メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

エドガー・パトリック

Knock Out / Bonfire (1991)

0317Knock Out









ドイツのハードロック・バンドBonfireの4thアルバム。一作ごとに楽曲面・演奏面で向上してきて、前作Point Blank はバンドの代表作と言って差し支えない充実振りを示していました。ところが、ところが、この大事な4作目でずっこけてしまいます。アメリカン・ハードロック路線が更に強まったのは構わないとしても、その悪いところばかり増幅したような内容にはがっかりです。馬鹿丸出しの下品なパーティ・ロック、悪ふざけというか楽屋オチ的なお遊び、歯の浮くような嘘臭いバラードばかり目立ちます。なんでこうなってしまったのか?バンドのせいなのか、Queenのプロデューサーとして名の知れたラインホルト・マックのプロデュースが裏目に出たのか、よく分かりません。 何曲か佳曲もあるのに実にもったいないです。本作の出来の悪さが影響したのか、この後バンドは空中分解。自分で自分をノックアウトしたというシャレにならない状況です。オリジナル・メンバーのクラウス・レスマンとハンス・ツィラーによってバンドは数年後に復活しますが、こちらの聴く気は復活しないままです。

評価 ★★☆☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Streets Of Freedom
(Music: G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
02. The Stroke
(Music & Lyrics: B. Squier)
03. Dirty Love
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
04. Rivers Of Glory
(Music: G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
05. Home Babe
(Music: G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
06. Shake Down
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
07. Hold You
(Music: G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
08. Down And Out
(Music: G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
09. Take My Heart And Run
(Music & Lyrics: C. Lessmann/M. Voss-Schön)
10. All We Got
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
11. Fight For Love
(Music: G. Schleifer/C. Lessmann, Lyrics: C. Lessmann)
12. Tonmeister
(Music & Lyrics: E. Patrik/J. Deisinger/G. Schleifer/C. Lessmann/R. Mack)

■Personnel
Claus Lessmann - Lead & Backing Vocals, Acoustic Guitars
Jörg Deisinger - Bass, Backing Vocals
Edgar Patrik - Drums, Percussion, Backing Vocals
Angel Schleifer - Guitars, Backing Vocals

Producer – Mack (Reinhold Mack)

Point Blank / Bonfire (1989)

0286Point Blank










ドイツ産HRバンドBonfire(ボンファイアー)の1989年リリースの3rdアルバム。一作ごとに同郷の先輩バンドScorpionsの影響が薄れ、Bon Jovi色というかアメリカ指向が強まってきています。前作に引き続き、ジャック・ポンティ、デズモンド・チャイルドといったBon Joviにつながるヒット・メーカーとの共作曲を入れ込み、楽曲面での充実度は更に向上。俗に言うアリーナ・ロック風なメジャー・バンド感が出てきました。メイン・ギターがハンス・ツィラーから新規加入のエンジェル・シュライファー(ex-Sinner)にチェンジしたことによって、インスト面も格段に強化されています。ただ、惜しむらくは決定的なキラー・チューンがないこと。うーん、あと一歩、あと半歩という感じです。一曲一曲はコンパクトでキャッチーなんですが、箸休め的な小品2曲を含めて全17曲収録というのも、さすがに詰め込みすぎな気がします。2009年Yesterrockの再発盤は更に7曲のライブ録音がボーナスで追加されており、嬉しいようなお腹一杯なような。。。

なお、前身バンドCacumen以来のギタリスト2人のうち、ホルスト・マイヤー・ソーンは録音前に脱退、ハンス・ツィラーはミックス中に脱退しています。ハンス・ツィラーのパートがどの程度残っているのか不明ですが、彼はAdditional Guitars、エンジェル・シュライファーはAll Guitarsとクレジットされています。ドラムは前作では助っ人のケン・メリーが叩いていましたが、本作では固定メンバーとしてエドガー・パトリック(ex-Sinner, Samson)が参加しています。クラウス・レスマン(vo)、ヨルグ・ダイジンガー(b)は変わらず、プロデュースも2ndと同じくマイケル・ワーグナーが手がけています。バッキング・ボーカルにフレディ・カーシ(ex-Sheriff, Alias)の名前があるのがちょっと意外。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Bang Down The Door
(Music & Lyrics: B. Halligan Jr./G. Schleifer/C. Lessmann/J. Ziller)
02. Waste No Time
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer, Lyrics: C. Lessmann)
03. Hard On Me
(Music & Lyrics: J. Ponti/S. Swirsky/C. Lessmann/G. Schleifer/J. Deisinger/E. P. Witzemann/J. Ziller)
04. Why Is It Never Enough
(Music: J. Ziller, Lyrics: C. Lessmann)
05. Tony's Roulette
(Music: J. Ziller, Lyrics: C. Lessmann)
06. Minestrone
(Music & Lyrics: H. Maier-Thorn/E. P. Witzemann)
07. You're Back
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer, Lyrics: C. Lessmann)
08. Look Of Love
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer, Lyrics: C. Lessmann)
09. The Price Of Loving You
(Music: D. Child, Lyrics: D. Child/C. Lessmann/G. Schleifer/J. Ziller)
10. Freedom Is My Belief
(Music: J. Ziller, Lyrics: C. Lessmann)
11. Gimme Some
(Music & Lyrics: J. Ponti/K. Keeling/L. Bulen/M. Wagener/C. Lessmann/J. Deisinger/G. Schleifer/E. P. Witzemann/J. Ziller)
12. Say Goodbye
(Music: J. Ziller, Lyrics: C. Lessmann)
13. Never Surrender
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer, Lyrics: C. Lessmann)
14. (20th Century) Youth Patrol
(Music: J. Ziller, Lyrics: C. Lessmann)
15. Jungle Call
(Music & Lyrics: H. Maier-Thorn)
16. Know Right Now
(Music: J. Deisinger/G. Schleifer, Lyrics: C. Lessmann)
17. Who's Foolin' Who
(Music & Lyrics: M. Ribler/C. Lessmann/G. Schleifer/J. Ziller)

■Personnel
Claus Lessmann - Lead & Backing Vocals, Acoustic Guitars
Jörg Deisinger - Bass, Backing Vocals, Mouth Drums
Edgar Patrik - Drums, Percussion, Backing Vocals
Angel Schleifer - All Guitars, Backing Vocals

Hans Ziller - Additional Guitars
Fred Curci - Additional Backing Vocals

Producer – Michael Wagener


記事検索
カテゴリ別アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ