メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

アルド・ノヴァ

Bon Jovi / Bon Jovi (1984)

0299Bon Jovi










今さらの感はありますがボン・ジョヴィ(Bon Jovi)のデビュー・アルバムを取り上げてみます。3rdアルバムSlippery When Wet以降の作品群と比べれば少ないですが、それでも世界中で350万枚を売り上げ、全米チャート43位を記録しています。今聴いてもとてもよくできた「歌謡曲ロック」アルバムだと思います。収録曲はどれもメロディ・ラインが魅力的だし、歌唱・演奏も溌剌としていて気持ちがいい。いや~、やっぱり大したものです。筆者の一番のお気に入りは#6"Breakout"、いつも「ウォー、ウォー、ウォー」と一緒に歌いたくなります。

メンバーはジョン・ボン・ジョヴィ(Vo)、リッチー・サンボラ(Gt)、デヴィッド・ブライアン(デヴィッド・ラッシュバウム)(Key)、アレック・ジョン・サッチ(Ba)、ティコ・トーレス(Ds)。ただし、#1"Runaway"はバンド結成以前にジョン・ボン・ジョヴィとスタジオ・ミュージシャンによって録音されたもので、後にバンド・メンバーとなるヒュー・マクドナルドや、著名なセッション・ギタリストのティム・ピアースが演奏しています。また、Additional musiciansとして、チャック・バーギやアルド・ノヴァなどがクレジットされています。プロデューサーは後にDanger Dangerなども手がけるランス・クインと、ジョン・ボン・ジョヴィの従兄弟トニー・ボンジョヴィです。

なお、オリジナル盤の9曲に加えて、ライブ音源7曲入りの2枚組「1998 Special Edition」、ボーナス・トラックとしてライブ音源4曲を収録した「2010 Special Edition」もリリースされています。
 
評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Runaway (Jon Bon Jovi, George Karak)
02. Roulette (Jon Bon Jovi, Richie Sambora)
03. She Don't Know Me (Mark Avsec)
04. Shot Through The Heart (Jon Bon Jovi, Jack Ponti)
05. Love Lies (Jon Bon Jovi, David Rashbaum)
06. Breakout (Jon Bon Jovi, David Rashbaum)
07. Burning For Love (Jon Bon Jovi, Richie Sambora)
08. Come Back (Jon Bon Jovi, Richie Sambora)
09. Get Ready (Jon Bon Jovi, Richie Sambora)

1998 Special Edition bonus CD
01. Runaway (Live Le Zenith 1988)
02. Roulette (Live BBC Friday Rock Show)
03. Shot Through the Heart (Live Japan Tour 1985) 
04. Burning for Love (Live Japan Tour 1985)  
05. Get Ready (Live Japan Tour 1985)
06. Breakout (Live Super Rock '84)
07. Runaway (Live Super Rock '84)

2010 Special Edition bonus tracks
01. Runaway (Live Le Zenith 1988)
02. Roulette (Live BBC Friday Rock Show)
03. Breakout (Live Super Rock '84)
04. Get Ready (Live Japan Tour 1985)

■Personnel
Jon Bon Jovi – Lead Vocals, Backing Vocals, Guitar
Richie Sambora – Lead Guitar, Backing Vocals
Alec John Such – Bass, Backing Vocals
Tico Torres – Drums
David Rashbaum – Keyboards, Backing Vocals

Hugh McDonald – Bass on "Runaway"
Roy Bittan – Keyboards on "Runaway"
Frankie LaRocka – Drums on "Runaway"
Tim Pierce – Guitar on "Runaway"
David Grahmme – Backing Vocals on "Runaway"
Mick Seeley – Backing Vocals on "Runaway"
Chuck Burgi – Additional Drums
Doug Katsaros – Additional Keyboards
Aldo Nova – Additional Guitar and Keyboards

Producer – Lance Quinn, Tony Bongiovi
Executive-Producer – Arthur Mann


Subject/Aldo Nova (1983)

0119Subject










カナダのマルチ・ミュージシャン、アルド・ノヴァの2作目。デビュー作はダブル・プラチナを獲得するほど売れましたが、本作はゴールド止まりのようです。サウンドは前作と同じく、いかにも80年代らしいきらびやかでスペーシーなもの。曲調もヴォーカル・スタイルもギターも前作同様です。うーん、曲は悪くないのですが展開が似たり寄ったりだし、この声量のない口先ヴォーカルでは何枚もアルバム聴けないかな。

サポート・ミュージシャンについて触れておくと、ドラムのビリー・カーマッシはこの後Jet Red、Macalpineなどに参加。カール・ディクソン(カナダのメロハー・バンドConey Hatchのメンバーで、#5"Hey Operator"の作者)のアルバムでもドラムを敲いています。1曲だけの参加ですが、チャック・バーギはBent Out of Shapeの頃のRainbowのドラマー。それから、ベースのニール・ジェイソンは裏ジャケの表記でNeal Jasonとなっていますが、もしかしたらNeil Jasonの間違いなんじゃないかな。アルド・ノヴァの3作目TwitchにはNeil Jasonとクレジットされてるし。あらゆるジャンルで数多くのレコーディング・セッションをこなしている名ベーシストです。同じくベースのデヴィッド・サイクスは後にGiuffria、Bostonなどに参加しています。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。  

■Tracks
01. Subject's Theme (Aldo Nova)
02. Armageddon (Race Cars) (Aldo Nova)
03. Armageddon (Aldo Nova)
04. Monkey on Your Back (Aldo Nova)
05. Hey Operator (Carl Dixon)
06. Cry Baby Cry (Aldo Nova)
07. Victim of a Broken Heart (Aldo Nova,Tony Bruno)
08. Africa (Primal Love)  (Aldo Nova)
09. Hold Back the Night (Aldo Nova, Dwight Druick)
10. Always Be Mine (Aldo Nova)
11. All Night Long (Aldo Nova)
12. War Suite (Aldo Nova)
13. Prelude to Paradise (Aldo Nova)
14. Paradise (Aldo Nova)

■Personnel
Aldo Nova - All Instruments & vocals

Billy Carmassi - drums
Chuck Burgi - drums on track 10
Neal Jason - bass on tracks 8, 9, 10, and 12
David Sikes - bass on track 5
Steve Buslowe bass on track 11
Denis Chartrand - acoustic piano on track 7
Kevin Carlson - 2nd guitar Solo on tracks 3 and 12

Producer - Aldo Nova
Executive Producer - Val Azzoli 

Aldo Nova / Aldo Nova (1981)

0011Aldo Nova

カナダ出身のアルド・ノヴァのデビュー作です。収められているのは全曲彼の作品、ヴォーカルはもちろん、drums以外の全てのパートをほとんど一人でこなすというマルチ・プレイヤー。アレンジ、プロデュースも自分自身で行っています。全編ポップなハードロックで、80年代初頭にいかにもヒットしそうなサウンドです。実際、Billboardのアルバム・チャートで8位を記録し、ダブル・プラチナ(1994年までの累計)を獲得しているので、結構売れたアルバムとということになります。また、1曲目の"Fantasy"はシングルカットされ、こちらもBillboardチャート23位となっています。当時テレビでよくこの曲のPVが流れていましたが、小柄な優男が腰を振りながら歌う姿が印象的でした。この人はどこか小悪党風のインチキくささがあるのですが、それが逆にリアルな情感を表現しているように感じます。特に、切ないをメロディを口先だけで歌う"Ball and Chain"と"Can't Stop Lovin' You"は泣けてくるほど絶品のバラードです。もう一点、ギターは決して超絶テクニックの持ち主というわけではありませんが、いかにもレスポールらしい濡れた音色で泣きのフレーズを聴かせてくれます。これも好印象です。

アルド・ノヴァはこの後も何枚かアルバムをリリースしますが、この1stほどにはヒットしていません。むしろ、Jon Bon Jovi、Céline Dion、Faith Hillなど多くのアーティストの、ソング・ライター、プロデューサーとしてのキャリアのほうが目立つようです。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Fantasy (Aldo Nova)
02. Hot Love (Aldo Nova)
03. It's Too Late (Aldo Nova)
04. Ball and Chain (Aldo Nova)
05. Heart to Heart (Aldo Nova)
06. Foolin' Yourself (Aldo Nova)
07. Under the Gun (Aldo Nova)
08. You're My Love (Aldo Nova)
09. Can't Stop Lovin' You (Aldo Nova)
10. See the Light (Aldo Nova)
11. Foolin' Yourself (Alternate Version) [Bonus Track] (Aldo Nova)

■Personnel
Aldo Nova – vocals, guitars, bass, keyboards

Terry Martell – drums
Michel Lachapelle – drums
Michel Pelo – bass
Roberto Biagioni – bass
Denis Chartrand – acoustic piano, keyboards
Daniel Barbe – backing vocals
Dwight Druick – backing vocals

Producer - Aldo Nova
Executive Producer - Lennie Petze, Val Azzoli

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ