メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

ジョセフ・ウィリアムズ

Raid / Atsushi Yokozeki Project (1993)

0232Raid










日本人ギタリスト横関敦がアメリカのミュージシャンとコラボレートした作品。参加メンバーの詳細はパーソネルの項を見ていただくとして、カーマイン・アピス&ティム・ボガートとか、ケン・メリー&チャック・ライトとか、とにかく錚々たるメンツです。全10曲中、ギター・インストが5曲、歌ものが5曲という構成になっています。この人の他の作品は未聴ですが全てインスト・アルバムのようです。本作のインスト曲、筆者にはピンと来ませんでした。もともとシュラプネル系のギター・インスト作など、最初はおっ!と思うもののすぐ飽きちゃうので、こういう音楽(フュージョン・メタルっていうの?)はやや苦手分野だし。その上本作のインスト曲に関しては、プレイはともかく、申し訳ないけど曲が全然面白くない。ところが、歌ものは素晴らしいんですよ、これがまた。

#2."More Than Enough"は、ミドル・テンポのAORハード風の曲で、極上メロディが味わえます。本作の中で最も筆者が好きな曲。ボーカルはケリー・ハンセン(Hurricane、Foreigner)。上手いですね~この人。ベースはルディ・サーゾ(Quiet Riot、Whitesnake)、ドラムはフランキー・バナリ(Quiet Riot、W.A.S.P.)、このリズム隊がまた素晴らしい。ほんとにワクワク、ドキドキさせてくれます。
#3"Straight To Your Heart"、ボーカルはデヴィッド・グレン・アイズレー(Giuffria)、ベースはジェフ・ピルソン(Dokken、Foreigner、)ドラムはジェイムス・コタック(Kingdom Come、Scorpions)。アメリカンなメロディアス・ハードロック。ボーカルも力強く、演奏もカッコいいです。
#5"All The Way To Heaven"、ジェフ・ピルソンの歌うバラード。本作の中では地味な曲ですが、しみじみと味わい深い。
#7"A Little Bit More"、ボーカルはなんと元The Runawaysのシェリー・カーリー!チェリー・ボムですな。明るく楽しいハード・ポップで、シェリー・カーリーにピッタリの曲です。リズムのジェフ・ピルソン&ジェイムス・コタックがドカドカうるさくて最高。
#8"Heartbreak"、ボーカルは故レイ・ギラン(Black Sabbath、Badlands)、リズム隊はHouse of Lordsのケン・メリー&チャック・ライト。ハードなロックン・ロールでとにかくカッコいい。完璧です。
 
評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks & Personnel
01. Tears Of Sphinx(Atsushi Yokozeki, Satoshi Mishiba)
02. More Than Enough (Brian X, Dennis Belfield)
03. Straight To Your Heart (Brian X, Dennis Belfield)
04. Camel (Atsushi Yokozeki, Satoshi Mishiba)
05. All The Way To Heaven (Brian X, Jeff Carruthers)
06. Silence, Storm And Sunrise (Atsushi Yokozeki, Satoshi Mishiba)
07. A Little Bit More (Brian X, Kathi Pinto, Dennis Belfield)
08. Heartbreak (Brian X, Jeff Carruthers)
09. Mama Again (Atsushi Yokozeki, Satoshi Mishiba)
10. Raid (Atsushi Yokozeki, Satoshi Mishiba)

■Personnel
Atsushi Yokozeki - guitars

Kelly Hansen - lead & backing vocasl on 2
David Glen Eisley - lead & backing vocasl on 3, backing vocasl on8
Jeff Pilson -  vocasl on 5, bass on 3, 7
Cherie Currie -  vocasl on 7
Ray Gillen  -  vocasl on 8
Brad Gillis - 1st guitar solo on 4
Jake E. Lee - guitar solo on 9
Graig Goldy - 1st guitar solo on 10
Brian Becver - keyboards on 1, 4, 6, 9, 10
Joey Carbone - keyboards on 2, 3, 5, 7, 8, 9, backing vocasl on 7, 8
Tim Bogert - bass on 1, 10
Rudy Sarzo - bass on 2, 9
Greg Chaisson - bass on 4, 5
Chuck Wright - bass on 6, 8
Carmine Appice - drums on 1, 10
Frankie Banali - drums on 2, 9
James Kottak - drums on 3, 7
Bobby Blotzer - drums on 4, 5
Ken Mary - drums on 6, 8
Shaun Mariani - backing vocasl on 2, 7, 8
Joseph Williams - backing vocasl on 2, 3, 8
Kim Carnes - backing vocasl on 5, 7

Producer - Joey Carbone
Executive Producer - Keisuke Tsukimitsu

Ceremony of Innocence / Radioactive (2001)

0188Ceremony Of Innocence










なんと来年(2015年)にまさかの4作目がリリースされるらしいトミー・デナンダーのメロハー/AORプロジェクト、レディオアクティヴの1stアルバムです。時に賞讃を込めて、時に揶揄を込めて「スウェーデンのルカサー」などと言われるトミー・デナンダーですが、本作ではルカサー以外の新旧TOTOのメンバーを総動員!他にもアメリカ、スウェーデンのミュージシャンが多数参加しています。全て紹介すると大変な字数になるので主なところだけあげておくと、まずボーカルにジェフ・パリス、ボビー・キンボール、ジョセフ・ウィリアムス、ファーギー・フレデリクセン、ジェイソン・シェフ、アレックス・リガートウッド、イエア・ロニング、フィー・ウェイビル、ジム・ジットヘッドetc、キーボードにはデヴィッド・ペイチ、デイヴィッド・フォスター、ランディー・グッドラム、マッツ・オラウソンetc、ギターにはマイケル・トンプソン、ブルース・ガイチetc、ベースはマイク・ポーカロ、デヴィッド・ハンゲイト、ニール・スチューベンハウス、エイブラハム・ラボリエルetc、ドラムはジェフ・ポーカロ、マーカス・リリィクイスト、ヴィニー・カリウタetc。数多くのプロジェクトに関わっているトミー・デナンダーですが、メンツの豪華さではこのレディオアクティヴがダントツなんではないでしょうか。

曲調はAOR寄りのメロディアスなハードロックといったものが多く、トミー・デナンダーお得意の路線だと思います。いや~、それにしても歌も演奏もため息が出るほどみんな上手い。当たり前なんですが。特に、ポーカロ兄弟がリズム・セクションを担当している曲は、ついリズムにばっかり耳が行ってしまいます。楽曲の完成度も高く、これはもう文句の付けようがないアルバムです。リリースは2001年ですが、ジェフ・ポーカロは1992年に亡くなっているので、レコーディング自体は91~92年に行なわれたようです。15ヶ所ものレコーディング場所がクレジットされていることから、顔を合わせてのレコーディング・セッションは行なわれず各地で録ったパートごとのトラックをミックスしていることが分かりますが、これも考えただけで気の遠くなるような作業です。

なお、2013年にEscape Musicから、レディオアクティヴの1st~3rdにそれぞれボーナス・トラック2曲ずつを追加したリイッシュー3枚組Legacy が発売されています。本作Ceremony of Innocence は「re-work and re-mix」と記されており、一部の曲ではリード・ボーカルやバック・ボーカルが差し替えられているようです。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. The Story Of Love (Tommy Denander)
02. Crimes Of Passion (Tommy Denander, Bobby Kimball)
03. On My Own (Tommy Denander, Jonna Söderlund, Fergie Frederiksen)
04. Grace (Tommy Denander, Ricky B. Delin)
05. Waiting For A Miracle (Tommy Denander, Ricky B. Delin)
06. L. A. Movies (Tommy Denander, Ricky B. Delin)
07. Ceremony Of Innocence (Tommy Denander, Fergie Frederiksen)
08. Liquid (Tommy Denander)
09. Haunt Me Tonight (Richard Marx, Bruce Gaitsch, Fee Waybill)
10. A Case Of Right Or Wrong (Tommy Denander, Fee Waybill)
11. Silent Cries (Tommy Denander)
12. When You're In Love (Tommy Denander, Bobby Kimball)
※日本盤&Legacyボーナス・トラック
13. Remember My Conscience (Tommy Denander, Jonna Söderlund)
Legacyボーナス・トラック
14. Shooting Stars (Tommy Denander, Robert Hart)

Producer - Tommy Denander



記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ