メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

アンダース・テオ・ティアンデル

Above & Beyond / Midnight Sun (1998)

0117Above & Beyond
スウェーデンのメロディアス・ハードロック・バンド、ミッドナイト・サンの2ndアルバム。ラインナップは、ピート・サンドベリ(vo)、ヨナス・レインゴールド(ba)、クリス・パルム(gt)の3人は前作と同じですが、ドラムはアンダース・テオ・ティアンデルから、ヘンポ・ヒルデン(ex-Mandrake Root, John Norum, Don Dokken)に交代しています。アンダース・テオ・ティアンデルはスタジオ経営、プロデュース業のほうを本職に選んだようで、本作も彼のRoastinghouse Studioで録音、彼自身はエグゼクティヴ・プロデューサーとしてクレジットされています。

ネオクラ風の疾走曲を頭に持ってきてド肝を抜いてから、悲哀に満ちたミッドナイト・サンの世界になだれ込むというのは前作と同じ趣向ですが、前作と違うのはピート・サンドベリお得意のAOR風味の曲がないことです。徹頭徹尾ミディアム~スロー・テンポのメロディアスなハードロックが詰まっています。インストを除いて全てヨナス・レインゴールドの作曲。この人ベース・プレイも凄まじいのですが、作曲家としても実に素晴らしいメロディ書きますね。それをハスキーで繊細なピート・サンドベリの声で歌い上げられると、ほんとに切なくなってきます。全曲にそれぞれのドラマがあり、北欧的哀愁メロハーを代表するような傑作だと思います。

特筆すべきはギターのクリス・パルム。どのトラックでもその曲の表情に合った情感豊かなメロディを紡ぎ出しています。緩急をわきまえたフレーズの組み立てに秀でていて、一本調子な速弾きばかりで退屈させるようなことがありません。本作にはギター・インスト曲#12"Eye of the Beholder"も収録されており、ここでも彼のギタリストとしての才能が遺憾なく発揮されています。さらに、スペシャルなゲストとしてヨーロッパのジョン・ノーラムが参加しているのも嬉しいポイントです。#10"Bad Blood"では全面的にリード・ギターを担当、ここぞとばかりに弾きまくり倒しています。#11"Endlessly"ではクリス・パルムとのギター・バトルを展開。元々クリス・パルムはジョン・ノーラムに似たタイプのギタリストだし、お互いを煽り立てるような激しい応酬にもう嬉しい悲鳴を上げるしかありません。このクリス・パルム、本作を最後にミッドナイト・サンを脱退、その後の活動がよく分からなくなってしまったのがなんとも残念です。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Above & Beyond (intro)
02. Reality
03. Keep on Pushing
04. Deception of Evil
05. I Believe
06. Don't Get Me Wrong
07. Tears in my Eyes
08. Kissed by an Angel
09. Scream & Shout [bonus]
10. Bad Blood
11. Endlessly
12. Eye of the Beholder
13. Hey
All music by Jonas Reingold and words by Pete Sandberg
except "Eye of the Beholder" by Chris Palm

■Personnel
Pete Sandberg - Lead Vocal
Chris Palm - Guitar, Keyboard
Jonas Reingold - Bass
Hempo Hildén - Drums

John Norum - Guitar war on "Endlessly", guitar solo on "Bad Blood"
Mike Dee - Keyboard
Anders "Theo" Theander - Drums on "Eye of the Beholder"
Thomas Wallèn - Backing vocals
Inger Ohlén - Backing vocals
Sara Hurlin - Backing vocals

Producer - Jonas Reingold
Executive Producer -  Anders "Theo" Theander 

Another World / Midnight Sun (1997)

0082Another World
ノルウェー出身の名ボーカリスト、ピート・サンドベリを擁するスウェーデンのミッドナイト・サンが1997年にリリースした1stアルバム。なぜか北欧にはバンドを転々とする渡り鳥ボーカリストが多いのですが、ピートもその一人で、このバンドは彼の経歴の中ではビワープ(Bewarp)の後、ピート・サンドベリズ・ジェイド(Pete Sandberg's Jade)の前ということになります。本作の出た1997年はピートの初ソロ・アルバムBack in Business もリリースされているので、結構エネルギッシュに活動していた時期だったと思われます。

ピート・サンドベリ以外のメンバーは、ベースに元ザ・ダウン・タウン・クラウンズ(The Downtown Clowns)のヨナス・レインゴールド。スウェーデンのベーシストを集めたプロジェクトSweden Bass Orchestraのリーダーを務めるなど、数多くのセッション・ワークもこなす実力者で、ミッドナイト・サンのリーダーシップも彼が握っていたようです。ドラムはアンダース・テオ・ティアンデル。セッション活動の一方、彼もビワープに在籍していましたが、ピート・サンドベリ加入時には既に脱退していたようです。最近ではドラマーよりも、プロデューサー、スタジオ経営や音楽出版ビジネスの分野での活動が目に付く人です。ギターはクリス・パルムで、やはりセッション・ミュージシャンとして活動してきた実力派。キーボードのマイク・DはEmeraldというバンドに在籍したようですが細かい経歴は不明です。

さて、音のほうですが、イントロのSEに続く"No Way Out"がいきなりネオクラ風疾走曲で驚かされます。これがえらくカッコいい。AOR風のロマンチックなシンガーというイメージの強いピート・サンドベリにしては、かなりメタル寄りの歌唱です。闇夜を切り裂くようなクリス・パルムのギターも素晴らしい。ギターとの高速ユニゾンを難なくこなすなど、初っ端からヨナス・レインゴールドの実力も遺憾なく示されています。このオープニング曲以外は、ピートらしいAOR的な曲とヘヴィなミドル・テンポのハードロックが続きます。筆者はピートの声と歌い回しが大好きなので、お腹いっぱいになるほど彼のボーカルを堪能できて大満足です。特に、#3" Moneymaker"や#5"All I Want"などマイナー・キーの曲での、甘美な悲劇の匂いを撒き散らすような歌唱には鳥肌が立ってしまいます。また全曲にわたってブリブリとしたグルーヴを発するヨナス・レインゴールドのベース、クラシカルな早弾きとタメの効いたブルージーなフレーズ両方を繰り出すクリス・パルムのギターも聴き応えあります。

楽曲の水準は押並べて高いのですが、やや凡庸な曲がいくつかあるのが難点でしょうか。また、ヘヴィ・メタル色が強い曲とAOR風な楽曲が混在しているのは、一般的に見て散漫な印象を与えてしまうような気がします。ソング・ライティングに関するクレジットはないのですが、次作Above and Beyond 収録曲のほとんどがヨナス・レインゴールド作曲、ピート・サンドベリ作詞なので、本作についてもおそらく同様だと思われます。プロデュースはアンダース・テオ・ティアンデルとヨナス・レインゴールドで、アンダース・テオ・ティアンデルの所有するRoastinghouse Studioでのレコーディング。サウンド・プロダクションがやや粗いのも気になる点です。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Another World
02. No Way Out
03. Moneymaker
04. Over and Over
05. All I Want
06. Looking for Love
07. Black Night
08. Hold Me Back
09. On'n'On
10. Power of Greed
11. Front-Page News
12. Deep in My Heart
13. Name of Love
14. Deep in My Heart (Instrumental Version) [Bonus Track for Japan]
15. Fire Still Burns  [Bonus Track for Japan]

■Personnel
Pete Sandberg - Lead Vocals
Chris Palm - Guitars, Vocals
Jonas Reingold - Bass, Vocals
Anders "Theo" Theander - Drums, Vocals
Mike D - Keyboard

Jonas Sandquist - Backing vocals
Thomas Wallèn - Backing vocals
Jonny Jacobsen - Backing vocals
Patrik Larsson - Backing vocals

Producer - Anders "Theo" Theander & Jonas Reingold 

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ