メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

Terra Nova

Say Yeah / Aquila (2001)

0287Say Yeah










オランダのメロハー・バンドAquila(アクイラ)の1stアルバム。リーダーでボーカリストのフレッド・ヘンドリックス自身が書いたライナー・ノーツによれば、レコード会社との間にトラブルがあってTerra Nova(テラ・ノヴァ)の新作作りが困難となり、一旦Terra Novaは解散。フレッド・ヘンドリックスのソロ・プロジェクト的なバンドとしてAquilaを始動させたとのことです。しかし、フレッドが曲を書いて歌い、弟のロン・ヘンドリックス(Key)とジェスィーノ・デローザス(Gt)というTerra Nova中核メンバーが録音に参加しているわけで、実質的にはTerra Novaの別名義での作品です。リズム・セクションはセッション・プレイヤーとのことですが、日本盤と海外盤とで表記が異なるらしく、アディショナル・ミュージシャンにも複数のドラマー、ベーシストが記載されていて、実際に誰がどの曲でプレイしているのか不明です。

というわけで、本作もTerra Nova同様の明るいメロディが特徴のハード・ポップが詰め込まれています。Terra Nova4作目用のマテリアルも含まれており、メロディの素性は当然Terra Novaと同じ。ただ、Terra Novaのサウンドがハードロック然とした分厚いものだったのに比べて、アコースティック・ギターが多用され、エレキもクランチ・サウンド、リズム・セクションもゆったりとしており、全体としてライトでカジュアルな印象。ミカエル・アーランドソンのソロ作やNelsonに通じる心地良いサウンドです。筆者のお気に入りは、リラックス・ムードの#2"Wide Open"、#3"Forgive Me"、#8"Sometimes"、#12"I Run"、#13"The End"、溌剌とした#4"Young And Restless"、#6"Everyday"、#7"Here I Am"、#10"Say Yeah"。パンキッシュな#11"The Kids Wanna Rock"もいいですね。ほとんど全部だな。ただ、一番地味で面白みのないバラード"Cecelia"をオープニングにもってきたのはいかがなものか。これでアルバムの印象が地味になってしまったのがもったいない限りです。。。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks (All songs written by Fred Hendrix)
01. Cecelia
02. Wide Open
03. Forgive Me
04. Young And Restless
05. Nothing's Impossible Now
06. Everyday
07. Here I Am
08. Sometimes
09. I Share It With You
10. Say Yeah
11. The Kids Wanna Rock
12. I Run
13. The End
14. Where Is The Sun

■Personnel
Fred Hendrix - Lead Vocal, Guitar
Ron Hendrix - Organ, Keyboards, Backing Vocals
Gesuino Derosas - Guitar, Backing Vocals
René Creenmers -  Drums
Pieter Douma - Bass

Additional Musicians
Eric Coenen, Roiger van Wegberg, Arthur Lijten, Ad de Jong, Cor Muysers, Eric Derix, Lars Beuving,

Producer - Fred Hendrix


Make My Day / Terra Nova (1999)

0149Make My Day










オランダのメロハー・グループ、テラ・ノヴァの3rdアルバム。メンバーはフレッド・ヘンドリックス(vo)、ジェスィーノ・デローザス(gt)、ラルス・バウヴィンク(dr)、ロン・ヘンドリックス(key)の4人。前作までベースを弾いていたルシアン・マテウソンが抜けて、サポート・ベーシストとしてエリック・コーネンがクレジットされています。1stから変わらず一貫して明るくキャッチーなサウンドを聴かせてくれる彼らですが、本作はこれまででベストの仕上がり。フレッド・ヘンドリックスの書くメロディは一段と流麗となり、彼の歯切れの良い歌唱と相まって一度聴いたら忘れられないほど印象が強いものとなっています。

#1"Lovesick"、#2"Make My Day"、#6"Wild Thing"、#9"Where I Stand"、#11"Promise You Wait"はこのバンドのお家芸とも言えるメジャー・キーの爽やかなハード・ポップで、気持ちがウキウキするようなメロディがとにかく素晴らしい。まさに現代の(と言っても90年代ですが)バブルガム・サウンドでしょう。「バブルガム」というレッテルは、60年代後半~70年代前半にかけて流行ったティーン向けポップ・ミュージックに対する一種の悪口でしたが、楽曲の質には高いものがありました。今現在かつて流行ったようなポップス(大衆音楽)は言葉とは裏腹にポピュラリティ(大衆性)を持っていません。かつてはアンダーグラウンドだったような音楽が今はメジャーであり、ラジオ・テレビをつければいつも流れていた音楽はマイナーな存在となっています。そういう逆転した状況を踏まえた上で、表向きのダークさやへヴィさによろめかずに、あえて「ポップ」とは何かを追求し続けるテラ・ノヴァは貴重な存在。筆者はニルヴァーナを聴きたいときはニルヴァーナを、レイジを聴きたいときにはレイジを聴きます。どのバンドも右へ倣えして同じような音を出されてしまっては、聴くほうの選択肢が減って困るんです。

このアルバムはこれまでのハード・ポップ路線から楽曲の幅を広げているのも特色です。#5"Anomaly"はジェスィーノ・デローザスのテクニカルなギターが炸裂するインスト曲。#10"I Will Be There"はなんとアコーディオン入りのレトロなワルツ。どうせならオランダ語で歌えばもっと雰囲気が出たんじゃないかな。それからアルバムの最後には短い隠しトラックがあって、見事なアカペラ・コーラスを聴かせてくれます。実に心憎い終わり方です。なお、このアルバムのリリース後、レーベルとのトラブルのためテラ・ノヴァというグループ名が使えずバンドは一度解散、アクイラ(Aquila)名義での活動を経て2005年になって再びテラ・ノヴァとしてアルバムEscapeを発表することになります。

評価 ★★★★★
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Lovesick (Fred Hendrix)
02. Make My Day (Fred Hendrix)
03. Eye To Eye (Gesuino Derosas)
04. Here's To You (Fred Hendrix)
05. Anomaly (Gesuino Derosas)
06. Wild Thing (Fred Hendrix)
07. I Can't Wait (Fred Hendrix)
08. Nothing (Fred Hendrix)
09. Where I Stand (Fred Hendrix)
10. I Will Be There (Fred Hendrix)
11. Promise You Wait (Gesuino Derosas)
12. How (Fred Hendrix)

■Personnel
Fred Hendrix - Lead Vocals, Guitar
Gesuino Derosas - Lead Guitar, Backing Vocals
Lars Beuving - Drums, Backing Vocals
Ron Hendrix - Keyboards, Organ, Piano, Accordion, Backing Vocals

Eric Coenen - Bass Guitar
Jeroen RobRecht - Violin and Viola

Producer - Fred Hendrix 

 

Break Away / Terra Nova (1997)

0109Break Away
オランダのメロハー・グループ、テラ・ノヴァの2ndアルバム。音楽性は1stと同様、明るく爽快なハード・ポップです。このバンドはなんと言っても、そのポップでキャッチーなメロディが特色なわけですが、本作でも冒頭から#1"Break Away"、#2"Those Were The Days"、#3"Wasting Time"、#4"City Lights"と4連発でその魅力を炸裂させています。ポップス黄金時代の60~70年代初めのバブルガム・サウンドやダンヒル・サウンドを髣髴とさせるような、全くもって能天気でポジティブなメロディにメロメロにされてしまいます。フレッド・ヘンドリックスの歯切れ良い歌声、ジェスィーノ・デローザスの歌心あるギターも相変わらずの気持ち良さ。

音楽性とサウンドに大きな変化はないものの、本作ではロン・ヘンドリックスのキーボードが前作以上にフィーチャーされているのが目立ちます。特にオルガンが多用されて、その流れるようなフレーズが楽曲をより軽快なものにしています。メロハーでのキーボードの使い方は、たいていはあってもなくてもいいような装飾的なもので、むしろうるさく感じることも多いのですが、このバンドに関しては不可欠なパートとしての位置づけを持っています。ロン・ヘンドリックスは、このアルバムではソング・ライティングにも一部関与し、ストリングス・アレンジも担当するなど、存在感がぐっと増しているように思います。

プロデュースは1st同様フレッド・ヘンドリックスが自ら行っています。なお、additional musicianとして隣国ベルギーのピーター・デ・ウィント(Mystery、Affair)がクレジットされていますが、おそらくバッキング・ボーカルで参加しているのだろうと思います。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Break Away
02. Those Were The Days
03. Wasting Time
04. City Lights / The Nocturnal Silence
05. Only For You
06. Right Now
07. I Keep On Dreaming
08. Holding On
09. Losing Sleep
10. Two Days Of Heaven's Paradise
11. The Real Thing
12. Not Here With Me
All tracks written by Fred Hendrix, except 4 written by Ron Hendrix, 6 Fred Hendrix & Ron Hendrix
String arrangements by Ron Hendrix

■Personnel
Fred Hendrix - lead vocal, guitar
Gesuino Derosas - lead guitar, backing vocal
Lars Beuving - drums, backing vocal
Ron Hendrix - keyboards, organ, grand piano, backing vocal
Lucien Matheeuwsen - bass guitar, backing vocal 

additional musicians - Tom Salisbury, Peter de Wint, Piet Van den Heuvel
The Galaxy String Orchestra conducted by Joris Van den Hauwe

Producer - Fred Hendrix 

Love of My Life / Terra Nova (1996)

0079Love of My Life
オランダのメロハー・バンド、テラ・ノヴァのミニ・アルバム。シングル用に編集された"Love of My Life"、同曲と"Livin' It Up"のアルバム・バージョン、それから1stアルバムLivin' It Up の日本国内リリースに際しカットされてしまった3曲、計6曲が収録されています。アルバム収録曲はともかく、カットされた3曲を聴きたいというファン向けアイテムですね。

さてその3曲ですが、まず"Get Off My Case"はソリッドなリフとバックのオルガンがディープ・パープルを思わせるハードな曲。" On Fire"も同様のハードロックですが、さらにテンポが速い疾走系の曲。2曲ともジェスィーノ・デローザスのギター・ソロがものすごくカッコいいです。この人、そこらへんのメタル・ギタリストよりよっぽどテクニックとフィーリング両面で優れてると思います。"Like a Rock"はドゥービー・ブラザース風のコーラスが爽やかなアコースティック曲。うーむ、3曲ともすごくいい曲です。カットすることで確かにアルバムのハード・ポップ色が際立つと思いますが、逆にテラ・ノヴァの豊かな音楽性を切り縮めてしまったような気がします。もったいないな~。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Love of My Life (edit version)
02. Livin' It Up
03. Get Off My Case
04. On Fire
05. Like a Rock
06. Love of My Life (album mix)
All tracks written by Fred Hendrix. Except tracks 4 written by Fred Hendrix and Gesuino Derosas

■Personnel
Fred Hendrix - lead vocal, guitar
Gesuino Derosas - guitar, backing vocal
Lars Beuving - drums, backing vocal
Ron Hendrix - keyboards, backing vocal
Lucien Matheeuwsen - bass, backing vocal

Producer - Fred Hendrix
Except tracks 1, 2, 6 produced by Fred Hendrix, Geoff Foster, André Koning

Livin' It Up / Terra Nova (1996)

0064Livin' It Up
オランダ産メロハー・バンド、テラ・ノヴァの1996年リリースの1stアルバムです。レコーディング・メンバーはフレッド・ヘンドリックス(vo, gt)、ジェスィーノ・デローザス(gt)、ラルス・バウヴィンク(dr)、ルシアン・マテウソン(ba)、フレッドの弟ロン・ヘンドリックス(key)の5人。


このバンドはハード・ポップという言葉がピタっとあてはまる音楽性で、サイダーみたいにすっきり爽やか青空系、アホかと思うほど明るく弾けています。中心人物でボーカリストのフレッド・ヘンドリックスの書くメロディがそもそも明るく楽しい上に、彼の声質と歌唱がまたカラっと爽快なので、メロハーと言ってもしっとり哀愁系とは対極にある音が特徴となっています。#1"Livin' it up"、#3"Hey Babe"、#5"Come on"、#7"Once Bitten Twice Shy"などは、そんな彼らの個性が遺憾なく発揮された底抜けに楽しいハード・ポップです。テラ・ノヴァはまたバラードにも定評があるのですが、このアルバムでは#6"Summernights"、#8"Children of the Shade"、#10"Love of My Life"と3曲が収録されています。それから、ジェスィーノ・デローザスのコンパクトでメロディアスなギター・ソロも聴き所。特に、ファンキーなハードロック・ナンバー#9"Only the Strong Survive"での、テクニカルでありながら歌心のあるギターはゾクゾクするほどかっこいいです。

ライナーによれば、フレッド・ヘンドリックスが自らプロデュースし自主制作したテープをあちこちのレーベルに送って、やっと日本ビクターとの契約にこぎつけリリースとなったそうです。以前ほどではないにせよ、日本は伝統的にHM/HR、特にメロハーが支持されている地域なわけですが、このバンドのスタートアップにも、日本のレーベルやリスナーのバックアップがあったというのも感慨深いものがあります。また、パフォーマンスやソング・ライティングだけにとどまらず、これだけのクォリティのアルバムを自力で制作したフレッド・ヘンドリックスの才能も凄いですね。なお、オリジナルのテープには13曲収録されており、メジャー・リリースにあたって3曲がカットされています。その3曲はEPLove of My Life に収められています。もちろん現在は廃盤となっていますが、中古で比較的容易に入手できます。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Livin' it up 
02. Interlude
03. Hey Babe
04. If Dreams Are Forever
05. Come on
06. Summernights
07. Once Bitten Twice Shy
08. Children of the Shade
09. Only the Strong Survive
10. Love of My Life
All tracks written by Fred Hendrix. Except tracks 7, 9 written by Fred Hendrix and Gesuino Derosas

■Personnel
Fred Hendrix - lead vocal, guitar
Gesuino Derosas - guitar, backing vocal
Lars Beuving - drums, backing vocal
Ron Hendrix - keyboards, backing vocal
Lucien Matheeuwsen - bass, backing vocal
 

Producer - Fred Hendrix
Except tracks 1, 10 produced by Fred Hendrix, Geoff Foster, André Koning


記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ