メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。 メロディック・ロックのアルバムをレビューしていくブログです。

エルヴィス・バジャダレス

Standing on the Shoulders of Giants / Tribe of Gypsies (2000)

0329Standing On The Shoulders Of Giants









アメリカのラテン・ロック・バンドTribe of Gypsiesの3作目のフルレンス・アルバム。Tribe of Gypsiesは、HM系アーティストのプロデュースや楽曲提供でも著名なロイ・Zのリーダー・バンドです。メロディアスなラテン・ハードロックの1st、ラテン色が強まり静と動の対比が見事な2ndときて、さて本作はというと2ndより更におとなしくなってハードさが薄れました。70年代末から80年代初頭のピーター・グリーンの一連の作品を思わせる空虚感・浮遊感が漂っています。

印象的な曲をざっと見ていくと、まず#1"The Flower"は曲調といい、ロイ・Zのギター・フレーズといい、聴いていると落ち込みそうなほど哀しさ、寂しさに満ちています。#2"Rays of the Sun"、#3"Admit It"はちょっと元気で、リズムセクションがカッコよくて特にベースがメチャメチャ凄いです。#5"Puro Party"、#6"What Cha Want"、#7"Ange"は本作の中では歌唱と演奏が比較的エネルギッシュでハードな曲。#12"Parisienne Walkways"は言わずと知れたゲイリー・ムーアとフィル・リノットの名曲「パリの散歩道」です。Tribe of Gypsiesにピッタリなカバーだと思います。ロイ・Zのギターもここでやっと本領発揮ですが、できればもっとギンギンに弾きまくって欲しかったなぁ。

アルバム全体の印象としては、ラテン・ロックと言っても、熱狂とか官能とかの言葉からは程遠いサウンドです。2ndのような手に汗握るインプロビゼーションも少ない。一言で言って地味。うーん、地味でも十分カッコいいしこれはこれで好きだけれど、ちょっと抑え過ぎじゃないかと思ってしまいました。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. The Flower (Roy Z, Bruce Dickinson)
02. Rays of the Sun (Roy Z, Gregory Analla, David Ingraham)
03. Admit It (Juan Perez, Roy Z, Gregory Analla)
04. It Don't Bother Me (Ray Rodriguez, Roy Z, Gregory Analla)
05. Puro Party (Eddie Casillas, Roy Z, Mario Q)
06. What Cha Want (Roy Z, Gregory Analla)
07. Angel (Roy Z, Gregory Analla)
08. Up (Roy Z, Gregory Analla, Eddie Casillas, David Ingraham, Elvis Balladares)
09. Better Days (Roy Z, Gregory Analla, Mario Q)
10. Dreams (Roy Z, Mario Q)
11. Puro Party (Reprise) (Eddie Casillas, Roy Z, Mario Q)
12. Parisienne Walkways (Gary Moore, Phil Lynott)
Hidden Track : Over All (Roy Z, Rey Oropeza, Gregory Analla)

■Personnel
Roy Z - guitar, mellotron, bass (#1, #7, #10)
Gregory Analla - lead vocals
David Ingraham - drums,  percussion
Elvis Balladares - percussion
Ray Rodriguez - keyboards
Juan Perez - bass (#2, #3, #4)

Mario Aguilar - additiona percussion
Edward Casillas - bass (#5, #6, #8, #9, #12)

Producer - Roy Z & Joe Floyd
Producer - Richard Podolor (#2, #3, #4 )

Revolucion 13 / Tribe of Gypsies (1998)

0215Revolucion 13









Judas Priest、Helloweenなどメタル系のプロデュースや楽曲提供で名の知れたロイ・Z。メキシコ系アメリカ人である彼自身のバンド、トライブ・オブ・ジプシーズは、自らのアイデンティティをストレートに反映したラテン・ロック・バンドです。Revolucion 13 はトライブ・オブ・ジプシーズのフルレンスとしては2枚目、通算すると3枚目のアルバム。これまでのハード・ロック的要素が薄まり、いよいよラテン色が濃厚になりました。また、サウンド全体に不思議な静けさと浮遊感があり、パーカッションの執拗なリズムには呪術的な響きすら感じられます。サンタナが一時期スピリチュアルなところに行っちゃってましたが、ちょっとあの感じに似ているかもしれません。ボーカル・パートが減って、ジャズやフュージョンを思わせるインストの展開が続き、アルバム全体が長い組曲というような印象を受けます。ロイ・Zの官能的なギターは健在なんですが、ここまで来るとハード・ロック的カッコよさを求める人にはちょっとキツいかな。だけど、熱くテクニカルなインプロビゼーションの応酬、ハモンドやローズやARPやメロトロンの芳醇な響き、絶対にドンカマなんか使ってなさそうなリズムの緩急、歌詞の一言一言に込められた祈り、あるいはむき出しの哀しみ、そういうのってロックが爆発した頃には当たり前だったのに、最近は有りそうで中々無いと思うんです。ハード・ロック、ラテン・ロックうんぬんを超えて、多くのロック・ファンに聴いてもらいたい音楽だと思います。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Aztlan (Mario Aguilar, Roy Z)
02. What's Up? (Edward Casillas, Gregory Analla, Rey Oropeza, Roy Z)
03. Summer Rain (Roy Z, Gregory Analla)
04. Revolucion 13 (Roy Z)
05. Landslide (Tribe of Gypsies)
06. Spanish Blue (Roy Z, Gregory Analla, Charles Drouillet)
07. Collapse (Roy Z, Gregory Analla)
08. Mother's Cry (Edward Casillas, Gregory Analla, Roy Z)
09. Aztlan Reprise (Mario Aguilar, Roy Z)
10. Pancho Villa Part 1 (Tribe of Gypsies, Victor Baez)
11. Freedom (David Ingraham, Roy Z)

■Personnel
Roy Z - guitar, vocals,  percussion
Gregory Analla - lead vocals
Edward Casillas - bass guitar, vocals,  percussion
David Ingraham - drums,  percussion,  keyboards on "Freedom"
Elvis Balladares - percussion
Mario Aguilar - timbales, percussion

Rey Oropeza - vocals on "What's Up"
Victor Baez - Bata on "Revolucion 13", vocals and conga on "Pancho Villa Part 1"
Mario Q - vocals on "Freedom"
Al Martin - flute, vocals
Ray Rodriguez - B3, Rhodes on "Aztlan", "What's Up" and "Spanish Blue"
David Torres - piano on "Aztlan Reprise"
Greg Schultz - B3, mellotron, piano, ARP on "Summer Rain", "Revolucion 13", "Landslide", "Collapse" and "Mother's Cry"

Producer - Roy Z
Co-Producer - Joe Floyd & Tribe Of Gypsies

Nothing Lasts Forever / Tribe of Gypsies (1997)

0167Nothing Lasts Forever









ロイ・Z率いるラテン・ロック・バンド、トライブ・オブ・ジプシーズの1stと2ndの間にリリースされたミニ・アルバム。タイトル曲"Nothing Lasts Forever"は、メロディアス・ラテン・ハードロックとでも名付けたい曲調で、このバンド屈指の名曲です。最初一回聴いただけでハマってしまい、中毒のように聴き続けた思い出があります。リリカルなメロディと泥臭いボーカルの対比がとにかく秀逸、ロイ・Zのギター・ソロも情感たっぷり。小刻みなベース・ラインも最高にカッコいいです。ラテンのリズムとメロハー、考えてみれば相性はピッタリかもしれません。

タイトル曲以外も1stの延長線上のハードなラテン・ロックで佳曲ぞろいです。#6"Oh Well"はピーター・グリーン在籍時のフリートウッド・マックのカヴァー。サンタナがやはりフリートウッド・マックのラテン・ブルース・ロック"Black Magic Woman"を取り上げて、彼らの初期の代表的ヒット曲となっています。ピーター・グリーンはラテン風なリズムやパーカッションの使い方が好きらしく、ずっと後年にはサンタナと共演したりしてますね。このトライブ・オブ・ジプシーズの"Oh Well"もオリジナルの雰囲気を残しつつ、完全なラテン・ロックに仕立て上げていて見事の一言です。哀愁と高揚感に満ちたギター・ソロもロイ・Zのベスト・パフォーマンスの一つだと思います。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Nothing Lasts Forever (Roy Z, Robbyn Garcia)
02. Gangland (Eddie Casillas, Roy Z, Dean Ortega, Rey Oropeza)
03. Turn Around (Roy Z, Eddie Casillas, David Ingraham, Dean Ortega)
04. I'm a Man (Steve Winwood, Jimmy Miller)
05. Melena (Roy Z, Doug Van Booven, Mario Quiroga)
06. Oh Well (Peter Green)

■Personnel
Roy Z - guitar, vocals & percussion
Edward Casillas - bass guitar, vocals & percussion
Mario Aguilar - timbales & percussion
David Ingraham - drums & percussion
Elvis Balladares - percussion
Dean Ortega - lead vocals

Doug Van Booven - congas, percussion & vocals
Richard Baker - keyboards
Greg Shultz - keyboards
Rey Oropeza - Rap on "Gangland"
Mario Quiroga - Guest vocals on "Melena"
Linda Bahia - Guest vocals on "Melena"

Producer - Roy Z
Co-Producer - Shay Baby & Tribe of Gypsies 

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ