メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

ジム・ジッドヘッド

Shiftin' Gear / Alien (1990)

0292Shiftin' Gear









スウェーデンのメロディアス・ハードロック・バンドAlien(エイリアン)の2ndアルバム。1stと同じく大手のVirginからのリリースですが、メンバーはリーダーのトニー・ボルグ(Gt)と ピート・サンドべリ(Vo)の二人だけに減ってしまっています。トニー・ボルグがベースも兼任、足りないパートは助っ人ミュージシャンと打ち込みで間に合わせています。助っ人メンバーは、キーボードにベルント・アンダーソン、ドラムにイムレ・ダウン、プログラミングはプロデューサーのラース・ディドリクソン。ディドリクソンはSnowstorm、Don Patrolといったバンドのボーカリストでもありましたが、2017年の3月に亡くなっているようです。バック・ボーカルには、旧メンバーのジム・ジッドヘッド、加えて ヨラン・エドマンも参加しています。

本作は2013年にドイツのAOR Heavenによってリマスター・リイッシューされています。そのライナーを見ると、1stリリース後Virginレーベルからのツアーや新作制作へのプレッシャーに疲れてメンバーは次々離脱。トニー・ボルグはバンドを休止してソロ作品を作りたかったのに、レーベル側の強い要請でピート・サンドべリと二人だけで2ndのレコーディングを余儀なくされたらしいのです。そんな状態で制作された割には、楽曲の出来も良く聴き応えのあるアルバムとなっています。大名盤である1stに比肩するとまでは言えないものの、スロー~ミドル・テンポを主体としたマイルドな曲調、対照的にリッチー風にとんがったトニー・ボルグのギター、そしてピート・サンドべリの切なくエモーショナルな歌唱は、1stで焼き付けられたバンドのイメージを損なっていません。数々の名作を復刻しているAOR Heaven Classixシリーズのラインナップに取り上げられたのも納得です。なお、AOR Heaven盤にはデモ・バージョン4曲が追加収録されています。タイトルやアレンジが一部異なりますが3曲は本編収録曲、#13"Name Of Love"のみ本編未収録で、なんで外されたのか分からないくらい良い曲です。

オリジナルの他にカバー曲が2曲入っていますので、最後に簡単に触れておきます。#9"Don't Turn Me Away"はサザン・ロック・バンドWet WillieのアルバムManorisms (1977)収録曲。オリジナルを歌っているのはこのところジェフ・ベックと行動を共にすることの多いジミー・ホールです。#11"Hello How Are You"はオーストラリアのバンドThe Easybeatsの1968年のヒット曲。作曲はThe Easybeatsのメンバーで後に作曲チームとなるハリー・ヴァンダ&ジョージ・ヤングで、ちなみにこのジョージさんは、AC/DCのヤング兄弟のお兄さんです。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Hold On Move On (Borg, Sandberg)
02. Give It Up (Borg, Sandberg)
03. Desperate Dreams (Borg, Sandberg)
04. Angel Eyes (Borg, Sandberg)
05. In The Dead Of Night (Borg, Sandberg)
06. Intro - Midnight Jam
07. Turn On The Radio (Borg, Sandberg)
08. Strangers In A No-Man's-Land (Borg, Sandberg)
09. Don't Turn Me Away (Duke)
10. Neon Lights (Borg, Sandberg)
11. Hello How Are You (Vanda, Young)
12. Desperate Dreams (Studio Bonus Demo)
13. Name Of Love (Studio Bonus Demo)
14. Dead Of Night (Studio Bonus Demo)
15. Hold On (Studio Bonus Demo)

■Personnel
Tony Borg – All Guitars, Bass
Pete Sandberg – Lead Vocals

Berndt Andersson - Hammond, Keyboards, Melodica
Imre Daun - Drums
Göran Edman - Backing Vocals
Jim Jidhed – Backing Vocals
Lars "Dille" Diedriksson - Drums & Keyboards Programming

Producer - Tony Borg, Lars "Dille" Diedriksson
Executive-Producer – Karl Onsbacke


Alien / Alien (1989)

0208Alien1989










Alien(エイリアン)のデビュー・アルバムのワールド・ワイド盤として1989年にリリースされたアルバム。USエディション、人面ジャケとか呼ばれているやつですね。。この時点でボーカルのジム・ジッドヘッドは既に脱退しており、新ボーカリストとして元Madisonのピート・サンドべリが加入しています。オリジナル盤から"Wings of Fire"、"Dying by the Golden Rule"、"Dreamer"、"Mirror"の4曲がカットされ、かわって新規に録音された2曲を収録。オリジナル盤収録曲もリミックスされて、よりすっきりした音となりました。ただ、オリジナル盤と違ってこのワールド・ワイド盤には細かなクレジットがあるのですが、"Jaimie Remember"、"Brave New Love"、"Touch My Fire"の3曲にはリミックス表記がありません。実際は表記ミスで全曲リミックスされているのか、それともリミックスは5曲のみで、音の印象が違うのはリマスターの効果なのか、そのあたりは不明です。なお、この人面ジャケにも赤盤と青(紫)盤が存在し、どうやら青盤の中身はオリジナル盤と同一で12曲入りらしいです。ややこしいですね。

ピート・サンドべリによって歌われている新曲のうち"The Air That I Breathe"は、70年代に活躍したアメリカのシンガー・ソングライター、アルバート・ハモンドの曲で、1974年にはThe Holliesにカヴァーされてヒットしています。その他にもオリビア・ニュートン・ジョンなど多くのアーティストが取り上げている曲。ゆったりした穏やかな曲調が、ピート・サンドべリの優しい歌唱にピッタリです。もう一つの"Now Love"はバンドのオリジナルで、明るめでちょっとレトロなハード・ポップ。2曲ともいい曲だし、ピート・サンドべリも大好きなボーカリストなんですが、やはりジム・ジッドヘッドが良すぎるため、どうしても印象が薄くなってしまいます。

オリジナル盤、ワールド・ワイド盤ともに中古CDにプレミア価格がついてしまい、しばらくの間入手困難でしたが、2013年に2枚をカップリングし、オリジナル盤にボーナス・トラックとして"Feel My Love"と"Touch My Fire"の別バージョンを追加したAlien -25th Anniversary Edition が発売され、2枚一度に手に入れることが比較的容易となりました。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Tears Don't Put Out The Fire (remix)
(Pam Barlow/Janet Minto)
02. Go Easy (remix)
(Brad Bailey/Patrick Regan/Pam Barlow/Janet Minto)
03. I've Been Waiting (remix)
(Tony Borg/Toby Tarrach/Jimmy Wandroph/Ken Sandin/Jim Jidhed/Pam Barlow/Janet Minto)
04. Jaimie Remember
(Tony Borg/Toby Tarrach/Jimmy Wandroph/Ken Sandin/Jim Jidhed/Pam Barlow/Janet Minto)
05. Feel My Love (remix)
(Tony Borg/Toby Tarrach/Jimmy Wandroph/Ken Sandin/Jim Jidhed/Pam Barlow/Janet Minto)
06. Only One Woman (remix)
(Barry Gibb/Maurice Gigg/Robin Gibb)
07. Brave New Love
(Gary Cambra/Pam Barlow/Janet Minto)
08. The Air That I Breathe
(Albert Hammond/Mike Hazelwood)
09. Touch My Fire
(Tony Borg/Toby Tarrach/Jimmy Wandroph/Ken Sandin/Jim Jidhed/Pam Barlow/Janet Minto)
10. Now Love
(Tony Borg/Toby Tarrach/Jimmy Wandroph/Ken Sandin/Jim Jidhed/Pete Sandberg/Max Stone)

■Personnel
Tony Borg – guitars
Jimmy Wandroph - keyboards
Ken Sandin – bass
Toby Tarrach – drums
Jim Jidhed – vocals
Pete Sandberg – vocals

Producer - Chris Minto (1, 2, 3, 4, 5, 7, 9), Mark Dearnley (6), Tony Borg & Dille (8, 10) 



Alien / Alien (1988)

0207Alien1988










スウェーデンのメロハー・バンドAlien(エイリアン)の1988年にリリースされたデビュー・アルバム。時を経てもいまだに名盤の誉れ高い傑作中の傑作です。まず第一に楽曲が素晴らしい。どの曲にも極上のメロディが溢れています。収録された12曲全てが名曲なんていうアルバムはそうそう無いでしょうね。第二に、ジム・ジッドヘッドの優しく包み込むような声、味わいのある歌唱が絶品です。まさにメロハー世界の九蓮宝燈、これを聴かずにメロディアス・ハードロックは語れないってくらいの伝説的作品でしょう。難点はこもり気味の音質と、ダントツのダサさのジャケット。ですが、それらさえ「味」の一つと感じてしまいます。メンバーはボーカルのジム・ジッドヘッドの他に、トニー・ボルグ(Gt)、ケン・サンディン(Ba)、ジミー・ワンドロフ(Key)、トビー・タラック(Ds)の5人。

本作には外部ライターが全面的に起用されています。HR/HM系グループとしては異色ですが、結果としてそれが楽曲の充実につながっていると思います。特に、カヴァー曲"Only One Woman"以外の全ての曲に関わっている、L.Aのソング・ライティング・コンビ、パメラ・ムーア・バーロウとジャネット・モリソン・ミントの才能は素晴らしい。自分たち自身もソロ、あるいはFake I.D.というグループで活躍しており、2014年オリジナル・ラインナップでのAlienの新作Eternity でも再び曲作りに参加しています。なお、トリビア的になりますが、ジャネット・モリソン・ミントはヴァン・モリソンの元妻です。

このアルバムのリリースの翌年、ジャケットを変え一部の曲を差し替えたリミックス(USエディション)盤がワールドワイドで発売されます。氷山ジャケのオリジナル(スカンジナヴィア・エディション)盤、人面ジャケのリミックス盤ともに長らく中古市場で高値安定状態が続いていました。2013年に2枚をカップリングし、ボーナス・トラックとして"Feel My Love"と"Touch My Fire"の別バージョンを収録したAlien -25th Anniversary Edition が発売され、入手困難だったこの名作もやっと手に入りやすくなりました。 

■01. Brave New Love
(Gary Cambra/Pam Barlow/Janet Minto)
1988年のSF映画「The Blob」(「ブロブ/宇宙からの不明物体」)のサウンド・トラックに使われた曲。ゆったりしたテンポ、適度にハードなサウンド、ジム・ジッドヘッドのソウルフルなボーカルが心地よい、メロディアスなナンバー。
■02. Tears Don't Put Out the Fire
(Pam Barlow/Janet Minto)
1曲目よりさらにテンポを落としたAOR風の味わいのある曲。サビのメロディがとにかく素晴らしい。女性バック・コーラス、ふんわりしたキーボードがいい雰囲気です。
■03. Go Easy
(Brad Bailey/Patrick Regan/Pam Barlow/Janet Minto)
ややテンポの速い哀愁ハード・ポップ。名曲ぞろいの本作の中でも一、二を争う出来です。一度聴いたら忘れられないメロディ、情感のこもったボーカル、緩急あるギター・ソロ、計算され尽くしたコーラス・アンサンブル、全てに唸らざるを得ません。当時のPVを見ると、見事なオッサンと化した現在からは想像できないほどみんな若々しくてカッコいい!
■04. I've Been Waiting
(Tony Borg/Toby Tarrach/Jimmy Wandroph/Ken Sandin/Jim Jidhed/Pam Barlow/Janet Minto)
再びミドル・テンポの哀愁メロハー。ここでも、艶やかなジム・ジッドヘッドのボーカルがメロディの良さをさらに引き立てています。トニー・ボルグのギターは、テクニカルでありながら歌心に溢れています。ラストでフェイド・アウトしていくフレーズも印象的。
■05. Jaime Remember
(Tony Borg/Toby Tarrach/Jimmy Wandroph/Ken Sandin/Jim Jidhed/Pam Barlow/Janet Minto)
引き続きミドル・テンポのナンバー。ほんの少し「様式美」的要素の入った曲です。他の曲でもそうですが、自己主張は強くないものの、さりげなく漂う優しいキーボードの音がなんともいい感じです。
■06. Feel My Love
(Tony Borg/Toby Tarrach/Jimmy Wandroph/Ken Sandin/Jim Jidhed/Pam Barlow/Janet Minto)
これも「The Blob」のサントラ曲です。本作の中では一番力強くハードな曲。歌メロ、ギター・ソロともにメロディアスで、哀愁と北欧的透明感が際立っています。
■07. Only One Woman
(Barry Gibb/Maurice Gigg/Robin Gibb)
穏やかで深みのあるジム・ジッドヘッドの声の力が遺憾なく発揮されたバラード。元々はイギリスのロック・デュオThe Marblesの1968年のヒット曲で作者はBee Gees。The Marblesにはグラハム・ボネットが在籍していて、1986年のAlcatrazzのアルバムDangerous Games でも再びレコーディングされています。Alienはこの曲をシングル・リリースしており、スウェーデンのチャートで1位を記録するヒットとなっています。
■08. Wings of Fire
(Brad Bailey/Patrick Regan/Pam Barlow/Janet Minto)
本作中では異色な明る目のハード・ポップ。ここでもキラキラ系キーボードと女性バック・コーラスが効果的に使われています。
■09. Dying by the Golden Rule
(Pam Barlow/Janet Minto)
ミドル・テンポの哀愁ハード・ポップ。サビのメロディがイキイキしていて、筆者の一番のお気に入りの曲です。投げやりっぽい女性バック・コーラスがおかしくて、何度聴いてもニヤニヤしてしまいます。
■10. Touch My Fire
(Tony Borg/Toby Tarrach/Jimmy Wandroph/Ken Sandin/Jim Jidhed/Pam Barlow/Janet Minto)
地味目のヴァースとドラマチックなコーラスの対比が印象的な曲。トニー・ボルグのギターもよく歌っています。
■11. Dreamer
(Tony Borg/Toby Tarrach/Jimmy Wandroph/Ken Sandin/Jim Jidhed/Pam Barlow/Janet Minto)
本作唯一のアップ・テンポでメタル要素の強い曲です。北欧メタルのイメージ通りの叙情的なメロディ展開、ドラマチックなギター・ソロが素晴らしい。
■12. Mirror
(Tony Borg/Toby Tarrach/Jimmy Wandroph/Ken Sandin/Jim Jidhed/Pam Barlow/Janet Minto)
静謐なピアノをバックにジム・ジッドヘッドが歌い上げるバラード。アルバムのラストを飾るにふさわしい感動的なナンバーです。余韻に浸りつつもついつい、最初に戻ってまた聴きはじめることになってしまいます。。。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Personnel
Jim Jidhed – vocals
Tony Borg – guitars
Ken Sandin – bass
Jimmy Wandroph - keyboards
Toby Tarrach – drums

Producer - Chris Minto



Ceremony of Innocence / Radioactive (2001)

0188Ceremony Of Innocence










なんと来年(2015年)にまさかの4作目がリリースされるらしいトミー・デナンダーのメロハー/AORプロジェクト、レディオアクティヴの1stアルバムです。時に賞讃を込めて、時に揶揄を込めて「スウェーデンのルカサー」などと言われるトミー・デナンダーですが、本作ではルカサー以外の新旧TOTOのメンバーを総動員!他にもアメリカ、スウェーデンのミュージシャンが多数参加しています。全て紹介すると大変な字数になるので主なところだけあげておくと、まずボーカルにジェフ・パリス、ボビー・キンボール、ジョセフ・ウィリアムス、ファーギー・フレデリクセン、ジェイソン・シェフ、アレックス・リガートウッド、イエア・ロニング、フィー・ウェイビル、ジム・ジットヘッドetc、キーボードにはデヴィッド・ペイチ、デイヴィッド・フォスター、ランディー・グッドラム、マッツ・オラウソンetc、ギターにはマイケル・トンプソン、ブルース・ガイチetc、ベースはマイク・ポーカロ、デヴィッド・ハンゲイト、ニール・スチューベンハウス、エイブラハム・ラボリエルetc、ドラムはジェフ・ポーカロ、マーカス・リリィクイスト、ヴィニー・カリウタetc。数多くのプロジェクトに関わっているトミー・デナンダーですが、メンツの豪華さではこのレディオアクティヴがダントツなんではないでしょうか。

曲調はAOR寄りのメロディアスなハードロックといったものが多く、トミー・デナンダーお得意の路線だと思います。いや~、それにしても歌も演奏もため息が出るほどみんな上手い。当たり前なんですが。特に、ポーカロ兄弟がリズム・セクションを担当している曲は、ついリズムにばっかり耳が行ってしまいます。楽曲の完成度も高く、これはもう文句の付けようがないアルバムです。リリースは2001年ですが、ジェフ・ポーカロは1992年に亡くなっているので、レコーディング自体は91~92年に行なわれたようです。15ヶ所ものレコーディング場所がクレジットされていることから、顔を合わせてのレコーディング・セッションは行なわれず各地で録ったパートごとのトラックをミックスしていることが分かりますが、これも考えただけで気の遠くなるような作業です。

なお、2013年にEscape Musicから、レディオアクティヴの1st~3rdにそれぞれボーナス・トラック2曲ずつを追加したリイッシュー3枚組Legacy が発売されています。本作Ceremony of Innocence は「re-work and re-mix」と記されており、一部の曲ではリード・ボーカルやバック・ボーカルが差し替えられているようです。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. The Story Of Love (Tommy Denander)
02. Crimes Of Passion (Tommy Denander, Bobby Kimball)
03. On My Own (Tommy Denander, Jonna Söderlund, Fergie Frederiksen)
04. Grace (Tommy Denander, Ricky B. Delin)
05. Waiting For A Miracle (Tommy Denander, Ricky B. Delin)
06. L. A. Movies (Tommy Denander, Ricky B. Delin)
07. Ceremony Of Innocence (Tommy Denander, Fergie Frederiksen)
08. Liquid (Tommy Denander)
09. Haunt Me Tonight (Richard Marx, Bruce Gaitsch, Fee Waybill)
10. A Case Of Right Or Wrong (Tommy Denander, Fee Waybill)
11. Silent Cries (Tommy Denander)
12. When You're In Love (Tommy Denander, Bobby Kimball)
※日本盤&Legacyボーナス・トラック
13. Remember My Conscience (Tommy Denander, Jonna Söderlund)
Legacyボーナス・トラック
14. Shooting Stars (Tommy Denander, Robert Hart)

Producer - Tommy Denander



記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ