メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

アラン・パスクァ

Don't Come Easy / Tyketto (1991)

129Don't Come Easy










ピート・ウェイ(ex-UFO)のWaystedのボーカリストに抜擢されて注目されたダニー・ヴォーン、その彼がWaysted解散後自ら結成したバンドがタイケットです。他のメンバーはジミ・ケネディ(ba.)、マイケル・クレイトン(dr.)、ブルック・セント・ジェイムス(gt.)。大手のGeffenと契約し、敏腕リッチー・ズィトーをプロデューサーに迎えて制作された1stアルバムDon't Come Easyは1991年にリリースされています。

ダニー・ヴォーンの伸びやかで溌剌としたボーカル、カラっと乾いたサウンド、これこそまさにアメリカン・ハードロックの典型でしょう。曲調はバリエーションに富んでいながらチグハグにならず、アルバム全体の統一感もしっかりあります。アコギが多用されていますが、それがシャキシャキしたドライな印象と空気感を強調しています。リード・ギタリストのブルック・セント・ジェイムスのプレイは、巧みに組み立てられたコンパクトなフレーズが非常に好印象。そしてイントロから胸をワクワクさせてくれる名曲#1"Forever Young"の素晴らしさ!サビの歌い出し「ふぉ~ればぁやーんっ!」とつい一緒に歌ってしまうカッコよさ!!シングルでヒットしたのも頷けます。これをオープニング曲にもってきたのは大正解でしょう。

ちなみに#1"Forever Young"と#7"Walk On Fire"の作者の一員としてクレジットされているDilellaとは、ジミー・ディレラ(Jimmy Dilella)のことだと思います。ジミー・ディレラは、Waystedのメンバーだったポール・チャップマンがUFO後、Waysted前にやっていたバンドD.O.Aにダニー・ヴォーンとともに参加しいてた人で、Waystedのサポート・メンバーを勤めたこともあります。それから、本作のアディショナル・ミュージシャンの中に、Giantのキーボードで知られるアラン・パスクァの名前があるのも目を引きます。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Forever Young
02. Wings
03. Burning Down Inside
04. Seasons
05. Standing Alone
06. Lay Your Body Down
07. Walk On Fire
08. Nothing But Love
09. Strip Me Down
10. Sail Away
All songs written by Tyketto except track 1 and 7 written by Tyketto and Dilella

■Personnel
Michael Clayton - drums, percussion, vocals
Jimi Kennedy - bass, vocals
Brooke St. James - electric and acoustic guitars, colal sitar, vocals
Danny Vaughn - lead vocals, acoustic guitars, harmonica

Arthur Barrows - keyboards
Alan Pasqua - keyboards
Richie Zito - various keyboards, guitar, vocal fiddlings

Producer - Richie Zito 

 

Time to Burn / Giant (1992)

0105Time to Burn
ダン・ハフ(gt,vo)を中心に、アラン・パスクァ(key)、マイク・ブリグナーデロ(ba)、デヴィッド・タフ(dr)という腕利き裏方ミュージシャンが表舞台に飛び出して結成されたジャイアント、その2枚目のアルバムです。前作もおそろしく完成度の高いアルバムでしたが、本作もそれに負けず劣らずの傑作です。曲良し、歌良し、演奏良し、おまけに音質も良し。細部まで計算し尽くされた職人的緻密さと同時に、ロック・バンドとしてのスケールの大きさを感じさせる、まさにパーフェクトな出来栄え。なんでこんなアルバムが作れるんでしょうかねー。ところが。。。例によって1990年代初頭はグランジ・オルタナ・ブームの真っ盛り。どんなに完成度が高かろうが、粒よりの曲が揃っていようが、演奏が素晴らしかろうが、前作ほどには話題にもならず、そして売れず、このバンドも失速していきます。あーあ。。。

1stアルバムには、シングルカットされて大ヒットした"I'll See You In My Dreams"というパワー・バラードがありましたが、この2ndでも同じ路線の#5"Lost in Paradise"、#11"Now Until Forever"という名曲が収録されています。バラードをあまり好まない筆者でも聴き惚れてしまうくらい、ジャイアントのバラードはドラマチックで感動的。このバンドはやはり楽曲の充実度がなにより凄いと思います。前作でもメンバーとプロデューサーのテリー・トーマス以外に、マーク・スピロ(Mark Spiro)とフィル・ナッシュ(Phil Naish)が曲作りに加わっていましたが、本作でも複数の外部ライターが曲作りに関与しています。名前を挙げておくと、前作に引き続いての参加になるフィル・ナッシュ、そしてヴァン・スティーヴンソン(Van Stephenson)、ジム・ヴァランス(Jim Vallance)、ロバート・ホワイト・ジョンソン(Robert White Johnson)、トッド・サーニー(Todd Cerney)。ヴァン・スティーヴンソンはカントリー・ロックバンドBlackHawkのメンバーで、BlackHawkや自身のソロ・アルバムにはダン・ハフがギターで参加したりしています。ロバート・ホワイト・ジョンソンはアメリカのロック・グループRPM出身の、ジム・ヴァランスはカナダのロック・グループPrism出身のソングライターです。トッド・サーニーもヴァン・スティーヴンソンも今や故人。多くの優れたソングライターが才能を結集し、そして類稀な腕を持つプレイヤーが演奏することで、この豊穣な音楽が生み出され記録されたことを今更ながら感謝したいと思います。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Thunder and Lightning (Dann Huff, Van Stephenson)
02. Chained (Dann Huff, Alan Pasqua, Michael Brignardello)
03. Lay It on the Line (Dann Huff, Michael Brignardello)
04. Stay (Dann Huff, Alan Pasqua, Van Stephenson)
05. Lost in Paradise (Alan Pasqua, Van Stephenson)
06. Smoulder (Dann Huff)
07. Time to Burn (Dann Huff, Michael Brignardello, Alan Pasqua)
08. I'll Be There (When It's Over) (Dann Huff, Terry Thomas, Jim Vallance)
09. Save Me Tonight (Dann Huff, Michael Brignardello, Alan Pasqua, Todd Cerney)
10. Without You (Dann Huff, Michael Brignardello, Jim Vallance)
11. Now Until Forever (Dann Huff, Robert Johnson)
12. Get Used to It (Dann Huff, Van Stephenson, Phil Naish)

■Personnel
Dann Huff - lead vocals, lead guitars, backing vocals, additional keyboards
Alan Pasqua – keyboards, backing vocals
Mike Brignardello – bass, backing vocals
David Huff – drums, percussion, backing vocals

Robert Johnson – backgound vocals
Van Stephenson – backgound vocals
Terry Thomas – backgound vocals

Producer -Terry Thomas
(Tracks 3, 10, 11 produced by Dann Huff with David Huff and Mike Brignardello) 

Last of the Runaways / Giant (1989)

0047Last of the Runaways

マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、マドンナから、メガデスまで、ロックに限らず広範なジャンルで、セッション・ミュージシャン、プロデューサー、ソングライターとして活躍してきたダン・ハフ。特に、ホワイトスネイクの"Here I Go Again"のラジオ・バージョンでギターを弾き、その大ヒットに貢献したという実績は有名です。そのダン・ハフを中心に、名うてのスタジオ・ミュージシャンが結集したジャイアントの1stアルバム。ソング・ライティングには、1億枚以上のレコードを売った男としてその筋には名高いマーク・スピロも関わっています。

このメンツでつまらない音楽が出来る訳はないですよね。楽曲、演奏、サウンド・プロダクション、全てが最高クォリティーのメロディック・ロックが楽しめます。特に、ダン・ハフのギターはあまりにもカッコよ過ぎます。その上、ボーカルがパワフルで熱くてヘタな専任ボーカリストよりよっぽど上手い。動画を見ると、見た目も精悍で映画俳優みたいだし、ライブ・パフォーマンスも「スタジオ・ミュージシャン」とは思えないほど堂に入っている。なんだこの人は?イントロのハードでスリリングなギター・ソロからぶっ飛ぶ#1"I'm A Believer"、シングル・カットされ大ヒットしたパワー・バラード#4"I'll See You In My Dreams"などなど、全ての曲の中にドラマがあり、豪快さと繊細さが見事に両立している。舌を巻かざるを得ない出来です。それなのに。。。どうも何か物足りない。聴く側の期待値が高すぎるからでしょうか。。。

ダン・ハフ以外のメンバーは、キーボードに、元々ジャズ畑の人でトニー・ウィリアムス、アラン・ホールズワース、サンタナなどとプレイしてきたアラン・パスクァ。ベースには、エイミー・グラント、ケニー・ロジャースなど、カントリーやフォーク系での仕事が多いマイク・ブリグナーデロ。ドラムにはダン・ハフの弟でやはりセッション・ミュージシャンのデヴィッド・タフ。プロデュースは、イギリスのバンドCharlieの中心メンバーだったテリー・トーマス。プロデューサーに転身後は、ジャイアントのほかにも、バッド・カンパニー、フォリナー、テスラなどのアルバムを手がけています。エンジニア兼ミキサーとしてレイフ・マッケンナ、バッキング・ボーカルにリー・ハートなんていう業界有名人(同名異人でなければ)も関与しているのも興味を引かれます。リー・ハートっていう人の、ベイ・シティ・ローラーズとか、ファストウェイとか、ポール・ディアノとか、果てはアン・ルイスとかの関わりは余談になるので別の機会に。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。


■Tracks
01. I'm A Believer (Dann Huff, David Huff, Alan Pasqua, Mark Spiro, Phil Naish)
02. Innocent Days (Dann Huff, Mark Spiro)
03. I Can't Get Close Enough (Dann Huff, Mark Spiro)
04. I'll See You In My Dreams (Alan Pasqua, Mark Spiro)
05. No Way Out (Dann Huff, Terry Thomas, Alan Pasqua, David Huff)
06. Shake Me Up (Dann Huff, Alan Pasqua, Mike Brignardello, Terry Thomas)
07. It Takes Two (Alan Pasqua, Mark Spiro)
08. Stranger To Me (Dann Huff, Mike Brignardello, Terry Thomas)
09. Hold Back The Night (Dann Huff, Mark Spiro, Alan Pasqua)
10. Love Welcome Home (Dann Huff, Mark Spiro, Phil Naish)
11. The Big Pitch (Dann Huff, Terry Thomas, Alan Pasqua)

■Personnel
Dann Huff – lead vocals, guitars
Alan Pasqua – keyboards, vocals
David Huff – drums, vocals
Mike Brignardello – bass, vocals

Terry Thomas – backing vocals
Peter Howarth – backing vocals
Lea Hart – backing vocals

Producer - Terry Thomas

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ