0303Strangeways










イギリス(スコットランド)のメロディアス・ハードロック・バンド、ストレンジウェイズ(Strangeways)の1stアルバム。Strangewaysというと、後にGiantのボーカリストとなるテリー・ブロックが在籍したことが知られていますが、この1stではトニー・リドルという人がボーカルを担当しています。他のメンバーはイアン・J・スチュワート(Gt)、デイヴ・スチュワート(B)、ジム・ドラモンド(Ds)、アラン・トムソン(Key)。プロデュースはJourneyなどを手がけ80~90年代の売れっ子プロデューサーだったケヴィン・エルソン。

跳ねたリズムの曲が多く、ちょっとオシャレなハードAORという路線でしょうか。しかし、このオシャレ感が今となっては逆に陳腐な印象となってしまっています。80年代特有の深い残響音が災いして、各パートの音にベールを被せたようでこれもマイナス・ポイント。好みもありますが、ボーカリストの苦しげな金切り声もいただけないなぁ。ただ、よく聴くとメロディ・ラインはかなり魅力的だと思いました。なお、筆者の聴いているのは、イギリスの再発レーベルRock Candyによる2011年リマスター再発盤で、ボーナス・トラックとして5曲のデモ音源が収録されています。デモなので音質はより悪く、熱心なファンでなければオマケとしての価値は高くはないでしょう。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. The Kid Needs Love
02. Hold Back Your Love
03. Close To The Edge
04. Heartbreak Zone
05. Cry Out
06. Power Play
07. Breakin’ Down The Barriers
08. Now It’s Gone
09. More Than Promises
10. Hold Tight
Bonus Tracks
11. All The Wrong Reasons (Demo)
12. Hold On (Demo)
13. Close To The Edge (Demo)
14. Breakin’ Down The Barriers (Demo)
15. Streets On Fire (Demo)
All songs written by Ian J. Stewart 

■Personnel
Ian J. Stewart - Lead Guitar, Background Vocals
David Stewart - Bass Guitar, Background Vocals
Tony Liddell - Lead Vocals
Jim Drummond - Drums, Background Vocals
Alan Thomson - Keyboards

Tony Rivers - Additional Background Vocals
Alan Carvell - Additional Background Vocals

Producer – Kevin Elson