メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

クリス・ウーズィー

When Angels Call / Heartland (1999)

0399When Angels Call









英国メロハー・バンドHeartlandの6枚目のアルバム。今回はアコースティック企画盤で、既発曲と書き下ろし曲がアコースティック・アレンジで計14曲収録されています。レコーディング・メンバーは、クリス・ウーズィー(vo)とスティーヴ・モリス(g)に加えてスティーヴ・ギブソン(ds)となっています。で、その出来栄えは、まさにエクセレント!名盤1st以降、どこか不満の残るアルバムが続きましたが、これは素晴らしいです。シンプルなアコースティック・アレンジが、クリス・ウーズィーの本来の旨さを際立たせています。スティーヴ・モリスは相変わらず重ね録りしまくっていますが、エレキと違って音の壁になっておらず奥行きとか空気感が感じられるし、スティーヴ・ギブソンの小気味良いドラムも秀逸の一言。いや~、いいですね!

01. Carrie Ann (Ousey/Sharp)
1stアルバムHeartland(1991)収録曲。オリジナルは雄大な景色が目の前に広がるようなサウンド、クリス・ウーズィーの熱唱が印象的な名曲でした。アコースティック・ハージョンは小ぢんまりとしつつも独特の空気感があって、これまたいいです。

02. Knife Edge (Ousey/Bold)
クリス・ウーズィーがHeartland以前に在籍していたVirginia Wolfの1stアルバムVirginia Wolf(1986)収録曲。オリジナルは結構派手目なサウンドですが、ここではちょっとジャズっぽい渋い仕上がりになっています。

03. Never Never Land (Ousey/Morris)
本作のための書き下ろし曲。グルーヴィなノリがカッコいいです。

04. Wide Open (Ousey/Sharp)
2ndアルバムWide Open(1994)のタイトル曲。アコースティック・アレンジに加えて若干テンポが速くなってずいぶんイメージが変わりました。オリジナルの粘っこさが薄れて、フォークロックのような味わいが出ています。

05. Indian Ground (Ousey/Sharp)
これもWide Open収録曲。静謐なバラードですが、パーカッションが良いアクセントになっています。

06. Try Me (Ousey/Morris)
Wide Open収録曲が続きます。オリジナルはレトロ感のあるハードポップでお気に入りの曲でした。本作のバージョンは更に歌唱に味わいが増して最高です。なお、インナースリーヴに記されたクレジットにOusey/Morrisとありますが、Ousey/Sharpの間違いだと思います。

07. Keeping the Faith Alive (Ousey/Morris)
またまたWide Open収録曲。オリジナルもアコースティカルだったので、あまりイメージは変わっていません。これもOusey/Morris作ではなくOusey/Sharp作でしょう。

08. One Night (Ousey/Bold)
Virginia Wolfの2ndアルバムPush(1987)収録曲。AORとかシティ・ポップとか呼ばれるオシャレ系の音で、オリジナルの雰囲気がアコースティックで上手く再現されています。

09. Voodoo Eyes (Ousey/Morris)
3rdアルバムIII(1995)収録曲。タイトル通りブルージーでダークな曲調が魅力的なナンバー。オリジナルはリズム打ち込みだしギターはくどいし、断然こっちの方が良いです。

10. When Angels Call (Ousey/Morris)
これも3rdアルバムIII収録曲。元々いい曲ですが、やはりリズムが生なので更に良くなりました。抑え気味の歌唱にクリス・ウーズィーの上手さが光ります。本バージョンは名曲レベルですね。

11. Carved in Stone (Ousey/Morris)
本作のための書き下ろし曲。軽めのグルーヴ感、都会的なAOR風の曲調がいいですね~。

12. Make It Tonight (Ousey/Bold)
Virginia Wolf収録曲。オリジナルはあまり面白くない曲でしたが、新アレンジでStaple Singersが歌いそうな、ソウルフルで味わい深い曲になりました。

13. I Count the Days (Ousey/Morris)
5thアルバムMiracles by Design(1998)に入っていた曲。他の収録曲とちょっと音質が違うのは、ライナーによれば元々日本のラジオ局での放送用に録音された音源だからだそうです。

14. Only Time Will Tell (Ousey/Morris)
ラストは書き下ろし新曲です。悪くないけれど、これはちょっと地味すぎるかな。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Personnel
Chris Ousey - Vocals
Steve Morris - Guitars, Bass, Keyboards
Steve Gibson - Drums, Percussion

Producer - Steve Morris
Co-producer - Chris Ousey
Executive-producer - Khalil Turk

Self Defence / Ozone (2015)

0364Self Defence









FMのスティーヴ・オーヴァーランドと、Heartlandのクリス・ウーズィーという英国メロディック・ロックを代表するボーカリスト2人と、メロディック・ロック界のキーパーソンでもあるギタリストのマイク・スラマーとトミー・デナンダー、この4人がタッグを組んだハードロック・プロジェクトOzoneのアルバム。このメンツはすごい!ウーズィー、スラマー、デナンダーの組み合せは2011年のクリス・ウーズィーのソロ作Rhyme & Reasonで実現していましたが、そこにスティーヴ・オーヴァーランドが上乗せされてツイン・ボーカルですからね。昔の言い方だと文字通りの「スーパー・グループ」です。当然リリース後すぐに手に入れましたが、一聴して「ん?」となりました。繰り返して聴いても耳に馴染んできません。何種類もの具が乗った豪華な海鮮丼より、結局単品で食ったほうが旨いということでしょうか。

日本国内盤(Rubicon Music)に入っているマイク・スラマーとクリス・ウーズィーのインタビューには、ザックリしたアルバム制作の手順が示されています。それによると、マイク・スラマーとトミー・デナンダーがそれぞれカラオケ・トラックを作成、それをクリス・ウーズィーとスティーヴ・オーヴァーランドにネット送信、それぞれが歌詞と歌メロを作ってボーカル・トラックを録音、プロデューサーのマイク・スラマーがトラックの取捨選択をして曲にまとめるというものです。いかにもレコーディングだけのためのプロジェクトという感じです。パーマネントなバンド活動が難しいメロハーの分野では、今はこういう手法は普通なのでしょう。問題は、マイク・スラマーとトミー・デナンダーの作った曲がゴージャスかつスタイリッシュで泥臭さやブルース味は皆無、一方クリス・ウーズィーとスティーヴ・オーヴァーランドはその真逆の個性が売りであること。それは分かっていて敢えてチャレンジしたのでしょう。しかしながら結局いわゆる化学反応は起きなかったみたいです。そうは言ってもそこはトップクラスの実力者が結集しているわけで、決して駄作にはなっていないのが逆に凄いと思いました。このアルバムが売れたら次があるかも的なことがインタビューに乗っていましたが、どうやら2枚目は無さそうな気配です。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Shadow on the Sun
02. Visionary Man
03. Self Defence
04. Once in a Lifetime
05. Practice What You Preach
06. How Evolved Are We
07. Smile Before You Lie
08. Save My Soul
09. Destiny
10. Tiger by the Tail
11. Let the Good Will Out
12. So Blind
Bonus Track for Japan
13. Visionary Man
All songs written by Chris Ousey, Steve Overland, Mike Slamer, Tommy Denander
except  "How Evolved Are We" by Christian Wolff, Chris Ousey

■Personnel
Chris Ousey - Lead & Backing Vocals
Steve Overland - Lead & Backing Vocals
Mike Slamer - Guitars, B3 Organ, Keyboards, Bass
Tommy Denander - Guitars, Keyboards, Bass
Ronnie Platt - Backing Vocals
Billy Greer - Backing Vocals
Billy Trudel - Backing Vocals
Kerry Denton - Drums
Christian Wolff - Guitars, Keyboards on "How Evolved Are We"
Erik Sabo - B3 Organ

Producer - Mike Slamer
Executive Producer - Khalil Turk
 

Amazon商品リンク

Miracles by Design / Heartland (1998)

0330Miracles By Design









1998年にリリースされたHeartlandの5枚目のアルバム。クリス・ウーズィー(vo)とスティーヴ・モリス(g)がコンビを組んで3作目となります。他の参加メンバーは、前作から復帰したオリジナル・メンバーのスティーヴ・ギブソン(ds)に加え、前年にThe Distanceで共演したケニー・ケイオス・ロニー(g)、デイヴ・ホピア (ba)、ジョン・カウンセル(key)の3人のカナダのミュージシャンです。ライナーノーツによると、前作でキーボードを担当したクリス・ロイドはメンバーとしてクレジットはありますが、交通事故のため録音には不参加とのこと。

さて本作の出来ですが、大名盤の1stにはまだまだ及ばないものの1作ごとに良くなっている印象を受けます。まずリズム・セクションが素晴らしい。スティーヴ・ギブソンもデイヴ・ホピアも優秀なプレイヤーで、躍動感のあるリズムが心地よいです。肝心のクリス・ウーズィーのボーカルも相変わらずパワフルでありながら渋くて聴き応えがあります。問題はスティーヴ・モリスです。筆者としては彼のギターとアレンジがだんだん鼻についてきました。なんでもかんでもハモればいいというものではないでしょ。楽曲そのものはいいのにアンサンブルがくどい。凝れば凝るほど、せっかくのボーカルとリズムのダイナミックさが損なわれてチマチマした印象を受けてしまいます。クリス・ウーズィーとスティーヴ・モリスの相性の問題なのかなあ。しかし、このコンビで90年代半ばから2000年代初めまでコンスタントにアルバムを制作して日本盤もリリースされ続けているので、欧州や日本では結構人気はあったのでしょうね。まあ、個人的な感想ということで勘弁してください。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. A Leap in the Dark (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
02. Miracles Take Time (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
03. Even Angels Cry (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
04. I Count the Days (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
05. Into the Flame (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
06. X Marks the Spot (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
07. Total Eclipse (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
08. Catch You If You Fall (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
09. Show Me the Way (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
10. Always the Love Will Survive (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)
11. Let It Roll (M : Steve Morris / L : Chris Ousey)

■Personnel
Chris Ousey - Lead Vocals, Backing Vocals
Steve Morris - Lead Guitars, Guitars, Keyboards
Steve Gibson - Drums
Chris Lloyd - keyboards
Kenny 'Kaos' Loney - Guitars
Dave Hopia - Bass
John Counsel - Guest Keyboards

Producer - Steve Morris, Paul Dean


Amazon商品リンク

Snakecharmer / Snakecharmer (2013)

0321Snakecharmer









元Whitesnakeのミッキー・ムーディ(Gt)、ニール・マーレイ(Ba)、元Wishbone Ashのローリー・ワイズフィールド(Gt)、Heartlandのクリス・ウーズィー(Vo)、Thunderのハリー・ジェイムズ(Ds)、そしてリック・ウェイクマンの息子でBlack Sabbathなどでプレイしているアダム・ウェイクマン(Key)という、錚々たる顔ぶれによって結成されたSnakecharmerの1stアルバム。バンド名から分かるように、初期Whitesnakeを支えたメンバーがやってきた一連の「スネイクなんちゃら」というバンドの最新版ですね。もういい加減「スネイク」は卒業すればいいのにと思いますが、いかがなものでしょうか。あと、ローリー・ワイズフィールドがまだ現役だったのには驚きました(失礼)。音のほうは、初期WhitesnakeやBad Companyなどを髣髴とさせるもの。つまりブルース、R&Bに根ざした伝統的なブリティッシュ・ハードロック以外の何物でもありません。1970年代にはブリティッシュ・ブルース出身のミュージシャンがワンサカいて、こういうサウンドはありふれていたわけですが、今となっては逆に新鮮に感じてしまいます。まあとにかく嬉しい作品です。

まず、クリス・ウーズィーが素晴らしい。奇をてらったところが全くないシンプルでナチュラルなブルース・ロックこそがやはりこの人にはピッタリで、水を得た魚のように伸び伸びとした歌唱を披露しています。いや~、Heartlandを聴くたびに感じていたモヤモヤが嘘のよう。渋くてブルージーなのに何故かHeartlandよりメロディアスに感じられるのが不思議です。もっと早くこのメンツでやって欲しかったなぁ。ミッキー・ムーディとローリー・ワイズフィールドのギターもいい感じです。ほとんどペンタトニック一発勝負。タッピングでピロピロとかアーミングとかも一切やってません。リズム・セクションもキーボードもさすがに安定感抜群で文句の付けようがないです。メンバーの皆さんは結構高齢者も多いので、もう余計なことはしないでこのバンドに集中してアルバム制作してほしいし、できればツアーもやってもらいたいですね。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. My Angel (Moody, Ousey, Wisefield)
02. Accident Prone (Wisefield, Ousey)
03. To the Rescue (Wisefield, Ousey)
04. Falling Leaves (Wisefield, Ousey)
05. A Little Rock & Roll (Ousey, Moody, Wherry, Moody)
06. Turn of the Screw (James, Moody, Murray, Ousey, Wakeman, Wisefield)
07. Smoking Gun (Moody, Ousey)
08. Stand Up (James, Ousey)
09. Guilty as Charged (Wisefield, Ousey)
10. Nothing to Lose (James, Moody, Murray, Ousey, Wakeman, Wisefield)
11. Cover Me in You (Ousey, Moody, Wherry, Moody)
12. White Boy Blues [Bonus Track] (Moody, Ousey)

■Personnel
Chris Ousey - Lead Vocals
Micky Moody - Guitars, Vocals
Laurie Wisefield - Guitars, Vocals
Adam Wakeman - Hammond Organ, Keyboards
Neil Murray - Bass
Harry James - Drums

Gareth Roberts - Additional Percussion

Producer - Snakecharmer


Amazon商品リンク

Bridge of Fools / Heartland (1997)

0194Bridge of Fools









イギリスのメロディック・ロック・グループ、ハートランドの4作目。ハートランドってジャケットのダサいバンドっていうイメージが、もう自分の中で定着してしまってますけど、それにしてもこのジャケット酷すぎ。国内盤はまだましですが。

2ndと3rdは実質クリス・ウーズィーのソロ作品で、しかもリズム・パートは打ち込み多用という、ほとんど宅録自主制作状態だったため、なんとも不完全燃焼の感がありました。本作では、オリジナル・メンバーだったドラムのスティーヴ・ギブソンが戻り、ベースとキーボードにも専任メンバーを加え、久しぶりにバンドらしいサウンドが展開されています。クリス・ウーズィーのボーカルも、バンドの音に乗ってようやく躍動感を取り戻しました。出だしの#1"Tomorrow Won't Wait"、#2"Castles in the Sand"とノリの良い曲が続き、この人ならではのダイナミックな歌唱にワクワクしてきます。哀愁たっぷりの#5"Elena"、#9"Hardworking Man"など楽曲も概ね出来が良いという印象です。

ただし、相変わらず音があまり良くない。ベールを被ったようにこもっていて、どうにももどかしい音です。Escapeレーベルのもとで制作環境は整っていたはずなのに、なんでこうなるのでしょうか。それから、前作でも感じたことですが、スティーヴ・モリスは確かにギターは上手いのものの、音色に魅力がないんです。それは特にディストーションをかけた音に顕著です。また、ギターのアンサンブルに精緻さはあっても、スケールの大きさが感じられない。1st、2ndのゲイリー・シャープが大自然を感じさせたのに比べて、まるで良く出来た箱庭のようなチマチマしたイメージ。申し訳ないけど、やっぱりゲイリー・シャープのほうが良かったなぁ。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Tomorrow Won't Wait
02. Castles in the Sand
03. Where the Pieces Fall
04. I Will Wait for You
05. Elena
06. Front Page News
07. Only a Heartbeat Away
08. Not Till Heaven Falls
09. Hardworking Man
10. Feels Like Magic
11. Still Got My Feet on the Ground
12. Don't Let the Fire Die
13. These Are the Days [Bonus Track]
All songs by Steve Morris/Chris Ousey

■Personnel
Chris Ousey - vocals
Steve Morris - guitars, keyboards
Chris Lloyd - keyboards
Steve Gibson - drums
Tim A Duncan - bass

Producer - Steve Morris
Executive Producer - Khalil Turk, Chris Ousey

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ