メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

イムレ・ダウン

Shiftin' Gear / Alien (1990)

0292Shiftin' Gear









スウェーデンのメロディアス・ハードロック・バンドAlien(エイリアン)の2ndアルバム。1stと同じく大手のVirginからのリリースですが、メンバーはリーダーのトニー・ボルグ(Gt)と ピート・サンドべリ(Vo)の二人だけに減ってしまっています。トニー・ボルグがベースも兼任、足りないパートは助っ人ミュージシャンと打ち込みで間に合わせています。助っ人メンバーは、キーボードにベルント・アンダーソン、ドラムにイムレ・ダウン、プログラミングはプロデューサーのラース・ディドリクソン。ディドリクソンはSnowstorm、Don Patrolといったバンドのボーカリストでもありましたが、2017年の3月に亡くなっているようです。バック・ボーカルには、旧メンバーのジム・ジッドヘッド、加えて ヨラン・エドマンも参加しています。

本作は2013年にドイツのAOR Heavenによってリマスター・リイッシューされています。そのライナーを見ると、1stリリース後Virginレーベルからのツアーや新作制作へのプレッシャーに疲れてメンバーは次々離脱。トニー・ボルグはバンドを休止してソロ作品を作りたかったのに、レーベル側の強い要請でピート・サンドべリと二人だけで2ndのレコーディングを余儀なくされたらしいのです。そんな状態で制作された割には、楽曲の出来も良く聴き応えのあるアルバムとなっています。大名盤である1stに比肩するとまでは言えないものの、スロー~ミドル・テンポを主体としたマイルドな曲調、対照的にリッチー風にとんがったトニー・ボルグのギター、そしてピート・サンドべリの切なくエモーショナルな歌唱は、1stで焼き付けられたバンドのイメージを損なっていません。数々の名作を復刻しているAOR Heaven Classixシリーズのラインナップに取り上げられたのも納得です。なお、AOR Heaven盤にはデモ・バージョン4曲が追加収録されています。タイトルやアレンジが一部異なりますが3曲は本編収録曲、#13"Name Of Love"のみ本編未収録で、なんで外されたのか分からないくらい良い曲です。

オリジナルの他にカバー曲が2曲入っていますので、最後に簡単に触れておきます。#9"Don't Turn Me Away"はサザン・ロック・バンドWet WillieのアルバムManorisms (1977)収録曲。オリジナルを歌っているのはこのところジェフ・ベックと行動を共にすることの多いジミー・ホールです。#11"Hello How Are You"はオーストラリアのバンドThe Easybeatsの1968年のヒット曲。作曲はThe Easybeatsのメンバーで後に作曲チームとなるハリー・ヴァンダ&ジョージ・ヤングで、ちなみにこのジョージさんは、AC/DCのヤング兄弟のお兄さんです。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Hold On Move On (Borg, Sandberg)
02. Give It Up (Borg, Sandberg)
03. Desperate Dreams (Borg, Sandberg)
04. Angel Eyes (Borg, Sandberg)
05. In The Dead Of Night (Borg, Sandberg)
06. Intro - Midnight Jam
07. Turn On The Radio (Borg, Sandberg)
08. Strangers In A No-Man's-Land (Borg, Sandberg)
09. Don't Turn Me Away (Duke)
10. Neon Lights (Borg, Sandberg)
11. Hello How Are You (Vanda, Young)
12. Desperate Dreams (Studio Bonus Demo)
13. Name Of Love (Studio Bonus Demo)
14. Dead Of Night (Studio Bonus Demo)
15. Hold On (Studio Bonus Demo)

■Personnel
Tony Borg – All Guitars, Bass
Pete Sandberg – Lead Vocals

Berndt Andersson - Hammond, Keyboards, Melodica
Imre Daun - Drums
Göran Edman - Backing Vocals
Jim Jidhed – Backing Vocals
Lars "Dille" Diedriksson - Drums & Keyboards Programming

Producer - Tony Borg, Lars "Dille" Diedriksson
Executive-Producer – Karl Onsbacke


Unfamiliar / Mikael Erlandsson (1997)

0251Unfamiliar










Last Autumn's Dream(LAD)のヴォーカリスト、ミカエル・アーランドソンがソロ・シンガー時代に発表した3枚目のアルバム。リリースは1997年です。ハードロック要素はほとんど無く、直截な哀愁味も薄くなり、ミカエル・アーランドソン独特のポップ・センスが全面展開となっています。ビートルズやELOといった彼の音楽的バックグラウンドを窺わせるものの、それを昇華させ彼独自のユニークなメロディ、歌唱、サウンドに結実しています。バンドも少人数で、アンサンブルも小ぢんまり、全体にナチュラルで温か味のある音。なんともアットホームな雰囲気で心和むアルバムです。曲調も変化に富んでいて、時折顔を覗かせる冷たい感触や苦味にも感興をそそられます。しかしながらどうしても地味という印象は拭えません。もう少しだけ刺激が欲しかったかな。

プロデュースは、後にLADのアルバム制作にも大きく関わるウルフ・ヴァールベリと、ミカエル・アーランドソンの数多くの曲で作詞を担当しているアイメリク・デゾンブレ。ウルフ・ヴァールベリは本作ではベースとキーボードも弾いています。この人、今でこそプロデューサー然としていますが、70~80年代はSecret Serviceというスウェーデンの国民的ポップ・グループの一員でした。Secret Serviceのメンバー達は、その後スウェーデンのポピュラー音楽界の仕掛け人的存在となり、ウルフ・ヴァールベリもその一人というわけです。このSecret Serviceは2000年に再結成されており、いつの時点からかは分かりませんが、ミカエル・アーランドソンとLADのバンド・メイトのジェイミー・ボーガーもそのラインアップに加わっています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Erotic State Of Delight (music : Mikael Erlandson, lyrics : Aymeric Desombre&Mikael Erlandson)
02. Sadomaso Mind (music : Mikael Erlandson, lyrics : Aymeric Desombre)
03. Universal Song (music&lyrics : Mikael Erlandson)
04. Somebody Somewhere (music : Mikael Erlandson, lyrics : Mikael Erlandson&Aymeric Desombre)
05. Hold Back The Tears (music : Mikael Erlandson, lyrics : Mikael Erlandson&Aymeric Desombre)
06. Don't Be A Stranger (music : Mikael Erlandson, lyrics : Mikael Erlandson&Aymeric Desombre)
07. Carousel Of Seasons (music : Mikael Erlandson, lyrics : Aymeric Desombre)
08. Moonlight Rain (music : Mikael Erlandson, lyrics : Mikael Erlandson&Aymeric Desombre)
09. What It's All About (music : Mikael Erlandson, lyrics : Mikael Erlandson&Aymeric Desombre)
10. A Lot Of Love (music : Mikael Erlandson, lyrics : Aymeric Desombre&Mikael Erlandson)
11. Hold Tight (music : Mikael Erlandson, lyrics : Aymeric Desombre&Mikael Erlandson)

■Personnel
Mikael Erlandson - lead & background vocals
Imre Daun - drums
Andreas Ullbrandt - guitars
Ulf Wahlberg - bass & keyboards
Aymeric Desombre - party background vocals on "Hold Tight"

Producer - Ulf Wahlberg, Aymeric Desombre



Under the Sun / Mikael Erlandsson (1996)

0192Under The Sun










ソロ・シンガー時代のミカエル・アーランドソンの、1996年にリリースされた2枚目のアルバム。前作より甘さが抑えられ、楽曲の充実度も増しており、意外にロックっぽいサウンドとなっています。本作ではスウェーデンの名うてのセッション・ミュージシャンを起用していることがその一因かもしれません。特にマッツ・ヨハンソンの歪み過ぎない引き締まったギターが、本作のサウンドを特徴付けていると感じました。フレーズも何気なく高度で、トーン・コントロールも痒いところに手が届いてる。この人相当上手いです。ベースのヘンリック・トムセン、ドラムのイムレ・ダウンは、後にSaluteでもミカエル・アーランドソンのリズム隊となっており、FMのスティーヴ・オーヴァーランドのOverlandのアルバムにも名前を連ねています。また、マッツ・ヨハンソン、ヘンリック・トムセン、イムレ・ダウンの3人はHope名義でアルバムもリリースするなど密接な関係が伺えます。

ポップなメロディとアーシーでシンプルな演奏が心地よい#1"Open Book"、#2"Can't Turn Back Now"、#5"Touch You Now"、#8"Television"、ロマンチックなタイトル曲#4"Under the Sun"、ストーンズ風のルーズなサウンドが最高にかっこいい#6"Hot Shoes"、本作では異色なハード・ロック・ナンバー#10"The Loser"などなど、聴くほどに味が増す曲が多く、筆者の聴く機会の多いアルバムです。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Open Book
02. Can't Turn Back Now
03. Today
04. Under the Sun
05. Touch You Now
06. Hot Shoes
07. Down to Earth
08. Television
09. Suppose
10. The Loser
11. 1000 Years
12. A Place to Hide in Town
Music Mikael Erlandsson
Lyrics Mikael Erlandsson & Aymeric Desombre

■Personnel
Mikael Erlandsson - Lead & Backing Vocals

Mats Johanson - Electric & Accoustic Guitars
Henrik Thomsen - Bass & Backing Vocals
Imre Daun - Drums

Tommy Lydell - Piano, Keyboards, Hammond B3
Lotta Johansson - Violin
Sara Edin - Violin
Pelle Halvarsson - Cello
Maria Blom - Backing Vocals
Sara Isaksson - Backing Vocals
Peter R Ericson - Acoustic Guitar on "Suppose", Additional Backing Vocals

Producer - Peter R Ericson
Executive Producer - Niclas Johanson

Wonderland / Kharma (2000)

0040Wonderland

スウェーデンのメロハー・グループ、カーマ(Kharma)のデビュー・アルバム。メンバーはヨラン・エドマン(vo)、ドラガン・タナスコヴィック(gt)、アティラ・サーボ(key)、ヨエル・スタランダー(ba)、イムレ・ダウン(dr)。ライナーノーツによれば、Kharmaはエドマン、タナスコヴィック、サーボの3人が1980年代の中ごろに組んでいたVanessaというグループが前身となっています。Vanessaはデモ作りまではいったもののレーベルとの契約には至らず、エドマンがジョン・ノーラム、イングヴェイ・マルムスティーンといった大物に抜擢されて以降は活動が停滞。自然消滅状態だったKharmaですが、ドイツのメロハー・レーベルMTM Musicからタナスコヴィックに声がかかり、エドマン、サーボもKharma再始動に同意、長いブランクを経てついにデビュー・アルバムが完成したという、なんだか泣ける話です。せっかくの初アルバムなのに、アティラ・サーボは個人的事情で中々レコーディングに参加できなかったそうで、ほとんどのキーボード・パートを元インギー・バンドのマッツ・オラウソンが弾いています。ドラムのイムレ・ダウンは最近ミカエル・アーランドソンのSaluteでも叩いていますが、そのミカエル・アーランドソンがこのアルバムにバッキング・ボーカルで2曲参加しています。ヨラン・エドマンは、Kharmaは自分にとってもっとも情熱を傾けるバンドで、他のプロジェクトに参加するのはKharmaに注ぎ込む資金を得るためとまで言っていたそうですが、今のところこのアルバムが唯一の作品となっています。

オープニングの"Free Yourself"は、ホーンの入ったイントロ、ポール・ロジャース風のブルージーなヨラン・エドマンの歌唱、愁いを帯びたメロディ、全て筆者好みで「おおーっ」となりました。しかし。。。サビの転調でガクっと。。。なんでそのまま行かない?アルバム全体がそんな不完全燃焼の繰り返しで、非常に欲求不満に陥ります。明らかにクイーンの影響を感じさせる煌びやかなコーラス、ビートルズ的くすぐり、大げさすぎるキーボード、曲の勢いを殺すキメと転調、いらないものばかりです。良いメロディと良い演奏がそこかしこにあるのに、実にもったいない。ただし、#7"Part Time Lovers"だけは、最後までフリーかバドカンかと思うほど重厚で、オルガンもギター・ソロもそれ風でとことんかっこいい!

ヨラン・エドマンのボーカルは、あるときはポール・ロジャース、またあるときはグレン・ヒューズ、フレディ・マーキュリーみたいに聴こえます。様々な歌い方ができるのは良いことですが、1枚のアルバムの中でコロコロ変わるのはいかがなものか。ドラガン・タナスコヴィックの野太くて歌心のあるギターは1970年代の名ギタリストたちを思い起こさせ、非常に筆者好みなのですが、このKharma以外にはギタリストとしての活動はなく、もっぱらマスタリングやレコーディング・エンジニアとして裏方で働いているようです。もったいないことだらけで悲しくなってしまいます。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Free Yourself
02. Wonderland
03. Knowing You
04. Burn Forever
05. In Chains
06. Standing Alone
07. Part Time Lovers
08. Angel Eyes
09. Ray Of Sunshine
10. Spell on You
11. Don't Close Your Eyes
12. Hold On
13. Wings of History
※日本盤ボーナストラック
14. Cold As Ice

All sogs written by Atilla Szabo, Dragan Tanaskovic, Göran Edman

■Personnel
Göran Edman – lead and backing vocals
Dragan Tanaskovic – guitars
Atilla Szabo – keyboards, piano, organ, backing vocals
Joel Starander – bass
Imre Daun – drums, percussion

Mats Olausson – keyboards, piano, organ
Mikael Erlandsson – backing vocals on 11, 12
Jonas Simonsson – flute on 2, 9
Eleanore Andersson – backing vocals on 6, 13
Jan Anders Bjerger – trumpet on 1, 9
Peter Johansson - trombon on 1, 9
Anders Börjesson - sax on 1, 9
David & Mathias Szabu - vocals on 10

Producer - Dragan Tanaskovic & Kharma

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ