メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

ジェフ・ピルソン

Blood From Stone / Dare (1991)

0623Blood From Stone










イギリスのメロハー・バンドDare(デアー)の1991年にリリースされた2ndアルバムです。Dareはハードロックと呼ぶにはいささか静かでふんわりしたサウンドが特徴なわけですが、どういうわけかこのアルバムだけはギンギンのハードロックをやってます。それが災いしたのかどうか、本作リリース後DareはA&Mから切られて解散(活動休止?)となり、数年後に独立系レーベルで復活作を発表と、多くのHR/HM系バンドと同じ道を歩むことになります。

さてこのアルバムは、心に響くケルト風メロディと劇的な曲展開が印象的な#1"Wings Of Fire"、#2"We Don't Need A Reason"で、まずガツンとやられます。続く、哀愁メロハーと言うには力強すぎる#3"Surrender"では、ヴィニー・バーンズのギターもマイケル・シェンカーばりに歌いまくり、泣きまくりです。ここまでハードなサウンドだと、ダレン・ウォートンのか細いボーカルではちょっとツライものがありますが、とにかく出だしの3曲は上出来です。ところが、ところが。。。その後はずっとヴァン・ヘイレン+ボン・ジョビ状態になります。アメリカン・ロック風のメロディと乾いたサウンドだったり、妙に明るく燥いだ感じだったりしてがっかりです。Dareにこういう音は求めていないんだよなぁ。なんか無理してる感じがつきまとってるし。頭3曲と残り7曲の差が有り過ぎです。

バンドのメンバーは、リーダーのダレン・ウォートン(Vo)、ヴィニー・バーンズ(Gt)、ブライアン・コックス(Key)の3人は1stと変わらず。ベースはナイジェル・クラッターバックに、ドラムはグレッグ・モーガンにチェンジしています。また、Additional musicianとして、ドラムにジェイムス・コタック、ベースにジェフ・ピルソン、バック・ボーカルにトミー・ファンダーバークとジョン・レヴェックがクレジットされています。プロデューサーはキース・オルセン、エンジニアはシャイ・ベイビー。ダレン・ウォートンは1991年Wild Horsesというバンドで、コタック、ピルソン、レヴェックと共にアルバムを1枚出しており、こちらもプロデューサーはオルセン、エンジニアはシャイ・ベイビー。まんま横すべりのメンツです。

蛇足ながら、このブログ記事を書くに当たって初めてyoutubeにある当時のビデオを見たのですが、ナリもフリもまるでヘア・メタル・バンドのようではありませんか!Dareってこうだったの?気恥ずかしいことこの上ない。今はウォートン氏をはじめ皆さんデブっちょのオッサンと化しているので、この落差に軽く眩暈がします。。。
 
評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Wings Of Fire (Darren Wharton)
02. We Don't Need A Reason (Darren Wharton)
03. Surrender (Darren Wharton)
04. Chains (Darren Wharton/Vinny Burns)
05. Lies (Darren Wharton/Vinny Burns)
06. Live To Fight Another Day (Darren Wharton/Vinny Burns)
07. Cry Wolf (Darren Wharton/Vinny Burns)
08. Break Out (Darren Wharton/Vinny Burns)
09. Wild Heart (Darren Wharton/Vinny Burns)
10. Real Love (Darren Wharton)

■Personnel
Darren Wharton - Vocals
Vinny Burns - Guitars
Brian Cox - Keyboards
Nigel Clutterbuck - Bass
Greg Morgan - Drums

James Kottak - Drums
Jeff Pilson - Bass
Tommy Funderburk
John Levesque

Producer - Keith Olsen


Raid / Atsushi Yokozeki Project (1993)

0232Raid










日本人ギタリスト横関敦がアメリカのミュージシャンとコラボレートした作品。参加メンバーの詳細はパーソネルの項を見ていただくとして、カーマイン・アピス&ティム・ボガートとか、ケン・メリー&チャック・ライトとか、とにかく錚々たるメンツです。全10曲中、ギター・インストが5曲、歌ものが5曲という構成になっています。この人の他の作品は未聴ですが全てインスト・アルバムのようです。本作のインスト曲、筆者にはピンと来ませんでした。もともとシュラプネル系のギター・インスト作など、最初はおっ!と思うもののすぐ飽きちゃうので、こういう音楽(フュージョン・メタルっていうの?)はやや苦手分野だし。その上本作のインスト曲に関しては、プレイはともかく、申し訳ないけど曲が全然面白くない。ところが、歌ものは素晴らしいんですよ、これがまた。

#2."More Than Enough"は、ミドル・テンポのAORハード風の曲で、極上メロディが味わえます。本作の中で最も筆者が好きな曲。ボーカルはケリー・ハンセン(Hurricane、Foreigner)。上手いですね~この人。ベースはルディ・サーゾ(Quiet Riot、Whitesnake)、ドラムはフランキー・バナリ(Quiet Riot、W.A.S.P.)、このリズム隊がまた素晴らしい。ほんとにワクワク、ドキドキさせてくれます。
#3"Straight To Your Heart"、ボーカルはデヴィッド・グレン・アイズレー(Giuffria)、ベースはジェフ・ピルソン(Dokken、Foreigner)ドラムはジェイムス・コタック(Kingdom Come、Scorpions)。アメリカンなメロディアス・ハードロック。ボーカルも力強く、演奏もカッコいいです。
#5"All The Way To Heaven"、ジェフ・ピルソンの歌うバラード。本作の中では地味な曲ですが、しみじみと味わい深い。
#7"A Little Bit More"、ボーカルはなんと元The Runawaysのシェリー・カーリー!チェリー・ボムですな。明るく楽しいハード・ポップで、シェリー・カーリーにピッタリの曲です。リズムのジェフ・ピルソン&ジェイムス・コタックがドカドカうるさくて最高。
#8"Heartbreak"、ボーカルは故レイ・ギラン(Black Sabbath、Badlands)、リズム隊はHouse of Lordsのケン・メリー&チャック・ライト。ハードなロックン・ロールでとにかくカッコいい。完璧です。
 
評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks & Personnel
01. Tears Of Sphinx(Atsushi Yokozeki, Satoshi Mishiba)
02. More Than Enough (Brian X, Dennis Belfield)
03. Straight To Your Heart (Brian X, Dennis Belfield)
04. Camel (Atsushi Yokozeki, Satoshi Mishiba)
05. All The Way To Heaven (Brian X, Jeff Carruthers)
06. Silence, Storm And Sunrise (Atsushi Yokozeki, Satoshi Mishiba)
07. A Little Bit More (Brian X, Kathi Pinto, Dennis Belfield)
08. Heartbreak (Brian X, Jeff Carruthers)
09. Mama Again (Atsushi Yokozeki, Satoshi Mishiba)
10. Raid (Atsushi Yokozeki, Satoshi Mishiba)

■Personnel
Atsushi Yokozeki - guitars

Kelly Hansen - lead & backing vocasl on 2
David Glen Eisley - lead & backing vocasl on 3, backing vocasl on8
Jeff Pilson -  vocasl on 5, bass on 3, 7
Cherie Currie -  vocasl on 7
Ray Gillen  -  vocasl on 8
Brad Gillis - 1st guitar solo on 4
Jake E. Lee - guitar solo on 9
Graig Goldy - 1st guitar solo on 10
Brian Becver - keyboards on 1, 4, 6, 9, 10
Joey Carbone - keyboards on 2, 3, 5, 7, 8, 9, backing vocasl on 7, 8
Tim Bogert - bass on 1, 10
Rudy Sarzo - bass on 2, 9
Greg Chaisson - bass on 4, 5
Chuck Wright - bass on 6, 8
Carmine Appice - drums on 1, 10
Frankie Banali - drums on 2, 9
James Kottak - drums on 3, 7
Bobby Blotzer - drums on 4, 5
Ken Mary - drums on 6, 8
Shaun Mariani - backing vocasl on 2, 7, 8
Joseph Williams - backing vocasl on 2, 3, 8
Kim Carnes - backing vocasl on 5, 7

Producer - Joey Carbone
Executive Producer - Keisuke Tsukimitsu

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ