メロディアス・ハードロック名盤探訪 別館

哀愁・叙情・爽快...メロハー、AOR、ハード・ポップ、メロディック・メタルの傑作との出会いを求めて。

Pink Cream 69

Change / Pink Cream 69 (1995)

0233Change









1995年にリリースされたPink Cream 69の4thアルバム。アンディ・デリスが脱退して、ボーカルはイギリス人のデヴィッド・リードマンに変わっています。ドイツを拠点にしているものの、ドイツ人、アメリカ人、ギリシャ人、イギリス人それぞれ1人ずつという編成で、文字通りの多国籍バンドです。音のほうは、前作で垣間見れた当時流行のグランジ/オルタナへの接近が一層顕著となり、全体に暗く澱んだようなサウンド、曲調となっています。ボーカル兼メイン・ソングライターだったアンディ・デリスが抜けてしまったわけで、当然と言えば当然ですが別のバンドの音のように感じられます。まあ、一般に評価は低いようです。

しかし、筆者としては意外にこのアルバムが好きなんです。全体にシンプルで生々しいサウンドがまず良い。暗く重いけどやっぱりこれはハードロックです。本人たちは意識していないと思いますが、このドンヨリ感はグランジというより70年代のマイナーなハードロック・バンドみたいに聴こえる。#1"Funny Words"、#3"Change"、#5"Two Hours"、#"11. New Control"あたりが典型的ですかね。アンディ・デリスと全く違う、やや泥臭いところもあるデヴィッド・リードマンのボーカルも、この音によく合っていると思います。他にも、Talismanっぽい#6"Something I Said"、#9"Queen Bee"もすごくカッコいい。ちょっと異色ですが、ジャズっぽくてアングラ・プログレみたいな#7"Only the Good"、シタールのような音が入ってる#12"Freakshow"もまるでサイケでグッと来ます。T. Rexのカヴァー#8"20th Century Boy"もこれでもかってくらい重くて、中々に面白いなぁ。

それから、今まではあまり感じなかったけど、このバンドの演奏力の高さも改めて認識することができました。リズム隊の力量はかなりのものだし、アルフレッド・コフラーのギターも地味ながらナイスです。#5"Two Hours"のソロとか、モロ好みです。結論としては、アンディ在籍時のメロディアスで一種独特の物悲しさを湛えたPink Cream 69とは違う音ですが、聴き応えのあるアルバムであることは間違いありません。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Funny Words
02. Light of Day
03. Change
04. Yesterdays
05. Two Hours
06. Something I Said
07. Only the Good
08. 20th Century Boy
09. Queen Bee
10. Stretch the Truth
11. New Control
12. Freakshow
All songs written by Pink Cream 69 except "20th Century Boy" written by Marc Bolan

■Personnel
David Readman – vocals
Alfred Koffler - guitar
Dennis Ward - bass
Kosta Zafiriou - drums

David A. – keyboards
Bateke – percussion

Producer - Shay Baby, Pink Cream 69

Games People Play / Pink Cream 69 (1993)

0169Games People Play










ドイツの多国籍HR/HMグループ、ピンク・クリーム69の3rdアルバム。リリースは1993年。グランジ/オルタナ・ブームが始まっており、その影響を受けたダークな作風になったということで、HR/HMファンの評判は良くないようです。確かに過去2作と比較して暗さや重さは増していますが、元々が明るく爽やかなバンドではないし、哀愁の歌メロもそれほど変わっていない。だから、例えばデンジャー・デンジャーのDawnでの変身(変節)ぶりへの違和感のようなものは感じません。筆者としては許容範囲。歌詞についても、以前から社会性があったり、内省的だったりする側面はあったし、特にアンディ・デリスはソロ作品でもその傾向を見せています。ブームに乗っただけという感じはしません。リフやギター・ソロもHR/HM以外の何者でもないかっこよさです。

ラインナップは変更なしでアンディ・デリス(vo)、アルフレッド・コフラー(gt)、デニス・ワード(ba)、コスタ・ツァフィリオ(dr)の4人。これまでは、ソング・ライティングのクレジットには個人名が記されており、アンディ・デリスが曲作りの中心だったことが伺えます。一方本作では全曲がピンク・クリーム69の作品ということになっています。また、アンディの抜けた次作では更にグランジ/オルタナ化が進むので、路線変更反対のアンディvs推進の他メンバーという図式がなんとなく見えるようです。いずれにしても、本作をもってアンディ・デリスはピンク・クリーム69を脱退、解雇されたマイケル・キスクの後任として同じドイツのハロウィンに加入することになります。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Face in the Mirror
02. Way Down
03. Keep Your Eye on the Twisted
04. Somedays I Sail
05. Shattered
06. Monday Again
07. Dyin' Century
08. Till You're Mine
09. Still Alive
10. Down on Your Luck
11. Black Flash
12. Condemnation
13. Don't Let It All Come Down
14. A Good Waste of Time
All songs written by Pink Cream 69

■Personnel
Andi Deris - vocals
Alfred Koffler - guitar
Dennis Ward - bass
Kosta Zafiriou - drums

Producer - Dirk Steffens & Pink Cream 69

 

One Size Fits All / Pink Cream 69 (1991)

0099One Size Fits All
ドイツのHR/HMグループ、ピンク・クリーム69の2ndアルバム。1曲目の"Livin' My Life for You"、続く"Talk to the Moon"を一聴して分かる通り、前作より一段とハードかつタイトなサウンドになっています。アンディ・デリスの物悲しい声とメロディは更に深みを増し、暗く重く垂れ込めた雲、しとしとと降る冷たい雨が目に浮かぶようです。間違ってもカリフォルニアのカラッと晴れ上がった青い空を想像できる音ではありませんね。当たり前ですが。本作でもメインのソング・ライターはアンディ・デリスですが、彼のメロディ・メイカーとしての才能は全面開花したようです。バンド名やジャケットのイメージとは正反対に、アルバム全体通してモノトーンのように彩度の低い音でありながら、一曲一曲に陰影があってストーリーを感じさせる素晴らしい出来栄えです。ドイツのHR/HMというと、いわゆるメロスピ、メロパワみたいなサウンドを想像してしまいがちですが、そういう類型にとらわれない自由な発想がこのバンドの持ち味でしょう。だから、"One Size Fits All(フリーサイズ→画一的)"というタイトルはなんとも洒落てるな~と思います。

バンド・メンバーはアンディ・デリス(vo)、アルフレッド・コフラー(gt)、デニス・ワード(ba)、コスタ・ツァフィリオ(dr)で前作と変化なし。プロデュースもディルク・シュテフェンスでこれも前作と同じです。

評価 ★★★★☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Livin' My Life for You (Andi Deris)
02. Talk to the Moon (Alfred Koffler, Andi Deris)
03. Hell's Gone Crazy (Andi Deris)
04. Do You Like It Like That (Andi Deris, Dennis Ward)
05. Ballerina (Andi Deris)
06. Signs of Danger (Alfred Koffler, Andi Deris)
07. Walkin' Out to Heaven (Alfred Koffler, Dennis Ward, Andi Deris)
08. Stray Kid (Andi Deris)
09. Piggy Back Bitch (Dennis Ward, Andi Deris)
10. Where the Eagle Learns to Fly (Andi Deris)
11. We Taught the Children (Andi Deris)

■Personnel
Andi Deris - vocals
Kosta Zafiriou - drums
Alfred Koffler - guitar
Dennis Ward - bass

Producer - Dirk Steffens 

Pink Cream 69 / Pink Cream 69 (1989)

0060Pink Cream 69

ドイツのHR/HMグループ、ピンク・クリーム69の1stアルバム。ドイツのグループといっても、メンバーは多国籍で、アンディ・デリス(vo)とアルフレッド・コフラー(gt)がドイツ人、デニス・ワード(ba)はアメリカ人、コスタ・ツァフィリオ(dr)はギリシア人です。メタルよりのゴリッとしたサウンドから叙情的なハードロックまで曲調は幅広いのですが、メイン・ソングライターのアンディ・デリスの書く物悲しいメロディが大きな特徴となっていると思います。このアルバムでも、#4"One Step into Paradise"、#5"Close Your Eyes"、#10"I Only Wanna Be for You"、#11"Child of Sorrows"、#12"World of Promises"といった曲にその個性が示されています。特に"I Only Wanna Be for You"は、60~70年代のハードロックや日本のGSを思わせるレトロなサウンドで、つくづくかっこいいなぁと思います。アンディ・デリスのヌメっとした湿り気のある声と歌唱をキモいと感じる人もいるかも知れませんが、なんとも言えない「キモかっこよさ」があって筆者は大好きです。

このアルバムは1stということで全て完璧とはいかないまでも、HR/HMの世界でもかなり個性的なピンク・クリーム69の出発点として大事な作品だと思います。このバンドは一般的な評価より以上に、ミュージシャン仲間からの人気の高いそうですが、なんとなく分かるような気がします。ステレオタイプなHR/HMじゃないんですよね。ラストの"White Men Do No Reggae"は、ほんとにフツーのレゲエなのに、「白人はレゲエはやらない、ピンク・クリームはレゲエをやらない」なんていう歌詞、こんなのがライブの定番で観客が大合唱するなんておもしろすぎます。アンディは後にハロウィンに移ってしまうわけですが、筆者としてはそのままピンク・クリームでやってほしかったなと思っています。このバンドのサウンドのほうが、彼の「爬虫類ボイス」がピタっとくる気がします。

プロデューサーはドイツ人のディルク・シュテフェンス(Dirk Steffens)、Accept、Mad Max、Sinnerといったドイツのバンドのプロデュースに数多く関与している人物です。

評価 ★★★☆☆
 ★★★★★ 傑作
 ★★★★☆ 秀作
 ★★★☆☆ 佳作
 ★★☆☆☆ 凡作
 ★☆☆☆☆ 駄作
評価の基準(筆者の好み)については評価の基準についてをご覧ください。

■Tracks
01. Take Those Tears (Andi Deris)
02. Sugar for Love (Andi Deris)
03. Rolling Down a Thunder (Andi Deris)
04. One Step into Paradise (Andi Deris)
05. Close Your Eyes (Dennis Ward, Andi Deris)
06. Welcome the Night (Alfred Koffler, Andi Deris)
07. Partymaker (Alfred Koffler, Andi Deris)
08. Hit the Bottom Row (Andi Deris)
09. Parasite (Andi Deris)
10. I Only Wanna Be for You (Andi Deris)
11. Child of Sorrows (Alfred Koffler, Andi Deris)
12. World of Promises (Andi Deris)
13. Shadows Are Falling (Andi Deris)
14. White Men Do No Reggae (live) (Dennis Ward)

■Personnel
Andi Deris - vocals
Alfred Koffler - guitar
Dennis Ward - bass
Kosta Zafiriou - drums, synth-drums(keyboards)

Producer - Dirk Steffens

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
プロフィール

トンキチ

タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ