メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

アラン・オーウェン

Sin-Decade / Pretty Maids (1992)

0302Sin-Decade










プリティ・メイズの4枚目のフルレンス・アルバム。彼らのアメリカ進出の夢は結局叶わず、アメリカン指向・ポップ指向の前2作の音楽性から一転して、開き直ったように徹底したヘヴィ&ハード路線となっています。ロニー・アトキンス(Vo)とケン・ハマー(Gt)以外のメンバーは抜けて、二人のリーダーシップが確立したアルバムでもあります。アメリカでの成功という野心は潰えたものの、皮肉なことに本作はメタル的要素とメロハー的要素が融合したプリティ・メイズの個性が全面開花した傑作となりました。プロデュースはMetallicaなどを手がけたフレミング・ラスムッセンで、なるほどと納得する音作りですね。

突進するような疾走曲#1"Running Out"が象徴するように、どの曲も贅肉をそぎ落としたようなソリッドでストレートなアレンジが施されており、かと言って一本調子に陥ることなく曲調のバリエーションも豊富です。また歌メロはプリティ・メイズらしい覚えやすくて魅力的なもの。歌唱・演奏面でも充実しており、ロニー・アトキンスのボーカルは、「この人こんなに上手かったのか」と瞠目するほどでした。新たなリズム・セクション、ケン・ジャクソン(Ba)とマイケル・ファスト(Dr)もいい仕事をしています。また、元メンバーのアラン・オーウェン、常連のバッキング・メンバーであるドミニク・ゲイル、クヌート・リントハート(フィル・ハート)もレコーディングに参加しています。

さて、ラストに収録された#11"Please Don't Leave Me"ですが、もちろんジョン・サイクスとフィル・ライノットのあの名曲のカバーです。ほぼ完コピですね。一聴して分かるようにアルバム全体のカラーとは異なる本来オマケ的なものにも関わらず、シングル・カットされて大ヒットします。このカバー曲がプリティ・メイズの最大のヒット曲となってしまったのはなんとも皮肉なものです。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Running Out
02. Who Said Money
03. Nightmare in the Neighbourhood
04. Sin-Decade
05. Come on Tough, Come on Nasty
06. Raise Your Flag
07. Credit Card Lover
08. Know It Ain't Easy
09. Healing Touch
10. In the Flesh
11. Please Don't Leave Me
All songs written by Ronnie Atkins and Ken Hammer
except "Please Don't Leave Me" by Phil Lynott and John Sykes

■Personnel
Ronnie Atkins - vocals
Ken Hammer - guitar
Michael Fast - drums, percussion
Kenn Jackson- bass

Alan Owen - keyboards
Dominic Gale - keyboards
Knud Linhard - additional backing vocals

Producer – Flemming Rasmussen, Pretty Maids


In Santa's Claws / Pretty Maids (1990)

0242In Santa's Claws










プリティ・メイズのクリスマス企画EP。収録されているのは5曲で、#1"In Santa's Claws"はオリジナル。メロディアスでドラマチックな普通にカッコいい曲です。#2"A Merry Jingle"は、1979年にシン・リジィとセックス・ピストルズのメンバーがグリーディーズ(The Greedies)として共演したクリスマス・ソングのカバー。何故かイアン・ギランまで参加しております。3曲目以降はライブ録音で、1990年のRoskilde Festivaでのパフォーマンスを収録しています。ちなみにこのロック・フェスは1971年から現在でもなお開催されており、北欧最大にして世界屈指のロック・フェスティバルだそうです。#3"Eye Of The Storm"は2ndアルバムFuture World に収録されていたバラード、#4"Red, Hot, and Heavy"は1stアルバムのタイトル曲、#5"Rock the House"は3rdアルバムJump The Gun からの選曲で、どれもボーカルがやや不安定ですが、当時の彼らのライブの雰囲気を伝える貴重な音源でしょう。

このEPは単体でも中古でよく出回っていますが、デビュー・ミニアルバムPretty Maids の全6曲と、Stripped の日本盤ボーナストラック"Far Far Away"を加えて、First Cuts ...And Then Some というタイトルでも発売されており、購入の際はこちらも選択肢の一つです。
 
評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. In Santa's Claws (D.Gale, K.Hammer, R.Atkins)
02. A Merry Jingle
03. Eye Of The Storm (K.Hammer, R.Atkins)
04. Red, Hot And Heavy (K.Hammer, R.Atkins)
05. Rock The House (K.Hammer, R.Atkins) 

 

Jump the Gun / Pretty Maids (1990)

0203Jump the Gun










デンマークのHR/HMバンド、プリティ・メイズの3rdアルバム。デンマークはスカンディナビアとドイツの間にあるので、サウンドもその中間などとよく言われますが、地理的関係がそこまでストレートにサウンドに反映するわけはありません。ただし、このプリティ・メイズに関しては、確かに北欧的叙情性とドイツ風の骨太なメロディアスさを兼ね備えていると感じます。本作のプロデューサーにはディープ・パープルのロジャー・グローバーを起用。自らのアイデンティティは保った上で、明らかにアメリカ進出を狙った音作りとなっています。メロディアスでポップな路線は前作と同じですが、出来の良かった前作をしのぐ傑作に仕上がっています。楽曲、歌唱、演奏ともに充実し、メジャー感というのか、アリーナ感というのか、貫禄すら感じさせるバンドになりました。リリース当時はオーバー・プロデュースという批判もあったようですが、むしろその作り込みにより、年月を経ても聴き続けられるスケールの大きな音になっていると感じます。特にゴスペル・コーラス隊をバックに歌い上げられる#4"Savage Heart"などは感動ものの素晴らしさです。いや~、デビュー・ミニアルバム当時のB級臭さが嘘のようです。しかし、これだけ出来の良いアルバムであるにも関わらず、商業的には成功と程遠く、予定されていたディープ・パープルとのツアーもキャンセル、本格的アメリカ進出は実現しなかったようです。

メンバーは、ロニー・アトキンス(Vo)、ケン・ハマー(Gt)、フィル・ムーアヘッド(Dr)、アラン・デロング(Ba)の4人は前作と変わらず、新たにリッキー・マークスが加入してツイン・リード体制となっています。また、アルバム・リリース前にアラン・オーウェン(Key)が脱退していますが、レコーディングには参加しています。制作途中でフィル・ムーアヘッドが怪我をしたため、"Young Blood"のみハープルのイアン・ペイスがドラムを担当、プロデューサーのロジャー・グローバーも"Dream On"でベースを弾いています。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Lethal Heroes
02. Don't Settle for Less
03. Rock the House
04. Savage Heart
05. Young Blood
06. Headlines
07. Jump the Gun
08. Partners in Crime
09. Attention
10. Hang Tough
11. Over and Out
12. Dream On
All songs written by Ronnie Atkins and Ken Hammer, except "Hang Tough" by Dan Wexler

■Personnel
Ken Hammer - guitar
Phil More - drums
Ricky Marx - guitar
Allan Delong - bass
Ronnie Atkins - vocals

Alan Owen - all keyboards
Ian Paice - drums on "Young Blood"
Roger Glover - bass on "Dream On"
Ivan Pedersen - backing vocals
Knud Linhard - backing vocals
Freddy George Jensen - harp on "Dream On"
The New Jersey Mass Choir

Producer – Roger Glover

Future World / Pretty Maids (1987)

0148Future World










1987年にリリースされたデンマークのHR/HMバンド、プリティ・メイズの2ndフルレンス・アルバム。ツイン・ギター・ギターの一人リック・ハンソンが抜けて、ロニー・アトキンス(Vo)、ケン・ハマー(Gt)、フィル・ムーアヘッド(Dr)、アラン・デロング(Ba)、アラン・オーウェン(Key)の5人体制となっています。正統派ヘヴィメタル+叙情メロハー、Thin LizzyとRainbowからの影響、というこれまでのサウンドの特徴は変わりません。かなり垢抜けて極初期のモッサリしたイモ臭さが消え、メジャー・バンド感を漂わせてきました。曲もよく作り込まれアルバムとしての完成度がアップしています。キーボードが効果的に使われ、立体的で広がりのあるサウンドとなっているのも特徴的です。ボーカルのロニー・アトキンスは、「不器用な男ですから」みたいな雰囲気にも関わらず、#1"Future World"のような勇壮なメタルと#3"Love Games"のようなハード・ポップとを違和感を感じさせずに歌い分ける器用な人。どちらかというとガナらないスマートな歌い方の方が筆者としては好ましいのですが。

プロデューサーとしてJimi Hendrix、Kissなどを手がけてきたベテラン、エディ・クレイマーがクレジットされています。しかしライナーによると、エディ・クレイマーとの仕事は上手くいかず、エンジニアのクリス・イスカの助けを借りて録音を終えたそうです。なおミックス・ダウンは、クリス・イスカ、ケヴィン・エルソン(Journey、Europeなどのプロデューサー)、フレミング・ラスムッセン(Metallicaなどのプロデューサー)の3人がトラックごとに手がけています。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Future World
02. We Came to Rock
03. Love Games
04. Yellow Rain
05. Loud 'n' Proud
06. Rodeo
07. Needles in the Dark
08. Eye of the Storm
09. Long Way to Go
All songs written by Ronnie Atkins and Ken Hammer

■Personnel
Allan Delong - bass
Phil Moorhead - drums
Ken Hammer - guitars
Alan Owen - keyboards
Ronnie Atkins - vocals

Producer – Eddie Kramer 

Red, Hot and Heavy / Pretty Maids (1984)

0102Red, Hot and Heavy
デンマークのHR/HMバンド、プリティ・メイズの1stフルレンス・アルバム。前作のミニ・アルバムPretty Maids とはメンバーが一部異なっています。中心メンバーのロニー・アトキンス(vo)とケン・ハマー(gt)、そしてフィル・ムーアヘッド(dr)、アラン・オーウェン(key)は同じですが、ベースのジョン・ダロウはアラン・デロングに、ギターのピート・コリンズはリック・ハンソンにチェンジしています。

前作 Pretty Maidsと同様、正統派メタルを基本にしてメロハー的な曲が混じるという趣向です。ロニー"漢"アトキンスの力強い歌唱、勇壮でメロディアスな曲調はそのままに、突進力が一段と増強されたという印象。本作はブリティ・メイズの最高傑作、メタルの名盤としてメタラーから厚い+熱い支持を得ているようです。しかし、歌唱力・演奏力はまだまだ発展途上だし、次作Future World以降完全に払拭されるイモ臭さも残っているのも事実です。それに筆者は純メタラーではないので、メロハー色の強まった時期のほうが好みだったりします。このアルバムだと、哀愁の(と言うには力強すぎますが)メロディとシン・リジィ風ツイン・リードが前面に出た#9"Queen of Dreams"が一番お気に入り。そう言えばラストの"Little Darling"はシン・リジィのカバーだし、後に“Please Don't Leave Me”をヒットさせるし、ケン・ハマーはほんとにシン・リジィが好きですね。

プロデューサーはPretty Maidsを手がけていたトミー・ハンセンに加え、ビリー・クロスがクレジットされています。彼はボブ・ディランのバック・バンド出身で、デンマークに渡りプロデューサー業を始めたという変わった経歴の持ち主です。ディランの1978年来日時のライブ・アルバムには、ジャイアントのアラン・パスクァなどと共にビリー・クロスの名前を見ることができます。元々がギタリストなので、本作の"Little Darling"では自らリード・ギターで参加しているのもおもしろいです。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Fortuna (Carl Orff)
02. Back to Back (Ken Hammer, Alan Owen, Ronnie Atkins)
03. Red, Hot and Heavy (Ken Hammer, Ronnie Atkins)
04. Waitin' for the Time (Ken Hammer, Ronnie Atkins)
05. Cold Killer (Ken Hammer, Ronnie Atkins)
06. Battle of Pride (Ken Hammer, Ronnie Atkins)
07. Night Danger (Ken Hammer, Alan Owen, Ronnie Atkins)
08. A Place in the Night (Ken Hammer, Ronnie Atkins)
09. Queen of Dreams (Ken Hammer, Ronnie Atkins)
10. Little Darling (Phil Lynott)

■Personnel
Allan Delong - bass
Rick Hanson - lead and rhythm guitars
Ronnie Atkins - lead and backing vocals
Ken Hammer - lead, rhythm and acoustic guitars
Phil Moorhead - drums
Alan Owen - keyboards

Billy Cross - lead guitar on "Little Darling"

Producer - Billy Cross and Tommy Hansen 

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ