. Closer (J. L. Turner, A. Kajiyama)
13. Too Blue to Sing the Blues (J. L. Turner, A. Kajiyama)

■Personnel
Joe Lynn Turner - vocals, background vocals on 2, 7, 8, 9, 12
Akira Kajiyama - guitars on 1, 2, 3, 10, 11, 12, 13
Joe Bonamassa - guitars on 4, 5, 6
Andy Timmons -  guitar end solo on 4, guitar solo on 7
Al Pitrelli - addt'l guitars on 6, guitar end solo on 13
Alan Schwartz - guitar end solo on 6, 8
Karl Cochran - guitars on 7, 9
Tom Teeley - guitars on 8, keyboards on 8, background vocals on 2, 7, 8
Paul Morris - keyboards on 1, 2, 3, 4, 5, 9, 10, 11, 12, 13
Eric Czar - bass on 1, 2, 3, 10, 11, 12, 13
Greg Smith - bass on 4, 5, 6, 7, 8, 9
Kenny Kramme - drums
Nancy Bender - background vocals on 2, 7, 8, 12
Tabitha Fair - background vocals on 2, 7, 8, 12

Producer - Bob Held, Joe Lynn Turner
Executive-Producer – Mark Wexler


Amazon商品リンク

Nostradamus / Nikolo Kotzev (2001)

0281Nostradamus









ブルガリア出身のギタリスト、ニコロ・コツェフによるロック・オペラ「Nostradamus(ノストラダムス)」を収録した2枚組アルバムです。ノストラダムスと聞くと、日本では随分前にブームになった「ノストラダムスの大予言」を思い出しますが、まさにそのノストラダムスに関するストーリーをロック・オペラに仕立てた作品です。改めてググってみたところ、「ノストラダムス」とは「ノートルダム」のラテン語読みだそうで、「ノートルダム」は「我らの貴婦人」という意味のフランス語でで聖母マリアを指すのだそうです。「ノストラダムス」という響きに禍々しさを感じていましたが、なんだか普通で拍子抜けしました。

ニコロ・コツェフと言えばハードロック・プロジェクトBrazen Abbotで知られており、ニコロ・コツェフ名義の本作にもBrazen Abbotの常連ミュージシャンが多数参加しています。ロック・オペラということで、ボーカル陣にはそれぞれ役が振られていて、クレジットにはその配役が記されています。ジョー・リン・ターナーはノストラダムス、グレン・ヒューズはフランス王アンリ2世、ヨラン・エドマンが幽霊、ドゥギー・ホワイトが語り部、ヨルン・ランデが宗教裁判官、アランナ・マイルズがノストラダムスの妻アンヌ、サス・ジョーダンがフランス王妃カトリーヌ・ド・メディシスといった具合です。女性ボーカリスト二人は畑違いで筆者は知らない人でした。バンドはミック・ミカエリ(Key)、ジョン・レヴィン(B)、イアン・ホーグランド(Ds)のEurope組とニコロ・コツェフ自身です。

さて音のほうですが、基本的にはBrazen Abbot同様の、Deep PurpleやRainbowスタイルのオーソドックスなハード・ロックです。ただ、オーケストラや合唱団が加わったことによって、シンフォニック・メタルのような荘重なサウンドとなっているのが特徴。また、1曲の中で複数のボーカリストと合唱団が歌い分けているのも、ロック・オペラならでは面白みだと思います。筆者の耳に残ったのは宗教裁判官役ヨルン・ランデの圧倒的な歌唱。もともとこの役にはロニー・ジェイムス・ディオを予定していたらしいのですが、ヨルン・ランデはその代役を見事に務めています。それから、グレン・ヒューズの変幻自在のボーカルもやはり凄い。バンドの演奏はBrazen Abbotと同じくパーフェクト。というわけで完成度は恐ろしく高いです。ロック・オペラというものを、ライブやビデオではなくCDで音だけ聴くのは物足りないし、また全編通しで聴くのはちっょとしんどいのですが、たまにじっくり腰を据えて聴く価値のあるニコロ・コツェフ渾身の作品だと思います。

※youtubeにNostradamus2017年ブルガリア公演のトレイラー映像がありました。配役はCDとは違っていて、トーマス・ヴィクストロムやビョルン・ローディンが出ているようです。映像化されればCDよりよっぽど面白いと思います。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
CD1
Act I
01. Overture (Instrumental)
02. Pieces of a Dream
03. Desecration
04. Introduction
05. Home Again (Instrumental)
06. Henriette
07. Caught Up in a Rush
08. The Eagle
09. Plague
10. Inquisition
Act II
11. The King Will Die
12. I Don't Believe
13. Try to Live Again

CD2
01. War of Religions
02. The Inquisitor's Rage
03. Chosen Man
Act III
04. World War II
05. World War III
06. Because of You
07. The End of the World, 3797
08. I'll Remember You
All music written by Nikolo Kotzev

■Personnel
[Cast of Characters]
Anne Gemelle - Alannah Myles
Catherine, Queen of France - Sass Jordan
Ghost - Göran Edman
Henry II, King of France - Glenn Hughes
Inquisitor - Jørn Lande
Nostradamus - Joe Lynn Turner
Story Teller - Doogie White
The People - Choir
The Inquisition - Choir

Nikolo Kotzev - Guitars, Synths, Violin Solo on "Henriette", Percussion
Ian Haugland - Drums
John Levén - Bass
Mic Michaeli - Organ

Producer - Nikolo Kotzev

Under Cover 2 / Joe Lynn Turner (1999)

0243Undercover 2









ジョー・リン・ターナーの5枚目のソロ作品。第3作Under Cover の続編となるカバー・アルバムです。Under Cover がR&B寄りの選曲が目立ったのと比較して、今回はハードロックど真ん中。スタンダード曲ばかりなので新鮮味は無いものの、ハードロック・ファンとしては嬉しい内容です。しかも、曲ごとに異なるゲスト・ギタリストがソロを弾くという、タマらん企画となってます。ゲスト以外のバンドはトニー・ブルーノ・レイ(Gt)、グレッグ・スミス(B)、ケニー・クラム(Ds)、ポール・モリス(Key)と、前作Hurry Up and Wait のメンツと同じです。

#1"Lady Double Dealer"、パープルのStormbringer (1974)から。JLTの歌唱はデヴィッド・カヴァーデイルと遜色なく、自分の持ち歌のように歌いこなしています。ギター・ソロは梶山章。「虹伝説 - 虹を継ぐ覇者」でJLTをゲストに迎えて共演した翌年に、今度はJLTから呼ばれたということになります。オープニングのこの曲を含め3曲でソロを任されるという大抜擢に応え、リッチーばりの軽やかでアグレッシブなプレイを披露しています。

#2"Wishing Well"、フリーのラスト・アルバムHeartbreaker (1973)から。ブラックフット、ゲイリー・ムーア、日本だとロックン・ロール・スタンダード・クラブ(松本孝弘)など数多くのバンドにカバーされた名曲。ギター・ソロは、ビリー・スクワイアやロッド・スチュワートのバンドでもプレイしていたジェフ・ゴルブで、これがまた粘っこくて結構カッコいいんです。

#3"Helter Skelter"、ビートルズのThe Beatles (1968 通称「ホワイト・アルバム」)から。ビートルズとしては異色のハードな曲でHR/HM系のバンド中心に数え切れないほどカバーされてきました。ギター・ソロはリヴィング・カラーのヴァーノン・リード。

#4"Rock Bottom"、UFOのPhenomenon (1974)から。マイケル・シェンカーが加入して最初のアルバムですね。当時のギター・キッズはマイケル・シェンカーのソロにびっくり仰天したもんです。この曲、リフとギター・ソロがキモで歌メロは大したことないのに、JLTが本作に入れたのが意外。テンポを落としてグッとヘヴィになってます。そしてソロは原曲ほど長くなく、シェンカーとは全く異なるアプローチでバンド・メンバーのトニー・ブルーノが弾いています。

#5"Waiting for a Girl Like You"、フォリナーの4 (1981)からシングルカットされて大ヒットした曲。ルー・グラムとはニュアンスは違うものの、切々とした歌唱にJLTの上手さを感じざるを得ません。

#6"Movin' On"、バッド・カンパニーのBad Company (1974)から。本作2曲目のポール・ロジャースのレパートリー。JLTの得意分野ですな。各パートとも原曲に忠実で、カバーというよりコピーといった感じ。ソロはジョン・エントウィッスル・バンドのゴッドフリー・タウンゼント、ミック・ラルフスの完コピやってます。憎いね!

#7"Rock and Roll, Hoochie Koo"、これも人気のある曲でカバーは数知れず。リック・デリンジャー作ですが、彼自身のアルバムAll American Boy (1973)に収録される以前に、ジョニー・ウィンターのJohnny Winter And (1970)、エドガー・ウィンターのライブ盤Roadwork (1972) でのジョニー・ウィンターの演奏ですでに有名曲になっていました。リック・デリンジャーはどちらにもウィンター・ファミリーの一員として参加していて、All American Boy のバージョンはいわばセルフ・カバーということになります。本作でのJLTの歌唱はジョニー・ウィンター風ですね。そしてギターはなんとご本人リック・デリンジャー!「三連の神様」らしいカッコいいソロを披露しています。

#8"The Boys Are Back in Town"、シン・リジィのJailbreak (1976)からのシングル・ヒット。シン・リジィの曲はフィル・リノットのクセの強い歌唱が特徴ですが、JLTはその雰囲気を壊さずに自分流に歌いこなしているのがさすが。ギターはトニー・ブルーノ。

#9"Born to Be Wild"、ステッペンウルフのデビュー盤Steppenwolf (1968)から。映画「イージー・ライダー」でテーマソング的に使われ世界中で大ヒット、邦題「ワイルドでいこう」で日本でもよく知られています。古今東西カバーも数知れず、永遠のロック・アンセムともいうべき曲を、本作ではオリジナルに近いアンサンブルで聴かせてくれます。ちょっと現代風で流麗なギター・ソロはトニー・ブルーノ。

#10"The Race Is On"、自身の1stソロ作Rescue You (1985)からのセルフ・カバーです。原曲はきらびやかなキーボードが耳につき、ドラムも風呂場で叩いているような音で、いかにも80年代臭かったのが、ギター中心のすっきりしたアレンジで生まれ変わりました。こちらのほうが全ての音が生々しくてロックらしい勢いがあります。改めて聴き比べると、JLTの声がドスのきいたものに変化し、歌唱もより腰が据わっています。ギターは梶山章、緩急のある実に良いソロです。

#11"Fool for Your Loving"、言わずと知れたホワイトスネイクの代表曲で、初出はReady an' Willing (1980)。Slip of the Tongue でのホワイトスネイクのセルフ・カバーを初めとして、これまた多くのバンドに取り上げられてきたスタンダード・ナンバー。オリジナルは渋めのハード・ロック、Slip of the Tongue バージョンはよりメタリックですが、本作ではそのニコイチ的なアレンジでやってます。ギター・ソロは梶山章で、オリジナルのバニー・マースデンのフレーズをリッチーが弾いてるみたいな感じ。カッコいいです。全然関係ないけど、オリジナルのニール・マーレイのベースが良すぎるので、誰のバージョン聴いてもイマイチ感がつきまとうんですよね、筆者としては。

#12"Mississippi Queen"、マウンテンのClimbing! (1970)から。シングル・ヒットもしました。カバーはブラック・ストーン・チェリーとかWASPとか、他にもあるかも。この曲ではまたまたサプライズでご本人登場!レズリー・ウェストが、独特な歌うようなギター・ソロを弾いています。筆者の好きなギタリストのベスト・テンに入る人なので嬉しいです。JLTのボーカルもレズリー・ウェストとはまた違う迫力があっていいなぁ。

#13"Lost in Hollywood"、レインボーのDown to Earth (1979) から。オリジナルはグラハム・ボネットですが、JLTも負けじと青筋立てて熱唱しております。ガナるときはガナるぞと。JLT時代のレインボーがやっても違和感なさそうですね、この曲。ギター・ソロは何故か梶山氏でなくてアル・ピトレリ。

どれもこれも、プロからアマチュアまで色々なバンドのレパートリーとなることも多く、筆者もバンドでカバーした曲がいくつもあります。耳に馴染んだ曲ばかりで大好物なアルバムですが、正直皆が皆同じように楽しめるのかは分からない。。。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Lady Double Dealer (R. Blackmore/D. Coverdale)
02. Wishing Well (P. Rodgers/S. Kirke/T. Yamauchi/J. Bundrick/P. Kossoff)
03. Helter Skelter (J. Lennon/P. McCartney)
04. Rock Bottom (M. Schenker/P. Mogg)
05. Waiting for a Girl Like You (M. Jones/L. Gramm)
06. Movin' On (M. Ralphs)
07. Rock and Roll, Hoochie Koo (R. Derringer)
08. The Boys Are Back in Town (P. Lynott)
09. Born to Be Wild (M. Bonfire)
10. The Race Is On (J. Lynn Turner/A. Greenwood)
11. Fool for Your Loving (D. Coverdale/B. Marsden/M. Moody)
12. Mississippi Queen (L. West/C. Laing/F. Pappalardi/D. Rea)
13. Lost in Hollywood (R. Blackmore/R. Glover/C. Powell)

■Personnel
Joe Lynn Turner - vocals, background vocals on 5, 7, 10
Tony Bruno - guitars, guitar solo on 4, 5, 8, 9
Greg Smith - bass
Paul Morris - keyboards
Kenny Kramme - drums

Akira Kajiyama - guitar solo on 1, 10, 11
Jeff Golub - guitar solo on 2
Vernon Reid - guitar solo on 3
Goodfrey Townsend - guitar solo on 6
Rick Derringer - guitars and guitar solo on 7
Leslie West - guitars and guitar solo on 12
Al Pitrelli - guitar solo on 13
Steve Murphy - background vocals on 3, 5
Evan Slamka - background vocals on 3, 5, 10
Eric Miranda - background vocals on 3, 5, 10
Bill Snodgrass - background vocals on 3
Nancy Bender - background vocals on 7
Dina Miller - background vocals on 7

Producer - Bob Held, Joe Lynn Turner
Executive Producer - Mark Wexler, Kaz Kojima

Hurry Up and Wait / Joe Lynn Turner (1998)

0230Hurry Up and Wait









ジョー・リン・ターナーが1998年にリリースしたソロ作。前作Under Cover (1997)はカバー・アルバムだったので、オリジナル・アルバムとしてはRescue You (1985)、Nothing's Changed (1995)に続く3番目の作品となります。バック・バンドは、これまでもJLTのアルバムに参加してきたトニー・ブルーノ・レイ(gt)、アル・ピトレリ(gt)、グレッグ・スミス(b)のおなじみのメンツに加え、ポール・モリス(key)、ケニー・クラム(ds)、この5人がメインとなっています。ポール・モリスはグレッグ・スミスとともに再結成Rainbowのメンバーだったプレイヤー。ゲストのバッキング・ボーカルにドゥギー・ホワイトが参加しているのも、やはり再結成Rainbowつながりでしょう。同じく再結成Rainbow組で、JLTの過去作でドラムを叩いていたいたジョン・オライリーは、今回はBlackmore's Nightの来日公演参加のためスケジュールの都合がつかず、ケニー・クラムという無名のドラマーが起用されています。なお、JLT、グレッグ・スミス、ポール・モリスは、リッチー・ブラックモアの息子ユルゲン・ブラックモアをギタリストに迎えたOver the Rainbowのメンバーでもあります。プロデュースは前作Under Cover を手がけたボブ・ヘルドとJLT自身となっています。

さて、ライナー・ノートによると本作収録曲の多くが過去に書かれたということです。例えば#8"Too Much Is Not Enough"は、JLTが一時在籍したDeep PurpleのSlaves and Masters (1990)収録曲のリメイク。#6"No Room for Love"と#9"Blueprint for the Blues"はSlaves and Masters の次のアルバム用に書かれ、JLTのPurple脱退により陽の目を見なかった曲。#11"Someday"は1stソロRescue You 収録予定だったもので、プロデューサーのロイ・トーマス・ベイカーの意向で外され曲、というような具合です。曲が古くても別に構わないのですが、本作に関して言えばどうもパッとしない曲が多いかな。そんな中で筆者のお気に入りは、ゆったりしたテンポで力強く明るい雰囲気の#1"We Will Survive"、トニー・ブルーノとアル・ピトレリのギター・バトルが熱い#5"Game of Rock 'n' Roll"、それからベタ過ぎるほどの泣きのバラード#10"Can't Face Another Night"。もちろん他の曲だって、何を歌っても上手いJLTの力量と、バンドの安定した演奏のおかげで聴き応えはあるし、つまらないアルバムにはなっていないんですけどね。

なお本作のアメリカ盤は、"Shine On"と"Freedom`s Wings"の2曲をボーナス・トラックに加えてリリースされる予定でしたが、結局曲順は異なるものの曲数は日本盤と同様となっています。一方ヨーロッパ盤は"Shine On"が追加されて全12曲収録。また、次作Under Cover 2 先行シングルとして日本国内で発売されたWaiting for a Girl Like You には、"Shine On"と"Freedom`s Wings"が収められています。 

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. We Will Survive (J. L. Turner/B. Held/A. Pitrelli/A. Greenwood)
02. Sex and Money (B. Held/T. Teeley)
03. Guilty Heart (J. L. Turner/B. Held/A. Pitrelli)
04. Days of Rage (J. L. Turner/B. Held/A. Pitrelli)
05. Game of Rock 'n' Roll (J. L. Turner/J. Napoli)
06. No Room for Love (J. L. Turner/B. Held/A. Pitrelli)
07. Sentimental (J. Guthrie/J. Guthrie/F. Doddy)
08. Too Much Is Not Enough (J. L. Turner/B. Held/A. Greenwood)
09. Blueprint for the Blues (J. L. Turner/J. Peterik)
10. Can't Face Another Night (J. L. Turner/B. Held/A. Pitrelli/A. Greenwood)
11. Someday (J. L. Turner/B. Held/A. Greenwood)

■Personnel
Joe Lynn Turner – lead vocals, background vocals on 1, 3, 5, 7, 8, 10, 11
Al Pitrelli – guitars on 1, 3, 4, 6, 10, guitar solos on 5 background vocals on 3, 5
Tony Bruno – guitars on 2, 5, 7, 8, 9, 11, guitar solos on 5
Paul Morris - keyboards on 1, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11
Greg Smith – bass, background vocals on 1, 3, 5, 8 
Kenny Kramme  - drums

Tom Teeley - keyboards on 2, background vocals on 2, 10, 11
Bob Held - guitar solo on 2
Chris Caffery - guitar solo on 3, background vocals on 5
Jock Guthrie - additional guitars on 7, background vocals on 2, 7, 8
Al Greenwood - keyboards on 10
Nancy Blender - background vocals on 1
Kyle Gordon - background vocals on 1
Dina Miller - background vocals on 1, 10, 11
Swan - background vocals on 1, 5
Godfrey Townsend - background vocals on 1, 5
Steve Bello - background vocals on 5
Jeb Guthrie - background vocals on 7, 8
Benny Harrison - background vocals on 8, 11
Doogie White - background vocals on 8

Producer - Bob Held & Joe Lynn Turner
Executive Producer - Mark Wexler



記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ