メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

ケニー・ケイオス・ロニー

White Vision / White Vision (1995)

0222White Vision










メロハーというのは、一発で昇天させてくれるような速効力のあるものが多いのですが、だんだん良くなる言わば遅効性のものもあります。カナダ人ギタリスト、ケニー・ケイオス・ロニー(Kennee Loney、Kenny "Kaos" Loney)は、筆者にとってその遅効性作品を連発する存在です。彼の名前はメロハー界隈でよく見かけるものの、固定バンドに籍をおかずにプロジェクトで1~2枚アルバムを作っちゃ解消するということを繰り返しており、その活動の全体像はイマイチ分かりづらい。筆者の知る限りでは、1980年代半ばにバンクーバーから登場したSimon Kaosというバンドから彼のキャリアはスタートしているようです。このバンドはデモ音源は残しているものの、おそらく正規音源はリリースされていないと思われます。Simon Kaosのメンバーは、ケニー・ケイオス・ロニー(Gt)、ダーシー・ドイチュ(Vo)、アンディ・ロリマー(Key)、リック・スラヴィック(Ba)、クレイグ・ブルックス(Ds)の5人。このうち、ダーシー・ドイチュとアンディ・ロリマーが、カナダのメジャー・バンドであるPrismに引き抜かれ、バンドはあえなく消滅してしまいます。

その後ケニー・ケイオス・ロニーは、White Wolfのドン・ウルフ(Don Wilk、Donnie K. Volk、Don Wolf)のバンドGiant(後にPoint Of Powerと改名。Simon Kaosのクレイグ・ブルックスも在籍)に曲を書いたり、ツアーに参加したり、ポール・レインのソロ作Stick It In Your Ear に参加するなどしています。そして、1995年に至ってダーシー・ドイチュと再度合流し、本作White Vision を発表することになります。

さて、ここからが疑問なのですが、本作収録12曲のうち8曲は、Simon Kaosと全く同じメンバーでレコーディングされています。しかもクレジットによるとその8曲が書かれたのは1987年ということになっていますが、youtubeではSimon Kaosの音源として本作収録曲"Fantasy"と"Girl With A Gun"の少なくとも2曲が確認でき、その年代は84年または85年です。ということで、この8曲はSimon Kaos時代のデモ音源か、87年に再録音されたものと推測できます。ダーシー・ドイチュとアンディ・ロリマーがPrismに引き抜かれたのが87年か88年なので、筆者はSimon Kaosのデモ音源そのものか、デモに手を加えたものではないかと考えています。プロデューサーの一人、ブライアン・"Too Loud"・マクラウドは1992年に亡くなっていることから、いずれにしてもこの8曲は他の4曲より前にレコーディングされているのは確実です。詳細は不明。どこかに情報ないかな~。

残りの4曲は、ケニー・ケイオス・ロニー、ダーシー・ドイチュ、アンディ・ロリマーは同じですが、ドラムはゲイリー・グレイス、ベースはデイヴ・ホピアに変わっており、曲のクレジットは1995年となっています。こちらは実際にWhite Visionとしてレコーディングされたものでしょう。なお、ゲイリー・グレイスは後にPrismに参加したり、Strandedで再度ケニー・ケイオス・ロニーと組んだりしています。また、デイヴ・ホピアもPokerface、The Distance、Heartland、Stranded、Message、Radio Silenceと、頻繁にケニー・ケイオス・ロニーと行動を共にしています。Pokerfaceなんていうのは、このWhite Visionのメンバーのうち、ケニー・ケイオス・ロニー、ダーシー・ドイチュ、アンディ・ロリマー、デイヴ・ホピアが参加しているわけで、同じようなメンバーでなんでいくつもの違う名前のグループやプロジェクトをやってるのかよく分かりません。カナダのメロディック・ロック・シーンは意外に狭いのかも知れませんが、そもそもSimon Kaos名義で押し通せば良さそうなものだと思うのですが。

肝心のアルバム・レビューが後回しになりました。サウンドは適度にハードで、適度に哀愁が漂い、地味ですが味わい深い音楽です。冒頭に述べたように、聴くほどにだんだん良くなってきます。ケニー・ケイオス・ロニーの書く楽曲は派手なところはなく、ギター・プレイも抜きん出て印象的なわけではないのですが、不思議と後を引くのです。クリス・ウーズィーとのThe Distanceは別として、Pokerface、Stranded、Project Xなど、この人のプロジェクトは大体似たような感じ。ボーカリストのダーシー・ドイチュの方は、田舎のおじさんのような鼻にかかった声だし、抜群の歌唱力を誇るようなタイプではありません。でも、しみじみと味わい深い、いいボーカリストです。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Make Your Move (Loney, Deutsch, Hopia)
02. Make Believe (Loney, Reno, Deutsch)
03. Fantasy (Loney, Deutsch, Lorimer, Brooks, Slavic)
04. Always (Loney, Deutsch, Hopia)
05. Falling In Love (Reno, Macleod)
06. The Wind And I (Loney, Deutsch, Lorimer, Brooks, Slavic)
07. Point Of No Regret (Loney, Deutsch, Hopia, Lorimer)
08. Heartbreak (Macleod, Steele)
09. Everybody Loses (Loney, Deutsch, Macleod, Brooks, Lorimer, Slavic)
10. Up All Night (Loney, Deutsch, Lorimer, Brooks, Slavic)
11. Girl With A Gun (Loney, Deutsch, Brooks, Slavic, Lorimer)
12. When You Make Love (Loney, Deutsch, Brooks, Macleod, Slavic, Lorimer)

■Personnel
Darcy Deutsch – vocals
Kennee Loney – guitars
Andy Lorimer - keyboards
Craig Brooks - drums on 3, 5, 6, 8, 9, 10, 11, 12
Gary Grace - drums on 1, 2, 4, 7
Rick Slavic - bass on 3, 5, 6, 8, 9, 10, 11, 12
Dave Hopia - bass on 1, 2, 4, 7, backing vocals
Gary Hopia - backing vocals
Tracy Masson - backing vocals

Producer – Bill Henderson, Brian Macleod, Kennee Loney (1, 2, 4, 7)



Continuum / Change of Heart (2000)

0094Continuum
イギリスのメロハー・バンド、チェンジ・オブ・ハートの2ndアルバム。1作目はそれなりに良いメロディが耳に残る作品でしたが、キーボードをはじめアレンジのチープさもあり、全体にパッとしない印象でした。そんなわけで、本作にもあまり期待していなかったのですが、ところがどっこい驚くほどの素晴らしさ!オープニングのムーディなインストに続いて突然始まる#2"Blinded"でいきなりやられてしまいました。息苦しくなるほど切ないメロディ、何かを振り切ろうとするかのように突っ走るリズム、胸騒ぎをかき立てるギター・ソロ、なんだこれは?このバンド化けたか??

続く#3"I Don't Want To Be Lonely"もメジャー調の曲でありながら、一抹の苦味とともになんとも言えない寂寥感を孕んだ秀逸な曲。#4"When Love Gets In The Way"は、そのものずばりの必殺哀愁バラード。#5"You Can't Hide"は普通なら「爽やか系メロハー」の一言で片付けられそうな曲ですがどこか寂しさが漂うのが印象的。ピアノを含めキーボードの使い方が前作より非常に巧みになっています。#6"Call Of The Wild"は一度聴いたら忘れなれないドラマチックなサビが出色な哀愁チューン。#7"Take Me From A Ride"はアーシーでブルージーな佳曲。リード・ボーカルとバッキング・ボーカルの絡みがカッコいいな~。#8"Hands On My Heart"はピアノと生ギターを中心としたアコースティカルなアンサンブルが心地よい。歌メロもナチュラルで好感が持てます。中盤から後半にかけてアーシーな曲が続きますが、#9"Say That You Want Me"も引き続いてウエストコースト・サウンドを思わせる曲。ただEaglesやDoobiesのようにカラっとしないのがいかにも英国流。#10"Love On The Line"は一転してマイナー・キーの曲。哀しみを予感させるようなバッキング・ボーカルのアレンジがほんとに上手いですね。#11"Run From The Storm"は、#2"Blinded"に通じる胸をかきむしられるような歌メロ、キーボードとギターが掛け合うソロが素晴らしい。ここまではボーカルのアラン・クラークを中心にしたバンドの自作曲でしたが、#12"Mysteries"はダーシー・ドイチュとケニー・ケイオス・ロニーのPokerfaceコンビの提供曲。レトロなポップ・ソウル風とも言うべき楽しい曲調ですが、アルバムの中で違和感なく馴染んでいると思います。最後はボーナス・トラック#13"(When Are You) Coming Home"。静かな喪失感や空しさを湛えたバラードです。

全体としてHeartlandの影響を感じさせるドラマチックな曲調、ソウル・フィーリングに溢れた歌唱は前作と同様です。ただしHeartlandと比べるとメロディ・ラインの輪郭がはっきりしているので、Heartlandより受け入れやすいかもしれません。バンド・メンバーは、アラン・クラーク(vo)、ジョン・フッティット(gt)、デイヴ・チャップマン(key)の3人は前作と変わりませんが、ドラムはトレヴァー・ハート、ベースはゲイリー・ハウにチェンジしています。同じEscapeレーベルのHeartlandとThe Distance絡みの面々、クリス・ウーズィー、ロブ・カーツライター、デイヴ・ホピア、ケニー・ケイオス・ロニーが演奏とプロデュースでサポートに入っているのは前作と同じです。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作 
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Call To Prayer (D. Chapman)
02. Blinded (A. Clark)
03. I Don't Want To Be Lonely (A. Clark, J. Footit)
04. When Love Gets In The Way (A. Clark)
05. You Can't Hide (A. Clark, D. Chapman)
06. Call Of The Wild (A. Clark)
07. Take Me From A Ride (A. Clark, D. Chapman)
08. Hands On My Heart (A. Clark)
09. Say That You Want Me (A. Clark, J. Footit)
10. Love On The Line (A. Clark, D. Chapman)
11. Run From The Storm (A. Clark)
12. Mysteries (D.Deutsch, K. Loney)
13. (When Are You) Coming Home [bonus] (A. Clark)

■Personnel
Alan Clark - lead vocals
John Footit - lead guitars
Dave Chapman - keyboards, vocals
Trevor Hart  -Drums
Gary Howe - bass

Chris Ousey - backing vocals
Rob Kurzreiter - drums
Dave Hopia - bass
Kenny "Kaos" Loney - guitars 

Producer - Kenny "Kaos" Loney, Chris Ousey
Executive Producer - Khalil Turk

Change of Heart / Change of Heart (1998)

0046Change of Heart

イギリスのメロディック・ロック・グループ、チェンジ・オブ・ハートの1stアルバム。HeartlandとThe Distanceのメンバーが全面的に協力しているということです。確かにプロデュースはHeartlandのクリス・ウーズィーとスティーヴ・モリス、この二人はアルバムの一部の曲を共作しているし、バッキング・ボーカルと演奏にも参加しています。また、The Distanceのケニー・ケイオス・ロニー、デイヴ・ホピア、ロブ・カーツライターと、Waxのスティーヴ・ミリントンも演奏に参加しています。って、ボーカルからギター、キーボード、リズム隊までみんな揃ってる。しかもバンド・メンバーより人数多いじゃん。メンバーは何やってるんだろう?

音のほうはHeartlandの影響がかなり濃厚で、英国のバンドらしい湿り気を帯びたサウンドです。ボーカルのアラン・クラークの歌い方は、まんまクリス・ウーズィー。しかし残念ながら彼ほど上手くないし、なんだか腹から声が出てない。歌マネ番組で本物さんが出てきてデュエットしている図よろしく、バッキング・ボーカルにクリス・ウーズィーが入ってくると急に力強くなります。サウンドを引っ張るのは、ありがちな安っぽいシンセ音で、それが筆者には耳障りでした。同じようなキーボードのフレーズが多いのも気になります。歌メロ自体はそれなりに良い曲が多いのに、全体的にパッとしない印象に終わっているのが残念です。#9"All I Need"1曲だけが、Doobie Brothersを思わせるアメリカンなサウンドになっているのが目立ちます。クリーンなギターのカッティングに、ピアノ、オルガンが絡んで、スライド・ギター・ソロまで出てきます。こういう路線を発展させたら面白いのに。

サポート・ミュージシャン以外の、バンド・メンバーとしてクレジットされているのは、アラン・クラーク(vo, gt)、ジョン・フッティ(gt)、ミック・ウェイド(ba)、イアン・トンプソン(dr)、デイヴ・チャップマン(key)の5人。リリースはイギリスのメロハー・レーベルEscape Musicから。エグゼクティヴ・プロデューサーのカリル・タークはEscape Musicの経営者です。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Sweat It Out
02. The Fire Is Gone
03. A Place in Your Heart
04. When It's Love (Alan Clark, Chris Ousey)
05. Someone Else
06. Always Be the One
07. Until the End of Time (Alan Clark, Chris Ousey)
08. Don't Walk Away
09. All I Need (Alan Clark, Steve Morris, Chris Ousey)
10. Stranger (Alan Clark, Steve Morris)
11. Somebody to Love

■Personnel
Alan Clark - lead vocals, guitar
John Footit - lead guitar
Mick Wade - bass
Ian Thompson - drums
Dave Chapman - keyboards

Chris Ousey - all backing vocals
Steve Morris - guitars, bass, keyboards
Steve Millington - keyboards
Kenny Kaos - guitars
Dave Hopia - bass
Rob Kurzreiter - drums

Producer - Chris Ousey, Steve Morris
Executive Producer - Khalil Turk

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ