メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

Hugo

Fire In The Night / Hugo (2004)

0175Fire In The Night










アメリカのメロハー系シンガー、ヒューゴのソロ3作目。自主レーベルでの制作のためか、これまでバックに入っていたTenのメンバーが本作には参加していません。ベースのジェラルド・ザッパは、ヒューゴがソロ・シンガー転身前に在籍していたValentineのメンバーです。音のほうはこれまで通りで、Journeyっぽいサウンドにスティーヴ・ペリーの線を細くしたようなボーカル。Journey好きな人には受け入れられるのかもしれませんが、元々Journeyが好みじゃない筆者としては、3作目ともなるとちょっとこの作風に飽きてきたかな。だんだんとメロディの魅力が低下傾向なのも痛い。バンドの演奏は結構カッコいいんですけどね~。このアルバムには、#6"Dawn"、#8"(Don't Wanna) Say Goodbye Tonight"の2曲くらいしかいいなと思う曲がありませんでした。ヒューゴのソロはもう買わなくていいかなと思っていたら、この後はもう出ていませんでしたとさ。

評価 ★★☆☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Hand In Hand
02. It's The Love
03. Prelude: 4Ever Endeavor
04. Fire In The Night
05. I'll Learn To Live Without You
06. Dawn
07. Just So You Know
08. (Don't Wanna) Say Goodbye Tonight
09. Everytime You Walk Away
10. Just To Be With You Tonight
11. Here I Am
12. Hold Me
All songs written by Hugo, except "Hand In Hand" written by Hugo & John Mennen

■Personnel
Hugo - Vocals
Eddie Jelley - Guitars
Gus Karras - Guitars
Gerard Zappa - Bass
Joe Cumia - Bass
Lance Millard - Keyboards
Chuck Valenti - Drums
Lauren Cembrook - Viola

Producer - Hugo, John Mennen 

Time on Earth / Hugo (2000)

0116Time on Earth
歌唱も見た目もスティーヴ・ペリーそっくりのヒューゴ、2枚目のソロ・アルバムです。1stはTenのメンバーが演奏面で全面的に関わり、いかにもハードロック然としたドカドカうるさいサウンドでしたが、今回はTenからはヴィニー・バーンズがギターで参加しているだけです。サウンド的にはメロウ&ソフトなメロハー/AORとなり、肝心のメロディもイマイチ印象が薄くやや物足りないという感想を持ちました。ただし、#4"Anyone in Love"は筆者の好みど真ん中のロマンチックでオシャレなバラードで、これは思わずうっとり♪ロサンゼルスの夜景をバックに苦み走ったいい男と金髪美人が絡む、みたいなPVが似合う感じ。それから、#5"Fine"はヒューゴにしてはちょっと珍しくバッド・カンパニーみたいなロックン・ロールで、これがまたかっこいい。ギターは腕利きセッション・マンのジョーイ・サイクスですが、この曲ではミック・ラルフスを思い起こさせるロング・トーンとビブラートが堪りません。#10"Magic Power"はカナダのTriumphのカバー。爽快系のメロディがヒューゴの声に合ってるし、ギターも味があって楽しめます。

このアルバム、一曲ごとに演奏陣が異なるのですが、いずれも有名無名のセッション・ミュージシャンのようです。ヒューゴ本人も、ボーカルだけでなくドラムやキーボードをプレイしているのが注目されます。器用ですねこの人も。なお、ギターでクレジットされているアダム・ホーランドは、ヒューゴがソロ独立以前に歌っていたValentineのメンバー。テディ・ロンディネリはレインボーのドラマーだったボビー・ロンディネリの弟で、兄弟でRondinelliというグループを組んでいたこともあります。オルガンでクレジットされているコリー・デヴィッドソンは、そのRondinelliに在籍したキーボード・プレイヤーです。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks & Personnel
01. Can't Stop Loving You
 Joey Sykes - guitars
 Adam Holland - guitars
 Tom Nissen - bass, background vocals
 Vinny Burns - additional guitars
 Hugo - lead & background vocals, keyboards, drums
02. Tell It to My Heart
 Joey Sykes - guitars
 Adam Holland - lead guitar
 Tom Nissen - bass
 Vinny Burns - additional guitars
 Hugo - lead & background vocals, keyboards, drums
03. Last One More Time
 Performed by Hugo
 Vinny Burns - additional guitars
04. Anyone in Love
 Joey Sykes - guitars
 Tom Nissen - bass
 Vinny Burns - additional guitars
 Hugo - lead & background vocals, keyboards, drums
05. Fine
 Joey Sykes - guitars
 A. Zeke Daner - drums
 Hojo Durussel - bass
 Vinny Burns - additional guitars
 Liz Torres - background vocals
 Hugo - lead & background vocals, keyboards
06. Blues for You
 Joey Sykes - guitars
 Adam Holland - lead guitar
 Tom Nissen - bass
 Corey Davidson - hammond organ
 A. Zeke Daner - drums
 Vinny Burns - additional guitars
 Liz Torres - background vocals
 Hugo - lead & background vocals, piano
07. This Love Song
 Joey Sykes - guitars
 Nick Vourlos - classical guitar
 Tom Nissen - bass, background vocals
 Vinny Burns - additional guitars
 Hugo - lead & background vocals, piano, keyboards, drums
08. I Will Be Waiting
 Joey Sykes - guitars
 Vinny Burns - lead guitar, additional guitars
 Paul Carley - background vocals
 Hugo - lead & background vocals, bass, keyboards, drums
09. Our Love Will Be There
 Vinny Burns - lead guitar, additional guitars
 Hugo - lead & background vocals, classical guitar, keyboards, strings
10. Magic Power
 Joey Sykes - lead guitar
 Vinny Burns - additional guitars
 Tom Nissen - bass
 Pat Masevondabak - drums
 Paul Carley - background vocals
 Hugo - lead & background vocals, keyboards
11. Time on Earth
 Joey Sykes - guitars
 Teddy Rondinelli - lead guitar
 Tom Nissen - bass
 A. Zeke Daner - drums
 Vinny Burns - additional guitars
 Hugo - lead & background vocals, keyboards

All songs written by Hugo except "Magic Power" written by R. Emmett, M. Levine, G. Moore

Producer - Hugo and Tom Nissen

Hugo / Hugo (1997)

0066Hugo
アメリカのメロハー・ボーカリスト、ヒューゴ(Hugo)のソロ・デビュー作。Valentine(後にOpen Skyzに改名)のボーカリストとして2枚のアルバムをリリースしたものの鳴かず飛ばず、心機一転ソロ・シンガーとして彼が制作したアルバムです。この人、明らかにスティーヴ・ペリーに声質と歌唱法が似ている上に、見た目までクリソツという気持ち悪さ(失礼)。筆者はジャーニーそんなに好きじゃないし、特にスティーヴ・ペリー苦手なんですよね。。。じゃ、なんで買ったのかというと、バックが丸ごとテン(Ten)なので、それに惹かれて。もっともゲイリー・ヒューズはバック・ボーカルさえやらず、ベースとピアノ、それに共同プロデュースを担当しているだけなのですが。。テンがヒューゴのソロ・デビューに関わったのは、テンの所属するイギリスのメロハー・レーベルNow and Thenがヒューゴに食指を動かし、レコード契約を結んだという縁からのようです。

曲調はやはりジャーニーをライトにした感じですが、ただバックがテンなので、サウンドは全然ジャーニーではありません。ドラムはグレッグ・モーガン、どっしりとしてラウドな叩きっぷりはテンと同じですし、ヴィニー・バーンズも空気を読まずにいつも通りガシガシ弾きたおしています。いいな~♪ドタバタしたテンのサウンドの上に、ヒューゴのソフトな声で歌われる都会的なAOR風メロディが乗っかっているのが意外におもしろいんです。ヒューゴの歌いまわしはもちろんスティーヴ・ペリーに似ているのですが、ちょっとジョン・ウェイト風な味もあって、単なるモノマネ歌手ではないですね。筆者のお気に入りは、#8"If You're Ever Lonely"。哀愁を感じさせる導入部、一転してオシャレなコーラスで盛り上がる入るサビ、官能的なヴィニー・バーンズのギター・ソロ、うーん完璧です。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Intro (Hugo)
02. We'll Find A Way (Hugo, Valentine)
03. Walk Away (Hugo)
04. So Many Tears Ago (Hugo)
05. Crazy (Hugo, Valentine)
06. All That You Wanted (Hugo)
07. All The People You Love (Hugo)
08. If You're Ever Lonely (Hugo, Valentine)
09. Desire (Hugo)
10. Standing Alone (Hugo, Tim Sexton)
11. A Tear In L.A. (Hugo)

■Personnel
Hugo - vocals, piano, strings
Vinny Burns - guitars
Gary Hughes - bass, piano, strings
Ged Rylands - piano, keyboards
Greg Morgan - drums

Producer - Hugo, Gary Hughes

 
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ